Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ムンプス難聴の悩みにはクロス補聴器がオススメ【完全に聴こえなくても使える】

ムンプス難聴で悩みならクロス補聴器が効果的でおすすめです。片耳が完全に聴こえないという方にも使っていただけるので是非試していただきたいです。
おたふく風邪(流行性耳下腺炎)のウィルスで発症するムンプス難聴で、コミュニケーションの悩みがあれば、この記事を読み進めてクロス補聴器の理解を深めてください。

※当店は補聴器専門店であり、医療機関ではありません。治療、診断をはじめとした医療行為は行っておりませんので、該当の症状がみられた場合は耳鼻咽喉科または、専門の医療機関での診察をお受け下さい。

ムンプス難聴で片耳が聞こえない

ちいさいころにおたふく風邪をひいて高熱を出してから、片耳が全く聞こえないそんなことがあれば、ムンプス難聴という難聴かもしれません。
普段の生活では、周りに人々の気遣いであまり困らないけど、初対面の人との会話では、片耳が聞こえないことを理解してもらえていないために、不安があったり不便なことが増えていませんか?
何とか改善する方法がないか考えている方も少なくないはずです。

ムンプス難聴とはどんなもの?

ムンプス難聴は、おたふく風邪の原因であるムンプスウィルスが、耳の奥の内耳に感染することで発生する難聴です。
難聴の程度が高度以上~聾(全く聞こえない状態)と非常に重い難聴を片耳だけ引き起こします。(ごくまれに両耳のこともある)
おたふく風邪は流行性耳下腺炎ともいい、3~4年の周期で流行するムンプスウィルスので、細菌に効果的な抗生物質がきかず、現在も抗ウィルス剤がないので特効薬がありません。

一度発症すると治療は困難な難聴であり、発症を予防するほかに手立てがありません。
おたふく風邪の後4~15日くらいの間で発症するので、おたふく風邪の後は耳鼻科で経過観察をしてもらうことが必要です。
ムンプスウィルスは、ワクチンがありますので、あらかじめ接種して予防することが大切ですね。

ムンプス難聴ついてはこちらのページで→ムンプス難聴(おたふく風邪)の原因と治療方法について【予防が肝心】

すでになってしまっている方は、治療法と言える方法はほとんどなく、悩んではいるけど放置しているという人も少なくないはずです。

片耳が聞こえなくなってしまった原因は聞こえの仕組みに影響がでるから

ムンプス難聴で片耳が聞こえなくなってしまうのは、聞こえの仕組みに影響が出てしまうからです。

音は、耳の外側(耳介)で音を集めて耳あな(外耳道)の奥にある鼓膜で音の振動をキャッチします。鼓膜には中耳の耳小骨という3つの骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)で内耳に効率的な音量に調整して伝達してくれます。内耳には蝸牛という器官があり、ここでは音の振動を有毛細胞という細胞が感知して、電気信号に変換します。変換された電気信号は脳に送られ、初めて音として認識します。
ムンプス難聴ではウィルスが耳の奥の内耳に感染したことによって発生すると前著しましたが、ウィルスによって内耳に異常をきたすことで、音を感知することが音が聞こえなくなってしまいます。ムンプス難聴は感音難聴という部類の難聴です。

耳の構造や聴こえについてはこちらから→耳の構造と役割について

ムンプス難聴で困ってしまうこと

ムンプス難聴では、このようなことで悩んでしまうことが多いと思います。

  • 難聴側に立たれると会話が把握できない
  • 複数人での会話が苦手になる
  • 会話の聞き逃しや聞き間違えが増える
  • 周囲の雑音が多い又は大きいと会話しづらい
  • 音の方向感がわからない
  • 補聴器をしても効果がない

片耳だけ重い難聴になるムンプス難聴では、難聴側の会話はあまり把握ができなくなってしまうので、複数人での川が苦手で、立ち位置や座り位置は常に気にかけていないといけないのと、正面で会話していても距離が離れたり、周りが騒がしいと会話の聞き間違えや聞き逃しが増えてしまうことでコミュニケーションがうまく取れないことがしばしばあると思います。
音の方向感も非常にわかりづらく、声を掛けられても気が付けなかったり振り向いたら人がいないということもあるかと思います。

いかんせん片耳が健康なことと、難聴の度合いが重いことで、補聴器をしても音として聴こえなかったり、音がグワングワン響いて、健康な耳の聞こえに影響がでたり、補聴器をしても効果が出ないということも悩みの種です。

ムンプス難聴はクロス補聴器を使えば改善できるかも

ムンプス難聴にはクロス補聴器という特殊な補聴器を利用すれば、聞こえない悩みやストレスから解放されるかもしれません。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は片耳難聴専用の特殊補聴器です。

難聴の耳には「クロス送信機」、健康な耳には「補聴器」を装着します。
クロス補聴器の仕組みは、難聴耳に着けた「クロス送信機」で難聴側の音声を集音し、電波で健康な耳に着けた「補聴器」に送信して、補聴器から難聴側の音声を再生します。
こうすることで、健康な耳で両耳の聞こえをカバーするという方法です。
健康な耳には穴の開いた耳栓をすることで、元々聞こえる外の音を損なうことなく、難聴側の音も取り入れられるように工夫もされています。

クロス補聴器の効果と感想

クロス補聴器を実際に使用した方に感想をいただいたところですとこのような使用感があるそうです。

  • 聞こえる範囲が広がる
  • 集中していなくても聞き逃しが減る、聞き間違えも減った。
  • 騒がしいところでも顔を向けていればしっかり聴こえる
  • 会話疲れが減った
  • 複数人の会話では慣れている人同士だと楽になった

このようなことが良かったと感じる点だそうです。
また

  • 慣れるまでは音の方向感がわからない
  • 耳がかゆくなることがある
  • キーボードのタイピング音、紙の音など今まで気にならない音が気になる
  • 極端に騒がしい場所だと効果が薄いように感じた

このようなことがいまいちと感じたことだそうです。

なおこれは1週間~3週間程度のお試し期間で感じ感想の一部です。

個人差はありますが、効果を感じて購入をされる方が多いですね。
騒がしいところでの聞こえや、音の方向感などは、補聴器を着けている状態での聞こえに慣れていき、徐々に聞き分ける力を養うことで、効果が上がっていくことが多いですね。

クロス補聴器を実際に体験していただいたお客様の感想→クロス補聴器の感想

クロス補聴器を購入するまでの手順

クロス補聴器をはじめ購入するまではこのような手順を踏むことになります。

カウンセリング

まず難聴の原因や、予算、現在会話やコミュニケーションをとる上で困っていることなどをお伺いします。
この際カルテを作成させていただきますので、個人情報の記載をいただきます。

聴力測定

補聴器を設定するための聴力測定を行います。純音聴力測定(気導・骨導)と、語音明瞭度測定を行います。
結果を見て、通常の補聴器が選択できるか、クロス補聴器が適切かなどを調べます。

補聴器の調整(フィッティング)

聴力データを基に、クロス補聴器の設定を行います。耳の大きさや、耳あなのサイズに合わせて使いやすいようにすることも併せて行います。

試聴

実際に試聴しますが、静かな店内で状況を確認してから、お店の外に出て会話してみたり、騒音の中で様子を見ます。
音量が足りなそうだったり、何か不安なことがあれば伝えて、再度調整をしてもらいましょう。
※補聴器は耳かけ型のみ試聴可能です。耳あな型はオーダーメイドのため試せません。希望の際は、近しい状況にした耳あな型補聴器を使用します。

レンタル

試聴した音で大丈夫そうなら、実際の環境で使用してみて購入するか検討します。
仕事場で使えるかや、本当に使いたい場所で使ってみましょう。概ね1~2週間ほど試して判断するといいでしょう。

購入とオーダー

レンタルして購入の意思が固まったら、機種の選定を改めて行い、カラーを選びます。
もしその場で用意できているモデルなら、そのまま持ち帰れますし、オーダーが必要なものは発注を掛けておきます。
購入前には必ず、お店で行ってくれるサービスの確認、メーカーの保証についての説明などを聞いておくといいですね。

納品

現品が届いたら納品です。実際の補聴器が購入したいモデルであったかどうかチェックしましょう。
不具合がないかの確認、購入後のメンテナンス方法についてや、メーカーの保証に関しても再確認しておくといいでしょう。

アフターケア

購入後には長期で使用して変化があることもあるので、不満がないかや、より快適な使い方ができないか使用状況を確認して、適切な音の調整をしたり、メモリー機能で特別な環境に合わせえた音にしたりします。
当然、補聴器のメンテナンスもお店でしてくれるので、故障がないかのチェックや長持ちさせるためのメンテナンスをしてもらいましょう。

ひとまず悩んだら借りてみましょう。

購入する方法がわかったら、あとはクロス補聴器がどんなものか実際に体験しましょう。
お店に相談して、レンタルすることでいいところやダメなところなどいろいろ感じることがありますし、あなたの要望に応えられるかかがわかるはずです。
レンタルするだけでもお店としては問題ないですから、気軽に試してみてください。(押し売りは普通はしません。するようならよくない店かもしれません。)

クロス補聴器の販売・レンタルなら秋葉原補聴器におまかせください。

秋葉原補聴器リスニングラボでは、数多くの片耳難聴の人々へクロス補聴器導入のお手伝いをしてきました。
お客様の体験とご意見を総合した調整と、多くの経験で得た適切な機種選定であなたの補聴器選びをお助けします。

秋葉原補聴器では、レンタルして実際に使っていただいてから販売しています。
試聴やレンタルなしで購入ということは基本はありませんので、安心して事前に体感してから購入のご検討をしてください。
補聴器のレンタルは「1週間500円」からレンタル可能です。有料のサービスだからこそ納得のいくまでお付き合い致します。

クロス補聴器のモニター募集をしています。

クロス補聴器はまだまだ症例が少なく情報が少ない補聴器です。多くの片耳難聴の方に知ってもらうべく、実際に使用した感想を頂戴しています。
クロス補聴器のレビューと日々の経過・感想を書いてもらうことでモニターに参加いただき、クロス補聴器を割引購入していただけます。
さらに、レンタル期間を無料で延長でき、最大で3週間500円の料金でクロス補聴器を試していただきます。
難しく考えずに日々の変化があれば記載していただくだけです。過去の例を参考になさってください→クロス補聴器の感想

ムンプス難聴でお困りでしたら、是非一度ご相談ください!

