営業時間変更のお知らせ

メニエール病で難聴になった時に補聴器は必要か。扱いやすいものの選び方お教えします。

メニエール病で難聴になってしまった時は、まず病院へ治療を行ってください。治療後も聴力の低下があって、生活に不便さを感じたら補聴器をが必要になってきます。
しかしメニエール病はその症状から補聴器選びには少しコツと根気が必要です。今回はメニエール病での補聴器の選び方も紹介します。

※まとめて症状や治療法について書いておりますが、かかりつけの主治医の指導の元で適切な処置を行って下さい。

メニエール病とは

メニエール病は耳の中の内リンパ痩のリンパ量が増えてがはれ上がってしまうリンパ水腫によって引き起こされます。
回転性の激しいめまいと、耳鳴りが発作的に起こり、同時に耳閉塞間と聴力の低下が起こり、4つの症状が重なり、症状が繰り返される内耳の病気のことです。
めまいがなく、耳の聞こえが悪くなるだけの蝸牛型メニエール病というものもあります。

類似した症状がある場合はメニエール病の可能性がありますが、突発性難聴などの他病気の可能性もあるので、病院でできる限り早い処置を受けるようにしていきましょう。

メニエール病での難聴の特徴

  • 耳が詰まった感じや水の中にいるような感じで低い音が聞こえづらい
  • 音が響くように聞こえ、音に対して過敏になる。大きな音が苦手になる
  • 日によって聞こえがいい日と悪い日の差がある
  • 重症になると高い音から低い音まで聞こえづらくなる

このような症状をもたらします。耳の神経に異常が出てしまう感音難聴という部類の難聴なので、治療によって回復しないので場合があります。
その際は補聴器を用いるのですが、運用が難しいところがあります。

病院での治療について

治療の際には、ストレスがかからないように生活指導、職場指導が主に行われます。睡眠不足や過労、ストレスが大きな影響を与えていると考えられるからですね。
加えて強い発作で嘔気が強く、薬を飲む事も出来ない時は安静の上でめまい止めの点滴を、内服ができるときにはめまい止めや利尿剤、鎮静剤や向自律神経薬の投与で症状を抑えるようにしていきます。
メニエール病は放置してしまうと重症化してしまうため、めまいや聞こえの変化など体に異変を感じたらすぐに病院で診療することが大切です。

難聴が改善しなかった時の補聴器の選び方、使い方

メニエール病は難聴の特徴から補聴器を選ぶのにはなかなか難しさがあり、装用するあなたが根気強く付き合うことが非常に大切です。
メニエール病での補聴器選びのコツはこのようになります。

ボリューム付きの補聴器または補聴器とリモコンのセットで使う

聴力が日によって変化するので、ボリューム付きの補聴器または補聴器とリモコンをセットにして使い、自分で音量調節をして日々の聴力の変動に合わせると使いやすいですね。基本的にボリューム付き補聴器は耳かけ型のほうが扱いやすいので耳かけ型をお勧めします。

雑音を強く抑えられる、突発的な雑音を抑えられるモデルを選ぶ

突発的な雑音や衝撃音などが苦手な傾向にあるので、突発音を抑える機能があるモデルを選ぶことで比較的楽に使える傾向にあります。大きな雑音が流れた時に強い雑音も抑えられるような機種を選ぶと使いやすいことでしょう。

調子のいい日と悪い日の調整データ・プログラムを用意する

聴力の調子がいい日と悪い日で差があってので、聞こえ方が日にって違うため補聴器を一度調整しただけでは使いづらいのがメニエール病の厄介なところです。2~3個の聴力データに合わせた音を作ることで、1つ目で音が騒がしいと感じたときに2つ目、3つ目ならちょうどいいという様に自分自身で調整できるようにしておくと楽ですね。

この三つが扱いやすい補聴器の選び方、使い方ですね。

変動する聴力に合わせた使い方をしなくてはいけないので、使える限り無理のない限りで補聴器を使ってみてください。もちろん調子の悪くて使いづらい時は外してしまって構いません。目眩などの症状が酷い場合は落ち着くまでは補聴器は使用しないでくださいね。

使いこなせるかわからないのであればまずレンタルしてみる

補聴器自体を使いこなせるか心配になっているのであれば長期でレンタルしてみるのがいいでしょう。
メニエール病での補聴器装用はまず使ってみて本当に使っていけるかの見極めするのも必要です。

あなたのペースで補聴器試してみませんか?

リスニングラボではいろいろな機種を一週間500円からレンタル可能です。3か月にわたる長期レンタルも可能ですのでご相談ください。段階的な音量調節をしながら補聴器を体に合わせていく方法で調整していきますので、しばらく通っていただきながら補聴器をお試しいただきますが、その分納得のいくまでお付き合いします。もちろん購入は考えてないけど試してみたいという方もレンタル可能ですよ。

お気軽にご相談ください。

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

問い合わせ

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。 スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店 台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です! ■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日・火曜日 (祝日の場合営業、祝翌日定休日)
■TEL 03-5298-5573
 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分


大阪店はこちらの画像をクリック