音楽モードが秀逸な補聴器の人気おすすめ5選!【聞こえにくい時の対処法もワカル】

補聴器で音楽を楽しみたい方必見!音楽モード(ミュージックモード)が秀逸な補聴器の売れ筋をおすすめランキングで紹介しています。最新の補聴器では、補聴器でも音楽を聞けるというオマケ的なところから音楽をより楽しむための補聴器へ進化しています。補聴器の性能が向上したとともに音楽を快適に聞くための機能が搭載されているんです。音楽を楽しむために外部の雑音や自分の声であったりハウリングなど不快な音を制御し、楽器やボーカルなど広い音域をクリアで原音に近い再現性の高い音楽が再生できるようになりました。
当サイトでは補聴器の音楽モードの設定や使い方を始め、音楽モードに特化している補聴器をわかりやすくご紹介していきます。

難聴になっても音楽を楽しみたいとお考えの方にとって、補聴器から聞こえる音楽というのが違和感に感じることがあります。補聴器は会話を重視した性能になっているため、音楽を純粋に楽しむための音質からは離れた再生音になってしまうからなんです。会話も音楽も楽しみたいとお考えの場合は、音楽に再生に相応しい性能や音楽専用モードに切り替えれる補聴器の選択をおすすめします。
今回が補聴器がもつ音楽モードの仕組みなどを説明し、おすすめの音楽モードに対応した補聴器を紹介いたします。
また音楽モードを利用しても、綺麗に聞こえないと感じたときの解決策もご紹介していきますので参考にしてください。

それでは補聴器の音楽モードについて説明していきます。

[H2]補聴器の音楽モード(ミュージックモード)とは
補聴器に搭載されている機能として音楽モード(ミュージックモード)があります。
補聴器では言葉にあわせて音の調整をしているため、言葉に関連性の少ない音は雑音と考えて排除されてしまうので、通常のモードでは音楽が雑音と判断されてしまい、音のバランスが悪くなって聞き心地が半減してしまうのです。
音楽を音楽モードでは、補聴器の処理で音楽が聞こえにくくなったりしないように工夫がされています。
また最新のモデルでは、スマホから音楽を再生できる機能がありスマホで音楽を楽しみたい人におすすめです。

[H3]音楽モードの仕組み
補聴器の音楽モードでは、音楽の特徴を掴んだ仕組みに変わります。
まず音楽は地を這うような臨場感のある低い音から音の余韻や響きを感じられる高い音まで、広帯域(広い音程・周波数)の複雑な音の組み合わせになっています。ですので会話モードでは本来抑えてしまう広い帯域を再生することで、高音質の状態で音楽を楽しめるのが音楽モードの基本的な仕組みです。
また雑音抑制機能など言葉が優位に聞こえる機能などは外れる仕組みになっているのも特徴です。

[H3]音楽モードの設定方法
補聴器に搭載された音楽モードの設定は、補聴器の調整ソフトから設定してプログラムメモリーに割り振りします。
あなたの聴力を想定した音質に設定された音楽用モードはすぐ設定できます。
またスマホからの音楽再生は、スマホからの音楽再生(ストリーミング)専用のプログラムを割り振っているものがおおいですね

[H3]会話モードと音楽モードの切替
補聴器の会話モードと音楽モードの切り替えは、本体のプログラム切り替えボタンやリモコンで切り替えできます。補聴器のモデルによっては、音楽を感知して自動で切り替えてくれる補聴器もありますね。
またスマホのアプリで切り替えられる補聴器もあり、スマホからストリーミングモードは接続して音楽を流すと自動で切り替わる補聴器もありますね。

[H3]音楽モードの音量
補聴器の音楽モードの音量は、お店で補聴器の設定をするときに大まかな音量を決めておくのが一般的です。また補聴器のボリュームやスマホアプリ、リモコンのボリューム調整ボタンなどで音量を調整できますね。補聴器のボリュームではちょうどよい音量にできないというときは、お店の設定で細かな調整をする必要がありますね。

[H2]音楽モードを搭載した補聴器の選び方
音楽モードを搭載した補聴器の選び方では注目する点が3つあります。
3つのポイントを押さえれば、最適な補聴器を選べます。

