Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

子どものころから片耳が聞こえない人向けの補聴器について

子どものころから片耳が聞こえないという人は、周りの環境や立ち位置などで言葉の聞こえたり、聞こえにくかったりして長い間苦労していると思います。子どものころ熱を出してからとか、いつの間にか聞こえなくなっていたなど理由は様々ありますが、共通して片耳難聴での聞こえを改善できる補聴器があります。今回は子どものころから片耳が聞こえない人のための補聴器について紹介していきます。

子どものころから片耳だけ聞こえない原因

子どものころから片耳が聞こえないという人は意外に多く、「子どものころ高熱を出してそれから」とか「子どものころ鼓膜が破れてから」や「交通事故にあってから」、「コンサートで大きい音を聞いてから」など病気や外傷が原因での難聴や、「生まれつき聞こえていない」という先天的な難聴まで様々な原因で片耳難聴の方々がいます。

このような原因が代表的な片耳難聴の原因ですね。

  • ムンプス難聴(おたふくかぜが原因)
  • 突発性難聴
  • 重症化した中耳炎
  • 音響外傷(とてつもなく大きな音で難聴になる)
  • 先天性(小耳症、前庭水管肥大症など)
  • 神経腫瘍による神経の損傷
  • 外傷性の難聴(耳小骨が外れる、鼓膜が破れるなど)
  • 頭部又は頸部術の後遺症や交通事故の後遺症
  • 内臓疾患

難聴についてはこちらから→難聴の原因について

片耳難聴になる原因の多くは比較的重い難聴をもたらすことが多く、片耳のみ全く聞こえないという人も大勢います。
年々片耳難聴の罹患数は増えており、ムンプス難聴は年間700人から1,000人ほど、突発性難聴は年間で35,000人ほどが発症しており、完治するのが3分の1なので少なからず年間20,000人が難聴になっている計算になりますね。
すべての原因を合わせると相当な数の片耳難聴者がいることが考えられます。

片耳難聴は補聴器をしたことがない人がほとんど

片耳難聴のほとんどの人が、補聴器を使用したことがないというのが現状です。
実際に片耳難聴で補聴器をしたことがある人を調査した結果があります。(japanTrak2012,japanrtak2015より)
片耳難聴での補聴器使用率は2012年の調査で11%、2015年で8%と非常に低く、片耳難聴者の9割が補聴器を使ったことがないのです。(任意の調査のため対象者の総数に違いがあり、割合が低い可能性があります。)

大抵の場合は「片耳が聞こえるから」という理由と、幼いがゆえに本人の必要か否かの意思が確認されないまま、補聴器は必要ないと判断されたり、聞こえないことが当然のまま長い間過ごしている人も少なくありません。
もうひとつ補聴器を付けていないことの多い理由があります。それは「難聴の程度が重いため補聴器の効果がない」という場合ですね。どうにかしたくても対処のできないまま生活している方も少なくありません。

コニュニケーションの障害を減らしたい

片耳難聴でコミュニケーションをとることが障害と感じてから「補聴器」を考え始めるのはよくあることです。しかし補聴器の効果がみられない人はあきらめるしかないのでしょうか。

片耳難聴でお悩みの皆さんは補聴器を使うことでこのコミュニケーションの取りづらさを少しでも減らしたいと考えているはずです。

  • 聞こえない耳側からの会話ももっと聞きたい
  • 騒がしい中で会話内容がわかりづらいのを減らしたい
  • 複数人での会話をもっと積極的にしたい
  • 会話中の聞き逃しや聞き返しを減らしたい

このようなことを思っていただいている方はこれから補聴器のことを紹介していきますので、補聴器のことを知って、試してみてください。

子どものころからの片耳難聴での補聴器の選び方

片耳難聴の場合は、難聴の耳で「聞こえにくい」という人と「聞こえない」という人で分かれます。
「聞こえにくい」という人は補聴器をつかっても効果が出る可能性があります。
「聞こえない」という人は補聴器の中でも特殊な補聴器になる「クロス補聴器」を使っていただきます。
「補聴器を使っても聞こえない」と言われた人でもクロス補聴器は効果が出る可能性が高いので、そういった方も希望を捨てず試してみましょう。

補聴器は実際にかけてみて効果があるかを体感してみるのが基本になります。補聴器専門店では聴力を測ってそこから補聴器の音をあなたに合ったものにして聞かせてくれます。
補聴器と、クロス補聴器どちらも一度試してみて効果のあるものを、選ぶのがまず第一歩になります。

クロス補聴器について

通常の補聴器のことがいろいろなサイトで見ていることと思いますが、片耳難聴専用の「クロス補聴器」に関してはあまり見かけないと思います。
クロス補聴器について簡単に紹介していきますね。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は片耳難聴専用の補聴器で、よく聞こえる耳には「補聴器」を、難聴の耳には「クロス送信機」を装着します。
難聴側の音は「クロス送信機」に搭載されたマイクで集音され、よく聞こえる耳に着けた「補聴器」に電波で送信されます。
補聴器からはクロス送信機側の再生音が入ってくるため、よく聞こえる耳で聞こえない耳をカバーするようにできます。

よく聞こえる耳に補聴器をする際には、穴の開いた耳栓を利用します。元ある聴力を生かしてそのうえで、難聴側の音を飛ばして聞きますので「いつも聞こえる音」に「普段は聞こえない音」が混ざって聞こえるようになります。
人によっては必要な会話を聞き分けるのに訓練は必要ですが、聞こえの範囲の拡張、聞き逃しの防止に一役買ってくれるはずです。

クロス補聴器の価格や機種についてはこちら→片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

片耳が全く聞こえなくても使えるクロス補聴器

片耳が全く聞こえなくてもクロス補聴器は対応できます。健康な耳の聴力を利用した補聴器の使い方になりますので、聞こえない耳に補聴器を付けても効果がないとわかっている人でも試していただき効果を実感していただけるとおもいます。
過去に片耳が全く聞こえなくなる「ムンプス難聴」や「突発性難聴」などにかかった方もクロス補聴器を試していただき効果を実感していただきました。是非一度体験してみてください。

過去のお客様の感想→クロス補聴器の体験をした感想

クロス補聴器を体験するなら、クロス補聴器導入の経験が多いリスニングラボにお任せ

クロス補聴器は、長年補聴器の販売をしている販売員ですら年間1回やるかわからない症例で、特殊な調整方法ということもあって敬遠している補聴器専門店も多いといわれます。
しかし秋葉原補聴器リスニングラボでは、全国でも数少ないクロス補聴器に詳しい専門店です。片耳難聴のお悩みを解決のお手伝いをするため日夜多くのクロス補聴器に関するご相談を受けています。

試すことから始められる安心

これまでのクロス補聴器は非常に魅力的に感じても、本当に効果があるか半信半疑の方が大半だと思います。
リスニングラボではクロス補聴器のデモ機を多数ご用意しており、視聴してみることはもちろん、実際の生活環境で利用できるレンタルのサービスもご用意しております。
1週間500円で貸出することになりますが、その分本気であなたの為に補聴器を調整し快適で聞こえやすい補聴器を選ぶお手伝いをします。購入時には500円のレンタル料は本体価格から値引きをしてお返しいたします。
もちろんうまくいかなくて、購入しないと決めても躊躇はいりません。押し売りや、しつこい勧誘はしませんので安心してください。

迷ったらまず相談してみてください。
あなたの悩みが少しでもか改善できる手助けができれば幸いです。
もし関西圏にお住みならば姉妹店の大阪きこえ補聴器もクロス補聴器に詳しい専門店ですので、ご相談いただけばと思います。→大阪きこえ補聴器

まとめ

子どものころから片耳が聞こえない人にとって、片耳難聴がコミュニケーションの障害と感じるようになるのは、多くに人と関わる大人になってからのことが多いのですが、クロス補聴器の導入は今更遅いなんてことはありません。
もちろんクロス補聴器を使うにあたって、装用して訓練は必要なので本当に使いこなすまでは時間がかかることもあります。しかし聞こえないはずの音が聞こえるという驚きを一度体感してほしいです。

詳しいことはお問い合わせください。

関連リンク

片耳難聴の場合、片耳補聴器とクロス補聴器のどちらを選ぶべきか。

片耳だけ補聴器を購入したいが、補助金はあるのか。

片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

クロス補聴器の効果は値段で違いがあるのか。機能の違いと選び方をお教えします。

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

ムンプス難聴で片耳が聞こえないときの補聴器について

ムンプス難聴(おたふく風邪)で片耳がほとんど聞こえなくなってしまった時には、クロス補聴器をお使いいただくことで、聞こえの改善が図れます。
「補聴器は効果がない」と言われている方でも、一度「クロス補聴器」を試してみてください。今回はクロス補聴器について紹介します。

ムンプス難聴とは

ムンプス難聴とは、ムンプスウィルスというおたふく風邪(流行性耳下腺炎)の原因になるウイルスが、内耳に感染しておこる難聴です。
難聴の程度は高度以上になり、大抵が音に反応ができない状態(スケールアウト)になります。片耳のみに発症することがほとんどです。
2歳~15歳の子どもに多く発症し、0.2%~1.1%の確率で難聴の症状があらわれます。ここ数年日本においてはおたふくかぜ患者の200人~400人に1人の割合で難聴を発症しているとのことです。

どんな症状?

発熱や耳下腺(耳の下、あごの下など)が腫れた後、4日~18日以内に難聴の症状があらわれます。その際に耳鳴りやめまいを伴うことがあります。
子供の場合は難聴の症状をうまく伝えられないことや、周囲の大人も聞こえに起こった異変に気がつかず、小学校の健康診断などで初めて聞こえていないことを発見されることも多いのです。熱や腫れがひいてくると安心してしまいますが、症状が収まった後に重度の難聴になる可能性がありますので、気を抜かず病院で受診ください。

ムンプス難聴は難聴の症状自体は片耳のみに発生することがほとんどで、程度は高度~重度(ろう)までとなります。

治療はできるの?

おたふく風邪自体はウィルス感染なので、最近に対して効果のある抗生物質を投与しても効きません。そのうえ抗ウィルス薬がありませんので特効薬が存在しません。
熱などを抑える薬を適宜処方しながら回復を待つしかありません。
ムンプス難聴になった場合は、病院でステロイド治療などが行われることがあるのですが、治療による回復がほとんど見込めません。

予防接種で予防できる

ムンプスウィルスはワクチンを接種することで9割方の人は免疫が作られます。
周期的3~4年ごとに流行する病気なので、事前にワクチン接種をしておくといいでしょう。

片耳が聞こえないと困ってしまうこと

ムンプス難聴は片耳が健康な耳ですが、片耳はほとんど聞こえない難聴になります。
片耳が聞こえなくてこんなことで困っていませんか?

  • 聞こえない側で話しかけられると聞こえても会話内容が理解できない
  • の方向感がわからない、集団での会話では話している人がわかりづらい
  • 会話中の聞き逃しや聞き返しが多い
  • 騒がしい場所での会話や必要な音は聞き取るのが難しい

これは困ってしまうことのほんの一部ですが、騒音下などでの会話や、通常の会話でも距離が離れたり、難聴側に立たれると会話の内容が理解しづらいことが多く、コミュニケーションがストレスに感じる方もいらっしゃいます。
常に音に気を張っていないと聞き取れないという場合も多いので、精神的な疲労も人より多いのが片耳難聴あるあるですね。

どうにか改善したい、少しでも楽になればな。と考えている方も多いでしょう。

ムンプス難聴は普通の補聴器は効果がない

ムンプス難聴で片耳が聞こえないと気がつきどうにか改善したいとお考えになって補聴器をお求めいただいた方も少なくないでしょう。
しかし希望を求めいったお店では「この聴力では補聴器の効果がないよ」と言われてしまったり、実際に補聴器をしてみても音として認識できないという方がほとんどだと思います。

補聴器自体は聴力が残っていないと音を大きくしても効果がありません。また健康な耳と難聴耳の聴力の差が大きすぎると左右同じように聞こえないですし、難聴の耳につけた補聴器の音が大きすぎて頭の中に響いて反対側に伝わり、よく聞こえる耳の聞き取りの邪魔になってしまうこともあります。
こういったことがあって通常の補聴器は使っても効果がないのです。

補聴器の効果が見込めない片耳難聴の方にも効果のある補聴器がないか、他にも改善方法がないかと考えている方に使ってほしい補聴器があります。

ムンプス難聴で片耳が聞こえない人にの救世主となる可能性があるクロス補聴器

ムンプス難聴で片耳が聞こえない方には普通の補聴器ではなくてクロス補聴器をぜひ試していただきたいです。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は、難聴側(聞こえない耳)にはクロス送信機を装着し、健聴側(良く聴こえる耳)には補聴器を装着します。
難聴側に装着したクロス送信機のマイクが周りの音を集音し、その音を電波で健聴側につけた補聴器に送信して再生します。
そうすることで難聴側の音を健聴側で聞いてカバーしよう。という考え方の補聴器です。

ですからムンプス難聴のように聞こえなくなった耳に補聴器をしても効果がなかった方でも、聞こえない耳側の音をカバーして聴こえの改善を図れるのです。
良く聴こえる耳には「いつも通りの音声+難聴側で聴こえる音」が合わさって聴こえる状態になります。しかも難聴側の音は大きくなりいつもよりはっきり聞こえます。

クロス補聴器の効果で考えられること

今までリスニングラボでは多くの片耳難聴の方にクロス補聴器を着けて頂いて体験してもらい感想や意見をいただいています。
この実際の体験も含めてクロス補聴器の効果で考えられることを上げていきますね。

  1. 難聴側に立たれても声が聞こえる。聴こえる範囲が広がる
  2. 聞こえにくい側から会話されても内容の理解しやすくなる
  3. 騒がしい中でも会話の内容が理解ができるようになる
  4. 複数人での会話でも内容が理解がわかりやすくなる
  5. 集中していない状態で会話が始まっても聞き逃し、聞き返しすることが減る。
  6. 気を張っていることが減るので精神的な負担が少なくなる

このようなことが改善するという感想が多いですね。
詳しいクロス補聴器の体験談はこちらから→クロス補聴器の感想

クロス補聴器の価格帯について

クロス補聴器は、片耳には補聴器、片耳にはクロス送信機を利用しますので、セットで購入することになります。

補聴器は12万円ほど~50万円の補聴器が対応しています。クロス送信機はどのメーカーも10万円前後ですね。
補聴器はグレードによって値段が変わります。グレードが高いと騒がしい場所での聞こえやすさと補聴器を着けていて快適する機能が向上します。

今回はフォナックでクロス補聴器の具体的な例で紹介してみますね。

なるべく小さく目立たず、聞こえもいい必要最低限のセットを希望される場合
RIC補聴器のオーデオB30は180,000円(非課税)+クロス送信機のクロスBは95,000円(税抜)=税抜き275,000円が最低限のコストになりますね。

実際どの価格帯の補聴器にするのか決めるのは、試聴したり、実際の環境で使用できる補聴器のレンタルで確認することがいいですね。

クロス補聴器専門的に扱える補聴器店をお探しならリスニングラボにお任せください。

ムンプス難聴で片耳が聞こえなくなってしまうとか聴力の改善見込みがなく、片耳だけでの生活は様々な不便が生じてしまいます。聞こえの補助をしていく方法としてクロス補聴器を考えてみてはいかがでしょうか。

東京の秋葉原に店を構える秋葉原補聴器リスニングラボは今まで多くの片耳難聴に立ち会いクロス補聴器での聞こえの改善をお手伝いしてきました。
前例から見てもムンプス難聴でもクロス補聴器はばっちり効果を実感していただけると思います。片耳難聴で、きこえを何とか改善したいとお考えの方にぜひ試していただきたいです。
クロス補聴器の販売、調整は自信があります。
補聴器の試聴はもちろん、補聴器自体をレンタルして、実際に学校や、職場など日常の生活で試していただくことも可能です。ぜひ一度ご相談ください!

クロス補聴器関連記事

クロス補聴器は耳かけ型と耳あな型で性能の違いはあるのか

片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

過去のお客様のクロス補聴器体験談一覧

店舗紹介と問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック