補聴器は両耳にしないといけませんか?

補聴器は両耳にしないといけませんか?

あなたが両耳難聴の場合は、両耳に補聴器をしたほうが効果的な補聴効果が見込めます。片耳難聴の場合は、特殊な難聴でない限りは片耳だけで十分です。

両耳にするとなぜ補聴器は効果的なのかというと、耳は二つの耳で一対の器官だからということがあります。
耳と目は同じような仕組みですから、目にたとえてお話をしますと、片目だけ閉じてみると、距離感がわかりづらくなり、視界に入ってくる情報も少なくなります。絶えず目を動かさないといろいろな情報を見ることができなくなるので、片目に負担がかかりやすくなって、非常に疲れるようになると思います。
これは耳も一緒で、片方だけ悪くなってしまうと、音がどこでなっているか判断しづらくなったり、雑音が多いところで会話すると情報が多すぎて、判断が難しくなって聞こえづらくなったり、常に聞こえる方の耳だけで音を拾おうとするため、体を傾けたり、意識を集中したり何かと大変です。2つの耳で互いに連携して音を機能しあっているので両耳難聴がある方は両耳に補聴器を装用するのがいいですね。

なお難聴の期間が長いと、言葉の認識を行う脳の活動が鈍くなることがあります。実は左右の耳で聞いた音は、右脳、左脳それぞれで処理されますので片耳を放っておくと、片方の脳の活動だけ鈍くなることが考えられます。
これも両耳難聴であれば、両耳に補聴器を使って適度に音を入れることが大切な理由の一つです。

両耳で補聴器をしてほしい理由
・騒音の中でも会話がはっきりと理解しやすくなる
・音の方向や位置の判断がしやすくなる
・片耳より、両耳のほうが補聴器の音が小さくてよくなり、自然に聞こえやすい

関連リンク

補聴器は両耳つける必要はあるのか。両耳でつけるメリットをお教えします。

値段の安い補聴器と高い補聴器の違いはなんでしょうか

補聴器の値段はいくらが普通ですか?

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック