previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider

防水補聴器の選び方や注意点について

防水補聴器で選び方や購入する時の注意点というのは意外と知られていません。購入時にしっかり理解していないと思いがけず壊れてしまうこともあります。防水補聴器の故障の原因は使用上の注意点を知らないかもしれません。今回は防水補聴器の選び方から注意点について紹介していきます。

補聴器は水濡れが大敵

補聴器を水濡れによって故障してしまうことがあります。特に耳かけ型補聴器は本体は耳にかかっているので、思いがけない雨で故障したり、頭から垂れてきた汗などで故障してしまいます。補聴器は水濡れが大敵です、水濡れや水没で故障して何度も補聴器を修理した経験がある方も多いでしょう。

水濡れ大丈夫な防水の補聴器が誕生した

補聴器を水没させてしまったり、汗で故障させてしまったりという経験が補聴器を使用している人で一度は経験があることで、メーカーも防水性を高めることを試行錯誤してきました。どんなに本体を密閉したくても、マイクの穴はと空気電池用の空気孔は開けなくてはいけないので大きな課題でした。
しかし空気は通して、水は通さない特殊なフィルムが発明されてから、補聴器の防水化が一気に進んでいきました。

最近のIP68の防水補聴器は30分水没させても壊れない

防水・防塵の性能に強いIP68

IP68とは防水・防塵の国際等級で、粉塵試験装置に8時間入れた後や、水面から1mの水中に長時間入れた後でも、修理が必要なダメージが発生せず、水面下での使用が可能なことを示しています。

ここ最近の防水補聴器では発売されていて、IP68クラスになると防水と防塵の性能は上がっております。

本体自体は砂の中に埋めても砂は入りませんし、水の中に入れても30分間は修理は必要な故障はしません。非常に画期的で故障率もぐっと抑えられる非常にいい補聴器ですね。このように補聴器で防水防塵の強い補聴器を選ぶには等級をみて選ぶことも大切です。

防水補聴器の注意点

防水補聴器の注意すべき点があります。いくつか紹介しますね。防水型補聴器の選び方で知っておかないと損をします。注意点をよくまとめました。

防水性能にも違いがある。より防水性能の高い補聴器の見極め方と選び方

防水補聴器でも実は違いがあってそれは補聴器のIP○△という表記を見ることでわかります。
〇の数値のほうは防塵と等級 △の数字は防水等級を表します。
防塵規格は今回のお題からは外れますので簡単に説明します。0~6の等級に分かれていて数字が大きくなるほど保護が強くなて粉塵や砂、ほこりなどでの内部への影響が少なくなります。
最近の補聴器はほとんど5~6等級を取得していたて本体が壊れるほどの塵が本体に入りません。
防水規格は0から8の基準で保護等級があります。

等級 保護の程度
0 保護されていない
1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
3 鉛直60度の範囲でから落ちてくる水滴による有害な影響がない
4 あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない
5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
7 一時的に一定水圧の条件に水没してもないうぶに浸水することがない
8 継続的に水没しても内部に浸水することがない

補聴器でも防水と呼べるのは7等級からは防水補聴器といえます。等級が8になると継続的に水没しても壊れないですね。
7以下の数値の場合は防滴補聴器になりますので、選ぶ際は注意が必要です。

水、汗、湿気以外の液体は効果がない場合がある。

先程紹介した防水性能の等級は真水を対象とした実験の元で等級がつけられています。ですからそれ以外の液体は防ぐことができない可能性があります。
こんな生活する上で身近なのはこんな液体がもとで故障してしまいます。

  • 温泉
  • プールの水
  • 石鹸水、洗剤の混ざった水
  • シャンプー、リンスなど
  • 海水
  • そのほか汗、雨などの液体

以上は故障を引き起こす影響がある液体ですね。
メーカーによって書き方はまちまちですが、防水補聴器でも避けたほうがいい液体ですね。

メンテナンスをしないと防水できなくなる

補聴器の防水は、本体内部のパッキンや、防水フィルタ-などで内部保護をしています。ですからこれらが劣化してしまうと内部に浸水して影響が出てしまいます。
年に一回はオーバーホールをして内部の防水パッキンやフィルターを交換してもらいましょう。
なお日常のメンテナンスで乾燥させることも大切です。音の出る部分に湿気がたまって音が悪くなることもあるので毎日乾燥させましょう。

電池ロッカーが開いていると浸水するかも

電池ロッカーが閉まっている状態で防水性能が評価されているので、開いていると浸水する可能性が高いです。
内部のICやマイクなどのパーツまで防水加工していて故障を防げる機種もあります。
ですがどのような機種でも電池ロッカーが開いている状態で水没した場合は、完全に乾燥させてから補聴器を動作させて確認を取りましょう。慌ててすぐ起動すると内部の部品がショートして壊れてしまいます。

RIC型補聴器は防水仕様でも例外の部分がある

RIC型補聴器はコンパクトで音もよく、最近人気の補聴器で、どこの補聴器メーカーも力を入れていて防水補聴器の中にもRIC型は存在します。しかし注意したいのは、耳の中に入れて音を再生する「レシーバー」です。この部分はIP68でも対象の部分に含まれていません。ですからここだけは水没すると高確率で壊れます。故障したらレシーバーだけ交換できる仕組みになっているので、販売店にもっていきましょう。

通常の耳かけ型補聴器だとチューブに汗や湿気などが入る

RICタイプの補聴器ではなく通常の耳かけ型補聴器の場合はチューブに汗や湿気や耳漏れが混入して音が出ないことがあるので注意してください。この場合は防水型補聴器の性能というよりも単純に水分を除去してあげれば解決いたします。

ティッシュでこよりを作ってチューブやイヤーモールドに入っている水滴を吸い込んであげればすぐに音は出ます。

補聴器用のエアーブロアーでチューブやイヤーモールドに入っている水を飛ばしてあげるのも大変便利です。※写真のはシーメンス・シグニアの補聴器用のエアーブロアーです。中耳炎で耳漏れが出たり、汗が多くてチューブに水が溜まる方にはとても便利です。

それ以外に耳かけ型のフック部分のダンパー(フィルター)部分に水が入って音が出ないこともあります。

また予備措置として必ず乾燥ケースに保管して頂くことが良いでしょう。外気と内気の温度変化などでも補聴器の内部に湿気が混入することも考えられるので、乾燥させるのは必須アイテムです。いくら防水性の高い補聴器をしても故障はあるので乾燥ケースでしっかりとケアすることをオススメします。これが長持ちの秘訣です!!

乾燥ケースも最近はシリカゲルを使用しない電気で乾燥させるD-DRY乾燥機というのも非常に人気です。

フォナックのD-DRYはしっかりとヒーターが寝ている間に乾燥させてくれます。湿気対策にはメーカーも推奨されております。従来の乾燥ケースではシリカゲル(乾燥剤)の効果が約2ヶ月~3ヶ月でなくなりますが、そんな心配はいらなくなります。またUV-Cライトで除菌効果と感染症のリスクを軽減してくれます。乾燥、除菌、収納という3つの機能を揃えております。

最新の防水補聴器を簡単に紹介します。

防水補聴器はこのようなところから選ぶといいですね。

リオン スプラッシュ IP65/68

フォナック ビロングシリーズ全機種 IP68

オーティコン オープン IP68

ワイデックス ビヨンド IP68

シグニア プライマックスセリオン IP68

こんなところでしょうか。防水といえばリオンの補聴器ですね。温泉もOK公式で書いているので非常に防水性能が高いといえます。次いでフォナックの補聴器ですね。防水性能は昔から高く、今回も様々な形状から防水補聴器が選べます。

防水補聴器まとめ

防水補聴器の選び方と注意点お分かりいただけましたか?防水と防塵に強い補聴器選びは国際等級IP68が付いているのを確認しましょう。
防水型補聴器だからといって何に水没しても壊れない、メンテナンスが必要ないということではありません。必ず使用した後は乾燥ケースに補聴器を保管させて故障のリスクを軽減させることが必要です。
必ず年一回のオーバーホールと、水、汗、雨以外の液体での水濡れ、水没には注意するようにしましょう。
メンテナンスを怠っていなければ万が一の時も安心です。

リスニングラボでは防水性能の高いフォナックの補聴器を取り扱いしており、正しい日常メンテナンスの方法のレクチャーなどもしております。  防水補聴器のことや、補聴器の水没、水濡れのことで気になることがあれば当店までお気軽にご相談ください!

関連リンク

補聴器をうっかり水没させてしまったら

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

補聴器をしても会議中うまく聞こえない。離れたところの聞こえづらさはロジャーで解決!

補聴器をしていても、会議中うまく言葉が聞き取れないことありませんか?話している人が離れた場所にいると聞こえづらいですよね。そんな時にはフォナック(Phonak)のロジャー(Roger)で解決できます!ロジャーはワイヤレスマイクですが普通のものとはちょっと異なります。今回はロジャーの特徴、メリットやデメリットをまとめてみました。

補聴器をしていても、意外と困ってしまうのは会議や商談での会話です。会議中は話す人が離れてた場所にいて、音の反響がある部屋で話すことが多くや紙の雑音も多いので聞き取りづらい環境なんです。
さらに聞き逃ししては仕事に支障が出てしまうので、精神的に緊張し疲れやすく、集中力を欠いて聞き逃してしまうことも。

そんな時にはフォナックのワイヤレス補聴システムのロジャー(Roger)を使っていただくのがいいですね。
これがあれば補聴器を使っていても集中しなくては聞きづらい少し離れたところや、騒がしい環境でも会話を聞きたい人の声を、ワイヤレスマイクを通じて補聴器に直接送られてくるようにできます。
雑音が少なく、明瞭な音で聞き取りが可能です。

今回はロジャーについて説明していきますね。

補聴器をしても会議中の会話が聞き取りづらい原因とは。

補聴器はしていても会議中に言葉がうまく聞き取れない。これって結構あることでよく補聴器購入後の悩みとして相談されます。
補聴器自体の音の調整をして改善を試みたり、補聴器の機能で指向性を強化できるものを使ってみたりしても、うまくいかないことがあるんですね。
理由は何個かあります。

補聴器の有効範囲の問題

まず1つめは補聴器の有効範囲と音の距離の問題です。
意外と知られていませんが補聴器は有効範囲が約3メートルまでとされています。有効範囲より外の音は拾いづらく、音のパワーが弱いので聞き取りづらいんです。
会議室は3メートル以上距離が離れるところで話者が話していることが多いので、拾いづらいんです。

声は距離が離れると音が小さくなっていく

声は距離が離れるとだんだんと小さくなります。すると自分の周りで雑音が発生すると雑音に紛れてしまうので聞こえづらくなります。
補聴器の有効範囲外で、距離が離れていて音が弱くなっているのでこれだけでもかなり聞こえづらい状態です。

紙をめくる音や、反響した声など音の邪魔になるものが多い

会議中は紙をめくる音やメモを取る音などの作業音や、壁に反射した声などが、聞き取りの邪魔をしてしまったりします。
距離が離れていると声のパワーが弱まっているので、自分の顔に近いところで起こる雑音に邪魔されてこういった雑音に紛れてうまく聞こえなかったりします。
また反射した声は、少しタイミングがずれて補聴器に入るため会話の聞き取りの邪魔になります。

このように会議の聞き取りには、補聴器の有効範囲外で音のパワーが弱まっているところに雑音が邪魔してきてというように結構聞き取りには劣悪な環境なんです。

聞き逃しできないという緊張も聞き取りに影響がでる

会議や、商談などの聞き逃せないシーンというのは、緊張して疲労するのを早めます。
聞こえづらいと分かっているので、神経を集中してますから非常にストレスがかかりやすくて、ドッと疲れます。
すこし長い時間の会議になってしまうと、疲労がたまって集中力が切れやすくなって、ぼんやりしてしまい聞き逃してしまうことがあるのです。
そして聞き逃しが気になってしまってそれがまたストレスとなってと、悪循環になってしまいます。
録音することもいい方法ですが、会議中の積極的な発言を求められると困ってしまいますよね。

補聴器に会話が直接高音質で送れるワイヤレス送受信機のロジャー

ロジャーは学校生活支援用のワイヤレス送受信機として開発されました。
難聴児の学校生活では、複数の生徒がいて雑音も多く、席が教壇から離れてしまうこともあります。改めて考えるとけっこう会議の状況に近いんですよね。
ロジャーは補聴器に接続した受信機に直接音を送ることができるワイヤレス送信機です。難聴者の社会活躍のため支援機器として指定されている機器でもあって社会人の難聴者でも利用数が多くなってきました。
雑音があっても距離の離れた人の声を聴きやすくできるので、悩んでいた人には使ってみるのがいいでしょう。

ロジャーのメリット・デメリット

デメリット
  • 補聴器の電池の消費が早くなる
  • 通常のワイヤレスマイクより高い
  • 送受信機のペアリングと補聴器の設定が必要
  • 一部使用できない補聴器もある

まず電池の消費は早くなりますね。外部の機器に接続しているので、中のCPUの消費電力が上がるからです。
送受信機が必要なのと性能が高い関係で、普通のワイヤレスマイクより高めの値段設定になっています。
補聴器の設定で、ロジャー用のモードを作る必要があります。本体のペアリングが必要なので、最初はうまく使えないことがありますね。
Tコイルという機能が入っていない補聴器だとロジャーは使えません。逆にいえばTコイル標準装備とされている補聴器ならメーカー関係なく使えます。

メリット
  • 通常のワイヤレスマイクより強い指向性
  • 雑音抑制がかかる
  • 専用の送受信機で送ると音の劣化がない

ワイヤレスマイクには今まで搭載されることのなかった、雑音抑制機能や強い指向性を持っているので、雑音と声がある程度分別された状態で入ってきます。話している人との距離がなくなるので、反響して聴こえづらいということもなくなります。ロジャーを使って言葉の聞き取りテストをしたところ約54%ほどの聞き取り改善の効果があるとのことです(メーカー公式情報より)
ロジャーにはTコイルから受信するほかに、専用の一体型受信機を使うことで、補聴器に直接音声が送ることができて、さらにクリアな音にすることができます。

これがロジャーのメリット・デメリットです。
コスト面が少しかかりますが、その分聞き取りの能力の向上が期待されます。

会議用でよく使われるロジャーの組み合わせと価格について

ロジャーは送信機(ワイヤレスマイク)と受信機のセットで使用します。

ロジャー送信機(ワイヤレスマイク)
  • Roger Pen(ロジャーペン) ¥109,000-(税別)
  • Roger Touch MIC screen(ロジャータッチマイクスクリーン) ¥128,000-(税別)

この二つから選ぶことが多いです。

ロジャーペンは、コンパクトでBluetoothでスマホなどと接続して通話ができるので、離れた場所の会話だけでなく、スマホでの会話音も補聴器に直接送れるので周りの雑音がなくなり聞きやすくなります。
ロジャータッチマイクスクリーンは、タッチスクリーンで使用時間、同期の状態がわかりやすく、ペアリングも簡単です。ロジャーペンより強力な雑音抑制と3つマイクを利用した指向性で、6畳くらいの範囲にいる複数人の会話を聞き取りやすくする小グループモードがあって複数人の会話にも効果があります。

ロジャー受信機
  • フォナックの耳かけ型補聴器専用のロジャー一体型受信機 片耳¥92,000-(税別)
  • オーディオシューを付けた耳かけ型補聴器(他メーカーもOK)に使用するロジャーX 片耳¥92,000-(税別)
  • Tコイル装備の補聴器(他メーカーもOK)に使用するロジャーマイリンク ¥65,000-(税別)

この3つから選択します。
一体型、ロジャーXは少し割高ですが、補聴器に直接音が送れるので音の劣化が非常に少なく、コンパクトかつ電池は補聴器と一緒になります。充電不要なのでよく使われる方はこちらのほうが楽です。
マイリンクは購入時のコストが少ないのと、Tコイルがあればどんな補聴器でも使えます。耳あな型補聴器は、マイリンクから接続するのが基本になります。

※一体型受信機と、ロジャーXに関しては両耳で使用する場合、2個用意する必要があります。

詳しい商品詳細はこちら→ロジャー

送受信機のセットで割引があったりするので、さらに詳しく知りたいときには、お問い合わせフォームから質問いただくか、取扱の補聴器専門店でお伺いください。

まとめ

今回はロジャーに関してをまとめました。
会議中の会話がうまくいかないと感じていたら、ロジャーを試してみてもいいかもしれませんね。

リスニングラボではロジャーの全般の機種の取り扱いがあり、ロジャーの貸出も1週間500円でできます。
実際の仕事で使ったり、会議の現場でも使用して違いを体験してみてください。
レンタルの際には一緒にフォナックの補聴器を借りることもできますよ!
ロジャーの使い方から、活用方法も説明させていただきますので、お気軽に貸りに来てください!

あなたもロジャーで聞こえづらいを減らしませんか?

ロジャー関連リンク

より詳しいロジャーとワイヤレスマイクのこと

難聴児のためのロジャーの使い方

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

スポーツやアウトドアに適した補聴器ってあるの?使いやすくなる機種の選び方お教えします。

運動を意識的に週末やっている。登山やキャンプなどが好きでよく行くなど、アウトドアやスポーツを趣味にしている。
こういった方は健康年齢に気を掛けている方も多く、補聴器を意欲的に使われる方が多いのも実際のところです。
スポーツや、アウトドアなどで使いやすい補聴器選びはこのようなポイントを抑えましょう。

  • 防水性能に注目する
  • 耳かけ型より耳穴型が使いやすい
  • 風の音を抑えられる機種を選ぶとさらに使いやすい
  • 使用後のメンテナンスに便利なケアグッズを揃える

スポーツ、アウトドアは汗をかきやすく、雨が降ったり、風が吹いたり、環境の変化があります。
実はこういった環境は補聴器にとって劣悪な環境といっても過言ではありません。
使いやすく、使用環境に向いている補聴器について学んでいきましょう。

スポーツ、アウトドアでの補聴器の必要性

そもそもスポーツや、アウトドアに補聴器は必要なのか?
そうお思いの方もいらっしゃるかと思いますが実は重要度としては聴力は比較的高いほうなんです。

聴力というのは周辺の環境を認知するために必要な器官の一つです。
歩いているときに、前から来た車は目で情報を収集しておりますが、後方から来る車をあなたはどう判断していますか?
私たちが行動する際には、視覚からくる情報以外はほぼ聴覚から得た情報で判断をしています。
要は私たちの周りで起こっていることで、振り返らずに車が来ているなとなんとなく判断できるのは、訓練された耳があるからこそなんですね。

スポーツの場合は、相手の行動の予知や、ボールなどの飛来の目算の手伝い、敵味方の指示や、会話などがあり、体の反応させる起因になったり、競技を円滑に進めるためであったり、コミュニケーションをとる上であるべきではと考えます。

アウトドアの場合、非日常的な環境を楽しむための音というのが出てきます。小鳥のさえずり、川のせせらぎ、風で葉の揺らぐ音などを楽しむことはもちろん仲間内での会話はもちろん、周辺の危険の察知などの面で考えると補聴器の必要性がわかっていただけるかと思います。。

アクティブに楽しみたいからこそ補聴器というのを選択するのがいいでしょう。

アクティブな人ほど補聴器を積極的に使うその理由

健康寿命という単語が世に出てきてからというもの、より一層健康的で若々しい生活を目指す方が増えたと感じます。
健康寿命とは日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる期間のことを指します。

こういった健康寿命を意識すると健康寿命を延ばすために、運動などをして自分の体のことに気を掛け、年齢的なものに縛られず若々しく活動的になっている方が増えましたね。

補聴器目線でみると、アクティブに活動する人ほど補聴器をよく使用している傾向にあります。
その理由は

  • コミュニケーションを大切にしてる傾向が高く、聞こえないこと、聞き返すことが年寄り臭いと感じている
  • 自分の体の変化に敏感で、より若々しい時の感覚を持ち続けるため

今まで比較的若い年齢で補聴器を使用し始める人の傾向は以上のようなことが補聴器を着け始めるきっかけになっています。
補聴器は年寄りがつけるものというイメージを廃して取り入れた結果として、コミュニケーションが円滑になり、ゆえに活動的な自分を保てているといわれる方もいます。

これからこういった価値観が進めばより良いと販売しながら日々感じています。

アクティブに使うからこそ性能や形状に注意したい

よく運動する、外で使うという人は、必ずと言っていいほど補聴器の故障で悩みます。
大抵活動の範囲や、行動に合ってない補聴器を選んでしまい、故障に導いてしまうのです。
使う上で注目してほしいのが性能と形です。

アクティブに使うなら、耳穴型がいい。

運動などで使用する場合、形状から行きますと、まず耳穴型がベストの選択になります。理由は3つです。

  • 汗の影響を受けづらい
  • 耳にあつらえるので外れない
  • 音の方向性がわかりやすい

耳穴型補聴器は、運動時などの頭から滴る汗からの影響を受けづらく故障しにくいメリットがあります。
二つ目は耳穴にあつらえることで補聴器が激しい運動しても外れないということがあげられます。
そしてもう一つの理由は耳自体の構造を利用するためです。
耳の外側(耳介)のもつ耳介の集音する力を持っており、前方方向はもちろん、左右の音を掴んでくれます。
この効果で音の方向性がわかりやすくなるので、スポーツなどで使用するのに向いています。

しかし耳あかが水っぽい、飴状の耳垢もしくは耳垢が多い場合は使用が難しい場合もあります。
ベル加工といって耳の中に入る先端の加工を工夫することで使用できることもあるので、みみあかの状態によってはしっかり相談してください。

防水防塵性能に注目して機種を選択する

外での使用をされる場合は、雨による浸水や、風による埃や塵によるトラブルが発生しやすいのです。
ですから、防水、防塵の性能に注目して補聴器を探してみてください。
防水、防塵性能は補聴器のほとんどについています。IP○○のような表記に注目してカタログを見てみましょう。
防水防塵性能の見方はこうです。

最近では最高水準のIP68を取得した補聴器が増えてきました。
この場合粉塵も入らない機構で、継続的に水没しても中に浸水しないという基準をクリアしていることになります。
少なからず多少の雨での故障の心配は減ります。

ちなみに防塵加工がオーダー時にさらに選択できる場合があります。
工場や、建設業などの場合は防塵加工を入れてあげるとさらに故障のリスクが下がります。

防水、防塵の性能、形状に少し考慮して選んでもらえると室外でよく使用する補聴器はいい選択ができます。

さらに室外で補聴器を使いやすくする機能

室外で使用する際にさらに注目したい機能としては

  • 風の音を抑える機能
  • 360度指向性

この二つの機能は特に役に立ちます。

風の音を抑える機能

これまでの補聴器は風が吹いている環境では、ビュービューやゴーゴーなど風切り音がマイクに入ってしまっていて言葉の聞き取りが難しいという環境がありましたが、機種によってはこの風の音を抑える機能が付いてきます。
ゴルフや、他のスポーツもそうですし、登山などでもこの機能は活躍します。
外での作業などをする場合も、風が吹いている環境での聞き取り向上に一役買います。

360度指向性

このモードは一般的な補聴器の無指向性と勘違いされそうな機能ですが、異なります。
このモードは360度を4つの方向で分けます(前後左右)その中で声がする方向を自動で読み取り、そちら側のみの音声を優先的に聴くことができるというものです。
例えば右側に川がある状態で左側から声を掛けられるとします。
無指向性の場合は川の音で声が邪魔されて聞き取り辛い可能性がありますが、360度指向性モードの場合左側の声が聞こえやすいように、右側の音のみ雑音抑制で意図的に抑えてしまえるのです。
この機能はスポーツや、アウトドアでの使用なもちろん、車での使用などでも効果を発揮します。
※この機能は両耳装用の場合のみ使用可能です。

以上の機能が搭載されている補聴器はより室外での使用を想定した設定がしやすいのですが、いかんせん高価な補聴器を購入しないといけない機能ですので、レンタルなどで試してみるのがいいかもしれません。

今回紹介した機能を満たすモデルの紹介、比較的お勧めできないモデル

今回紹介した機能、構造を含んでいるお勧めのモデルです。

フォナック バートV90

※画像をクリックすると詳細情報に移動します。
形状、機能ともにフル装備のモデルです。
唯一IP58であるところが惜しいところですが、防塵機能が多少下がる程度なので、気にならない方も多いかと思います。(それでも有害な影響が発生するほどの粉塵中に入らない防塵性です)
ベンチャーシリーズのいいところはオートセンスOSが入っているので、補聴器自体が、風のある環境から、ない状態に移動したり、騒がしいところ、静かなところでの会話する際に、自動で環境音を認識して音を調整してくれます。
今までの補聴器はこれをボタンをおして手動で切り替えをしていましたが、勝手にやってくれるので、非常に楽なのも魅力です。

お勧めできないモデルはある状態で使用するのには、RIC型補聴器はお勧めできません。


理由としては

  • 支持する部分が弱く、激しい運動をすると外れやすい
  • 耳かけ型は頭から汗をかくと、汗による故障リスクが高まる(防水性能があっても頻度は高くなる可能性がある)

以上のこともあり、運動する場合、汗をよくかくはRIC型補聴器はお勧めできません。
購入時には運動の趣味があることなどを説明しておくのがいいでしょう。

メンテナンスをこまめにすると高い補聴器も長持ちします。

汗をかいたり、雨に当たってしまった補聴器は湿気が原因での故障を引き起こしやすいです。
残念ながら、これは防水規格を通ったものでも、起こりうることです。
メンテナンスする上では以下のことを意識的にやってください。

  • 使用後は柔らかな布で拭く
  • 乾燥材の入った密閉容器で乾燥させて保管する
  • 耳あかなどが詰まらないようにブラシをかける

以上を毎回行ってください。これをするとしないでは使える年数で違いが出てくることが多いです。
なお乾燥に関しては、購入時に乾燥材入りの密閉容器を渡されてそれを使用してもらうことがほとんどですが、より効率よく、しっかり乾燥させるには専用の機器を用意することもお勧めです。

D-Dry ¥12.000-
強力な乾燥機能と、除菌ができ、補聴器の収納するケースも兼ねる乾燥機です。
これ一つあれば乾燥材を買うコストも抑えられますし、なによりきっちり乾燥させられるので、故障のリスクはさらに減ります。
補聴器購入時には検討してみてください。

まとめ

スポーツ、アウトドアに適した補聴器についてお分かりいただけましたでしょうか。
いつまでも健康的で若々しい自分でいるためにも、体のコンディションを整え、補聴器で聴こえのコンディションも整えましょう。

補聴器についての質問や、聴こえの悩み相談などいつでもお受けしております。
ご来店でのご相談はもちろん、電話やメールでもご相談可能です。
お気軽にお問い合わせください。

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

補聴器の電池が長く持たないのはなぜ?

補聴器を使おうと思ったら電池が切れていた。
家族が使っているけど、補聴器の電池があまり持たないと聞いた。
こんな悩みありませんか。それはこんなことが関係しています。

  • 電池のサイズの問題
  • 電池の特徴での問題
  • 補聴器の音の大きさや機能での問題

こんなことが絡んでいます。
補聴器の電池に関する話と、お得に購入するにはどうすればいいのか。
そもそも充電式などがないのか。など素朴な疑問にお答えします。

補聴器の電池ってどんなもの?

補聴器の電池はボタン電池のような見た目ですが、体温計などで使用されるものとは違いがあります。

空気電池(空気亜鉛電池)と呼ばれ、空気中の酸素と電池内のアルカリ性水溶液が化学反応を起こして電気を発生させる電池です。空気に触れてから一定時間は発電しませんから注意してください。
この電池の長所は

  • 小型だが比較的大容量である
  • 高電圧を発する上、容量が減っても安定している

ということもあって補聴器のような小さなコンピューターが内臓されている安定的に高い電圧を必要とするものにはうってつけの電池なんです。

しかしこの電池の短所は

  1. 湿気に弱い
    日本は湿気が多い国ですから、保存時にポンと部屋の中に置いておくと梅雨時期などは使っていないのに電池自体が悪くなってしまいます。
  2. 寒いと発電しにくい
    空気電池の特徴の冷えると発電しにくいです。冬の朝は部屋が冷え込んでいますから、補聴器自体も電池も冷えてしまっていますね。この状態ではすぐに動かないことが考えられますね。
  3. 二酸化炭素に弱い
    二酸化炭素によって電池内のアルカリ性水溶液が炭酸塩に変化してしまい発電できなくなってしまいます。高濃度の二酸化炭素を浴びると二酸化炭素が少ない場所に移動しても発電しなくなることがあります。
  4. 一度使い始めるとずっと発電し続ける
    空気電池はシールで封がされてますが、これをはがすと空気穴から空気が入って発電が始まります。はがした後は無くなるまでずっと発電されます。
    ※補聴器は常に使用する物として考えられているので、この電池のデメリットはあまり関係ないと考えられています。

このように補聴器の電池の特徴によって、電池がいつの間にかなくなってしまったり、無くなっていると勘違いしてしまったりします。

空気電池の寿命を少しでも長くしたい

電池寿命を少しでも長くしたい時には短所となる特徴を抑えて工夫することが最善の解決策です。

  • 湿気のあるところで保存しない
    桐のタンスなど年中で湿度が安定しているものに保管する
    密閉容器などに入れるなどして湿度の管理されたところで保管するのがいいでしょう。
    なお乾燥させるのもいけませんから注意してください。目安の湿度は60%です。
  • 使用する前に温める
    補聴器も、電池も使用し始める時には手で温めるなどして使い始めましょう。
    使用中は耳の後ろか耳の中ですから、体温が近くにある関係で適度に温度が保たれます。
    予備の電池は毛糸などでできた袋にいれてあげるのが効果的と言われています。
  • 補聴器を使用しているときは適度に喚起することを心掛ける
    換気することで空気中の二酸化炭素の量をコントロールします。冬などは特に暖房器具をつけて締め切っている状態になってしまい二酸化炭素の量が多くなってしまうので、注意しましょう。

保管や使用環境、使用状況などに注意しましょう。
なお電池が消費されるからといってシール封をはずした後の電池に再度シールを張り直したり、セロハンテープを張るなどして空気穴を埋めると、粘着面が空気穴を完全に塞いだまま残ってしまい発電できなくさせてしまうので、開封後は使い切ってください。

補聴器のサイズや、補聴器の使い方で電池の寿命が違う。

補聴器のサイズによって電池のサイズが異なります。

電池のサイズの違いでの寿命について


小さいサイズの補聴器を使いたい場合、必然的に電池のサイズが小さくなってしまうために電池の寿命が短くなります。

最小サイズのPR536(10)電池(黄色の電池)を使用した場合、使用時間は55時間~100時間程度となります。
一日のほとんどで使用すると最短で5日で電池がなくなります。

補聴器で最も用いられるサイズのPR48(13)電池(オレンジの電池)の場合、140時間~220時間程度が目安となります。

この電池のサイズの違いでも約2倍ほど時間が異なります。

値段は補聴器店によって異なりますが、1パック(6個入り)で¥1,000-~¥1,200-ほどが平均価格でしょう。
黄色のパッケージのPR536(10)電池は1パックで半月程度、年間では24パック必要です。約3万円程度です。
オレンジ色のパッケージのPR48(13)電池は1パックで1か月程度、年間では約12パック必要ですね。価格は1万5千円程度と多少お得ですね。
小さな耳穴型補聴器を使用している場合はどうしても使用時間が短くなりますから、作られる際にランニングコストがかかることを考慮しておく必要があります。

補聴器の音量が大きい場合や、機能を使用することで使用時間が短くなる

補聴器の中でも、音量が比較的大きい状態での使用をする場合は、使用する電力が異なりますので、使用時間が異なります。
それに付随して、騒がしい環境で使用する場合と、静かな環境で使用する場合も電力の消費が異なります。

あと大きく電池を消費しやすいのは、ワイヤレス機能を使用した場合です。
リモコンであったり、ワイヤレスマイクなどの外部機器と接続すると電池の消費が早まります。
特に消耗が早いのはbluetoothなどでスマホと連動したりすると非常に消費が早いです。

このように補聴器の使い方でも異なります。
積極的に使っていいただく人ほど消費が早い傾向にあります。

電池交換が煩わしい。充電式の補聴器ってあるの?

充電式の補聴器は数年前にも発売されていましたが、その頃は充電しても長く駆動しなかったりであまり振るわない結果に終わりどこのブランドも撤退してしまいました。

しかし2017年になりフォナック(Phonak)、シーメンス(Siemens)からほかのメーカーに先立って充電式の補聴器が発売されました。
リスニングラボではフォナックのものを扱っているのでそちらで説明しますね。

フォナックの充電式補聴器 オーデオB-R

フォナックのものは接点式で急速充電が可能なRIC型補聴器が先行して発売されました。
ビロング(Belong)シリーズのRIC型 オーデオB-Rです。
専用のケースに入れてあげると、30分の充電で6時間の使用、3時間の充電で24時間使えます。
もし充電を忘れていても、出かける準備をする時間充電しておくだけで、半日使えるのがありがたいですね。

充電式になってのコストは上がる下がる?

オーデオBは空気電池式と充電式の二種類があります。
充電式はB50(スタンダードクラス)からのみですので、空気電池式もB50でコスト面を比較してみます。
本体の大きさはオーデオB-RとオーデオB50-312Tと同じです。
ですので、使える電池サイズはPR41312のサイズで計算します。

オーデオB-R B50の場合
購入時の金額 両耳 ¥628,000-(充電ケース付の価格)

オーデオB50-312Tの場合
購入時の金額 両耳 ¥500,000-

差額は¥128,000-となります。
差額を電池で計算すると約128パック分ですね。
312の使用期間は一粒あたり約10日分程度ですので、1パックを一か月で消費します。年間で12パックなので、電池だけで見ると大体10年分くらいのコストがかかります。
電池の交換が楽になるというだけでみるとお得といわれると個人差が大きい気がします。

オーデオB-Rは補聴器を使用する上での面倒をできるだけ排除するために考案されたといっても過言ではないほど、補聴器は充電すれば使え、いままであった周りの環境が変わるたびに音量の上げ下げをしていたプログラム変更も、補聴器自体が自動で環境認識して、普通の耳の音の聞こえの変化のように調整してくれます。
充電式になったことで、さらに防水、防塵の耐性が上がったというところは評価できますね。
電池の交換が面倒であったり、日々の中での作業時間の短縮されていき、補聴器を使用することが圧倒的にシンプルになりますから、携帯電話や、眼鏡のように肌身を離すことのないものと考えると、差額分は大きな投資とはならない人もいるでしょう。
今後開発が進めばこの充電式補聴器が価格も下がり、一般的な価格に落ち着く可能性もありますね。

まとめ

補聴器の電池の消費がなぜ早いについて書いてまいりましたが、疑問は解決しましたか?

空気電池の寿命が短い理由は

  • 使わなくでも微量に放電し続ける
  • 補聴器の音量や、使い方によっては早く減る
  • 寒い、湿気が多いなどの環境に左右される

以上のことが関係しています。使う前や保存時のちょっとした気遣いで寿命は延びますから、少しでも実践してみてください。
交換が煩わしいし、身の回りのことで時間をかけたくないなどよりシンプルな補聴器をお求めの場合は充電式補聴器を一度借りてみるのがいいのかもしれません。

わからないこと、聞きたいことがございましたら、お気軽に店頭にお越しいただくか、お問い合わせください。

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

充電式の補聴器シーメンス・セリオンの評判

 

充電式補聴器がシーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)CELLION(セリオン)が販売されました。その性能と評判について紹介いたします。まず非接点の世界初の充電式補聴器でPRIMAX(プライマックス)の性能を引き継いでいるということですが、充電の詳細や機能についても書きたいと思います。

充電式補聴器セリオン(Cellion)

 

主に充電で使われている家電製品には
  • パソコン、ポータブルオーディオ、シェーバー、携帯電話
主に電池で使われているもの
  • 時計、ラジオ、おもちゃ、リモコン

この2つの差はで何が違うかといいますと、1年以上電池が持つのか、持たないのかなんです。

今までの補聴器は電池は約一週間で交換

補聴器は電池を交換しないといけない。それは当たり前のことだからしょうがない。と思っていた方、それは大間違いです!

次世代の補聴器は

煩わしい細かい電池の交換なんていらない。スマホや携帯電話みたいに充電するだけで使えるんです。電池がなくて困ったなんてこともうありません。

 実は補聴器を使用されている方の5人に2人が電池を気にされているのです。

スペックは日本語が聞き取りやすいプライマックスです。

プライマックス(Primax)の性能について

シーメンス補聴器のセリオンは3つの安心

安心1、電池不要

世界初の非接点充電の補聴器!電池の交換は不要です。そして充電の仕方はほんとうに簡単です。充電器に補聴器の本体を置くだけです。充電に必要な接点はありませんので、補聴器を置くだけで充電されます。非接点の充電式補聴器っていうのが凄いですよね。

充電のスピード

また充電のスピードはとても速く、7時間使用で30分充電

4時間フルチャージで26時間使用

ランニングコストの比較
  • 通常の空気電池をだと、電池代が約8,000円

(1週/粒 = 1,000円/1.5月として)

  • 充電式補聴器

電気代 約120円/年   1年間たったの約120円

安心2、濡れても安心

シーメンス・シグニアのセリオンは防水・防塵の国際保護等級IP68を取得しております。

防水・防塵に強いアクアリスという補聴器がありましたが、その技術を用いてセリオンはIP68を取得しています。洗顔、シャワーでも安心ですし、内部も外部もナノコートを使用しております。

さらにはシーメンス・シグニア補聴器セリオンは充電器に置いている間に乾燥もしてくれます。大事な補聴器を汗や湿気から守るために皆さん毎日、乾燥機の中に補聴器を収納していると思いますが、セリオンは乾燥機に入れなくてもいいんです。セリオンの乾燥は充電している間に充電器から10℃の暖かい熱で乾燥してくれます。もうシリカゲル(乾燥剤)を2ヶ月に一度交換する手間なんていりません。

安心3、失くしても安心

1年間の紛失保証付き。補聴器を無くしてもメーカーの対応で1年間であれば新しい補聴器に取り換えてくれます。

1年間の紛失保証は安心です!

おしゃれなセリオンのカラーバリエーション

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)のカラーバリエーションは全部で12種類です。これはプライマックス(PRIMAX)シリーズと同じですね。

セリオンの価格について

セリオンは3タイプのランクがあります。性能はプライマックス(Primax)です。

プライマックス(Primax)の性能について

primax7 Cellion(プライマックス7セリオン)553,200円 48ch  プログラム数6

primax5 Cellion(プライマックス7セリオン)403,200円 32ch  プログラム数6

残念ながらprimax3シリーズのCellion(プライマックス3セリオン)は一先ずまだ発売予定はありません。上位2機種のみとなります。primax3シリーズのセリオンも発売は今のところは未定です。発売されたら値段も安くなって買いやすくなると思うのですが、もうしばらく待ちましょう。

その他にも充実の機能満載です

セリオンの中のスペックは日本語を聞き取りやすくするプライマックス(Primax)の機能が受け継がれております。ですので対応リモコンも今までと同じようにeasyTEK boost(イージーテックブースト)やeasyPocket(イージーポケット)、miniPocket(ミニポケット)が使用できます。 

タッチコントロールアプリをスマートホンでダウンロードすれば簡単に音量調節が可能です。

セリオンのまとめ

シーメンス補聴器のセリオンは充電式です。非接点の充電で世界初の簡単使用です。中のスペックはプライマックス(Primax)です。

しかも3つの安心がついており、
  • 電池交換が不要で安心
  • IP68で濡れても安心
  • 紛失保証で失くしても安心
おすすめしたい方
  • 簡単な補聴器をお求めの方
  • 手先が不器用で、電池の交換が億劫な方
  • 遠方に住んでいる方
  • 旅行や外出が多くて電池けれが心配な方
  • 汗かき、水仕事の多い方

最後に社長から

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)の音質はPRIMAX(プライマックス)です。日本語が聞き取りやすいシーメンス補聴器のプライマックスということがとても安心です。音の方は会場で聞きましたが申し分ないです。電池の交換が必要ないというのは高齢者の方にはとても良いことだと思います。手先が不器用になってくるので、ちょっとした電池の交換が難しくなってくるんですが、充電式になるとそんな煩わしいことはもう必要ないんですね。これは補聴器の業界のある意味革命だと思います。

操作が簡単でますます便利になってます。補聴器の技術革新を目の当たりにした感じです。非接点で置くだけで4時間フルチャージで26時間使用。しかも防水・防塵。中身はPRIMAX(プライマックス)とは驚きです。

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)が気になる方はお問い合わせください。資料パンフレットもお送りいたします。秋葉原補聴器リスニングラボでも取り扱っておりますので皆さま心よりお待ちしております。

必ずご来店の時にはご予約のほどお願い申し上げます。