Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

あなたは片耳が聞こえない原因について知っていますか?

片耳が聞こえないという方で原因について詳しく知らないという方が意外と多いのですが、片耳が聞こえない原因を知ることで改善の糸口が見つかる可能性があります。
今回は簡単にですが片耳難聴の原因について触れていきます。幼いころ難聴とだけ言われてそれっきり詳しく知らないという方や、今現在で片耳が聞こえないが原因だけでも調べたという人は読み進めてみてください。少しでも心当たりや気になることがあれば耳鼻咽喉科に行き診察を受けるといいですね。

※ここでは原因についてや治療についてなどの簡単な説明などがありますが、弊社は補聴器専門店であり、診断、治療をはじめとした医療行為は行いません。該当の症状があれば耳鼻咽喉科での診察治療をお受けください。

意外と知らない難聴の原因

毎日ではないが、片耳が聞こえづらい日があり困っているが原因がわからない。
子どもが片耳難聴になったが、出産直後の聴力検査では異常無しで、一体何が原因で片耳だけ難聴になったかわからない。
両親が音に反応してないことに気がついて、幼いころ病院へは行ったもの難聴としか言われていない。詳しく聞いているであろう両親に聞いても、責任を感じているらしく話しづらそうで原因を深く知らない
片耳が難聴である方は片耳が正常であるがゆえに普通に生活できていると思います。しかし心のどこかでは難聴の何とかしたいと感じているものです。
片耳難聴の原因を知ることでなにか改善や、解決のきっかけになるかもしれません。

耳の構造と仕組み

どのような難聴であれ、詳しく説明するには耳の構造と聞こえの仕組みを知らなくてはいけません。

みみの構造図で簡単な説明をおこなっていきますね。まず耳は大まかに3つに分類されます。

聞こえに必要な耳の構造
  • 音を集める耳介と、外耳道からなる「外耳」
  • 音を受け取る鼓膜、音を伝達するのを担う耳小骨からなる「中耳」
  • 平衡感覚をつかさどる前庭器官と音を感じる蝸牛からなる「内耳」

「外耳」と「中耳」は伝音部といい、「内耳」は感音部といいます。(ここ重要です!後から出てきますよ!)

聞こえの仕組み

音が発生すると「耳介(皆さんが耳と呼んでいる外側の部分です)」で音を効率的に集音して、耳穴に入っていきます。耳穴から鼓膜までを「外耳道」といい、高い音と共鳴して音声をくっきりさせます。
外耳道から「鼓膜」が音を受け取ると、振動し、鼓膜と繋がっている中耳「耳小骨」に振動を伝えていきます。
「耳小骨」はツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の3つからなり、振動が伝わると、てこの原理で振動を増幅して、効率的な大きさにして内耳に伝達していきます。
内耳はリンパ液があり、振動はリンパ液の波となって、進んでいきます。音であるリンパの波が「蝸牛」に到達すると、蝸牛内に並んでいる「有毛細胞」が波を感知して、電気信号に変換し、蝸牛神経から聴神経に送ります。
聴神経を経由して、最終的には脳の聴覚野に電気信号が届き、初めて音は「意味のある音」をして認識されます。

要は耳で音を集音して、脳まで伝達しているので、音は脳が聞いているのです。(わたしも子どものころは鼓膜が音を聞いていると思っていました。)
聞こえのしくみについては お分かりになりましたでしょうか。

より詳しい説明はこちらからどうぞ→耳の構造と役割

難聴とは

難聴について説明してまいります。
簡単に難聴について説明するとなると、先程紹介した聞こえの仕組みのいずれかの部分の異常があって音がうまく音が認識できない状態ということですね。

難聴も実は原因によって3つに分けられます

感音性難聴

内耳~聴神経~脳の障害で起こる難聴です。神経系の障害で音を感知しにくくなったり、音の認識が困難になります。
単に小さな音が聴こえなくなるばかりでなく、音の強弱に対する感覚異常、耳鳴り、音は感知するが言葉の意味がわからないなどの障害を伴ないます。
治療による聴力改善は非常に困難な場合が多く、補聴器での改善もまちまちです。感音性難聴の判断は、気導聴力、骨導聴力ともに低下し、差があまりありません。

伝音性難聴

外耳から中耳にの障害で起こる難聴です。音の振動を伝える器官の障害により音が聞こえない、もしくは聞こえづらい状態になっています。
音を伝達する伝音部での異常ですから、感音部は正常です。そのため、音量に対する感度が悪くなり、音小さく聞こえます。しかし音量を大きくとり伝達しやすくすることで途端に聞こえるようになります。
治療や手術、補聴器の利用によって聴力改善が見込まれます。伝音性難聴は、気導聴力は悪いが、骨導聴力の正常な状態の場合は伝音性難聴と判断可能です。

混合性難聴

伝音性難聴の特徴と伝音性難聴の特徴を併せ持った難聴です。複数の原因があってなりますので、詳しい原因の判断が難しいところはあります。
聴力検査をすると、気導聴力は比較的悪く、骨導聴力も低下しますが、その差が開いている状態であれば混合性難聴です。

このように症状によって3つに分類されます。
伝音性の場合は、症状が重くても、治療や手術で改善できる可能性が高く、年齢的に手術が難しい時には補聴器を利用すれば劇的な改善がしやすいです。
感音性の場合は、治療、手術での改善は基本できません。補聴器も音自体を感じなくなっていますので、重度ですと改善しにくくなります。場合によりますが、改善が著しいのは人工内耳を利用することですね。

難聴の程度について

難聴は症状によって4つの程度で分類されます。

程度 聴力レベル 症状
軽度難聴 26dB~40dB ささやき声が聞こえない
中度難聴 40dB~70dB 普通の声の大きさが聞こえない
高度難聴 70dB~90dB 耳元で大きな声で話さないときこえない
重度難聴 90dB以上 耳元で大声で叫ばないと聞こえない
または、全く聞こえない

症状が重くなるほど音が聞こえにくくなります。
症状を見ただけでも高度以上の程度ですとコミュニケーションが困難になることが考えられますね。

片耳難聴の原因について

やっと本題になりますが、片耳に難聴を持つ可能性が代表的な原因をこれから紹介してまいります。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプス難聴は、ムンプスウィルスというおたふく風邪(流行性耳下腺炎)の原因になるウィルスが内耳に感染してしまい発症する感音難聴のひとつです。
難聴の程度は軽度~重度の片耳のみの発症が多く、両耳に症状が出ることは稀です。
おたふく風邪になってから1週間程度で症状が現れます。ムンプスウィルス自体が、発症後は抗ウィルス剤がないため、施しようがありません。
おたふく風邪はワクチンを打つことで発症のリスクが下がります。3~4年周期が流行するので、ワクチンを打って予防しましょう。
ムンプス難聴は発症すると、治療によるほとんど改善が見込めません。おたふく風邪発症後は、難聴の発症がないか気にかけておくことが必要です。

突発性難聴

朝起きると耳が聞こえなくなっていた、作業中に急に耳が聞こえづらくなるなど、突発的に発生する急性の感音難聴のひとつです。
原因がはっきりわかっていない難聴ですが、今のところストレス・血液循環・ウィルスの感染の3つが主な要因として考えられています。
片耳に発症することが多く、高度以上の重い難聴と耳鳴りを引き起こす難聴です。発症時にはめまいを伴うことがあります。
発症から48時間以内に適切な治療が開始できれば、回復する可能性が高いです。
治療には、ステロイド剤の点滴や血液循環を改善する薬、ビタミン剤などの投与して改善を図ります。
完治率は3分の1ほどと言われ、年間35,000人あまりが発症しています。

中耳炎

中耳内にウィルス入り炎症を起こし発熱する病気です。皆さんも一度はかかったことがあると思います。
中耳炎は、中耳に膿(うみ)が発生しますので、耳小骨の動きが悪くなったり、鼓膜が破れてることで音が聞こえづらくなるなど、伝音性の難聴を引き起こします。
症状が治まると難聴は改善しますが、まれに重症化、慢性化してしまい難聴が残ってしまうことがあります。
治療自体をしっかり行うことで慢性化、重症化は防げますので、完治するまで薬の投与は怠らず、しっかり治すことで防ぐことができます。

感音性難聴

感音性難聴は耳の中の内耳神経の有毛細胞が無くなって発症する難聴です。年齢と共に起こる難聴ですが両耳とも一緒に悪くなる方が多いです。
しかし中には片耳だけ難聴が進行して悪くなることもあります。感音性難聴は遺伝性のものもあり、年齢に関係なく難聴になることもあります。

先天性難聴

妊娠中の疾患などが理由で発生したり、先天的な遺伝子異常による難聴や、耳自体の発達形成ができていないために起こる難聴など様々あります。
先天的なものですが、治療できるものもあるので、病院での診察の際にしっかり話を伺うといいですね。
前庭水管肥大症や小耳症、風疹による先天性難聴、耳小骨の軟化など、はっきりした原因がわかるものもありますが、原因不明ということが大半のようです。

事故や、外傷、他の病気の回復手術の後遺症など

交通事故や外傷により、鼓膜が破れたり、耳小骨が落下してしまう。脳や顔周辺の手術をした際に、聴神経自体に損傷がでてしまうなどすると、聴力の低下が低下してしまいます。
伝音難聴も、感音難聴(後迷路性難聴含む)もどちらもあるので、こういったことが心当たりがあればしっかり調べてもらいましょう。
外傷性の伝音難聴であれば、手術によって改善する可能性が高いですね。聴神経自体の損傷の場合は、回復はあまり見込まれず、通常の補聴器でも改善が難しい難聴になります。

聴神経腫瘍

聴神経に腫瘍ができてしまうと、聴神経の損傷を引き起こし、脳までの音の伝達ができず音が聞こえない状態になってしまいます。耳の機能以後の難聴になりますので、迷路性難聴と呼ばれ、感音難聴に分類されます。
聴神経の腫瘍自体は治療で回復することが可能ですが、傷ついた聴神経の回復はなかなか難しく、聴力の改善はみられないことが多いようですね。

このほかにもさまざまな症状がありますが、代表的なものを紹介してまいりました。
病状によって改善策があったり、補聴器を頼ることになったり、改善する手段は様々あるので、ご自身でなぜ難聴になったか知ることが大切ですね。

片耳難聴は放置されがち

片耳難聴の場合は、片耳が健康そのものということが多く、片耳が全く聞こえなくても放置しているという人が少なくありません。
病院の先生にも「必要はないですね。」とか「効果がありません。」など言われていて諦めているという人もいることでしょう。(実際手の施しようがなかった時代もありました。)

実際普段の生活では、静かなところや1対1での会話では問題ないと思います。しかしこういった状態になるとで困っていませんか?

  1. 聞こえない側に立たれると顔を向けないと聞こえない
  2. 騒がしい場所では会話が聞こえにくい
  3. 複数人での会話では内容がわからないことがある

などこれはホンの一部の悩みですが、こういったことで一般的に片耳難聴の人は困っているそうです。

こういった不便を感じているのであれば、一度は補聴器の相談をしてみることをおすすめします。
今時の補聴器は進化していて、片耳が全く聞こえない状態(重度難聴や片耳聾)の場合でも、効果的な補聴器があります。

片耳難聴専用の補聴器もある

一般的な補聴器は悪いほうの耳に装着して使用します。しかしこの方法は左右の聴力差が大きい高度以上の難聴では効果がほとんどありませんでした。
最近は、片耳の高度以上の難聴専用の補聴器としてクロス補聴器という補聴器も存在します。

この補聴器は、難聴の程度が重い耳には「クロス送信機」、健康な耳または難聴の程度が軽い耳に「補聴器」を装着します。
「クロス送信機」では、難聴側の音声を拾い、電波で聞こえる方の耳につけた「補聴器」に送信して、再生します。
難聴側の音も、良く聞こえる耳で聞くことになり、両耳の音を健康な片耳でカバーすることができる補聴器の使い方ですね。
難聴がどんなに重かろうと関係なく補聴が可能なのが特徴です。

まとめ

片耳難聴の原因を知り、改善方法を探して、より良い生活ができればありがたいことですよね。
もし改善する方法に補聴器という選択ができるようなら、ぜひとも一度補聴器についての相談をしていただけるとありがたいですね。

片耳難聴でお困りでどのような補聴器はいいか知りたいということがあれば、是非秋葉原補聴器リスニングラボにお任せください。
関西周辺のお客様は、大阪にある姉妹店大阪きこえ補聴器でご相談ください!

関連リンク

クロス補聴器のお試しレンタルなら秋葉原補聴器リスニングラボにお任せ!

クロス補聴器のモニター募集

フォナックのクロス補聴器の感想と評判【もう無いと聞こえなくて不安になる】

片耳難聴の場合、片耳補聴器とクロス補聴器のどちらを選ぶべきか。

 

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日・火曜日 (祝日の場合営業、祝翌日定休日)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

Kinki Kidsの堂本剛さんがなった突発性難聴とは。症状と原因、改善方法について

Kinki Kidsの堂本剛さんが発症し話題の突発性難聴。起床時や作業中に突然耳が聞こえなくなる難聴で、誰でも発症の可能性があります。実は突発性難聴は早期の治療で回復の見込みがあるのです。今回は症状や原因、改善方法について紹介いたします。

テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」に1人で生出演したKinki Kidsの堂本光一さんが番組序盤、「番組が非常に盛り上がってきている中ちょっと申し訳ないんですけど、今あの、もう1人の人がここにいないんです」「剛くんがちょっと突発性難聴によって、大事を取って1週間入院することとなりました」と発表されていましたね。
加えて堂本光一さん「元気なのは元気なんですけど、ちょっと歌うのもままならない状態なので、大事をとって」と、堂本剛さんの現状を説明していました。
今回はT
OKIOの長瀬さんが代役をされていましたが、剛さんは1週間ほどの入院を余儀なくしているとのことで心配ですね。

芸能人では歌手・浜崎あゆみさん、藤あや子さん、スガシカオさん、「エレファントカシマシ」の宮本浩次さん、「サカナクション」の山口一郎さん、「ハウンド・ドッグ」の大友康平さん、女優・小川範子さん、タレントの相田翔子さん、千原ジュニアさん、杉原杏璃さん、GENKINGさん、アイドルグループ「私立恵比寿中学」の柏木ひなたさんらが突発性難聴を公表しています。

では突発性難聴とはどんなものなのでしょうか。これから詳しく説明してまいりますね。
※突発性難聴の疑いがあれば専門の病院や、耳鼻咽喉科にて医師の指示に従がってください。当店はあくまでも補聴器専門店です。医療行為はできませんのでお間違いのないようお願い申し上げます。

突発性難聴とは

著名人の方の発症例も多く、テレビや雑誌などのメディアやネットニュースで突発性難聴についての報道で知った人も多いのではないでしょうか。
突発性難聴は他人事でなくてどんな人もなり得る難聴です。

音や声などは、鼓膜までの通り道である「外耳」から体内に入ると、鼓膜の奥にある空間の「中耳」に伝わります。中耳には3つの小さな骨があり、てこの原理で音や声の振動を大きくし効率的にさらに奥にある「内耳」へ伝えます。内耳には、リンパ液で満たされた蝸牛(かぎゅう)というカタツムリのような器官があり、そこで音や声が電気信号に変換されます。内耳から奥には聴こえに関する神経と繋がる「後迷路(こうめいろ)」と呼ばれる神経がありそこを経て脳に伝わって、脳が音や声を認識しています。

突発性難聴とは内耳や後迷路で音を感じる部分になんらかの異常が起こる難聴「感音性難聴」の一種です。その名の通り片耳が突然聞こえにくくなる病気で、多くの方は片耳だけ発症します。

突発性難聴の症状

  1. 高度難聴を引き起こし、突然聞こえが悪くなる
  2. 耳の閉塞感(耳がつまっている感覚)
  3. 平衡感覚が狂ってしまう(めまいやふらつく)
  4. ザーザー、ピーピーなど様々な耳鳴り
  5. 吐き気(症状がひどい場合)

1.の症状と2~5いずれかの症状があると突発性難聴の疑いがあります。異変を感じたらすぐ耳鼻科に行きましょう。
寝ている間に起こり、朝起きると片耳が聞こえなくなったり、作業していたら突然片耳だけ音が悪くなるという症状の報告が多いです。

治療している人は4万人ほどいるとされる

2001年の調査では、受療患者数が推定35,000人いて2014年では40,000人に急増。人口100万人あたりでみると275人もの人が発症、治療しているそうです。
昔は50~60歳代の中高年に多い病気だったのですが、最近は若い世代にも多く発症が見られ、性別や年齢により偏りがなくなってきています

突発性難聴の原因とは

突発性難聴の原因は、残念なことに明確な原因がまだわかっていません。
今のところ有力なのは、ストレス、ウイルス感染、内耳循環障害(血流障害)などが考えられています。

ウイルス感染
  • 突発性難聴を発症する前に風邪にかかっていた人が多い
  • 一度発症したら再発しない(免疫が作られると考えられる)
  • おたふく風邪やはしかなど、急な高度難聴を引き起こすウィルス存在するため
内耳循環障害(血流障害)
  • 内耳血管の痙攣や塞栓(固まってつまった状態)、血栓、出血などによって循環障害が起こり、内耳に機能不全が起こる
  • 治療方法で血管拡張剤、抗凝固剤などの循環を良くする薬剤がしばしば有効と報告されている
  • 突発性難聴を発症する年齢は40~60代で多く、血液の異常がみられることがある
精神的、肉体的ストレス
  • 精神的なストレスや肉体的な疲労(睡眠不足、過労)などを感じている時期に起こったという場合も多くある
  • ストレス引き金になって発症する難聴を伴う内耳の病気や、心因性の難聴が存在することから

いずれの説も突発性難聴になぜつながるかの確証は得られていないのが現状ですが、このいずれかを原因と考え、症状の改善を図る措置をとって改善がみられる多いため原因であろうとされています。
他にも、とっても大きな音を聞いて耳にダメージが加わっていたり、首や肩のこりや、体のひずみを正したところ回復したという報告例もあって原因が定かでないのは事実です。

