補聴器の寿命はどれくらいですか?

補聴器の寿命はどれくらいですか?

補聴器の寿命は5年といわれています。これは障害者総合支援法(自立支援法)における耐用年数から考えられているものです。
実際のところは使い方によって異なってくるので、この5年という年数よりも短い期間で使えなくなってしまうこともありますし、こまめな手入れをすることで、5年以上使用し続けている方もいますので一概に5年とくくられるものではありません。
補聴器自体は、埃や湿気などによって故障することが多いため、毎日自分で手入れをすることもそうですが、補聴器専門店で補聴器の清掃や点検をしてもらう、必要であればメーカーでのオーバーホールを受けるなどすることで長持ちさせることができます。

大半のモデルは5~6年ほど経過すると、補聴器自体パーツの供給が終わってしまうことがあり、メーカーでの修理自体が行えなくなることもあります。
修理対応が終了しているモデルの故障は寿命を迎えたと考えるのがいいですね。

関連リンク

補聴器の保証はどんなものがあるのか。

補聴器の種類について

補聴器の助成金、交付について知りたい

補聴器の故障の原因のNo.1は汗だった

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック