Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

聴力は消耗品!? うまく付き合いたい聴力と音楽の話。

ライブ著作権者:paul bevan

音楽っていいですよね。
世界にはかっこいい音楽、癒される音楽、歴史的背景を感じる音楽、政治に対する不満や、現状を打破したい音楽など表現はさまざまジャンルもさまざまな音楽が存在します。
時に自分の経験や、気持ちとダブったり、気分を高揚させてくれたりといろんな作用をもたらすことがあります。

音楽が好きな私がはじめて聴力に関して詳しく知ったとき「うわぁこれは知らなかった…自分の聴力は大丈夫だろうか…」と思ってしまったことがありました。

まだ若い方に考えてほしいことです。

聴力は消耗品である

聴力は消耗品である。
このフレーズを聴いたときに衝撃を覚えました。
もちろん老人になるにつれて耳は悪くなるものだと思ってはいましたが、過剰音量の音によって年齢関係なく聴力が失われることがあるというのは知りませんでした。

かくゆう私も音楽が好きで、バンド活動を行っていました。
最近はめっきりですが、ライブハウスでは大音量のスピーカーで音楽を演奏したり、聴いたりそんな日々が続いていました。
その都度ライブハウスからでると、耳にはキーンという耳鳴りが残っていたり、一時的に耳が詰まったような症状が出ていました。

実はこの症状まずいんですよ。

 

この症状が出ているときは、耳の音を感覚に変えている「蝸牛」と呼ばれる部分に大きな負荷がかかりダメージを受けている状態です。
音響外傷と呼ばれる状態なんです。

音響外傷とは

外傷音響外傷は強大な音によって内耳の蝸牛にある有毛細胞を傷付けてしまい急激に感音性難聴もしくは突発性難聴が発生してしまうことを指します。
主な症状でいうと耳が詰まったような感覚や、音が遠く聴こえるなどが症状ですが、症状が重い状態ですと、キーンという耳鳴りや、眩暈を起こす場合があります。
軽度な状態だと一定時間経過すると収まりますが、翌日まで症状が続く場合は耳鼻科で早急に受診を行ってください。

蝸牛ってどんな器官?

簡素図2

蝸牛という器官は文字通りカタツムリのような形をしている器官で中には有毛細胞というが細胞が敷き詰められています。
入口から20000Hzを感じる細胞となっており、円の中心に向かうにつれて低い周波数を感じとります。
要は入口には高音域があり中心に向かうにつれて低音域を感じる細胞があるということです。
音として感知しなくても細胞を通過していくので高音域の細胞はダメージを受けやすいのが特徴で、老人になると高域が聴こえづらくなるのは高域側の有毛細胞の数が減少するからともいわれます。

有毛細胞へのダメージはある一定は回復するが…

蝸牛君完成版
強大音を受ける機会が連続してあったり、慢性的に騒音に囲まれた環境だと蝸牛のHPはどんどん削られてしまします。
大きなスピーカーに囲まれて仕事しているアーティストの皆さんも長年において継続的に強大音を浴びることで音響外傷が悪化して難聴になってしまっている場合もあります。
これは音楽好きの方も同様です

有毛細胞が減少すると音が聞こえなくなります
酷使をするとすぐに細胞が減少してしまうので要注意です。

イヤホンやヘッドホンを大音量で使用すると
音響外傷になる可能性がある

昨今スマホの普及や、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)の普及によって音楽をより身近になりました。
その際に利用しているイヤホンや、ヘッドホンも大音量で使用すると音響外傷や慢性の騒音性難聴になってしまうことがあります。
いわゆるスマホ難聴とかイヤホン難聴、ヘッドホン難聴とか呼ばれているものですね。
突発的な強大音だけでなく、慢性的に大きな音を聴くことでも耳に負担となってしまいます。
厄介なのはイヤホンやヘッドホンなどを使用しておこる難聴は初期には殆ど自覚症状がなく、少しずつ聴力低下をおこすので気がついた時には聴力が回復するのは非常に難しいそうです。

世界保健機関(WHO)は2015年の2月下旬に聴力を守るためにスマートホンやDAPなどで音楽鑑賞する場合は、難聴となる危険性を回避するため「1日1時間以内」に控えるべきだと発表しました。
アメリカではスマホの普及で大音量の音楽を聴く若者が難聴になっているというデータがあるそうです。

予防のために

注意喚起
こういった音響外傷は自分の意志で回避することができます。
ライブハウスなど大きな音の会場で音楽を聴く場合は耳栓を利用するなど予測できる範囲で強大音を避けていくことです。
最近ではお手軽なシリコン製の既製品から、耳型をとって製作するオーダーメイド品までさまざま商品があります。
物によってカットする帯域が違うので用途に合わせて販売されています。予防のために用意しておくのも一つの手ですね
もちろん最初は音の違和感を感じますが、一定時間経過装着すると違和感は減少しますので将来の自分のために使っていくことをお勧めします。
ほかにも大きな音からすこし離れる。スピーカーの前は避けるなどできる範囲で構いません。

イヤホンやヘッドホンなどを利用する場合は、1時間に一度15分程度の休憩を持つことをお勧めします。
あわせて音量に関しても注意して下げてもらうとなお予防になります。
最初は小さいなと感じる音も一定時間経過すると耳が自動的に小さな音の認識をはじめて普通に聞こえるようになります。
これは静かな部屋に入って、少し時間が経過すると時計の針の音が気になってくるのと一緒で、耳が環境に適応していくということです。

音量を下げて聴き辛い場合が遮音性がよく取れる製品に変えるのがお勧めです。
インカナル型イヤホンや、オーダーメイドのイヤーチップ、オーダーメイドのイヤホンとなるカスタムIEMなどを利用してみてください。