突発性難聴の治療について

一般的な治療は、安静にすることとステロイド(副腎皮質ホルモン)を投与して内耳に生じた炎症を抑えることですね。
これに加えて、血管を拡張して内耳の循環を良くする「血管拡張薬」や、血液の流動性を高めて血流を良くする「血液粘度低下薬」、末梢神経の障害を改善するビタミンB12を補う「ビタミン薬」などをあわせて使い治療していきます。

治療期間は1週間~1ヶ月間ほどとされていて、その間投薬による治療が必要です。完治するまでは、発症から治療を開始するまでの期間や症状によって異なります。
必ずしも入院しての治療をするわけではありませんが、症状によっては入院治療することもあります。

治療は早ければ早いほど良い

突発性難聴は約48時間以内に適切な治療を開始できれば治療により聴力が改善する方が多いですね。
1週間を超えると、治療をしても改善が困難な場合が多くなってきます。また1か月あるいはそれ以上経過していると、きわめて治療困難とされています。
きこえの異常や、突発性難聴の症状があったら、すぐに病院で診察を受けることが大切です。

完治する割合は?

実際のところ突発性難聴の完治率は「3分の1」とされています。
3人に1人は完治、3人に1人は症状が緩和、3人に1人は聴力の改善が見られないといわれています。 発症から治療を開始するまでの時間がかかればかかるほど、回復までの時間がかかります。
また、早期に治療を受けた人でも、人によって完治が難しい場合もあります。

後遺症・再発などはあるのか?

治療が早期に行われて完治した場合は、後遺症はほぼ残りません。治療が遅れて症状が長引いた場合は、難聴もそうですが、めまいや耳鳴りも残ることが多いとされていますね。音楽などの音程がすこしずれて聴こえてしまうこともあるようです。
いまのところ突発性難聴は再発の可能性はないといわれています。 過去に突発性難聴と診断されたことがあり、再び同じような症状が出た場合には突発性難聴以外の別の病気の可能性が高いですね。

似たような症状の病気

似たような症状の病気はメニエール病が一番類似した症状が出ます。メニエール病は難聴と共に発作的なめまいや耳鳴りが起こります。症状は似ているが低い音が聞こえづらくなる傾向が多く、水の中にいるような音の聞こえ方になるのもメニエールの特徴。治療で回復する可能性がありますが、発性難聴とは違い、回復後も繰り返し症状がでる場合があります。

突発性難聴にならないために

突発性難聴を予防するには、健康状態を良好に保つ生活を送ることが大切です。栄養のバランスを考えた食事を取る、睡眠を十分にとる、極端に熱い入浴や長い入浴は避ける、なるべくお酒とたばこは避ける、耳に大きすぎる刺激を与えないなどが生活習慣に関係する当たり前のことが重要なことです。睡眠不足、過労、ストレスが加わったときに突発性難聴の発症が多く見られますので、精神的の考慮も大切ですね。

糖尿病や高血圧・高脂血症などの内科疾患があると治療しても回復しづらいなどありますから、このような疾患にならないようにするためにも健康状態を保つようにするべきですね。

著名人は肉体的にも精神的にもストレスがとてもかかる仕事ですから、突発性難聴の発症例も多いというのも納得できますね。
堂本剛さんも過去にもストレスによる疾患にかかってしまったこともありましたね。今回も同様にストレスのかかる生活が体に出てしまったのではないかと思われますね。過去の症状も乗り越えてきてますから、今回も完治されることを祈りましょう。

完治しなかった時のこと

これまでいろいろ話してきましたが、突発性難聴になってしまって完治に至らなかったという場合も考えてその時のことをお話しておきます。片耳に高度難聴を引き起こす突発性難聴が完治しない場合は、片耳に中度くらいの難聴~全く聞こえないという状態になってしまいます。

片耳が聞こえないとこのような症状に見舞われます。

  • 難聴側に立たれると声が聞こえない
  • 声をかけられても気がつかない。気がついても方向がわからない
  • 会話を聞き逃しをしてしまう
  • 騒がしい場所だとうまく話を聞き取れない
  • 複数人で会話するのが苦手になる
  • 集中していないと会話が聞き取れない

これが思っている以上に不便なんですね。片耳が聞こえているがゆえに、周りの人々に難聴であることを理解してもらえずつらい思いをすることもしばしばあるようです。

完治しない場合は補聴器を使う

突発性難聴は感音性難聴と呼ばれる難聴の一種ですから、補聴器を使うことで、きこえの改善が期待できます。
治療によって症状が軽減して中度くらいの難聴になってくれれば、難聴の耳に補聴器を入れてもらいます。
もし難聴の症状が軽くならず、高度~全く聞こえないというような場合は、普通の補聴器では効果がないため、クロス補聴器という特殊な補聴器を使ってもらいます。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は聞こえにくい耳にクロス送信機を付けて周囲の音を集音し、聞こえる耳に着けた補聴器に電波で転送して、片耳で両耳の音を聴き、両耳分の音を補う補聴器です。
聴力の残っている耳で音を聞くので、片耳が全く聞こえなくても問題ありません。聞こえなくなった耳側の状況や、会話が理解しやすくなります。

クロス補聴器は片耳だけ全く聞こえないという人には非常に重宝されており、様々な年齢層の方が使用しています。
クロス補聴器に関する詳しい記事はこちらからご覧ください。→補聴器の効果が出ない片耳難聴にはクロス補聴器を。補聴器との違いと、価格や試聴ができるかなどをお教えします。
他クロス補聴器関連→クロス補聴器

まとめ

突発性難聴についてはお分かりいただけましたか?
堂本剛さんは1週間ほど入院されるとのことですが、すこし心配ですが完治してまた音楽活動をしていただけると嬉しいですね。同事務所の中でも、ギターのセンスがあって高い歌唱力が魅力の方ですから復活することをお祈りしましょう。

もしあなたが突発性難聴になってしまったら、絶対に早期の治療を受けてくださいね!症状が軽くても治るだろうと思わずすぐにいけば難聴になる確率が減りますからね。

そして突発性難聴が完治しなかった時には、身近な補聴器屋さんでいいので相談して聞こえを少しでも取り戻すことを考えてください。
リスニングラボでは突発性難聴で補聴器を使いたいお客様や片耳だけ聞こえない難聴のためのクロス補聴器を得意とするお店です。専門的で的確なアドバイスをして少しでもあなたの聞こえを改善するお手伝いをしています。
聞こえのお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください!

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

補聴器を水没させてしまった時に試してほしい対処法

補聴器を思いがけず水没させてしまうことってありますよね。
そんなとき焦って何か対処する方法はないか考えてしまいますよね。

うっかり補聴器を外し忘れてお風呂に入ってしまった。
トイレに落としてしまった。
補聴器をポケットに入れていて誤って洗濯してしまった。
海で補聴器を外し忘れて入り、潜ってしまった。
突然の豪雨で水没した

こんなことがあって補聴器の音が出なくなってしまった。
すぐに補聴器を修理に出せないということもあるでしょうから、補聴器を水没させてしまった時の対処法を紹介していきます。

水没したときの故障の原因

水没したときの故障の原因のほとんどが水没したことで本体内に水分がある状態または、電池ロッカー内部が濡れている状態で電源を入れなおしたことで起こります。
要は水分でショートして基盤が壊れてしまうのです。水没だけでは壊れていなかったのに、うっかり電源を入れたが最後なんです。
ほかの原因としてはマイク自体が水没して感度が悪くなったり、音が入らなくなったりします。

あとから出てくる不具合としては、内部基盤の腐食です。
これは外見からはわからない変化ですが、後々で故障の症状が出てしまうので注意が必要です。

水没時の故障の症状

水没時の故障はこのようなことが考えられます。

  1. 電源が入らない
  2. 音がこもっているようになってしまう。
  3. 電源は入るが音が出ない
  4. 音にジーやザーというノイズが入るまたはラジオのような音になる
  5. 音が極端に小さくなる

水没後の故障はこのようなことが代表的な症状です。
このような症状があるときにはこれ以上処置を施しても治りません。
販売店に行ってメーカーでの修理を依頼してください。

水没時の対処法

水没させてしまった時にやるべきことの手順です。

  1. 補聴器を水から取り出す
  2. 電池を取り外す
  3. 補聴器をきれいな乾いた布で拭く
  4. 補聴器を5分程度空気にあてて乾かす
  5. 心配な時、水没時間が長かった時には補聴器用の乾燥容器または乾燥機に入れて乾燥させる
  6. 新しい電池をセットし、補聴器の電源を入れる

できる限りすぐ水中から取り出してください。
直ちに電源を切り、電池を取り出します。
できる限り本体の水気を取るために、乾いた布で乾拭きしてください。ある程度拭き取れたら、空気をあてて乾かします。
扇風機やドライヤーで冷風をかけて全体をまんべんなく乾かすのが手っ取り早いです。
しっかり乾燥できているか心配な時または水没していた時間が長い場合(洗濯機で洗ったなど)は、補聴器用の乾燥容器または乾燥機を使用して半日~1日乾燥させてください。
乾いたことを確認してから新しい電池をセットしましょう。
水没してしまった電池に関しては発電しない可能性がありますので、使用せず破棄してください。

電源が入って普段通りの聞こえで音が入れば故障は免れています。
ちなみに海水や、洗剤の入った水に落としてしまった時には、電源が入ったとしても基盤にダメージが加わってしまっている可能性があるので、時間があるときにメーカーでの点検を受けてくださいね。

!乾燥作業の注意点!
間違ってもドライヤーやストーブで温風を当てるなどしないでください。
思っている以上に高温なので距離が近すぎてしまうと熱風が中の機械を痛めてしまいます。
乾燥させる際に天日干しなどはしないでください。
紫外線で本体が痛む、本体内に熱がこもり内部機器が壊れます。

補聴器用乾燥機のススメ

水没させてしまった時に内部までの乾燥はなかなか難しいのがほんとのところです。
こういった水没時のことを考えて補聴器用乾燥機を用意しておくのがいいでしょう。

オススメはフォナックのD-Dryですね。お値段は定価で¥12,000-(税別)です。
熱乾燥タイプなので、一般的なシリカゲルやドライカプセルタイプの乾燥材に比べて乾燥させる力が高いということ、補聴器の内部構成を考えられているので熱によって基盤を痛めないのが利点です。電源が自動でオフになるタイマー付きで乾燥させすぎないというところもオススメの理由ですね。
水没時だけでなく汗をかきやすい夏や雨期などの湿気が多いシーズンでは湿気による故障が多いので、予防策として重宝します。
汗をかきやすい人などは日々のメンテナンスでもかなり役立ちますよ。
ほかにも熱乾燥タイプの補聴器乾燥機が出ていますので調べて購入してみてください。

防水補聴器でも水没させたら故障した!

防水補聴器だからと言って水没して壊れないとは限りません。
防水補聴器は基盤や筐体にナノコートという防水コートをかけているのと、マイク周辺や、電池ロッカー周辺はパッキンや、防水できるフィルターを用いています。
こうして防水の規格に合格した補聴器が防水補聴器として販売されます。
しかし注意したいことは完全防水ではないということです。

真水以外での水没は実験対象ではないので、海水や、薬剤の入った水、プールの水などは故障の可能性はあります。
あとは洗濯した場合は高確率で壊れてしまいます。水圧が強すぎることと洗剤が入った水に浸かってしまうからですね。
あとは定期的にメンテナンスしないとパッキンや、防水フィルターが痛み、防水性能が下がって浸水しやすくなります。

防水補聴器が実際に普通の補聴器に比べて水濡れや水没した後の故障率は下がりますが、絶対に故障しないわけではないです。
水没後は必ず乾かしてから電源を入れてくださいね。

まとめ

水没したときには必ず完全に乾燥させてから本体の電源を入れましょう。
それでも電源が付かない、音に異常があるときには即座に販売店に持ち込みましょう。
もし電源が入った場合でも、一度はメーカーでの点検を受けるようにしてくださいね。
対処は早いほうがより良いです。

