Phonak RIC型補聴器 オーデオ

幅広い聴力に対応する小型耳かけ補聴器

メリット・向いている人
・軽度から高度まで幅広い難聴に対応する機種がある(高度難聴の場合SPシェルが必要)
・サイズが小さくコンパクトで目立ちづらい、若年層に人気がある
・耳あな型に比べて機能面で優れる(ボリューム、ワイヤレスなど)
・耳穴型のようにレシーバーが耳穴に入るため音の伝達が良い
・筐体が大きいものは使用時間が長い
・レシーバーの交換で出力が容易に変えられ、故障時にもすぐ交換ができる
 
デメリット・向いていない人
・耳だれがある場合は向かない
・頭に汗をかきやすい人には向かない
・耳栓をしっかり合わせないとピーピーと音漏れ(ハウリング)する場合がある
・筐体が小さいため標準型より操作がしにくい

機種別紹介

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%aa%e8%aa%ac%e6%98%8e%e5%a4%a7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba2

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

元のページに戻る