すこしずつでいいので、音量を下げていく努力をすると、5年、10年後に大きな差が出てきます。
年老いても、いい音楽をいい音で聴くためにも予防していきましょう。

 

まとめ

音楽という趣味を持つことはとてもいいことですが、音を感知するための器官である耳が機能しなければ楽しめません。
いつまでも楽しい音楽ライフのためにも、少しずつでいいので耳のこと気遣ってあげてください。
また、少しでも気にかかるようでしたら聴力検査を耳鼻科でしてもらう、もしくは診断まではできませんが補聴器屋さんで聴力を測定してもらってください。

当店でも聴力測定や、オーダーメイドのイヤホン、耳栓の製作のための耳型採取などを行っております。
お気軽にお立ち寄りください。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

Phonek VentureシリーズのNaida,Skyの販売、レンタルを開始しました。

梅雨が長引きじめじめした日が続いていますね。
こういった天気の際は湿度が高く、故障によるトラブルが増える傾向にあります。
日々のメンテナンスを怠らないようにお気を付けください。

では本題まいります。

Phonak社よりVentureシリーズ
Naida V,Sky Vが販売開始

7月20日よりPhonak社より、Ventureシリーズの新機種が発売されました。発売されたのは下記のとおりです。

高度、重度難聴向け補聴器

NAIDA5703

RIC型 Naida RIC V
電池サイズ PR48(13)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68
レシーバー種類 M P UP
耳かけ型 Naida V SP
電池サイズ PR48(13)
プログラムスイッチ 有
ボリューム  有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68
耳かけ型 Naida V UP
電池サイズ PR44(675)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68

Naida Vシリーズの特徴

  1. 最新型のVantureチップを搭載し、Questチップと比較して、処理能力が2倍に向上し、電力の消費が最大で30%ダウンした
    最新型ベンチャーチップの特徴
    ・左右の補聴器に内蔵された計4つのマイクロホンがネットワークを構築。音声信号を左右でやりとりする両耳間音声通信技術(バイノーラル ボイスストリーム テクノロジー)で、騒音下での聞こえの改善、音の定位(どこから声が聞こえたか)の向上
    ・オートセンスOSによって7秒ごとに最適な状態に更新される自動環境適応機能(7つのプログラムから複数を自動で組み合わせる)により自然で生活に溶け込む心地よい聴こえを提供する
  2. ・サウンドリカバー2を新たに搭載
    以前までは1500Hzまで圧縮可能でしたが、今回のサウンドリカバー2は800Hzまでリカバーの範囲を下げることができるようになりました。
    高度、重度難聴において1000Hzまでのスケールアウト(完全に音が聞こえない状態)でも高音域の聞き取りが改善できるようになります。
    サウンドリカバーを行うことで、スケールアウトしてしまった部分の音や言葉の識別、認識が向上し、言葉の理解や、発音が向上することが効果として考えられます。
    なおサウンドリカバー2はNaida V限定の機能となるようです。
  3. 広帯域ブースターを搭載
    広帯域出力の全体的な音量を6dBSPL大きくでき、出力に余裕を持たせることでクリップ(出力限界に達すること)することによって発生する歪みを減らしよりクリアな音質を得ると同時に、もう少し音量が欲しいという状態を解決できるようです。
  4. グラスファイバー素材を採用し、より軽量な装用感かつ強固なハウジングを実現

 

子供専用補聴器

SKY570x350

RIC型 Sky V RIC
電池サイズ PR48(13)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68
レシーバー種類
M P UP
耳かけ型 Sky V P
電池サイズ PR48(13)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68
耳かけ型 Sky V SP
電池サイズ PR48(13)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68
耳かけ型 Sky V UP
電池サイズ PR44(675)
プログラムスイッチ 有
ボリューム 有
テレコイル 有
イージーフォン 有
防水防塵保護等級 IP68

SKY Vシリーズの特徴

  1. 基本的な性能は、上記のNaida Vに準じ高性能で自然な音の聴こえを提供します。
  2. 年齢に応じた使用環境の変化を考慮したオートセンススカイOSを搭載しています。
    ある一定の年齢までは周りの環境音をカットせず、すべての音を聴かせて、いろいろな音があるということを認識させます。小学校入学ごろから、周りの子供たちの声や、外での騒音となる環境音が増えていくので、それに準じた騒音抑制などのプログラムを追加していき周りの環境に適した補聴器にしていきます。
  3. 子供が使用することを考慮して従来の補聴器に比べて、防塵、防水性能、本体の強度が向上していますので安心です。
  4. 電池の有無が補聴器の外側にあるプログラムスイッチが点滅することによって確認ができ、電池残量がわかりやすくなりました。
  5. フォナックのデジタルワイヤレス補聴援助システム「ロジャー」との相性もよく、組み合わせて使うことで、グループでの会話から、一対一の会話まで幅広く聴こえをカバーできるようになり、コミュニケーションの向上を図ることが出来ます。
  6. カラーバリエーションが豊富で本体カラー16色(ベーシックカラー9色、こどもカラー7色)カラーフック7色から組み合わせることができます。お子様のお好みのカラーで補聴器を選択することができます。従来よりかわいい、かっこいいデザインにすることができます。
    カラーは下記のとおりです。

skyv-graphic-re

 

 

当店では最新型のNaida,Skyもレンタル可能です。

最新機種のNaida,Skyの耳かけ型のレンタル機種もご用意しております。
レンタル可能機種

貸出naidasky

  • Naida V90-UP
  • Naida V50-UP
  • Sky V30-UP

上記の3機種をご用意しております。
一週間500円で最新型の製品をじっくり試していいただき、製品のご検討いただけます。
気軽にお試しいただけましたら幸いです。

少しでも気になりましたら、お気軽に当店までお問い合わせください。

 

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分