関連リンク

ムンプス難聴(おたふく風邪)の原因と治療方法について【予防が肝心】

クロス補聴器のモニター募集

クロス補聴器の効果は値段で違いがあるのか。機能の違いと選び方をお教えします。

クロス補聴器の感想

安くていい充電式の補聴器なら、シーメンスシグニアのセリオン・プライマックス2がおすすめ

安くていい充電式補聴器をお探しなら、シーメンス・シグニアのセリオン・プライマックス2がおすすめですね!価格と性能のバランスが取れていることや、充電式でも選びやすい価格であることがお勧めの理由です。今回はセリオン・プライマックス2についてご紹介いたします。

シーメンスシグニアの充電式補聴器セリオンは、以前は上位二機種しかありませんでしたが、ここ最近下位機種にも対応して、このセリオンプライマックス2は充電補聴器でも最安値かつ性能もプライマックスシリーズらしいハイスペックモデルなのです。ぜひ詳しく見ていってください。

充電式補聴器は手軽に扱える。

いままで、ほとんどの補聴器は、空気電池という小さな電池を交換して、使わなくては行けず、けっこうな頻度で電池を交換していたと思います。
充電式の補聴器は、内部にバッテリーが内蔵されているので、頻度の高い電池交換の手間がなく、電池交換が面倒だった方や手先が不器用でうまく交換できない方に非常に喜ばれている製品です。
かつて販売された充電式補聴器は、うまく動作しないなどのマイナスイメージを持っている方が多いかと思います。
しかし最近の充電式補聴器は、電池の性能が上がったこともあって、携帯電話と同じように一日の終わりにポンと充電器において充電するだけで、簡単に扱えるようになっています。

充電式補聴器は高い!そのイメージを覆すプライマックス2

 

ここ最近は、充電式補聴器が話題になっていて、電池交換を煩わしいと感じていた方には、非常にいい補聴器である反面、高価であるというイメージが非常に多かったと思います。
実際今までの充電式補聴器の相場は、片耳本体のみで30万円~40万円という高価な補聴器に充電器の価格が使いされてなかなか手が出にくい価格でした。
しかし最近颯爽と充電式補聴器のラインナップに現れたプライマックス2のセリオンは高性能でありながら業界最安値の充電式補聴器なのです。
そのお値段なんと

本体価格 片耳200,000円(非課税品)+充電器 43,200円(税込み)

とお安い値段で充電式補聴器が購入して使い始めることができるのです。

プライマックス2の特徴やスペックとは

プライマックス2にはこのような特徴があってオススメできる理由があります。

チャンネル数は16ch

まずチャンネル数は16chあり、マイクで集音した音を16chで処理して再生します。(再生時は最大8ch)
静かな環境で主に使われることが多い方にとっては十分高性能といえますね。

サウンドスムージング

突然の大きなと音や不快な音を自動的に抑制してくれます。
食器のぶつかるカチャカチャした音や新聞をめくったときのパリパリという音など、補聴器を着けた日常生活で不快に思う突然発生した嫌な音を響かないように耳障りのいい音にしてくれます。

自動ピント調整(スピーチマスター)

会話の強調機能である自動ピント調整(スピーチマスター)を搭載しています。
以下の3つが特徴です。

  1. 雑音抑制:背景音(周りの必要のない音)を抑制します。
  2. 指向性:会話の相手の方向にフォーカスします。最大16チャンネル
  3. 増幅度:相手の距離に合わせて音量の調整をします。

このような機能で会話をしている相手に合わせて音の方向や距離を自動調整し会話を聞き取りやすくしてくれます。

安心のIP68

 

防水防塵性能が、最高基準のIP68となっています。
砂の中に8時間入れても、1mの水槽に30分以上の入れても、修理が必要なダメージ発生しません。
日常のちょっとした雨などで心配になる必要がありませんよ。

スマートフォンでコントロールできる

スマートフォンと接続して、専用のアプリケーションを使うことで、スマートフォンで音量のコントロールや、プログラムのコントロールができます。(電池の消耗は早くなります。)

セリオンは置くだけ充電!そして乾燥も同時に可能

驚くことにセリオンシリーズは充電器にポンと置くだけで充電をしてくれる非接触充電というのを採用しております。
非接触って充電が確実じゃないんじゃない?とか充電時間が遅いのではとお思いの方が多いのですがそんなことはありません。
セリオンは、リチウムイオン電池採用で、急速充電が可能です。30分で7時間の使用が可能かつ、4時間の充電で、27時間連続使用が可能です(出力が大きいと少し短いかもしれません)
そして充電器には充電状況を可視化するためにインジケーターを設けていますので、一目で充電状況を確認出来、なおかつしっかり本体が充電器に収まるようになっていますので、充電漏れは故障しない限りありませんよ!ついでに充電器にセットすると充電器自体が乾燥機の役割も果たしてくれます。充電と乾燥を一気に行ってくれるので手間が少ないですね。

セリオンは電源のオンオフも自動!?

セリオンのさらに驚くところは、電源スイッチがありません。
なんと充電器に置くと電源が自動でオフになり、充電器から取り出すと電源がオンになるように設計されています。
これで、高齢になっても電池交換もなければ、細かな本体操作での電源のオンオフをする必要がありません。
ものすごくお手軽な充電式補聴器なんですよね。

セリオンプライマックス2のメリットとデメリットとは

ここまで特徴やほかの補聴器と違うところを紹介してきましたが、実際のメリット・デメリット気になりませんか?
ここではメリット(利点)とデメリット(欠点)を紹介します

メリット
  • 電池交換の手間なし、電源オンオフの手間なし、充電器に置けば乾燥容器に入れる手間なし
  • 高性能な充電式にしては圧倒的に値段が安い
  • コンパクトなRICタイプで、使える聴力の幅が広い
  • RICモールドや、HPレシーバーにすれば、耳栓部分は、耳型に合わせることもできる
デメリット
  • 充電ができない場合は使えない。予備電池や予備バッテリーがない
  • 2年に1回の充電池の交換が必要。一台4万円の工賃がかかる(セリオン共通)
  • セリオンプライマックス上位機種にある紛失保証がない。
  • RIC型なので耳漏があったり、耳垢の状態によっては故障が頻繁に起こる可能性が高い

このようなメリットデメリットがございますが、総じてみても価格と性能がバランスの取れた機種だと思います。
そのほか上位機種については以前の記事をご参考になさってください!
シーメンス・シグニアから充電式補聴器セリオンの新モデルが発売されました。

シーメンス・シグニア補聴器のプライマックス(PRIMAX)の性能について

セリオンプライマックスを買うなら今!

ここまで紹介していたセリオンプライマックス2ですが、なんと台数限定で両耳ペア購入用の格安パッケージ価格をご用意しました。
大阪きこえ補聴器と、秋葉原補聴器だけの特別価格です。

セリオン プライマックス2が両耳セットで購入すると片耳半額+充電器プレゼント!

台数限定で、セリオンプライマックスの両耳ペアパッケージを購入頂くと片耳分の金額が半額!なおかつ充電器(¥43,200税込み)をもれなくプレゼント!

セリオンプライマックス2を両耳ペアで通常購入すると片耳200,000円(非課税)の2台分で400,000円と充電器の¥43,200(税込み)で443,200円のところを
片耳半額になりますので、343,200円さらに充電器が無料プレゼントになりますので、43,200円引いてなんと300,000円ぴったりの業界最安価格でご購入可能です。

充電式補聴器がペアで30万円で購入できるチャンスはなかなかございません。この機会をお見逃しなく!

※注意点
片耳の場合は通常価格でのご案内になります。
台数限定です。早いものがちですのであらかじめご了承ください。

カラーはあらかじめ決まった色で選んでいただきます。カラーの決まったパッケージ商品ですので、あらかじめご了承ください。

関西方面の方は、同様のセールをしている大阪きこえ補聴器にご相談ください→大阪きこえ補聴器

関連リンク

充電式補聴器はあるのか?メーカーの違いとメリットや、価格について知りたい

充電式補聴器はフォナックがオススメ!その特徴と性能について

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日・火曜日 (祝日の場合営業、祝翌日定休日)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

感音難聴で片耳が聴こえない場合は補聴器は必要か。

感音難聴で片耳が聞こえない場合は、補聴器の必要、不必要はご自身で選んでしまっていいですよ。片耳が正常に聞こえても、片耳だけだと不便に感じることがあれば必要と考えて検討してもいいでしょう。
今回は合わせて感音難聴で片耳が聞こえない場合の補聴器の選び方も紹介していきますね。

補聴器を使用するかを決めるのは使う本人

生まれつきの感音難聴で、片耳は人並に聞こえるが、反対の耳は大きな音しか聞こえない。3歳くらいのころにおたふく風邪になってから片耳だけ聞こえなくなってしまったなど、片耳難聴になる理由は人それぞれ様々あれど、聞こえを何とか改善したいというのが、共通の悩みですね。片耳だけの生活に不便を感じて聴こえの改善のために補聴器を使うかどうか決めるのは、実際に使用するあなたです。
片耳難聴になってこのようなことで困っていれば補聴器は一度試してみるといいですね。

  • 会話の聞き返し、聞き逃しがよくしてしまう
  • 聴こえない側に立たれると会話の理解ができない
  • 騒がしい場所では会話内容がわからないことが多い

一部ですが、このようなことで悩んでいて、コミュニケーションをもっと取れるようになりたいと感じていれば試す価値があります。
感音難聴で補聴器を使用する場合の補聴器選択のポイントはありますので、そちらを説明していきますね。

聴こえの仕組み

まず補聴器は、元にある聞こえを最大限生かすための医療機器です。ですから聞こえの仕組みを知ることが大切なので、簡単に説明していきます。

音は、耳で感じていると思いがちですが、耳で受けて最終的に脳が音を認識しています。仕組みはこうです。
音は耳介(皆さんが想像する耳のこと、耳の外側の部分)で音を集音されて、耳穴に入り、鼓膜まで届きます。
鼓膜は音をとらえて振動し、繋がっている中耳の耳小骨(3つの小さな骨)に伝達します。耳小骨では、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨と3つの骨で振動をてこの原理で増幅し、内耳に伝えるのに効率的な大きさにして内耳の入り口である前庭窓に振動を伝えます。
前庭窓より先の内耳はリンパ液はあり、それに振動が伝わって波になります。そのまま蝸牛と呼ばれる部分にある有毛細胞に波が到達すると、電気信号に変換して、蝸牛神経につなぎます。
蝸牛神経からは、聴神経を介して脳まで繋がっています。電気信号が、脳の聴覚野まで伝わって初めて音を認識しています。

片耳での聞こえになると

片耳のみでいろいろな音を聞くとなると、聞き逃しや、騒がしいところでうまく聞こえないなどの状況に陥ってしまうのでしょうか。
耳自体は2つで1組の器官であり、両耳で効率的な聞こえを実現しています。両耳で聞くことで起こっている3つのことが片耳難聴の聞こえの悩みに関係しています。

  • 両耳で聞くことで、左右それぞれの耳で同じ音を重複して聞き、情報の補完をしていること(音の重複)
  • 雑音と音声の取捨選択をより確実にして、騒音下での言葉の聞き取りを向上させます。(カクテルパーティ効果、両耳スケルチ)
  • 音の方向性の判断

このような聞こえの効率を上げる身体の仕組みが使えないが為に片耳難聴特有の悩みにつながっています。

難聴とは

音が脳までに伝わるいずれかの部分で異常が発生し、音が届きにくい状態が難聴です。
難聴には3つ種類があります。

  • 伝音難聴(伝音性難聴)
  • 感音難聴(感音性難聴)
  • 混合性難聴

の3つがあり、音が伝わりづらくなる伝音性難聴、音を感じづらくなる感音性難聴、その両方の特徴がある混合性難聴です。
なお難聴に程度があり、4つに分類されます。

  1. 軽度難聴
  2. 中度難聴
  3. 高度難聴
  4. 重度難聴

の4つです。症状が重いほど会話が聞こえなくなりますね。軽度ではささやき声が聞こえず、中度では普通の会話でも聞こえにくくなり、高度では大きな声が耳元で話さないと聞こえなくなります。そして重度になると耳に直接叫んでかろうじて聞こえます。重度には聾といって全く聞こえない状態の人も含まれますので、全く聞こえない人もいます。

感音難聴とは

感音難聴とは、音を感じとる部分に異常が起こり発症します。主に耳の奥にある「蝸牛」の中にある「有毛細胞」が損傷したり、死滅してしまったり老化してしまったことによっておこる難聴の総称です。
基本的に内耳部分での異常で聞こえない場合を感音難聴といいます。音を感じなくなるということが補聴器選びでのポイントになります。

感音難聴での補聴器は難しさもある

感音難聴は音を感じる部分自体の異常ですから、補聴器を付けての改善もある程度の限界があります。
補聴器は聴こえの補助を行う機器ですので、残存している聴力を最大限生かしてくれるものです。わかりやすく言えば言葉の聞き取りやすいように音の質感を変えてと音量を増幅してくれる機械ですから、この音を感じることが難しい感音難聴は健聴の耳と同様まで改善するのは難しいことが多いのです。

しかし補聴器の選択によっては、この条件をクリアすることができるかもしれません。

片耳のみの感音難聴は難聴の程度で補聴器の選び方が異なる

片耳だけの感音難聴は、難聴の程度が重ければ重いほど通常の補聴器では効果がなくなってしまう可能性が高いです。
軽度~中度程度(30dB~60dB程度の難聴)であれば、普通の補聴器で対応していくことが可能になると予想できますが、高度以上(70dB以上)の難聴の場合は、通常の補聴器では対応が難しくなっていきます。
この場合は片耳難聴専用の特殊補聴器を選ぶのがいいですね。この片耳難聴専用の特殊補聴器は「クロス補聴器」といいます。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は片耳が重度の難聴や、全く聞こえない聾でも聞こえる補聴器です。
いやさっき感音難聴は補聴器の効果がないと言っていたじゃないかとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

クロス補聴器について説明していきます。
クロス補聴器は片耳難聴専用の補聴器ですが、両耳に補聴器をかけていただき行う特殊な補聴器フィッティングです。
難聴の耳は「クロス送信機」、健聴(聞こえる耳)には「補聴器」を使います。
仕組みは、難聴側の音を「クロス送信機」のマイクで集音して、電波で健聴側の「補聴器」に送り再生することで、難聴側の音をカバーする仕組みになります。なので、片耳が全く聞こえなかろうと関係がないのです。
なお健聴側の補聴器は、穴の開いた耳栓をしてつけてもらうので、いつもどおり聞こえる音に「今まではっきりと聞こえなかった難聴側の音」の音が混ざって聞こえます。

補聴器は購入前に必ず試し判断する

補聴器は購入前に試聴が可能です。感音難聴で補聴器を選ぶ場合にはまず補聴器の専門店に行って聴力の測定をして自分に合った音にした補聴器を試してみることをオススメします。
補聴器の効果が感じられるかは実際に試さないとわかりません。当然高度の感音難聴でも片耳補聴器のほうが効果があると感じることがありますし、中度でもクロス補聴器のほうがいいと感じる方もいます。
もちろんどちらの補聴器をかけても改善していないという人もいます。

試さないことには始まらないですよ!

片耳難聴が得意なリスニングラボにお任せください!

実は補聴器専門店でも、クロス補聴器は導入の例が年間2~3件あるかないかという特殊な補聴器です。
感音性の片耳難聴は、普通の補聴器で改善できればいいですが、クロス補聴器のやり方がわからなければ永遠に「補聴器は効果がない」だけで終わりにされてしまいます。
ですから片耳難聴でお困りの方は、クロス補聴器の経験も豊富なリスニングラボで是非ご相談ください。過去にも多くの片耳聾や、片耳で重度の感音難聴をお持ちの方がお店に訪れ相談頂いています。

リスニングラボでは、カウンセリング、聴力測定、補聴器の試聴までならば無料で体験ができます。さらに、実際の生活で使用してみたいという要望があれば、レンタルして持ち帰ることができます。
レンタルして実際の環境で使えれば、より明確に補聴器が必要かの判断ができると思います。

感音性難聴で片耳が聞こえないという方は是非ご相談ください。あなたに最適な補聴器を探すお手伝いをいたします!

関連リンク

クロス補聴器のモニター募集

片耳聾にはクロス補聴器を使って聞こえの不便を減らそう。

クロス補聴器の効果は値段で違いがあるのか。機能の違いと選び方をお教えします。

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

他店購入の補聴器の調整するセカンドオピニオンサービス

他店で購入した補聴器の調整をしてくれるお店がないか探している方に朗報です。補聴器の調整は購入店でのサービスですが、同じメーカーを扱っているお店で対応してくれるかもしれません。
今使っている補聴器が合わないけど、本当に機械だけの問題なのだろうか。そうお考えの方は購入店以外で相談して補聴器のセカンドオピニオンサービスを受けてみるのもいいですね

東京都周辺で補聴器の調子が良くない、使い方がわからないというときや、引っ越してきて、調整できるお店がないという方は、秋葉原にある補聴器専門店の秋葉原補聴器リスニングラボにご連絡ください。
フォナック(Phonak)シーメンス・シグニア(Siemens/signia)ベルトーン(Beltone)の補聴器であれば、再測定、再調整が可能ですよ!

今回は調整とセカンドオピニオンサービスについても紹介していきます。

補聴器を購入した後他店で調整ができるのか。

補聴器購入後、購入したお店での調整はうまく補聴器が合わず、無理承知で他店でも調整だけできるところがないか探している。

このような悩みは、馴染みの眼鏡店や近隣の電気店や補聴器店で購入したが、専門的なスタッフがいない場合によくある話です
こういった状況になってしまったら、購入した補聴器と同じメーカーを扱っている補聴器専門店で、再度一からやり直すことができますよ。
ただしお店によって可否がありますので、事前に電話で確認することがオススメです。

補聴器の調整は購入店のサービス

今持っている補聴器を他店で調整しようとお店を伺ってみると断られてしまうことがあります。

なぜかと言えば補聴器の音をあなたにとって適切な音質にする「調整」というのは専門的な技術ですから、無償で提供はできませんが、購入店では高価な補聴器を購入してもらったサービスとしてお返ししています。
補聴器の購入した金額の中に調整するサービスの代金が含まれているというのが、補聴器販売をしているお店での認識だからですね。

ですから他店購入のものはお断りのお店もあるのです。
実際購入者、使用者であるみなさんも購入店でお世話にならなければという意識があると思います。

買ったところでしか調整できないのかと言われますと、実はそんなこともありません。

他店購入の補聴器の再調整サービス

補聴器の販売店では調整がうまくいかなかった人向けに再調整をおこなうお店がいくつかあります。
この場合は、聴力の測定、補聴器の再調整を基本とした調整を行っていきますね。お客様のご要望を伺いながらできる限り正しい音に近づけられるように調整してくれます。
無償のサービスではないことが多く、値段の相場は5,000円~10,000円ですね。

リスニングラボのセカンドオピニオンサービス

我々秋葉原補聴器リスニングラボでは、補聴器のセカンドオピニオンのサービスを行っています。
セカンドオピニオンとは「第二の意見」という意味です。
一般的に医療に用いられる言葉で、かかりつけの病院があり医師に診てもらっているが、違う病院の医師にも治療法や診断、診断結果やその後の治療方針や治療方法についての意見を聞くことを指します。
補聴器のセカンドオピニオンも同様で、今通っている補聴器専門店とは別の補聴器専門店で違う調整方法や測定法を提案してもらうという事ですね。意見を聞き、別の調整を試みることで今の悩みや問題が解決するかもしれませんよ。

サービス内容
  1. カウンセリング
  2. 聴力測定(気導・骨導)
  3. 語音明瞭度測定
  4. 補聴器の再調整
  5. 補聴器の効果測定
  6. 装用指導
  7. メンテナンス指導

以上が基本的なサービス内容です。
カウンセリングで要望を伺い、それに伴った手順で再調整などを行います。
聴力測定のほかに、言葉の聞き取りのテストをして言葉の理解率を調べる語音明瞭度測定も行います。
この二つを考慮した最適な補聴器の調整を行っていきます。
補聴器の再調整後は、効果測定を行い、主観だけで判断できない客観的な効果についても知っていただけます。
再調整後は1週間ほど実際の生活環境で使っていただきます。
一日に何度も調整を行うとどういったことが良くなって、何が悪くなったのかの判断がつかなくなってしまいますので、それを考慮して日にちを空けて調整していきます。

料金

初回:3,000円
2回目以降:2,000円

初回料金はカルテ作成と相談、聴力測定、点検、再調整、効果測定の料金が全て含まれています。その他修理などがある場合は別途修理代金等が必要となります。
二回目からは相談、聴力測定、点検清掃、再調整、効果測定の料金が全て含まれています。

※調整後2日以内で使用が難しいなどの事情があれば1度に限り無償で対応します。

対応できるメーカー
  1. フォナック(Phonak)
  2. シーメンス・シグニア(Siemens/signia)
  3. ベルトーン(Beltone)

以上の3メーカーであれば対応可能です。

補聴器を使っていく上では調整する人は大切

調整する人が異なることで問題が解決することも多く、補聴器の調整する人もあなたの補聴器ライフには大切な要素です。
しっかり相談を受けさせていただきますし、調整もきっちり行います。当然前のデータも取っておくので、聞き比べも可能ですよ。

セカンドオピニオンを受ける前に

セカンドオピニオンを受ける前にいくつか注意事項がございます。

聴力と補聴器の兼ね合いで調整が難しいことがある。

聴力を測ってみてからの話にはなりますが、現在の聴力に対してお持ちの補聴器が向いていなと判断できる場合がございます。
できる限りの再調整は行いますが、補聴器の限界はありますのであらかじめご理解ください。
この場合は適正な補聴器との聞き比べをお試しいただきます。

事前のご予約のお願いを致します。

測定の類が多く、カウンセリングなどにも多くの時間を割く必要がございますので、事前の予約をお願い致します。
直接のご来店の場合は、お待ちいただくこともありますので、あらかじめご了承お願い致します。

まとめ

他社で購入された場合もリスニングラボではきっちり合わせて補聴器を使って生活するお手伝いをしていきます。
今使っている補聴器がうまく使えていないと感じたら、一度ご相談ください。

関連リンク

使っている補聴器があってないと感じた方へ

補聴器のセカンドオピニオン(再調整、再測定、装用効果測定など)やってます。

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

子どものころから片耳が聞こえない人向けの補聴器について

子どものころから片耳が聞こえないという人は、周りの環境や立ち位置などで言葉の聞こえたり、聞こえにくかったりして長い間苦労していると思います。子どものころ熱を出してからとか、いつの間にか聞こえなくなっていたなど理由は様々ありますが、共通して片耳難聴での聞こえを改善できる補聴器があります。今回は子どものころから片耳が聞こえない人のための補聴器について紹介していきます。

子どものころから片耳だけ聞こえない原因

子どものころから片耳が聞こえないという人は意外に多く、「子どものころ高熱を出してそれから」とか「子どものころ鼓膜が破れてから」や「交通事故にあってから」、「コンサートで大きい音を聞いてから」など病気や外傷が原因での難聴や、「生まれつき聞こえていない」という先天的な難聴まで様々な原因で片耳難聴の方々がいます。

このような原因が代表的な片耳難聴の原因ですね。

  • ムンプス難聴(おたふくかぜが原因)
  • 突発性難聴
  • 重症化した中耳炎
  • 音響外傷(とてつもなく大きな音で難聴になる)
  • 先天性(小耳症、前庭水管肥大症など)
  • 神経腫瘍による神経の損傷
  • 外傷性の難聴(耳小骨が外れる、鼓膜が破れるなど)
  • 頭部又は頸部術の後遺症や交通事故の後遺症
  • 内臓疾患

難聴についてはこちらから→難聴の原因について

片耳難聴になる原因の多くは比較的重い難聴をもたらすことが多く、片耳のみ全く聞こえないという人も大勢います。
年々片耳難聴の罹患数は増えており、ムンプス難聴は年間700人から1,000人ほど、突発性難聴は年間で35,000人ほどが発症しており、完治するのが3分の1なので少なからず年間20,000人が難聴になっている計算になりますね。
すべての原因を合わせると相当な数の片耳難聴者がいることが考えられます。

片耳難聴は補聴器をしたことがない人がほとんど

片耳難聴のほとんどの人が、補聴器を使用したことがないというのが現状です。
実際に片耳難聴で補聴器をしたことがある人を調査した結果があります。(japanTrak2012,japanrtak2015より)
片耳難聴での補聴器使用率は2012年の調査で11%、2015年で8%と非常に低く、片耳難聴者の9割が補聴器を使ったことがないのです。(任意の調査のため対象者の総数に違いがあり、割合が低い可能性があります。)

大抵の場合は「片耳が聞こえるから」という理由と、幼いがゆえに本人の必要か否かの意思が確認されないまま、補聴器は必要ないと判断されたり、聞こえないことが当然のまま長い間過ごしている人も少なくありません。
もうひとつ補聴器を付けていないことの多い理由があります。それは「難聴の程度が重いため補聴器の効果がない」という場合ですね。どうにかしたくても対処のできないまま生活している方も少なくありません。

コニュニケーションの障害を減らしたい

片耳難聴でコミュニケーションをとることが障害と感じてから「補聴器」を考え始めるのはよくあることです。しかし補聴器の効果がみられない人はあきらめるしかないのでしょうか。

片耳難聴でお悩みの皆さんは補聴器を使うことでこのコミュニケーションの取りづらさを少しでも減らしたいと考えているはずです。

  • 聞こえない耳側からの会話ももっと聞きたい
  • 騒がしい中で会話内容がわかりづらいのを減らしたい
  • 複数人での会話をもっと積極的にしたい
  • 会話中の聞き逃しや聞き返しを減らしたい

このようなことを思っていただいている方はこれから補聴器のことを紹介していきますので、補聴器のことを知って、試してみてください。

子どものころからの片耳難聴での補聴器の選び方

片耳難聴の場合は、難聴の耳で「聞こえにくい」という人と「聞こえない」という人で分かれます。
「聞こえにくい」という人は補聴器をつかっても効果が出る可能性があります。
「聞こえない」という人は補聴器の中でも特殊な補聴器になる「クロス補聴器」を使っていただきます。
「補聴器を使っても聞こえない」と言われた人でもクロス補聴器は効果が出る可能性が高いので、そういった方も希望を捨てず試してみましょう。

補聴器は実際にかけてみて効果があるかを体感してみるのが基本になります。補聴器専門店では聴力を測ってそこから補聴器の音をあなたに合ったものにして聞かせてくれます。
補聴器と、クロス補聴器どちらも一度試してみて効果のあるものを、選ぶのがまず第一歩になります。

クロス補聴器について

通常の補聴器のことがいろいろなサイトで見ていることと思いますが、片耳難聴専用の「クロス補聴器」に関してはあまり見かけないと思います。
クロス補聴器について簡単に紹介していきますね。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は片耳難聴専用の補聴器で、よく聞こえる耳には「補聴器」を、難聴の耳には「クロス送信機」を装着します。
難聴側の音は「クロス送信機」に搭載されたマイクで集音され、よく聞こえる耳に着けた「補聴器」に電波で送信されます。
補聴器からはクロス送信機側の再生音が入ってくるため、よく聞こえる耳で聞こえない耳をカバーするようにできます。

よく聞こえる耳に補聴器をする際には、穴の開いた耳栓を利用します。元ある聴力を生かしてそのうえで、難聴側の音を飛ばして聞きますので「いつも聞こえる音」に「普段は聞こえない音」が混ざって聞こえるようになります。
人によっては必要な会話を聞き分けるのに訓練は必要ですが、聞こえの範囲の拡張、聞き逃しの防止に一役買ってくれるはずです。

クロス補聴器の価格や機種についてはこちら→片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

片耳が全く聞こえなくても使えるクロス補聴器

片耳が全く聞こえなくてもクロス補聴器は対応できます。健康な耳の聴力を利用した補聴器の使い方になりますので、聞こえない耳に補聴器を付けても効果がないとわかっている人でも試していただき効果を実感していただけるとおもいます。
過去に片耳が全く聞こえなくなる「ムンプス難聴」や「突発性難聴」などにかかった方もクロス補聴器を試していただき効果を実感していただきました。是非一度体験してみてください。

過去のお客様の感想→クロス補聴器の体験をした感想

クロス補聴器を体験するなら、クロス補聴器導入の経験が多いリスニングラボにお任せ

クロス補聴器は、長年補聴器の販売をしている販売員ですら年間1回やるかわからない症例で、特殊な調整方法ということもあって敬遠している補聴器専門店も多いといわれます。
しかし秋葉原補聴器リスニングラボでは、全国でも数少ないクロス補聴器に詳しい専門店です。片耳難聴のお悩みを解決のお手伝いをするため日夜多くのクロス補聴器に関するご相談を受けています。

試すことから始められる安心

これまでのクロス補聴器は非常に魅力的に感じても、本当に効果があるか半信半疑の方が大半だと思います。
リスニングラボではクロス補聴器のデモ機を多数ご用意しており、視聴してみることはもちろん、実際の生活環境で利用できるレンタルのサービスもご用意しております。
1週間500円で貸出することになりますが、その分本気であなたの為に補聴器を調整し快適で聞こえやすい補聴器を選ぶお手伝いをします。購入時には500円のレンタル料は本体価格から値引きをしてお返しいたします。
もちろんうまくいかなくて、購入しないと決めても躊躇はいりません。押し売りや、しつこい勧誘はしませんので安心してください。

迷ったらまず相談してみてください。
あなたの悩みが少しでもか改善できる手助けができれば幸いです。
もし関西圏にお住みならば姉妹店の大阪きこえ補聴器もクロス補聴器に詳しい専門店ですので、ご相談いただけばと思います。→大阪きこえ補聴器

まとめ

子どものころから片耳が聞こえない人にとって、片耳難聴がコミュニケーションの障害と感じるようになるのは、多くに人と関わる大人になってからのことが多いのですが、クロス補聴器の導入は今更遅いなんてことはありません。
もちろんクロス補聴器を使うにあたって、装用して訓練は必要なので本当に使いこなすまでは時間がかかることもあります。しかし聞こえないはずの音が聞こえるという驚きを一度体感してほしいです。

詳しいことはお問い合わせください。

関連リンク

片耳難聴の場合、片耳補聴器とクロス補聴器のどちらを選ぶべきか。

片耳だけ補聴器を購入したいが、補助金はあるのか。

片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

クロス補聴器の効果は値段で違いがあるのか。機能の違いと選び方をお教えします。

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

よく聞こえる補聴器を選ぶなら

よく聞こえる補聴器といわれると、使用環境に合い、個人の聴力に合っているもの、そこにプラスして音の好みが反映されて、良く聞こえる補聴器とすることが多いように思います。良く聞こえる補聴器を選ぶ上での基準を説明していきますね。

高い補聴器=よく聞こえる補聴器は少し違う

高い補聴器=よく聞こえる補聴器と勘違いされているかたもいらっしゃいますが、高いからといってよく聞こえるというのは少し違いますね。
高くなると補聴器の性能が上がるので、確かに音自体は細かく表現できるようになります。騒がしいところでの会話に強くなり、補聴器を着けていて騒がしいと感じる音を自動で抑えてくれたり、スマホと接続できたり多機能になります。
大抵の補聴器で同じシリーズでは同じマイクやマイクを使っていて、内部の制御が異なるようにしていることが多いので、音を集めて再生する力はあまり変わらないのです。

ですから高い補聴器だから良く聞こえるは少し違います。高い補聴器=快適に使える補聴器と思って頂いたほうがいいですよ。

よく聞こえる補聴器の基準 1.音質を変えられるもの

良く聞こえる補聴器を選ぶとして第一の基準点として、音質を調整できるものですね。
難聴で音が聞こえにくいとひとくくりにいっても、聞こえやすい音と聞こえにくい音の個人の差があります。
高い音が聞こえやすく、低い音が聞こえにくい人もいれば、逆の人もいますし、水の中にいるような聞こえ方をしている人もいれば、鼻をつまんだような音を聞いている人もいます。これの差を埋めて、聞こえやすくできるのが、音質を調整(周波数調整)できる補聴器です。通販などで売られている既製品の簡易補聴器はこういった機能がありませんので選ぶ対象からは外してください。

この補聴器一般的に、補聴器専門店や病院の補聴器外来、あとは眼鏡店などで購入できるタイプの本格的な補聴器です。
少なからずこの音質調整がある程度できれば聞こえやすい補聴器を作ることができます。

よく聞こえる補聴器の基準 2.使用する環境に合った補聴器

2つめは「使用する環境に適した補聴器」か否かです。例えば

  1. 病院で使う補聴器
  2. 外出先でも使える補聴器

以上の2つの条件が違う場所で使う補聴器は選ぶべきものが異なります。
注目したいことは周りの騒音の違いですね。
病院内は雑音になって言葉の邪魔をする音というのが少ないので、雑音を抑える機能が少なくても使えます。
外出先は場合は、雑音の量はところによってまちまちですが、比較的多いので、雑音を抑える機能は多いほうが使いやすいです。

会話は雑音に紛れてしまって聴こえにくくなるので、騒音の量に対応できる雑音抑制のついた補聴器が必要になります。
ですから、購入する商品を選ぶときには聞こえない状況や聞きたい状況をしっかり説明することが大切になります。

チャンネル数で雑音カットのやり方、音質を変えれる範囲が変わる

今まで紹介した2つのポイントはいずれも周波数チャンネルことが関連してくるのでここで蛇足します。
補聴器には周波数チャンネルというものがあってそれによって入ってきた音の音質を変えられます。周波数チャンネルが多いと複雑な聴力でも合わせやすくなります。
雑音抑制は、余計な音をカットできますが、同時に会話に必要な成分でも被った音の高さだとカットされてしまいます。
周波数チャンネルが多いほど雑音抑制を強くかけても、損失する帯域が少なくなるので騒がしいところで聴こえやすくなります。

一般的には静かな環境だけで使用する補聴器は周波数チャンネルが4チャンネル~8チャンネルのモデルなら概ね対応できます。雑音抑制はあるとより快適に使えます
外出先で使う補聴器ならば、周波数チャンネルが、12チャンネル以上雑音抑制カットや指向性付きのモデルが好ましいとされています。

メーカーごとに雑音抑制のかけ方が異なるので、安くても外でよく使えるもの、使えないものが分かれますので、予算を抑えて探す場合には多くのブランドを聞き比べするのがいいですね。

よく聞こえる補聴器を選ぶなら音の好みも影響がある

補聴器は音質が調整できますのであなたの聴力に合わせた音量、音質にするのは可能です。そのうえでメーカーごとの音色があってそれが好みの音かどうかは結構聴こえに影響があります。

たとえば

A社は軽やかで硬さのある音
B社は張りがあるがすこし鼻をつまんだような音
C社は全体的に重厚で迫力があるどっしりした音
D社は自然で馴染みやすい音

とあったとすると、聴きやすそうとか聴きづらそうとか思う音がわかれませんか?これは相対的評価なので音の好みによって分かれてくるのです。
ですからどんなに性能の他にも聞き心地の良さに左右されるということです。これも補聴器の良く聞こえるかに影響を与えます。
音色を重視する人は聴き比べることが大切になってくるでしょう。

 補聴器を調整するお店の人の能力も大切

自分に合っている補聴器を選べたとしても、そのあとの調整による対応もかなり影響があります。
始めは満足いくものを購入できたと思えても、使っていくうちに物足りないことに気がついたり、時間の経過ともに聴力の変化がある為、音質の変更を後々行うことになります。
この音質の変更は、もちろん補聴器の機械的性能を超えた要望は応えられかねることもありますが、大体の要望はかなえることができます。
適切なアフターケアがおこなえることもよく聞こえる補聴器を仕上げるうえで欠かせません。
調整の要望が汲みとって可否の説明しながら調整してくれる人は調整も満足度が高いです。話しやすい人というのもポイントになりますね。

よく聞こえる補聴器まとめ

よく聞こえる補聴器を購入するうえでポイントとして押さえておきたいのは

  1. 音質、音量を変えられるものを選ぶ
  2. 使う環境を考慮した補聴器かをしっかり教わる
  3. 補聴器の音色が自分にとって聞きやすいか確認する
  4. 補聴器を調整する人が詳しい人か

以上のポイントが重なることであなたにとって合う良く聞こえる補聴器に出会えることでしょう。
補聴器は購入前に試聴ができますので、まずはお店に行って試してみることがオススメです

よく聞こえる補聴器をお探しなら一度秋葉原補聴器リスニングラボにお越しください。
補聴器と音に詳しい販売員があなたに合った補聴器を一緒に探します。
購入前の試聴はもちろんレンタルして生活環境に取り入れてみることもできますよ。

お気軽にお問い合わせください!

問い合わせ先

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

片耳だけ聞こえが悪いので補聴器をしたい。

片耳だけ聞こえが悪くて補聴器をしたいと考えている方に、確認してほしいポイントがいくつかあります。特に気にしてほしいのは聴力と病気の原因です。
今回は片耳だけ補聴器を着けようとしている人へのチェック事項と、適切な補聴器の紹介をしていきます。

難聴かもと感じたら、まず病院に行く

耳が聞こえないというのが、いつから始まったかというのは非常に大切です。
例えば

  • かれこれ一週間程度で耳のきこえが急に悪くなった
  • 生まれつき、又は幼いころから聞こえない
  • 風邪をひいてからここ数日程度でだんだんと聞こえなくなってきた

などいつから、どのように聞こえないのかというのは難聴になった原因によって異なります。
突発性難聴のような急性の難聴であったり、耳垢詰まりや鼓膜が破れてしまったり、中耳炎になっていたり、また別の病気であったり難聴の原因は様々です。
まず病院で診察してもらい難聴の原因がなんであるかを診断してもらうことが補聴器を選ぶうえで必要な情報です。

生まれつきや幼いころからという人は診察の必要性は低いですが、念のため病院に一度かかってもいいと思います。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は以下のことが考えられます。

  • ムンプス難聴(おたふく風邪の原因が内耳に感染した場合)
  • 突発性難聴(ストレス、血液循環異常、ウィルスなどが原因の急性難聴)
  • 音響外傷(とてつもなく大きな音で難聴になる)
  • 先天性(小耳症、前庭水管肥大症など)
  • 神経腫瘍
  • 外傷性の難聴(耳小骨が外れる、鼓膜が破れるなど)
  • 中耳炎
  • 頭部又は頸部術後の後遺症や交通事故の後遺症
  • 内臓疾患

このようなことが片耳難聴の代表的な原因です。このほかにも考えられますが、概ねこのようなことで難聴になってしまいます。
難聴の原因によっては治療できることもありますし、補聴器の使い方、選び方にも関わります。自分でもどのような理由で難聴になったか知らないという方は病院に一度かかってください。

