友人に補聴器は耳が悪くなるって聞いたんですが…

%e8%a3%9c%e8%81%b4%e5%99%a8%e3%81%aeqa%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89

補聴器って耳が悪くなるって聞いたんですが…
新聞広告やネット販売されている既製品の補聴器は使用方法や機種を間違えると耳が悪くなる可能性があります。
補聴器専門店にて正しい機種選びから調整、装用方法の指導までしてもらいましょう。

新聞広告や、ネット販売で1万円前後から補聴器が購入できますが、こういった既製品補聴器は個人個人の聴力にあっていないため音が大きすぎてしまったり、小さすぎてしまったりします。
音が大きすぎる場合は耳の神経を傷つけてしまい、聴こえの低下を進めてしまうことになります。
雑音抑制機能(音声とその他の音や雑音を区別する機能)も補聴器専門店で販売されているレディメイド、オーダーメイド型補聴器に比べて能力が低い傾向にあり、声が聞こえないために音量を上げてしまうと雑音の音量も上がってしまい、結局聴こえないということになってしまいます。

なお補聴器専門店で販売しているレディメイド型、オーダーメイド型補聴器は個人個人の聴力に合わせて調整が可能ですので、適切な音量で扱うことができますし、雑音抑制する機能が調整できますので、騒がしい場所でも扱うことも想定されています。
聴力は年齢が上がるごとに下がってしまいます(加齢性難聴など)が、聴こえにくくなったら何度でも調整して適切な音量に設定できます。
自分の体のことですが、聴力は低下していることは他人に指摘されたりしないと意外と気が付かないものです。
補聴器のことを知りたい場合や、聴こえのことで困ったことがあれば、補聴器専門店で一度相談してみるといいかもしれません。