合わせて読んでほしいブログ

防水補聴器について

補聴器の故障の原因は汗が多い

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

防水補聴器についてまとめてみた。利点と欠点を知って正しく使いましょう。

汗に強い、突然の雨や水場での仕事でも心配が少ない補聴器ってあるの?
こういった疑問やご要望をお持ちの方、防水補聴器はもちろんありますよ。
一般的に防水補聴器とされるものはIPX7以上の補聴器になります。

IPX7は防水の保護の程度でいうと二番目に高い規格です。
と言われてもよくわからないですよね。
本記事はこのような防水の規格のことや、防水の補聴器の特徴ついてや、利点と欠点を説明していきます。
実際に販売されている補聴器のことをお教えします。

防水型補聴器はこんな方にお勧め

汗かきで補聴器を壊した経験のある方

飲食系の仕事で常に水回りが近くにある

介護系の仕事で入浴介助など水に触れる作業がある

趣味にスポーツなどよく汗をかく運動をする

補聴器を掛けたままうっかりお風呂に入ったことがある

夏や汗をかくシーズンが来ると補聴器の故障が気になって仕方がない

外仕事で土埃が多い環境で使用する

キャンプや、山登り、釣りなどアウトドアの趣味を好むが急な雨にふられたことがある

よく動き回る子供用の補聴器として使用する場合

このような方には防水補聴器がお勧めできます。

防水型補聴器の特徴

補聴器には音を取り込むためにマイクの部分には穴がありますし、空気電池を使う関係上、電池ロッカーの底部には穴を設けたり、隙間あります。
こういった部分には埋めてしまうと、当然のことながら音も拾えませんし、空気電池が発電せず、補聴器としてうまく機能しません。
ですが防水補聴器は本体のケース自体が、防水加工されているものになります。
空気を通して、水、ほこりなどを通さない特殊な素材のシートを作ることに成功したことで防水補聴器が作られていくようになりました。
マイクや空気穴にこの特殊な素材のシートを張ることで水やほこりが入らず、音や空気だけ通す事ができるようになりました。
ほかにも本体のつなぎ目からの浸水を防ぐ防水パッキンや、制御基盤に防水処理を施すことでより防水性能の高い補聴器が生まれました。

防水・防塵性能の見分けかた

防塵防水の性能はIP〇△のような数値に注目してください。
〇に入る数値は防塵の性能(ほこり、塵、砂などに対する保護の性能)
△に入る数値は防水の性能(水濡れ、浸水に対しる保護の性能)
となっています。

それぞれの保護の程度はこのようになります。

このように防水・防塵の規格があり、この規格に沿って防水補聴器と呼ばれる補聴器は定義されています。
大抵のメーカーで、防水の保護規格が7以上の製品は防水補聴器と呼ばれるものになります。
この数値はメーカーのパフレットや説明書に乗っていますので、ここをチェックしていくといいですよ。
なおIPX8 IP6Xなど片方の規格をXで省略した記載もあるので覚えておくといいですよ。

防水型補聴器の利点と欠点

防水補聴器の利点はこちらです

利点
  • 汗や水濡れによる故障率が下がる
  • 水濡れを気にしなくなるので精神的な負担が減る
  • 修理負担額が減る

この二点が最も大きな利点ですね。
多少の汗や雨であれば、浸水して壊れてしまうということは減ります。ここは大きな変化でしょう。
使用する型の個人差はありますが、過去の補聴器と比べて1/3程度に修理に出す回数が減ったという人もいるぐらいですから、かなり大きな差になりますね。故障率が減ることで修理中の補聴器がなくて不便することや、修理で負担していた金額も減りますから、補聴器の修理が多い方はいいかもしれませんね。
仕事上、水場での作業が多い、外での仕事をしているなど使いたいときにうまく使えないかもという不安が拭い去れるので、安心して使えることでしょう。

 欠点
  • ”完全”防水ではないものもあるし、条件によっては故障することもある
  • 防水性能があるRIC型でもレシーバーは水没によって故障してしまう可能性がある
  • 定期的なメンテナンスをしないと防水補聴器の効果がなくなる・動作しなくなることも

防水補聴器と銘打たれている補聴器でも完全防水ではないものもあり、一定期間の水没がOKとなっているものもあるので注意して選びましょう。
IP67などの機種だと完全防水ではなく、一定時間の防水が認められているものですから継続的な水没は禁物です。
ロッカーが開いている状態で水に落としてしまうと、電池ロッカー内にある電池用の電極端子が錆びたり、接触が悪くなってしまうこともあります。
電池ロッカーからの浸水は想定外の故障を招くこともあるので、あくまで、電池ロッカーが閉まっている状態で防水できるものだと思ってください。

耳の中に入れるためレシーバーが外に出ているRIC型補聴器は、レシーバーが水濡れなどしてしまうと水没して音が出ない故障につながります。
音が出る部分や、その内部は防水加工できないのが関係しています。
なおRIC型補聴器でも耳の中に入れる部分を耳の形にして作ったHPレシーバーであれば防水機能は向上しますよ。(それでも注意すべきパーツですが…)

注意すべき点としては防水パッキンや、防水のシートが劣化してしまうと浸水してしますことがあります。
そして皮脂によって油膜が張ってしまった場合はマイクや、電池用の空気穴がふさがってしまいうまく動かない可能性があります。
定期的にメンテナンスをしてあげる必要があります。
一年に一回はメーカーでのオーバーホールして防水・防塵性能の保持をしていきましょう。(オーバーホールは修理保証期間内は無償ですよ!)

 

販売されている防水補聴器の紹介

ただいまメーカーで販売されている防水加工のされた補聴器はこのようなものがあります。

IP67の補聴器

シーメンス・シグニア
プライマックスシリーズの耳かけ型(標準・RIC・パワー)片耳¥250,000-から

フォナック
ベンチャーシリーズ ボレロV オーデオV(13のみ) 片耳¥150,000-から

IP58の補聴器

オーティコン
イニウムセンス 片耳¥170,000-から

ワイデックス
ユニーク ¥150,000-から

IP68の補聴器

リオン補聴器
スプラッシュ 片耳¥138,000-から

オーティコン
べロックスシリーズ Opn 片耳¥230,000-から

ワイデックス
ビヨンド 片耳¥185,000-から

フォナック
ビロングシリーズ オーデオ B 片耳180,000-から

ベンチャーシリーズ ナイーダV 片耳¥150,000-から
ベンチャーシリーズ スカイV 障害者総合支援法・軽中等度難聴支援対応 一般販売は¥195,500-から

ちなみに補聴器はすべて非課税となっています。

ざっと列挙して行きましたが、ここら辺が最近のモデルで防水性能がしっかりしているモデルですね。
ほかのブランドもありますが今回が割愛させていただきます。

まとめ

防水補聴器について書いてきましたが、防水補聴器は故障しない補聴器でも、メンテナンスフリーの補聴器でもありません。
汗や湿気、ほこりなどで故障は減りますけど、減るだけで故障しないわけではないし、物理的な破損などは当然します。
メンテナンス不足ではうまく動作しないこともありますからね。
あと書き忘れましたが、液体とはいえ、海水や、シャンプーや、薬品が混ざている状態の水は防水の想定外の液体なので壊れる可能性はあります。これも注意すべき点ですね。

まず日常防水という面ではIPX7(防水規格7)以上あれば全く問題ないかと思います。
家事をしていてうっかり水に落としてしまったことがあったり、農作業や、仕事などでの雨や、水濡れ、スポーツなどの趣味での汗など補聴器が気になったことが多かった方はこれから防水機能に関して調べて購入していきましょう。
最近はIP68のモデルがあるので、防水補聴器のことをしっかりしって使っていければかなり心配は減って、気楽に補聴器がつかっていけますよ。

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

年を取って耳が聴こえなっていく原因と改善方法

年を取り音の聞こえ悪くなってきたそんな時、なぜ聞こえづらくになったのか、治るのか気になりますよね。
年を取ったことで聴力の変化し、音が聞こえなくなる難聴を老人性難聴といいます。
年齢が上がることで耳が聴こえづらくなっていくことは自然なことで、誰でもいずれはなる難聴といってもいいでしょう。
この聴力の変化はさまざまな個人的な身体的条件(たとえば生活習慣病)に影響されている可能性もあり、聞こえづらさは同じ年齢でも個人差が大きくみられます。
結論から言いますと老人性難聴は現在の医療では治療し回復できる難聴ではありません。
しかし理解を深めることで改善や対処方法が考えていけます。
今回は

  • 老人性難聴の症状と原因
  • 対処法や改善方法

について記載していきます。
今回は老人性難聴の原因から、改善に関することも記載していきますので、ご覧ください。

テレビの音量を指摘されたり、聞き間違えが増えたら難聴かも。


最近家族にテレビの音量が大きいと指摘されたり、会話をしていて似たような言葉の聞き間違いが増えてきていませんか?
例えば「加藤さん」と「佐藤さん」、「一時」と「七時」などの聞き間違えです。
このようなことに心当たりがあれば、加齢によっておこる老人性難聴の疑いがあります。
今のところ自覚がない場合も、こういったことがないかチェックしてみてください。

  • テレビの音量を指摘される
  • 聞き間違いの頻度が高い
  • 後ろから声をかけると気が付かない
  • 遠くで話されると聴こえ辛い
  • か細い声、小さい声は苦手だ
  • 早口で話されると聞き取れない
  • やかんや、電子レンジの音に気が付かないことがある
  • ハイブリットカーの接近に気が付かなかったことがある
  • ピーやブー、ザーなどの耳鳴りがよく起こる

以上のことに心当たりがあれば老人性難聴の可能性があります。
老人性難聴は年を経ることに症状が深刻化していきます。
なんとなくそうかな?と思ったら耳鼻科で診察を受けてみてください。

老人性難聴はなぜなるのか。

画像提供:Phonak

老人性難聴は耳の中にあるカタツムリのような形をした器官(蝸牛)の中にある毛のような細胞(有毛細胞)が長い年月をかけて老化したり、消耗して数が減ってしまうことで音自体を感じることができなくなってしまい難聴になっていることが一般的です。
なおそのほかにも原因があり、耳から脳までをつなぐ聴神経に異常がでたり、耳の奥にある内耳の血管に傷害が起こったりします。

今回は一般的な例の蝸牛の有毛細胞の消耗で説明してまいりますね
蝸牛の中を簡単に表した図が下のものです。

蝸牛にある有毛細胞は入り口からとっても高い音に反応し、奥に行くにつれてに低い音に反応します。
有毛細胞が反応することで、音を感じることができるんですね。

この蝸牛の中にある有毛細胞は、加齢によって細胞自体が衰えていきますし、使えば使うほどなくなっていきます。
有毛細胞はほかの細胞とは異なり、新しく生まれ変わるということがなく、衰えたり、消耗してしまうと元には戻りません。
老人性難聴の進行が早い人はもともと有毛細胞が脆い体質であったか、大きな音を長時間聞く習慣があるなど耳に負担がかかるような習慣があったりするようです。

老人性難聴の特徴

老人性難聴は本人が気がつきにくい難聴

老人性難聴はだいたい早くて30代から静かに症状は進行していきます。
進行性でゆっくり身体に変化が起こっていき、会話がうまく聴こえなくなるまで本人は気がつきにくいんです。
ですから他人に指摘されて初めて意識することも少なくないんですよね。

理由としては、人間が聞くことのできる中でいえば、すごく高い音から聴こえなくなっていきます。
低下しても会話にほとんど影響はありませんし、生活上の支障もないので、会話が聞こえなくなるまで症状が進行して、支障が出て初めてもしや…となるんですね。

聴力測定で分かる難聴のこと

健康診断や、耳鼻科での聴力検査などで難聴の兆しかどうかを見極めるとすると、聴力測定や聴力検査の結果が自分でわかるといいですよね。
老人性難聴は一般的にこのようなと聴力になります。この用紙はオージオグラムといわれます。
健康診断などで行われる聴力測定もこのような物に記載しています。

オージオグラムの見方

縦の線は周波数といって音の高さを数値化したものです。ヘルツ(Hz)という単位で表されます。
左に行くほど低い音、右に行くにつれて高い音になっていきます。
検査をする際にブーブーという低い音は左側、ピーピーという高い音は右に記載されるようになります。

横の線は音の大きさになります。単位はデシベル(dBHL)で表します。
このグラフでは0が20代の平均的な聴力です。
下に向かっていくと数値が大きくなり、大きな音でないと聴こえないということになります。
例えば40dBのところに印が付いている場合、40dB以下の音は聞こえません。
グラフには音の大きさの例が記載されていますが、40dBまで聴こえないとひそひそと話すささやき声はほとんど聞こえません。

老人性難聴の特徴は高い音が聞こえなくなるので、右肩下がりのグラフになることです。
健康診断で右肩下がりのグラフになってきたら、難聴の兆しがあると考えてください。

老人性難聴は治らない

生活習慣病などによって引き起こされているであろう難聴の場合は、体質改善によって回復する可能性はあります。
しかし残念ながら大抵の老人性難聴は感音難聴という難聴の一つで、有毛細胞が消耗または、死滅してしまうことで音自体を感じることができなくなることで起こります。
この有毛細胞は現在の医療ではこの有毛細胞を回復させることができません。
いずれ再生医療の研究が進んできたときには、回復するかもしれませんが、今のところは実証されていません。

老人性難聴への対処法や改善策はあるのか。

日常生活においての会話はもちろん、周囲の環境の変化や、危険の察知などに無意識下で耳は活動しています。
耳の役割は休まるところがないが事実です。
治らないとなると、改善策を探すしかないので、改善策はこのようになります。

  • 周囲の人間の理解を得て会話のペースや、声の大きさを変えてもらう
  • 口元を見て会話する
  • 補聴器を着けて改善を目指す。

以上が基本的な改善案になります。

周囲の人間の理解を得て会話のペースや、声の大きさを変えてもらう

これは非常に大事なことで、周囲の人間に理解をしてもらうだけで、意思の疎通ができないことでおこる互いのイライラも解消されます。
声の大きさはもちろんあるほうが聞き取りやすくなりますし、難聴になると言葉の理解率が悪くなる傾向になるので、早口で話をされると言っていることが理解できなくなります。
自分から話してできる限り理解してもらい、改善方法を行動に移してもらいましょう

口元を見ながら会話する

口の形で相手の発音を読み取ることを口話といいます。
耳が悪くなってきたときの対策でよく使われかなり効果のある方法の一つです。
日本語は3語で構成される言葉が多く、口の形と、なんとなく聞こえる音で話している内容が理解しやすいといわれています。
中度程度の難聴を持っていてもこの口話を駆使して会話している人も案外多いので、家族に呼ばれると気が付かない等あるけれども、友人との会話は問題なく行えるという方もいらっしゃいます。

補聴器を着けることで改善を目指す

補聴器は老人性難聴においては、効果的な解決策になります。
補聴器は今ある聴力をうまく活用するようにするための補助器具です。
補聴器を使う上で、理解しておくことは、

  1. 声が聞こえやすくなる分、今まで聴こえなかった周りの音も聞こえるようになり、慣れるまで騒がしく感じやすい
  2. 間違った用法で使うと耳に負荷がかかりよくない(使用するには正しい知識が必要)
  3. 早口を聞き取るのだけは補聴器を着けてもうまくいかないので周囲の理解は必要である

以上のことには使用上、本人が理解しておくべき点です。

補聴器を着けて、口元を見ながら会話する。これだけでもかなり会話で困ることがへります。
そのうえでよく会話する人々の理解を得ておく、同時に行うことでより互いにコミュニケーションが取れずにストレスを感じてしまう機会が減ります。

老人性難聴になって補聴器を選ぶならばどんなものがいいの?

老人性難聴は感音性難聴と呼ばれる難聴です。感音性難聴は音を感じる部分の難聴ということは先の説明でお分かりいただいているかと思います。
実のところ感音難聴は聞こえ始める音が正常な人に比べて大きくなるのですが、うるさいと不快に感じる音の大きさは変わりません。ですから
そのため小さい音は大きく、大きくてうるさい音はあまりたくさん出ないほうがいいですよね。

そして個人個人の聴力の違いが出てきますので、できる限り聴力に合わせることができるものがいいでしょう。
選ぶべき補聴器は補聴器専門店などで売っているレディメイドまたはオーダーメイドのノンリニア方式の補聴器がいいでしょう。

値段は片耳10万円前後から

補聴器専門店などで売っている補聴器の値段は片耳10万円程度から最大で片耳50万円になるものまでさまざまあります。
基本的には機能が上がっていくと高価なものになります。
とは言え平均価格の10万円でも少し高いと感じますよね?

実はこの値段にはヒミツがあって、

  • 音の聞こえが悪くなったり、自分に合ってないと感じたら、調整する料金
  • 聴力測定などの補聴器の調整に必要な各種測定
  • 来店時にメンテナンスをやってくれる
  • 使い方や、聴こえの悩みを相談する料金
  • 修理をする際のメーカーとの連絡の代行

など補聴器を使っていく上で困ったことが起こったら、アフターケアを受けられるという保証が付くのです。
ですから購入した後はできる限り相談したり、ある意味で手間をたくさん取らせたほうがいいのです。笑
補聴器の専門的な知識はなかなか個人で深くまで調べることはできませんので、専門家にいろいろ聞くことができるというのもこの補聴器を購入した時の強みですね。

やはり通販や、ネットで見かけるものに比べて少し割高にはなりますが、通販で売られているものは自分の身体の代わりになるものを自分にうまく合わなかったり、詳しい人でないとうまく扱えないものだったりするのが現状です。
しっかり自分に合わせられて、扱いやすい身体の代わりに働いてくれるものを選ぶには、補聴器専門店で補聴器の相談をするのが一番です。

まとめ

年を取ってしまって耳が聴こえにくくなってきた時には、治すことはできません。
身体の変化である以上認めていくしかないのですが、改善するために、補聴器をつかってみたり、会話やコミュニケーションをとるのに工夫を凝らしてみてくださいね。

もし補聴器のこと詳しく知りたい、試してみたいなどありましたら、お気軽にお問い合わせください!
補聴器で会話を楽しめるようお手伝いをさせてください。
店舗紹介、メール、電話でのお問い合わせは、下記の情報からご覧ください。

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分