営業時間変更のお知らせ

片耳は聞こえないけどもう片方はよく聞こえる。そんな片耳難聴には補聴器は必要か?

片耳は聞こえないけど、もう片方は正常に聞こえている。そんな片耳難聴に補聴器は必要なのかとお考えの方もいるでしょう。片耳が聞こえない不自由を改善したいと思ったら補聴器を使いましょう。難聴が軽ければ普通の補聴器を使い、片耳だけ高度、重度難聴だったり、全く聞こえないならクロス補聴器が効果的な補聴器です。

片耳難聴でも普段での会話はもちろん、学校の授業や、会社での会話などなるべく聞き逃しをもっと減らして不便なこと、困っていることを減らしたい。普通に会話したい。
そんな気持ちが生まれたら補聴器を試してみてください。今回は片耳難聴での悩みを少しでも改善したい方向けの記事になります。

補聴器を使うか使わないかはあなた次第

片耳が聞こえなくて今まで大変な思いをしてきた。切実に解決したいと考えて、思い切って相談した病院や周りの人に「片耳が聞こえているから大丈夫だよ。」「補聴器まだいらないと思うよ。」そう言われてしまった。そうなると補聴器を使うか悩んでしまいますね。
しかし本当に悩んでいるのはあなたにとって補聴器が必要と思った時は補聴器を使うときです。
補聴器を使うか使わないかはあなたが決めていいことですよ。

片耳難聴(一側耳聾)で困ること

片耳がまったくきこえないと困ることはたくさんありますよね。
こんなことでありませんか?

  • 難聴側に立たれると声が聞こえない
  • 声をかけられても気がつかない。気がついても方向がわからない
  • 聞き逃しをしてしまう
  • 騒がしい場所だとうまく聞き取れない
  • 複数人で会話するのが苦手だ
  • 集中していないと聞き取れない

1対1の会話では困らないのですが、複数人での会話や、騒がしい場所での会話が苦手だったり、難聴側から声をかけられたり、話されると聞こえなかったりなどいろいろなことで困っていると思います。
普通に会話できるシーンも多いので、周りの人から聞こえないといっても理解されなかったり勘違いされたりしてしまいます。
神経質になりすぎて会話のたびにドッと疲れてしまったり、ストレスになってしまうこともあるみたいです。

片耳だけ難聴になる原因

片耳難聴になる原因はこのようなことが一般的です。

突発性難聴

原因はストレス、ウイルス感染、血流障害だと言われていますが、現在の医療をもってしても原因不明のことが多いです。
発症してから1週間以内に病院へ行って治療をすれば回復する可能性もあります。

ムンプス難聴(おたふく風邪、流行性耳下腺炎)

ムンプス難聴は、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の原因であるムンプスウイルスによって発症した難聴のことをいいます。
片耳で軽度~重度程度の感音難聴をもたらします。合併症で重度の難聴になると片耳がほとんど聞こえなくなります。

中耳炎

片耳だけ中耳炎を患い、そのまま治療をしないで片耳だけ難聴で聞こえなくなる。
鼓膜の奥の中耳に膿が出て、鼓膜を破ったり、中耳の耳小骨に悪い影響を及ぼすこともあり難聴度も高くなります。
治療が不十分ですと、慢性中耳炎になってしまいますので、十分に治療することが必要です。

音響外傷

爆発音や破裂音などの強大な音や、長時間大きな音を聴いていると耳の奥にある有毛細胞にダメージが残ってしまい難聴になります。
最近は音楽フェスなどが原因で発症するケースも見られます。

先天性難聴

生まれつき片耳が全く聞こえない方。遺伝子の異常が原因のことが多いようです。
または耳自体の発達、形成ができていない状態で片耳だけ聴こえないという方もいます。

感音難聴

加齢による難聴は両耳同時に悪くなることがありますが、片耳だけ進行する場合があります。
若い年齢の方でも有毛細胞が弱く早い年齢で片耳だけ聞こえなくなることもあります。

事故やケガによる後遺症

交通事故で耳小骨が外れてしまうなどの事故であったり、喧嘩で殴られた衝撃で聞こえなくなってしまうなどの外傷的な理由での難聴もあります。
他にも外傷的な事故の治療や手術で聴力を失ってしまうこともあります。

稀な症例だと、脳や聴神経経路の腫瘍が原因で片耳だけ聞こえなくなったケースなど様々あります。

片耳の難聴の程度で選ぶ補聴器が変わる。

難聴の程度によって補聴器は選択するようになっています。病院に行ったばかりならば、聴力検査のデータを持ってきてください。
もし回復の見込みがないと分かって長らく病院に行っていない場合や、手元に聴力データが無いこともあると思います。
補聴器専門店でも聴力は測れるので直接お店に向かっても大丈夫ですよ。

片耳難聴の聴力で見る補聴器選択

片耳難聴でも軽度~中度くらいなら、普通に補聴器つけることが多いです。
70dBより数値が小さいときには普通の補聴器を使っても効果が出る可能性が高いです。

症状が重い、高~重度(70dB以上)や、全く聞こえない聾だとクロス補聴器という特殊な補聴器をします。
クロス補聴器は聴力を測った時に音の大きさが70dB以上(画像では青いゾーンの中)でしか音に反応できない状態の高度~重度の難聴が片耳のみにあるときに使用することが多いですね。

中度難聴でも長らく使っていない耳に補聴器を入れて会話を聞いても、「音としてはわかるが、言葉として理解できない」「違和感がありすぎて逆に聴こえづらい」ということもあるので、その時はクロス補聴器を試してみるといいですね。

片耳が全く聞こえない難聴に使うクロス補聴器とは?

クロス補聴器は両耳に補聴器をつけて、聞こえない耳側の音をマイクで集音して、反対側の正常な耳につけた補聴器に電波で音声を飛ばして聞き取りことができる補聴器のことです。
今まで聞こえていなかった難聴側の音が聞こえてきますので、きこえの範囲が広がります。片耳が全く聞こえない聾であっても、健康な耳ですべての音を聞きますので誰でも使えます。
聞こえる耳には補聴器を、聞こえない耳にはクロス送信機を装着します。

クロス補聴器の効果

クロス補聴器の効果で期待できること
  • 聞こえにくい側にいる人の会話も、気がつく、理解しやすくなる
  • 騒がしい中でも音が聞きやすくなる
  • 複数の人とのお話で聞きにくい側にいても理解しやすくなる
  • 外出時の危険の察知

この4つがクロス補聴器の効果で期待できることでしょう。
まず音の聞こえる範囲の拡大。聴こえにくいところは圧倒的に減ります。ぱっと声をかけられるような状況でも聞き逃す心配が減りますね。
騒がしい中での会話も聞き取りやすくなります。レストランや、電車の中などの会話は改善しやすいですね。
片耳ですべての音を聞きますので、雑音の状況によっては聞き取りづらいこともありますが、かなり改善します。
複数人での会話は効果が感じられやすいです。今まで難聴側で話していた人は会話がほとんど聞こえなかったのが聞こえますから、立ち位置、座っている位置などに気をかけず、集中しなくても会話を聴こえやすくなります。
外出時の危険の察知にも一役買います。聴こえない側からの車が接近しているときも何もしていないより早く気がつけるようです。

ちなみに立ち位置など普段から気を配ることや、会話を聞くことに集中している時間が減るので、精神的な疲れが減って楽になったという人も多いのでこれも効能といえるのかもしれませんね。

クロス補聴器で効果が出るまで時間がかかること

比較的効果の出やすいクロス補聴器ですが、時間がかかることがあります。

  • 片耳ですべて聞くので、騒がしい中での会話の聞き分けはトレーニングが必要
  • 音の方向感の判断が難しい

この2点は効果を感じてくるまで時間がかかりますね。
人は両耳で聞くことで、脳内で音の方向感の判断や、雑音が多い中で音の聞き分けをしています。
片耳だけで非常に騒がしい中で会話をうまくこなしたり、音の方向感の判断するには、クロス補聴器の音に慣れて、聞き取りのトレーニングを積む必要があります。
聞こえない側の音はある程度機械的に雑音を抑え、話し声を聞こえやすくして送っていますので、音に慣れて聞き分けのきっかけをつかむと騒音下での会話もしやすくなりますし、音の方向もクロスの音はすこし違って聞こえるため判断できるようになってきます。