詳しい難聴の原因はこちらから→難聴の種類や原因について

片耳難聴で困ってしまうこと

片耳難聴になるとこんなことに困ってしまうのです。

  • 難聴側からの音声は聞こえにくい
  • 会話をしていても会話の内容がわからないことが増える
  • 騒がしいと会話が聞き取れない
  • 複数人で会話するのが苦手
  • 聞き返しや聞き逃しがある

一部ですがのこのような悩みを抱えていることが多いのです。

片耳が聞こえるがゆえに理解してもらえない。

片耳が聞こえるがゆえに難聴であると告白しても理解してもらえず、難聴側ではうまく聞こえないことを話しても、普段は話せているから無視しているだけであるとか、聴く努力をしていないからだとか、心ない言葉を掛けられて精神的につらい思いをしている人も少なくありません。

このような生活での不便さや辛さを感じて補聴器を使ってみようと考えていると思います。

片耳難聴に不便を感じていれば補聴器は試すべき

片耳難聴は片耳が聞こえているから補聴器は必要ない。補聴器は両耳でないと意味がないそのようなことを耳にすることもあるかと思いますがそれは間違いです。
実際に困っているのはあなたですし、補聴器を使うか決めるのはあなたです。
片耳難聴で不便を感じているのであれば、片方だけでも補聴器は動きますし、聞こえの補助ができますから試してみるのがいいですね。
もちろん聴力の条件によって左右され、効果がないこともありますが、試さないことほどもったいないことはありません。

片耳難聴での補聴器選び

片耳難聴での補聴器を選ぼうと思っている人では聴力によって選択肢が異なります。
ここからは良く聞こえる耳(聴力に異常がない)側を「健聴側」とよび、聞こえにくい耳側を「難聴側」として紹介していきます。
※聞こえる耳の聴力の程度や、難聴の原因によって細かな条件は変化する可能性がありますので絶対ではありません。参考にしていただき、補聴器専門店でご相談ください。

  1. 健聴側と比較して難聴側が30dB未満の難聴の程度である場合で
  2. 健聴側と比較して難聴側が30dB以上40dB未満の難聴の程度である場合
  3. 健聴側と比較して難聴側が40dB以上の難聴の程度又は全く聞こえない場合

この3つで選ぶべき補聴器は変わると思ってください。

1.健聴側と比較して難聴側が30dB未満の難聴の程度である場合

健聴側に比較して難聴側の難聴の程度が30dB未満である片耳難聴の場合は、補聴器を使用する必要がない可能性高いです。
補聴器の効果は30dB前後から出てくるため、高価な補聴器を使用してもあまり効果が感じられないことが考えられます。
個人差がありますので、あなたの意思次第では試すこともいいでしょう。
高価なものでなく簡易式の補聴器や集音器を必要な時に使用することがコスト面、必要度合いからしてもお勧めできます。
しかし再生する音量には注意をしてください。あまりに大きな音で流すと、聞こえの邪魔になってしまったり、耳に負荷がかかってしまいます。

 2.健聴側に比較して難聴側が30dB以上40dB未満の難聴の程度である場合

健聴側に比較して難聴側が30dB以上40dB未満の難聴の程度の片耳難聴である場合は、調整機能のある補聴器が効果的です。
調整機能のある補聴器は一般的に補聴器専門店で販売されている補聴器のことを指します。高価ですが、個人の聴力に合わせて音質と音量の調整が可能なことや、雑音を抑える機能がついているなど多くの機能で効果的な聞こえの補助が期待できます。
十分な補聴効果と、ステレオ効果が期待できますので、片耳難聴でも健聴側と聴力差が40dB以内ならば、補聴器を試聴して体感してみる事を、お勧めします。

3.健聴側と比較して難聴側が40dB以上の難聴の程度又は全く聞こえない場合

健聴側と比較して難聴側が40dB以上の難聴の程度又は全く聞こえない場合に関しては、通常の補聴器では、効果がなかったり、半減してしまいます。
ですので特殊な補聴器を使用することで聞こえの改善を試みます。

実際は40~60dBの難聴である場合や、伝音難聴の場合はこの範囲に入っている人でも通常の補聴器で効果がある場合もあるので、通常の補聴器を試して効果のない場合は、特殊な補聴器を使用するようになります。

通常の補聴器で効果がうまく出ない理由

補聴器の音が大きいと骨を伝って健康な耳に音が届いてしまいます。それによって元から聞こえている音の邪魔をしてしまう可能性があります。
またまったく聞こえない難聴の場合は、補聴器が残っている聴力を補助している関係上、補聴器を入れても効果がありません。

補聴器の効果がうまく出ない時に扱うのはクロス補聴器という特殊な補聴器です。
健聴側には補聴器、難聴側にはクロス送信機を装着して、クロス送信機のマイクで集音した音を電波で補聴器に送信して、補聴器から再生することで健聴の耳で難聴側の音を聞くという仕組みです。
すこし特殊な補聴器なので、しっかり対応できるお店は少ないですが、補聴器の効果が出なかった人でも一度は試してみてください。

クロス補聴器について→補聴器の効果が出ない片耳難聴にはクロス補聴器を。補聴器との違いと、価格や試聴ができるかなどをお教えします。

補聴器を購入する前にはお試しができます。

補聴器は装用しても効果があるかどうかは実際に使ってみないとわかりません。紹介した条件に当てはまっても、通常の補聴器がいいか、クロス補聴器のほうが効果があるかはたまた補聴器自体が合わない可能性もあります。
そんな中で購入するのは不安でしょうし、自分に合った補聴器がやっぱりほしいですよね。
失敗しないで買うなら、補聴器販売店で補聴器の試聴をすることをお勧めします。基本的に補聴器は事前にお試しいただけますので購入前にはお試ししてください。

片耳補聴器でお悩みならリスニングラボにお越しください。

片耳だけ聞こえが悪いので補聴器をしたい。そうお考えの方は秋葉原補聴器リスニングラボにお越しください。
数多くの片耳難聴者の補聴器装用に携わってきた経験で、あなたにぴったりの補聴器を選ばせていただきます。
通常の補聴器だけでなく、他店では経験の少ないクロス補聴器の導入ケースも数多く経験していますので、片耳難聴での補聴器選びのお手伝いは自信があります。

購入前には聴力測定を行いあなたの聴力に合った補聴器を試聴して、さらに生活環境で使用いただけるレンタルサービスもご用意しております。
本気であなたに合った補聴器をお探しでしたら、是非とも一度ご相談ください。

大阪周辺で片耳難聴でお困りの方は、大阪に姉妹店の大阪きこえ補聴器があります。ぜひこちらでもご相談ください。→大阪きこえ補聴器

関連記事

片耳は聞こえないけどもう片方はよく聞こえる。そんな片耳難聴には補聴器は必要か?

クロス補聴器のお試しレンタルなら秋葉原補聴器リスニングラボにお任せ!

クロス補聴器は耳かけ型と耳あな型で性能の違いはあるのか

クロス補聴器 過去記事一覧 

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

クロス補聴器のお試しレンタルなら秋葉原補聴器リスニングラボにお任せ!

 

クロス補聴器のお試しレンタルなら、多くの片耳難聴でのクロス補聴器装用に携わり、確かな経験と技術で片耳難聴ならではのお悩みを改善してきた秋葉原補聴器リスニングラボにお任せください!
片耳難聴でお悩みのあなた。クロス補聴器を実際の環境で使ってみるお試しレンタルをしてみませんか?

片耳難聴の悩み

片耳難聴は、普段の会話で困らないのですが、特定の条件になると会話が聞こえづらいの何かと大変な思いをしている人も少なくありません。
こんなことはありませんか?

  • 騒がしいところでは声は聞こえても会話内容がわからない
  • 複数人で会話すると話している人がわからないときがある
  • 聞き返し、聞き逃しが多い
  • 集中して話を聞かないと聞き逃すような気がする。
  • コミュニケーションをとうまく取れなくてイライラする、イライラされたことがある
  • 離れたところから声を掛けられると気がつかない。無視されたと思われたことがある

片耳難聴は片耳が正常に聞こえるが、反対側はうまく聞こえないので、近距離の会話は問題ありませんが、少し離れてしまったり、難聴側で会話が始まると内容が理解しづらく、常に人との距離や立ち位置や座り位置の注意を払い気を常に張っていることが多いのです。
会話の聞き逃し、聞き返しですこし嫌な思いをしたことがある人も少なくないため、聞き逃しができない状況になると非常にストレスを感じてしまうことがあるようです。

 

補聴器は高価だから失敗はしたくない

補聴器は高価なものなので、購入するなら失敗はしたくありませんよね?
補聴器は個人に合わせるものなので、試聴とレンタルが可能なサービスを用意している補聴器販売店があります

試聴やレンタルをすることで実際に自分にその補聴器があっているか、使いこなせるかがわかると思います。
レンタルすることであなたの生活環境にとって、その補聴器が必要かどうかがわかるはずですから補聴器のレンタルは特に重要です。

片耳難聴ためのクロス補聴器

片耳難聴のために開発されたのがクロス補聴器です。

難聴耳(聞こえない耳)にはクロス送信機、健聴(よく聞こえる耳)には通常の補聴器を装着します。
難聴側の音をクロス送信機のマイクで集音して、健聴側の補聴器に電波で送信して再生でき、健聴の耳で、難聴側と健聴側の音すべてを聞くという仕組みです。

クロス補聴器の効果で考えられるもの

クロス補聴器の効果はこのようなものが考えられます。

  • 聞こえの範囲の拡大されるので、きこえの死角がなくなる
  • 聞き返し、聞き逃しする機会が少なくなる
  • 複数人でも会話の理解がしやすくなる
  • 騒がしいところでも会話の聞き取りに改善がある

このようなことがクロス補聴器の効果で考えられます。よく聞こえる耳ですべて聞くので、「いつも通りの聞こえ」+「いつもは聴こえないはずの音」が混ざって聞こえます。
慣れるまでは音の方向の判断は難しいのですが、聞き分けの訓練を行うことで、難聴側の音は少し機械っぽい音が聞こえることがきっかけとなって方向の判断ができるようになります。

過去のお客様の感想もございますので気になった方はご覧ください→クロス補聴器の感想、体験記

クロス補聴器のレンタルをするなら、秋葉原補聴器リスニングラボへ!

もしクロス補聴器を試してみたい、体験してよさそうだったらレンタルしてみたいということがあれば、秋葉原補聴器リスニングラボにお任せください。

クロス補聴器は、補聴器としては歴史が浅い製品で、補聴器の音の調整もすこし特殊なこともあり、老舗の補聴器店でもよくわからないということがあります。
クロス補聴器を用いた実例が少ないと、効果的なフィッティングができないこともあるので、本格的に扱っている補聴器店は全国でも数が少ないという現状があります。

リスニングラボは東京でも数少ないクロス補聴器を専門に扱う補聴器専門店です。
いままでも様々な原因で片耳難聴になった多くの方々とクロス補聴器を用いて聞こえの改善を行ってきました。
クロス補聴器に自信のある補聴器専門店です。

クロス補聴器のレンタルを検討しているのであれば秋葉原補聴器リスニングラボにぜひお越しください。

リスニングラボでのレンタルについて

リスニングラボでは、1週間500円の低価格でレンタルが可能です。
有料サービスであるがゆえに、本気で補聴器の調整をしてあなたにぴったりの補聴器を体験していただき、そのあとレンタルしていただきます。
レンタルは延長も可能で、納得のいくまで借りて購入の検討のために使用してください。
購入時にはレンタル料金は割引させていただきます。レンタル後の押し売りなどは致しませんので安心してご利用ください!

レンタルの手順やレンタルする場合に必要なものについて説明します。

レンタルの手順について
  1. カウンセリング
  2. 聴力測定(適正な音量にするため)
  3. 試聴(店内・店外)
  4. レンタル

となります。
所要時間は大体1時間~1時間半程度になります。

試聴貸し出しの機種は耳かけ型かRIC型になります。
耳あな型は耳型にあつらえるオーダーメイド品ですので試聴はできません。音のよく似ているRIC型で試聴レンタルをお願いしています。

レンタルする場合必要なもの
  1. 住所の確認できるもの(免許証、保険証、マイナンバーカードなど)
  2. 500円(1週間以上の場合はそれに応じていただきます。)

高額な機種も貸し出し可能で、レンタルの価格に変わりはありません。
料金が片耳、両耳問わず1週間500円での貸し出しになります。

貸し出しできる機種は弊社のデモ機になります。状況によってはすべて貸し出ししていることもありますので、できる限り事前にお問い合わせください。

関連リンク

クロス補聴器の感想、体験記

クロス補聴器は耳かけ型と耳あな型で性能の違いはあるのか

片耳難聴(一側聾)に効果のある補聴器 クロス補聴器の機能や種類そして値段について。

お問い合わせ先・店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

よく聞こえる補聴器の選び方 

よく聞こえる補聴器の選び方知りたくありませんか?補聴器はたくさんの種類があって選びにくいですし、買い物はできる限り失敗したくない。良く聞こえる補聴器の選び方を知っていて損はないでしょう。今回は補聴器の選び方をご紹介します。

補聴器はどれを購入すればいいかわからない。

補聴器は、購入しようにもたくさんの種類があってどれを購入していいかわからない。良く聞こえる補聴器を探そうにもどれが本当に使えるかわからないと思います。
通販を始め、家電量販店や、デパートなどさまざまなところで補聴器は販売されていますが、補聴器の説明をしたり、実際に補聴器をどのように使うかというのは実は専門的でできる人が限られています。
専門的な商品である補聴器を失敗せず購入をしやすくするために補聴器の専門店があるのです。

まず良く聞こえる補聴器を購入するのであれば一度専門家に相談することをお勧めします。

良く聞こえる補聴器選びに自分の耳の状態を知るのは大事

まず良く聞こえる補聴器選びをするには自分の耳の状態がどのような状態か理解する必要があります。
耳鼻科での診察を受けて、聴力検査をし、さらに難聴になぜなったのかを知っておくことが大切です。
もし原因が何かわかっているのであれば、そのまま補聴器専門店にいっても聴力の測定をしてくれますよ。
難聴の原因によっては治療によって回復する可能性があるので、治療を優先すべきです。治療ができない、治療しても回復しない場合に補聴器を選択します。

補聴器自体も難聴の原因や、聴力の具合、耳の状態によって選択する補聴器が異なります。

パナソニック、オムロン、日本メーカーの補聴器でも慎重に。

パナソニックやオムロンなど日本メーカーの補聴器というのは多数存在しますが、このような企業だからと言ってよく聞こえる補聴器でない場合もあります。
補聴器は先にあげたように難聴の原因や、聴力の具合などで選ぶべきものを変える必要のあるものです。
日本の大手企業が販売していても、通販や家電量販店で見かけるものは簡易式補聴器であることがあります。
こういった簡易式補聴器は購入しやすい価格や販売方法になっていますが、決まった難聴の症状にしか対応しませんので、あなたにとってよく聞こえるかといわれると難しいこともあります。

よく聞こえる補聴器を選ぶなら実際に実物を聞いて慎重に選ぶことが必要になります。

よく聞こえる補聴器選びのコツ

大手メーカーでも選ぶのが難しいのであればどうすればとお考えになるでしょう。
よく聞こえる補聴器を選ぶポイントは以下のような点に焦点を当てましょう。

  1. 自分の聴力に合わせられる補聴器
  2. 自分が使いたい環境に適した補聴器を選ぶ

自分の聴力に合わせられる補聴器

補聴器でも、音量は変えられて、音質は固定されている補聴器と、音量も音質も変えられる補聴器で別れます。
よく聞こえるようにするには、「あなたの聞こえ」に合わせられる必要があります。ですから、測った聴力に対して適切な音質に調整できる補聴器を選ぶべきです。

自分の使いたい環境に適した補聴器を選ぶ

人によって使いたい環境はそれぞれ異なります。静かな病院で使う補聴器と、騒がしい場所でも使える補聴器では、必要な機能や性能が異なります。
その際に着目すべき機能はこちらです。

雑音抑制機能

周りで聴こえる雑音が会話の邪魔になるので、会話中は周りの雑音を抑えて声を強調できる機能です。外で会話する機会が多い時にはこの機能で聞こえやすさの差が生じます。

チャンネル数

チャンネル数は多いほど音声の処理が細かくなり、音がなめらかになりますし、聴力や好みの聞こえに合わせやすくなります。
またチャンネル数が多いと雑音抑制機能の効きが細かくなって雑音と言葉をより明確に分け、聞き分けしやすくできます。

指向性

マイクの指向性があるモデルを選んだ時には、雑音と音声をより区別しやすくなったり、前方の人の会話を聞こえやすくできます。
プログラム上で指向性のコントロールができる補聴器もあります。

突発音抑制

流し台で水を流した音やグラスを置いたときの音、新聞紙などの紙をめくった音など突発的な音が発生したときにその音を抑えてくれます。
この機能がない都補聴器の音を下げないと突発的な音にが大きく聴こえ聞こえにも影響が出ます。かといって音量を下げると会話を損ねるてしまうので、レストランや工場などで働いている場合はこの機能があったほうが圧倒的に楽ですね。

代表的な機能を上げましたがこのような性能の違いや機能の有無で使いやすさや、聞き取りやすさが変わってきます。
自分が補聴器を使いたい環境に合わせて機種は選ばなくてはいけませんので自分の使いたい環境は把握しておくといいですね。

よく聞こえる補聴器を選ぶなら買うところも大事。

補聴器は一度買ってしまえばそのままずっと使える製品ではありません。
補聴器は加齢による聴力の変化や、難聴を伴う病気での聴力の変化があるので、聞こえづらくなった時に聴力に合わせる必要があります。補聴器は購入後もアフターケアを受けて調整をして聴力の変動に合わせていきます。
購入時によく聞こえると言わわれ高価な補聴器を選んでも、調整する人の知識が足りなかったり、要望に答えられる腕がないと、よく聞こえる補聴器は作ることができません。
聴力測定や、補聴器の調整、効果の測定などよりよい補聴器を作るには購入後もしっかり対応できる補聴器専門店を選ぶ必要があります。

良く聞こえる補聴器、いい購入場所かを知るには補聴器のレンタルをしてみる

実は補聴器を試聴レンタルできる制度というのを設けているお店があります。
気になっている補聴器の音を聞いて、実際の環境で使ってみて良く聞こえるかや、補聴器販売店の対応に問題がないかを試す機会としてレンタルすることをおすすめします。

実際使ってみたり、関わってみてわかることがたくさんあります。
逆に言えば、どんなに安くても試聴レンタルできないお店は避けたほうが無難ですね。

リスニングラボでは1週間500円でレンタルしています。高級な物でも同じ料金なので実際の環境で使って頂いて判断してください。

まとめ

良く聞こえる補聴器の選び方お分かりいただけましたでしょうか。

  1. 自分の聴力に合わせられる補聴器
  2. 自分の使いたい環境に適したもの
  3. 良く聞こえる補聴器を作るには購入する場所も大切
  4. 良く聞こえる補聴器かレンタルして試すこと

以上のことを意識していただけるとよく聞こえる補聴器を選びやすくなります。
わからないときには補聴器専門店を伺って詳しくお話を聞いたり、心配であれば、複数の専門店で相談して一番聞こえやすく補聴器かつ対応のよい店を選ぶといいでしょう。

リスニングラボでは1週間500円から補聴器のレンタルが可能です。
カウンセリングを行い、あなたにしっかりとあった補聴器をお選び致します。アフターケアも永年無料です。お気軽にご相談ください!

