値段の安い補聴器と高い補聴器の違いはなんでしょうか

価格の安い補聴器と高い補聴器の違いについて

補聴器の値段の違いは補聴器に搭載されている機能や、性能の違いが大きく反映されます。補聴器には小さなパソコンが入っていて、それによって音の制御をしているのですが、値段が高い補聴器は、使う人の聴力に合わせて、より細かく調整できる機能があり、さらに雑音を抑えて声を強調し聞こえやすくする機能、マイクがスピーカーの音を拾いピーという発信音が鳴る「ハウリング」を自動で抑えてくれる機能、突発的に発生した大きな音や雑音(ドアの開閉音や水を流す音など)を抑える突発音抑制、マイクが拾う音の方向性を制御してより言葉を拾いやすくする指向性などの様々な補聴器を扱いやすくする機能が搭載されています。

値段の高い補聴器は、高性能な分いいように思いますが、絶対に聞こえが良くなるかといわれると、何とも言えません。
補聴器があなたが持っている聴力を最大限生かすための機器であるということから考慮すると難しいこともあるのです

実際のところ、補聴器でも10万円くらいまでは、集音能力、雑音抑制機能の差ではっきりと聞こえの差が生まれますが、10万円以上の補聴器はは基本的に搭載された機能に見合った場所で使えれば、はっきりわかり、必要でないところでは、効果は感じづらいかもしれませんね。
使用する環境によっては高価な機種のほうが効果的である可能性はありますが、後は実際に使用する場で試す必要がありますね。

カウンセリングの時に、詳しく使用する用途、環境を話しておくことで、適切な補聴器を選びやすくなります。迷った時には実際に試させてもらえるようレンタルのお願いをするといいですね。

まとめ
・値段の違いは性能や、機能の違い
・高価な補聴器=よく聞こえるではなく、快適に使える
・10万円以上の機種は使用環境によっては差がわかりにくいので試し比較する必要がある

関連リンク

補聴器は買う前にお試しできますか?

良く聞こえる補聴器を選ぶなら

補聴器は購入してすぐ使えますか?

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック