難聴で認知症のリスクが高まる?知っておきたい関係性そして補聴器の必要性について。

日本の認知症患者は約462万人(2012年厚生労働省調べ)とされており、日本にとっての深刻な問題とされています。 最近の研究では認知症の危険因子として、難聴が含まれるようになりました。 難聴の早期診断と発見、そして補聴器による聞こえの補助は認知症の予防につながると考えられています。 本記事は 認知症について 難聴と認知症の関連性 補聴器による聴力の補助の必要

続きを読む