補聴器の買い替えは分割払いで購入できる【最大36回】

補聴器は買い替えのときに分割払いで購入できるんです!
補聴器の買い替えが必要になったとき高価な補聴器はなかなか手が出しづらいですよね。当サイトでは、あなたに最適な補聴器の買い替えや支払い方法に関することをわかりやすく解説して紹介しています。

a1

 

補聴器の買い替えが必要でも予算が足りずに、ナットクのいく補聴器を購入できないとお悩みではありませんか?
補聴器は高価なものですが、故障したり生活環境が変わってもっと使いやすい補聴器にしたいなど定期的に買い替するが必要がでてくるものです。
少しでも家計の負担を抑えて補聴器を購入する方法をお探しの方は、ローンでの分割支払いや、カードでの分割購入を検討するのがいいでしょう。

当サイトをご一読いただき、補聴器を買い替えたいあなたの手助けになればうれしいのです。

ここからは買い替えの時期や費用に関しての説明をしていきます。

 

補聴器の買い換えのタイミングと費用

補聴器 買い替え 悩み

補聴器は永久に使えるものではないの買い替えタイミングを見極めすることが大切です。
補聴器の使える期間を耐用年数といいますが、行政で定めた障害者総合支援法では、補聴器は5年程度で買い替えを推奨するとしています。
ですから5年が補聴器の耐用年数といえますね。
ただし補聴器が5年で完全に壊れてしまうわけではなく、修理しながら使えば5年以上利用することも可能です。
買い替えのタイミングを見極めるコツは、故障の回数が頻繁になっている場合や何度調整しても効果的な聞こえにならないときは買い替えのタイミングですね
また使っている補聴器が生産終了になってしまうと、メーカーでの修理受けられないので確実に買い替えが必要になるでしょう。

補聴器の値段が高くて手が出ない

補聴器の値段はピンからキリまであって片耳5000円くらいから500,000円以上のものまでいろいろありますが、あなたのカラダの代わりにするため、それなりにしっかり聞こえるようにしようと思えば性能が高くなり値段は相応に高くなってしまいます。

逆に性能おさえて便利な機能を無くせば安く買うこともできるのです。
ただし安いものを買えば納得のいかない補聴器になってしまい、結果買い替えペースが早くなって損をしてしまうこともあります。

同じ価格帯でもメーカーによって聞こえ方や性能が異なるので、あらかじめ予算を決めて色々なメーカーを聞き比べて検討するとよいでしょう。

重度難聴者なので補助金対象の補聴器では聞こえが改善できない

高度以上の難聴で、障害者手帳をお持ちの方は障害者総合支援法の補助金を利用することで、補助金対象の福祉補聴器をもらうことができますね。
しかし福祉補聴器では聞こえがナットクがいかないと感じている人もいるでしょう。
お住まいの地域によっては、補助金を使って福祉補聴器ではなくて差額で高性能な補聴器を購入することもできます。

差額で購入しようにもすこしだけ予算が足りないということがあれば、買い替えで分割払いを利用して購入することがいいですね。

 

ここからは補聴器の買い替えを分割払いで支払うとどのようになるのかシミュレーションしてみましょう。

 

補聴器の買い替えに分割払いが使える!

補聴器 買い替え 分割払い 方法

販売店によっては補聴器の買い替えにカードやローンでの分割払いを利用することができるんです。
分割払いで払えば初期費用は少なくでき、携帯電話のように月々の使用料を支払って補聴器を使っていくことができるので導入するが随分楽になるでしょう。
カードでの分割払いは、お使いのカードで分割払いの手数料や回数などを確認してくださいね。
つぎではローンで分割払いの流れを紹介しますね。

補聴器のローンでの分割払いの流れ

補聴器を分割で購入するまでの流れを簡単に紹介していきますね。
ローン会社を利用して分割払いを利用するときには、このような手順です。

1.補聴器の機種を確定し、ローンでの支払いシミュレーションをする

2.支払い回数が決まり次第、ローン申請用紙の記入をする

3.ローン審査を待つ(30分~)

4.ローンが通ればそのまま補聴器を持ち帰ることができます。

※ローンで補聴器を購入するときの注意点

申し込みするローンによって年齢制限があり。
債務状況によっては審査が通りません。
ローン用紙の記入には印鑑が必要です。
ローンで補聴器を購入する場合は、返品ができません。

それでは支払いをいくつかの例をもってシミュレーションしてみましたのでご覧ください。

支払いシミュレーションの例

ローンを利用して支払いをした例のご紹介しますね。

180,000円の補聴器を24回払いで購入した時

初回支払い金額 10,140円
2回目以降の支払金額 8,700円

250,000円の補聴器を36回払いで購入した場合

初回支払い金額 12,000円
2回目以降の支払金額 8,600円

360,000円の補聴器を36回払い
ボーナス月に1万円加算する計算で購入した場合

初回支払い金額 12,720円
2回目以降の支払金額 10,800円
ボーナス月に+10,000円(夏と冬のボーナスで6回)

このように最初に大きな額を支払う必要はなく、月々少しずつ支払いをして購入することが可能です。
秋葉原補聴器では36回のローンも組めるので例としてだしてみましたが、高額な補聴器でも手の届く金額で使うことができそうですね。
(今回の例は、秋葉原補聴器でのローン契約をした場合であり他社とは異なります。)

それではココカラ補聴器の買い替えでオススメできる最新機種をご紹介しましょう。

補聴器買い換えでオススメの最新機種

補聴器の買い替えは最新機種がオススメです。
本体の修理サポート期間が長く、久方ぶりの買い替えであれば性能は大きく進化して非常に聞きやすく便利になっています。
ここでは最新の買い替えにオススメできる機種をご紹介していきますね。

買い替え人気ナンバー1
フォナック オーデオB50-312

補聴器 買い替え オススメ フォナック オーデオB50-312

フォナック オーデオB50-312の特徴
オートセンスOS(自動環境認識機能)
サウンドリカバリー2(高音域の聞き取り向上)
防塵防水性能 IP68
電池寿命:90~140時間
12チャンネル

価格:片耳 250,000円(非課税)

 

オススメの理由
なんといってもオートセンスOSという自動環境認識機能がオススメの理由です。
オートセンスOSでは、周辺の音環境を解析してあらかじめ設定した複数の環境プログラムをブレンドして指向性や雑音抑制機能、音量をコントロールして最適な音質にしてくれるので、面倒なボタン切り替えをしなくても補聴器がすべてを最適にしてくれるスマートさが魅力。オーデオB50-312では3つの環境プログラムから最適な音質にしてくれて、補聴器が自動で音質を切り替えていることを忘れるほど自然な聞こえと好評です。

また本体はRICタイプを採用しています。
小型で目立たないかつ高性能の耳かけ型として業界でも注目のモデルなんです。

買い替え人気ナンバー2
オーティコン オープン2

補聴器 買い替え オススメ オーティコン オープン2

オーティコン オープン2の特徴
オープンサウンドナビゲーター
音環境認知機能LX
スピーチガードLX
iPhoneとの連動
IoT対応
防塵防水性能 IP68
電池寿命:70時間
48チャンネル

価格:片耳 328,000円(非課税)

オススメの理由
今までの補聴器はマイクの指向性という音の集音する方向を決めていましたが、オープン2では指向性を利用せず、毎秒2億回の計算が可能にした11コアのチップの性能によってすべての音をリアルタイムで計算して適正な音環境にして360度から音を認識できるのがオープン2最大の特徴です。
またiPhoneとの連動による通話や音楽鑑賞、IoT対応で自宅のテレビや家具などIoT機器のコントロールができるなど非常に近未来的機能が搭載されています。
今までの補聴器とは一線を画す補聴器ですから試す必要があるでしょう。

 

買い替え人気ナンバー3
シーメンス・シグニア プライマックス2 セリオン

補聴器 買い替え オススメ シグニア プライマックス2 セリオン

シーメンス・シグニア プライマックス2 セリオンの特徴
リチウムイオン電池使用のワイヤレス充電
全自動ピント機能(両耳装用時)
サウンドスムージング
防塵防水性能 IP68
電池寿命:26時間
充電時間:3時間
16チャンネル

価格:片耳 20,000円(非課税)
充電器:40,000円(税抜)

オススメの理由
日々の電池交換が必要のない充電式補聴器として、リーズナブルな価格で購入できるのがプライマックス2セリオンです。
リチウムイオン電池を使用しているので3時間の急速充電で24時間使用可能、もし充電を忘れても30分充電で7時間使うことができます。
また充電器は非接点式のワイヤレス充電で、充電器にポンとおくだけでいいのです。
さらにうれしいところは、充電器に置くと電源が切れて、充電器から取り出せば電源が入るようになっているので、ご高齢の方にも安心して利用していただくことができますね。

補聴器の性能自体は最新のものに比べると1世代前のモデルにはなりますが、価格と利便性のバランスがとれたモデルなので今が買い時です。

 

それではココカラは補聴器の購入や分割支払いに関する相談先について紹介していきます。

 

補聴器の買い替えや分割購入のご相談はお任せください!

補聴器 買い替え 分割払い 補聴器専門店

補聴器の買い替えや支払い方法に関してのご相談は秋葉原補聴器にお任せください。
補聴器の購入でのカード払い、ローン支払いにどちらもご利用いただけ、クレジットカードならVISA・JCB・アメックス・ダイナース・マスターカード・UCカードがご利用いただけます。
ローンは36回払いまで対応するショッピングローンをご用意していますので分割でのお支払いは安心です。
補聴器専門店の安心できる購入までのサービスもご用意しているので、すこし紹介いたしますね。

購入前に試せる!試聴・レンタルサービス

買い替えの時に気になる本体の性能や聞こえ方を購入前に試すことができる試聴だけでなく、実際の生活環境で補聴器を試すことができるサービスです。
最新の機種や高級な機種もデモ機をご用意しており、1週間500円で貸出してお試しいただけます。
購入時にはレンタル料金分の割引いたしますので、気軽にお試しから本格的な検討までぜひともご利用ください。

信頼できる補聴器の調整技術

補聴器は担当する技術者によって聞こえ方が激変します。
技術のないものが調整すれば、高額な補聴器であっても聞こえにくいというのが出てしまうので、どこで買っても同じとはならないのが補聴器の難しいところなんですね。
秋葉原補聴器は、大阪で40年間補聴器を販売している補聴器専門店が東京に出店したお店です。
40年間のノウハウから、正確な聴力測定、言葉の聞き取りテストなどをもとに、あなたに適正な音を仕上げます。

購入後も安心の保証

秋葉原補聴器では購入後も安心の保証制度を設けています。
聴力の変動や聞こえの向上のために調整したり、本体の検査やメンテナンスなどアフターケアは永年無料で行い、さらに購入後一定期間の返品期間を設けました。
耳かけ型は1か月間、耳あな型は3か月間の返品期間がございますので、万が一あなたに補聴器が合わないと感じたら、気兼ねなくご返品してくださいね。

まとめ

補聴器の買い替えは、補聴器の調子がいつにもまして頻繁に悪くなるとか、聞こえにくさが強いと感じたら買い替えるタイミングです。
なるべく補聴器の購入での負担を少なくするのであれば分割で購入するのも一つの手ですね。
買うお店や選ぶ機種にはすこし注意して予算内でいい補聴器が選ぶとよりよい買い替えにできるでしょう。

補聴器を新調したあかつきには、聞こえにくさのない快適な生活がまっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
補聴器の買い替えのご相談や、各種分割での支払い方法に関するお問い合わせはいつでもお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。