補聴器相談・メンテナンスのWEB予約一時停止について

※2022年1月より当面の間はインプレッション採取のみネット予約で受付とさせていただきます。 補聴器の新規相談やメンテナンスのご予約は、お手数ですがお電話・メール・LINEにてお問い合わせください。 https://xn--8mrs8dp04c5tfd6e16h.com/%e8%a3%9c%e8%81%b4%e5%99%a8%e3%81%aeline%e7%84%a1%e6%96%99%e

続きを読む

年末年始の営業日・臨時営業日について

秋葉原補聴器リスニングラボの年末年始の営業日・臨時営業日のお知らせです。 年末は12月30日㈭19時までの営業(耳型採取の最終受付は18時30分)、年始は1月5日㈬11時からの営業となります。 通常は月曜・火曜を定休日とさせていただいておりますが、1月10日(月・祝)は11時~19時で臨時営業いたしますので、あわせてご確認ください。 ご来店お待ちしております。

続きを読む

Q.東京都に補聴器の補助金制度はありますか?

A.東京都には18歳以下の難聴児童を対象にした補聴器の補助金や、高齢の難聴者への補助金 があります。 聴覚での身体障害者手帳交付の対象となる聴力 ではない軽度~中等度難聴の方を対象に、18歳未満のお子さまや高齢者が補聴器を購入する際に受けられる補助金です。 (*1~4の数字をクリックすると詳細が表示されます) https://xn--8mrs8dp04c5

続きを読む

Q.補聴器の補助金はいくら支給される?

A.補聴器の補助金額 は重度難聴 で67,300円、高度難聴 で43,900円です。 聴覚での障害者手帳を持っている方が対象の補助金で、基本的には耳かけ型補聴器片耳1台分の補助金として上記の金額が支給されますが、場合によってイヤモールド の9,000円が追加支給されます。 また、特例として認められた場合には、耳あな型補聴器の支給(片耳137,000円)や両耳2台分の支給

続きを読む

Q.クロス補聴器についてですがフォナック補聴器で取り扱いがありますか?

A.クロス補聴器はフォナックでも取り扱いがあります。 フォナック のクロス補聴器 はバリエーションが多く、耳かけ型以外に耳あな型の形状も選ぶことが可能で電池式と充電式も選べます。フォナックで今リリースされている最新のモデルはオーデオパラダイスシリーズに対応するクロス補聴器で、それ以外は旧世代のビロングシリーズ対応のものです。マーベルシリーズではクロス補聴器のリリースがないです。

続きを読む

Q.クロス補聴器を着けようか迷ってるのですが評判がいいのはどれですか?

A.クロス補聴器の中で評判がいいのは充電式で使えて、ワイヤレス通信にも対応しているモデルですね。 当店で評判がいいのはシグニアのクロス補聴器 で、最新の機能搭載で利便性の高い機種です。評判の良さに関して使用されるユーザーによっては音質の好みなどもあるので、あくまでも機種選びの参考としてしてください。また、最近では新しく販売されたフォナックのパラダイスシリーズ対応モデルも高い評価を受けてい

続きを読む

Q.クロス補聴器の最新のものは何ですか?

A.今最新のクロス補聴器はフォナックのクロス補聴器です。 今年の12月前に発売されたばかりの物がフォナックのパラダイスシリーズ対応のクロス補聴器 となります。しかし、クロス補聴器に限らず補聴器は毎年次つぎと最新のモデルがリリースされているので最新の機種をおうとキリがないのも事実です。補聴器は必要としている時に出ている機種を購入されることが一般的かと思いますが、購入のタイミングを見計らって

続きを読む

Q.クロス補聴器を検討していますがシグニア(旧シーメンス)で取り扱いはありますか?

A.クロス補聴器はシグニアでも取り扱いがあります。 補聴器メーカーのシグニアでは耳かけ型のクロス補聴器を取り揃えていて、従来の電池式と充電式で選ぶことが可能です。 シグニアのクロス補聴器は補聴器メーカーの中でも最新モデルのリリース頻度も高く、今出ている最新補聴器(エクスペリエンスシリーズ)に対応できるクロス補聴器もあります。 補足になりますが、補聴器はクロス補聴器に限らず

続きを読む

Q.スターキーにはクロス補聴器の取り扱いはありますか?

A.クロス補聴器はスターキーでも取り扱いがあります。 アメリカの補聴器メーカー、スターキーでは耳かけ型のクロス補聴器で選ぶことができます。今補聴器ユーザーに人気があるAI補聴器(人工知能搭載の補聴器)リビオAIと組み合わすことができるクロス補聴器です。 最新のシステムを搭載している補聴器で、補聴器に組み込まれている調整機能により使用環境に適した音質で会話を楽しむことができます。

続きを読む

Q.クロス補聴器を購入しようと思っているのですが医療費控除の対象になりますか?

A.クロス補聴器の購入でも医療費控除の対象になります。 ただし、クロス補聴器(送信機)側は対象外になり補聴器(受信機)側のみが対象です。この理由はクロス補聴器は送信機器扱いで医療機器ではない為で、医療費控除では医療機器が対象となります。クロス補聴器を利用される多くの方は身体障害者手帳には該当しない聴力になりますので、補助金申請が無理な方にとっては購入の助けとなるでしょう。 医療費控

続きを読む