[H3]音楽再生の音質
音楽を再生する際の音質はメーカーによって異なり、ポップスに向けて低域を強調しているモデルや、クラシックにあわせて幅広い音域でバランスのよい再生音質の補聴器もあります。超高域まで再生され繊細さのある再生音の補聴器や、補聴器によっては映画などの迫力を重視したドルビーサウンドの採用をしたり、鑑賞用・演奏用に合わせた設定のできる補聴器もありますよ。

[H3]再生帯域の広さ
補聴器には、低い音から高い音まで決められた範囲(再生帯域)が機種によって違いがあります。再生帯域が広いほど音楽はリアルな演奏に聞こえやすいのでおすすめです。音楽再生力の優れた補聴器は、幅広い再生帯域をもつようになっていますのでスペックは注目すべき点かもしれません。スペックの再生帯域を見て8KHz以上の再生帯域をもつ補聴器で選ぶといいでしょう。

[H3]スマホとの接続性
音楽モードではそのまま音楽を聞くだけでなく、スマホからの音楽再生も重視したいときには、Bluetoothの接続性も非常に重要です。接続がうまく行かない機種はブツブツと途切れやすくなり、音楽を聞く際にストレスになります。
電車などでスマホなどの複数の電波が密集している場所では、途切れが多くなりがちなので安定した接続性をもつ補聴器がおすすめです。

それでは音楽モードに対応した補聴器の人気おすすめをご紹介していきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2音楽モードに対応した補聴器の人気おすすめ ○○選!
音楽モードに対応する補聴器で人気の補聴器をご紹介致します。
おすすめのモデルは、音楽モードの切り替えで手間が少ない機種や、Bluetoothでの音楽再生にポイントを絞って紹介しています。
また再生帯域の広さなどのポイントを抑えた機種を用意しておりますので、ぜひご覧ください。

ランキング

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[H2]音楽モードでよく聞こえない
もし補聴器の音楽モードを使用してもよく聞こえないということがあれば、音楽モードでの設定があなたの聴力や使う環境にあっていないことが考えられます。低音や高音、歌声・楽器などの音の種類にあわせて音量や音質設定をすることがおすすめです。またハウリング抑制や雑音抑制の設定が不足していたり、余計だったりすることもあるので一緒に見直してもらいましょう。

音楽をスマホなどから聞く場合に問題になりがちなのは、Bluetoothの接続がブツブツと途切れたり、スマホの音楽アプリ自体が再生できないことがおおいですね。スマホと補聴器のBluetooth規格があっていて通信できることを確認し、アプリやスマホのアップデートは忘れないようにしましょう。
また接続の手順を間違えることで接続できていないこともあるので、ガイドラインに沿って接続をするようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[H2]音楽モード対応の補聴器をお試しする
音楽モード対応の補聴器でも、メーカーによって再生音質が異なるため、実際に試聴されることをおすすめします。補聴器自体の音質はある程度調整できるとは言え、音楽の聞こえ方や会話の聞きやすさに違いがありますので、好みの補聴器を選ぶために試聴をしっかりしましょう。

[H3]音楽モード対応の補聴器を試聴するには
音楽モード対応の補聴器を試聴するならば、希望している補聴器を取り扱っている補聴器販売店を訪問して試聴をお願いしましょう。聴力測定して適切な音質に設定した補聴器をお試しできます。
またこの際に比較できるとよりよい機種選びができるので、取り扱いメーカーを複数持っているお店で試聴するのがおすすめです。

[H3]補聴器をレンタルする
音楽モード対象の補聴器をレンタルすることもできます。1~2週間ほどレンタルして補聴器で音楽を聞いてみましょう。スピーカーやライブで聞いたときの音質や、スマホで接続して聞いたときの音質や途切れなさをしっかり確認しておくとよいでしょう。また通常の会話の聞こえやすさもしっかり理解できると思いますのでレンタルは必須ですね。

[H2]まとめ
音楽モード対応の補聴器をご紹介いたしましたがいかがでしたか。
音楽モードは補聴器に事前に設定する必要がありますが、音量の調整などはスマホや補聴器のボリュームで簡単にできます。細かな音質や音量の調整は事前にお店の設定で決めておくのがおすすめです。また音楽再生の音質やBluetoothの接続性など音楽に関連することはもちろん、会話の聞こえやすさもしっかり検討することですので試聴やレンタルはお忘れないようにしてくださいね。

音楽を愛するあなたが音楽モードに対応する補聴器を利用することで、好みの音質や鮮明な表現でストレスなく音楽を楽しみ、会話だけでなく音楽を聞く楽しさも取り戻せるでしょう

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。