フォナック(Phonak)のクロス補聴器の紹介

クロス補聴器はいろいろなメーカーが紹介していますが、今回はフォナックのクロス補聴器を紹介しますね。
フォナックのほかには、シーメンス・シグニアやワイデックスなどが主流ですね。
2種類あって耳かけ型補聴器タイプと耳あな型補聴器タイプになります。

耳あな型


耳あな型クロスは耳穴を塞いでしまうので、聞こえが正常だと元あった音が直接聞こえなくなってしまう可能性があります。
基本的には、片耳が全く聞こえなくて、反対耳もある程度の難聴というバイクロス補聴器をする際に用いることがほとんどです。

耳かけ型



耳かけ型クロスだと、耳あなを塞がないオープンという方法で耳に装着できるので、片耳が全く聞こえなくて、反対耳は正常でも使えますし、難聴があっても使えます。
クロス補聴器としても、バイクロス補聴器のどちらでも使うことができます。

昔のモデルは、聞こえる方に耳かけ型補聴器、聞こえないほうに耳あな型クロス送信機にして組み合わせて使うこともできました。
しかし最近のモデルは補聴器も、クロス送信機も同じ形にする必要があります。

フォナックのクロス補聴器でオススメの組み合わせ


補聴器のオーデオV30-312が150,000円(非課税) でクロス送信機のクロスⅡ312は90000円(税抜き)合計金額は240,000円(税抜き)になります。
312サイズは本体も非常に小さくコンパクトです。この組み合わせは現行で販売されているクロス補聴器でも1番安くて比較的高音質な組み合わせです。
音も自然で耳なじみしやすいのが特徴です。

補聴器のオーデオB70-13が¥350,000-(非課税)とクロス送信機のクロスB-13は¥95,000-(税抜)希望小売金額の合計¥490,000-(税抜)
13サイズは本体が大きくなるので電池が大きくなって稼働時間が上がり、手動のボリュームが付くようになって少し音量が足りないというときの一押しができます。
音もくっきりはっきりとして、モード選択をすれば前方の会話だけ優先的に聞けるモードにもできるので、会話の聞き取りを優先する人にはお勧めです。
自動で突発的な雑音を抑えてくれる機能が働くようになっているので、紙をめくる音やクシャクシャした刺激音などを抑えてくれて使いやすいのもいいところです。

効果があるかはレンタルして試せる

クロス補聴器は思っているより費用が掛かりますね。もちろん効果も人によってまちまちな部分もありますから、まずは試聴レンタルから試すのがいいでしょう。
リスニングラボでは一週間500円でのレンタルが可能となっております。ひとまず試すにはレンタルで行っていただき、今の生活環境で必要かなどの判断をしていただけるかと思います。

クロス補聴器のモニターキャンペーン

現在クロス補聴器をモニターとして実際に使用した感想や評価をしていただいた方には、500円で3週間レンタル試せてなおかつ購入時に割引が受けられるキャンペーンもやっております→好評につきクロス補聴器モニターキャンペーンを延長します。8/10まで!
よろしければご検討ください。
クロス補聴器のレンタルについてはお問い合わせから申し込みください→お問い合わせ

まとめ

片耳難聴でお悩みの方は、難聴耳にだけ補聴器を使用する方法と聞こえる側の耳を活用するクロス補聴器があります。
あなたの悩みを解決できる方法があるかもしれませんので補聴器専門店に相談ください

リスニングラボは片耳難聴特にクロス補聴器の得意な補聴器専門店です。
モニターキャンペーンを行い、様々な年齢と様々な片耳難聴でクロス補聴器使用した効果の検証、効果的な使用法などを研究し、販売に取り入れています。
片耳難聴でお困りの方一度クロス補聴器を試してはいかがでしょうか。

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

問い合わせ

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。 スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店 台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です! ■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日・火曜日 (祝日の場合営業、祝翌日定休日)
■TEL 03-5298-5573
 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分


大阪店はこちらの画像をクリック