補聴器は分割払いで購入できる【おすすめの方法!】

補聴器 分割 a1

補聴器を分割払いで購入できるおすすめの方法をご紹介しています!補聴器は定価で必ず購入するものではありません。お店によればお得なキャンペーンや負担を減らせる購入方法をお選びいただけます。最新の補聴器を新規で購入したり買い替えを考えたとき、補聴器の購入を一括で支払うのは、経済的にも負担が大きいと感じる方は多いと思います。そんなときに補聴器の支払いを月々の分割に出来れば気持ち的にも経済的にも負担が軽減するのではないでしょうか。当サイトでは、補聴器をお得に分割払いで購入する方法や補聴器の価格の相場、お得に買う場合の補聴器専門店選びなどをご紹介しています。補聴器を分割で購入することを検討されている方は、ぜひ購入前の参考にしてみてくださいね。

補聴器は高額なので購入を悩んでしまうことがあると思います。中には通信販売されている安い機種もありますが、聴力データに合わせた細かな調整ができないモノがほとんどです。値段は安いですが聴力の改善を考えればあまりオススメすることはできません。補聴器店で販売されている補聴器は安い機種で片耳50,000円程度から高くて500,000円ほどまであります。一括で現金払いするとなるとあらかじめ予算を考えておく必要もありますし、思いたってすぐに購入できるモノでもありませんよね。今回はそんなお悩みを解消できる補聴器の購入方法についてご紹介しています。
ぜひ参考にしていただければうれしいです。

補聴器をお得に購入する方法を確認する

ここからは、補聴器を購入するときの支払い方法についてご紹介していきますね。

補聴器を購入する時の支払い方法について

補聴器 購入 a1

補聴器の購入ってどんな支払い方法があるのかわからないと思います。現金だけしか無理なのか、カード払いできるのかなど販売店によっても違いはあるでしょう。補聴器は現金払い以外にもカードでの分割払いや、ローンを組んで購入することができます。ですので一括で100,000円以上の補聴器をいきなり購入しなくても、分割にして買うことができます。カード払いでは特に気をつけることはありませんが、ローンを組むとなるとある程度の審査が必要となります。

補聴器を現金で購入

現金でお支払いの場合は当然ですが補聴器を受けとるときに現金を用意していただいて購入となります。一般的に一番多いスタンダードな支払い方法ですね。現金での購入後は再調整などのアフターケアにかかる費用はありません。ただし、補聴器電池やメンテナンスなどには費用がかかります。

補聴器をクレジットカードで購入

クレジットカードでの購入では一括払い以外にも分割での支払い方法が選べます。補聴器を受けとるときにカード決算をしていただきます。分割であってもその日に補聴器を受けとることができます。カードでの支払い後のアフターケアに関しても費用はいりません。すべてはじめの補聴器代金にアフターケアの料金も含まれています。カード払いの注意点は手続きができるかどうかです。販売店でカードに何らかのエラーが発生したさいはカード会社に確認をとっていただきます。

補聴器販売店でローンを組んでの購入

補聴器店がローン会社と提携している場合にはローンを組んで購入することができます。ローンを組むにははじめに審査がありますので、その審査をクリアしてから補聴器の受けとりとなります。ローンを組むさいには年齢制限など、仕事をしているかどうかなどで保証人が必要となる場合もあります。過去になんらかの支払いを怠ったりしていると審査が通らないケースがあります。基本的に保証人をつけていただければ審査をクリアできるでしょう。補聴器店でもローンはあまりやっていないお店が多いかと思いますのでローン払い希望であれば事前に確認しておく必要があります。ローン払いでの購入後も補聴器のアフターケアには費用がかかりません。必要となる費用は補聴器の修理や電池備品のみとなります。

ここからは、補聴器の価格と相場についてご紹介していきますね。

補聴器の価格と相場

補聴器 相場 a1

補聴器の価格と相場はお店によっても違いがあるモノです。安く提供しているお店もあれば定価でしか販売しないというお店もあるでしょう。補聴器の市場相場は耳かけ型補聴器の一部のタイプで片耳約50,000円から販売されています。さまざまな環境で使うのであれば片耳150,000円程度の補聴器が一般的によく売れている機種です。価格にはかなりの違いがありますが、これは補聴器の性能が関係しています。高額な機種になると補聴器の性能はあがります。雑音の少なさ、会話の聞きとりの快適性などに違いがあります。

価格と補聴器の性能

補聴器は性能により価格が違ってきます。より快適性を求めるのであれば片耳100,000円以上の補聴器を選ぶのがいいでしょう。価格が安いモノにしたいと、実際に購入しても自分の使いたいことができなかったり、騒がしくなると聞きとりがうまくできないなど満足のいく改善がされなければ意味がありませんよね。補聴器は価格だけで決めれるモノではなく、自分の満足できる性能かどうかを考えて選ぶ必要があります。

補聴器の相場に関して詳しくはコチラをご参考ください

補聴器の価格と相場について【ズバリお教えします!】

ここからは、補聴器を購入する場所についてご紹介していきますね。

補聴器を安心して買える場所はどこか

補聴器 お店 a1

補聴器は今では多くのお店で扱われるようになりました。大手のメガネ店やデパートなど大きなお店から小さなお店まであります。補聴器を選ぶときに一番おすすめできるのは補聴器専門店です。補聴器専門店は名前のとおり補聴器を専門的に扱っています。メガネ店やその他のお店と比べると補聴器に特化したお店なので補聴器調整の経験や知識などがあります。補聴器専門店には認定補聴器技能者という特別な資格をもつ者が在籍しています。補聴器専門店では扱う補聴器のメーカーも一つではないのでメーカーを比較して選ぶこともできます。

補聴器専門店で試聴やレンタルで失敗しない

補聴器専門店で補聴器を選ぶときには試聴体験すること以外に補聴器レンタルをしましょう。補聴器のレンタルは補聴器の性能を確かめるのにとても効果的です。補聴器をしてどれくらい聞こえの改善効果があるのかがはっきりわかります。補聴器は試せなければわからないことが多いモノですので、必ず試聴とレンタルをして補聴器を選びましょう。レンタルする時に一つのメーカーだけではなく他メーカーと比較することも大事です。

ここからは、補聴器をお得に購入する方法についてご紹介していきますね。

補聴器をお得に購入する方法

補聴器 お得 a1

今回購入方法についてご紹介しましたが、補聴器をよりお得に購入する方法があります。条件のあう方しか利用することができませんが、補聴器を補助金で購入する方法や、医療費控除を利用する方法などがあります。どちらも手続きが必要になりますが利用できるのであればオススメしています。

補聴器の補助金

補聴器の補助金を受けるには条件として聴覚での障がい者手帳をお持ちの方に限られます。聴覚での障がいには6級から2級までがあり、それぞれに応じた補助金を受けることができます。役所や病院での手続きが必要となりますが、該当するのであれば利用をおすすめします。この補助以外にも、手帳の取得にいたらない難聴者に対する補助もおこなっている地域があります。これにも地域により年齢の制限があったりしますが該当するのであればぜひ利用してください。

補聴器の補助金に関する内容はコチラ

補聴器の補助金制度について【スグにワカル】

補聴器の医療控除

補聴器は医療費控除の対象になるのか、よく質問がありますが補聴器は医療費控除の対象になります。しかし、ただ補聴器を購入して受けることができるわけではありません。医療費控除を申請するには指定の病院で書類を用意してもらわなければいけません。補聴器を購入する理由などを指定の医師に書いてもらい手続きする必要があります。もし医療費控除を希望するのであれば補聴器店に相談、もしくはお近くの指定医にご相談ください。

補聴器の医療費控除に関する内容についてはコチラ

補聴器の購入費を医療費控除に申請する方法【わかりやすい解説】

まとめ

補聴器の購入方法についてご紹介しました。補聴器の価格に関して受けとり方はそれぞれでしょう。補聴器を購入する時に価格は気になりますよね。補聴器の購入方法を事前に確認しておけばお得に補聴器を購入することができます。予算をこえてしまっても分割支払いやローンを組むことができれば購入を前向きに検討できますよね。

補聴器を少しでも安く購入できれば経済的な負担も減らせて快適な聞こえを得ることができるでしょう。

お問合せ

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。