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

敬老の日にプレゼントする補聴器ならフォナックの充電式がおすすめです。

敬老の日にプレゼントする補聴器でお悩みの方、高齢者には充電式補聴器で操作簡単&全自動なフォナックB-Rがおすすめです。電池交換不要で音質も自動調整で楽チンです。
大切な人へたくさん話して、毎日使ってもらいたいそんな要望に応えられる補聴器「フォナック充電式補聴器」をご紹介いたします。

補聴器をプレゼントしたい

補聴器をプレゼントするといっても調べると意外と数が多くて選ぶのが大変ですね。
よく聞こえて扱いやすいものがあればそれを購入してみたいけどいかんせんどれかわからないということも多いでしょう。

補聴器をプレゼントするならまずこの二点を抑えよう。
  1. サプライズにしたけど我慢!本人と一緒に補聴器専門店に行こう
  2. すこし高価にはなるけど聴力に合わせて音質を変えられる補聴器を選ぼう

補聴器は本人の聞こえに合わせて作ることで、扱いやすくて聴こえやすい補聴器にすることができます。
すこし高価にはなりますが、聴力に合わせて音質の変更ができる補聴器を使って本人が聞こえやすいように設定してもらいましょう。
補聴器の音の調整や設定のための聴力測定は補聴器専門店でできるので、一緒にお店に行って相談してみましょう。

通販の補聴器は長く使ってもらえないかも。

通販などで購入できる補聴器は安いですし、購入しやすいですね。しかし実際は簡易式補聴器なので、音質が固定されています。
本人が使えるかわからないですし、最初のうちは使えても、聴力の変動があると効果が出なくなってしまうことが考えられます。
先に紹介した補聴器専門店で販売されている「音質の変えられえる補聴器」はある程度聴こえ方に変化があっても音を変えることで対応できます。
せっかくですから長く使ってほしいですよね。それに見合った補聴器をプレゼントするなら通販は避けたほうが無難です。

手間が少ない補聴器のほうがいい

実は補聴器の購入後にうまく扱えなくて使わなくなってしまうことも多々あります。補聴器の煩わしいことといえば

電池交換

電池が小さく交換しづらい。大きさによるが5日~14日ほどで交換しなくてはいけないので頻度もいいです。
最初はよくても年を重ねるごとに、手先が不器用になって電池交換は交換が苦手になっていきます。
電池を購入するのにお店に行くというのも結構手間になりますね。

使う環境が変わると音量を変える必要がある

雑音が多いところに行くと会話が聞こえづらくて、本体のボリュームをいじったりリモコンで調整したりする必要がある人もいます。
こういった操作が煩わしいと感じる人もいます。

このようなことが理由で補聴器を嫌になってしまうひともいますので、こういった手間が少ない楽な補聴器がいいですね。

フォナックの充電式補聴器ならお手軽でしっかり聞こえる

ここでお勧めしたいのが、フォナックの充電式補聴器です。
フォナックの充電式補聴器は電池交換不要。リチウムイオン充電池式の補聴器です。こんな特徴があります。

 

電池交換の必要なし

手先が不器用になると電池交換がご自身でできなくなります。そんな時に家族の方が電池の交換を手伝うことになりますが、そんな家族の手間が充電式補聴器だとなくなります。
また電池を買いに行かないといけない。高齢になると足腰が不自由になり電池がなくなった時に買いに行かないといけません。家族の方が電池を買いに行くおつかいを頼まれますが、そういった手間もなくなります。
本人も交換がないので老人ホームなどで使用するときも非常に重宝します。

30分の短時間充電で6時間使える

30分充電するだけで6時間使える急速充電型なのでお出かけ前に充電器に入れておけば、お出かけの間はそのまま使えます。
3時間でフル充電になり、24時間連続で使えます。(出力の大きさによって連続稼働時間に差があります。)

電池の寿命が3~4年

他のメーカーの充電式補聴器は1年で交換や2年で交換ということが多いですが、フォナックの充電式補聴器の電池寿命は3~4年持ちます。
他のメーカーに比較しても電池交換の料金は2万円と安くて、導入後のコストも少なくてすみます。(一般的な空気電池の1年のコストは大体1~2万円程度)

オートセンスOS 自動環境認識機能で、音質と音量の調整は補聴器におまかせ

 

フォナックの補聴器の最大の特徴は自動環境認識機能ですね。
周辺の音を補聴器のマイクで集音して0.4秒に一度分析して、周辺の音を認識して、雑音の量や、会話に合わせて音質を変えてくれます。
雑音が多い場所での会話なら、雑音を抑えて、会話を強調してくれますし、静かなところでの会話では静かなところで快適な音量にしてくれます。
このほかにも設定した環境別のプログラムの音質をブレンドして適切な音量、音質にしてくれますので、全自動で音質を調整してくれるので着けるだけで何もいじらなくて良いので高齢者にも簡単に扱えるのがとても便利ですね。

フォナックの補聴器は非常に性能が高い補聴器なので、突発音を抑えたり、指向性マイクと両耳間通信で言葉をさらに強調できたりといろいろ機能が搭載されていますが、たくさんありすぎるので今回は割愛させていただきます。

そのほかの性能に関してはこちらから→フォナックの充電式補聴器の特徴

詳しくはフォナックの販売店でお伺いください。

フォナックの充電式補聴器のラインナップ

現在の市場では充電式補聴器は耳かけ型のみとなります。RIC補聴器がほとんどなのに対して、フォナックはRIC補聴器と標準耳かけ補聴器の2つから選べます。

小さくて目立たない充電式RIC補聴器 オーデオB-R

特徴
  • 耳の直接音の出るレシーバー(スピーカー)が入るので音が鮮明。中~高音域が比較的得意
  • 耳の後ろに隠れるコンパクト設計で目立たない
  • 脱着式のレシーバーなので不良が起こってもすぐ交換できる
  • 出力が軽度~高度まで3種類の出力が選べる。レシーバー変更すれば出力変更も可能
  • 拡張性が低く補聴器単体での使用が基本

コンパクトで鮮明な音が特徴ですね。脱着式レシーバーで故障の際の修理はすぐ交換でき、出力も3つの出力から選択レシーバーを交換するで変更できるので、聴力の変動があっても安心です。
自分の声が響いたりするこもっている感じが少なくできるのも特徴ですね。

弱点は音がでる部分になるレシーバーが耳の中に入るので、耳垢が多かったり湿っぽかったりすると故障しやすくなります。レシーバー自体が着脱式なので壊れても交換が容易ですので、多少コストはかかるのを目をつぶれば使うこともできます。
電池ロッカーがないためオーディオシューなどの一体型アクセサリーが使えません。Tコイルがないので他社製のアクセサリーはほとんど使うことができないので注意が必要です。
フォナックのアクセサリーは対応できるものが多いですが、ワイヤレスマイクのロジャーとの親和性は低いです

出力
  • 軽中等度用 Mレシーバー
  • 軽中等度~高度 Pレシーバー
  • 中等度~高度(高度よりの重度) SPレシーバー

扱いやすく汎用性の高い耳かけ型 ボレロB-PR

特徴
  • 本体からチューブを介して音を届ける。比較的柔らかめの音になりやすく低域~中域が得意
  • 目立ちにくいスリムチューブにも変更可能、この場合中域が強調される。
  • 出力選択は一つからだが軽度~中高度まで対応
  • 少し筐体は大きめだが装着する際安定しやすい
  • 左右識別が付いており見分けがつきやすい
  • ボリューム付き、Tコイル搭載、ロジャーとの連携もしやすい。

オーデオに比べて少し筐体は大きめですが、その分ボリュームがついていたり、Tコイルがあるなど拡張性が高く、耳にかけたときに安定しやすいのが特徴です。
出力が軽度~中高度までの一つしかラインナップがありません。中低域が得意で出力も大きめなので、幅広い聴力に対応します。レシーバーから耳垢の距離が遠くて影響を受けづらい、耳垢が詰まっても掃除がしやすいのも特徴ですね。

見た目はすこし大きめになるので、目立ちやすいかもしれないので見た目が気になる方には向かないかもしれませんね。
眼鏡を掛けたり、帽子をかぶる場合は邪魔になりやすいです。耳栓の関係上こもっている感じはRIC型より強く出やすいのでこもり感が苦手な人は慣れるまでは辛抱が必要です。

出力

軽度~高度までのパワータイプのみ

充電式補聴器の値段

RIC型のオーデオB-Rも標準耳かけ型のボレロB-PRも値段は一緒です。グレードごとに価格が異なります。
グレードが高い補聴器ほど、雑音の多い環境での会話に強く、補聴器を付けていて嫌な音をカットして快適にしてくれる機能が増えていきます。
充電器はそれぞれの形状専用なので対応したものを注文してくださいね。

価格表
グレード チャンネル数 価格(非課税)
プレミアムクラス(B90) 20ch 片耳¥568,000-
アドバンスドクラス(B70) 16ch 片耳¥418,000-
スタンダードクラス(B50) 12ch 片耳¥308,000-
ボレロB-PR用充電器
モデル名 価格(税込み)
チャージーケースBTE ¥12,000-
ミニチャージャーBTE ¥7,560-
オーデオB-R用充電器
モデル名 価格(税込み)
チャージーケースRIC ¥12,000-
ミニチャージャーRIC ¥7,560-

まとめ

電池交換の必要なし、充電を忘れてもちょっとした時間に充電すれば使えるフォナック充電式補聴器。
自動で聞こえやすい音にしてくれたり、防水がしっかりしていて安心なところも交換が持てる補聴器ですね。

かけるだけで後は補聴器にお任せ、シンプルな贅沢を体験できるオーデオB-RとボレロB-PRは敬老の日にオススメできる補聴器です。
お値段が張るのが珠に傷ですが、喜んでいただけるとてもいいプレゼントにできると思います。

リスニングラボではオーデオB-RとボレロB-PRのデモ機をご用意しており、実際に聞いてみたり、レンタルして実際の環境で使ってみたりできますよ!
充電式補聴器のことで相談したいということがあればいつでもご相談ください!

関連リンク

充電式補聴器の値段はいくらくらいなの?

充電式補聴器はフォナックがオススメ!その特徴と性能について

充電式補聴器はあるのか?メーカーの違いとメリットや、価格について知りたい

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック