Q.引っ越しをした場合補聴器のアフターケアはどうすればいいですか?

Q.引っ越しをした場合補聴器のアフターケアはどうすればいいですか?

A.引っ越しをして補聴器を購入したお店に通うのがむずかしい場合はお近くの補聴器店にてアフターケア を依頼しましょう。 必ずしも購入したお店じゃなくてもお使いの補聴器メーカーをその店舗で扱っていればアフターケアを受けることができます。ただしお店によってかかる費用や受けれる対応はさまざまなので、まずは対応してもらえるかを事前に問い合わせてみましょう。また、メンテナンス以外に補聴器で大事な

続きを読む

Q.補聴器の電池に種類はありますか?

補聴器 電池 種類

A.補聴器の電池は4種類あります。 黄色・茶色・オレンジ・青の4種類 補聴器の機種ごとに使う種類が決まっている どこで買ってもOK 補聴器に使用される電池は、ボタン型電池の一種で「空気亜鉛電池」とよばれるものです。 パッケージが黄色の10A(PR536)、茶色の312(PR41)、オレンジ色の13(PR48)、青色の675(PR44)の4種類があり、それぞれ大きさ

続きを読む

Q.補聴器はどんな種類がありますか?

補聴器 種類

A.補聴器には大きく分けて、耳あな型・耳かけ型・ポケット型の3種類があります。 耳あな型は小さくて目立ちにくく、マスクやメガネと一緒につけてもじゃまになりません。自分の耳の型を取って作る、オーダーメイド補聴器もあります。耳の穴におさまるので、落として失くしてしまう心配も少ないです。 耳かけ型は自然な聴こえのオープンフィッティングや、より大きな音を出すクローズフィッティングが可能で、軽度

続きを読む

Q.補聴器は購入してすぐに使いこなせますか?

Q.補聴器は購入してすぐに使いこなせますか?

A.補聴器はすぐに使いこなせる人もいれば慣れるのに少し時間がかかる人もいます。 補聴器を着けると今まで聞こえていなかった音が聞き取れるようになり、耳や脳がきこえてくる音に戸惑ってしまうことがあるためです。そのため人によって徐々に補聴器で聞く音になれていく必要があります。特にはじめて補聴器を使う場合は自分の声が大きく感じたり、生活音を雑音と思ってしまうことも多いですね。 すぐに使いこなせ

続きを読む

Q.補聴器は保険適応で購入することは可能でしょうか?

A.保険にもさまざまありますが、健康保険や生命保険は補聴器購入に適応することはできません。 そのため補聴器は自己負担で購入いただくのが一般的です。 ただし、身体障害者福祉法による聴覚に該当する障害者手帳を保持している方には、難聴の程度におうじた補聴器の支給制度 があります。この制度は障害者手帳の等級 に応じて補聴器の給付を受けられる制度になっていて、条件 を満たしている方のみが対象

続きを読む

Q.フォナックの補聴器にはどんな種類がありますか?

Q.フォナックの補聴器にはどんな種類がありますか? (1)

A.さまざまな難聴タイプをカバーできる、豊富な種類の補聴器があります。 フォナックは世界的に大きなシェアをもつグローバルな補聴器メーカーで、難聴で聞こえに悩む方へさまざまな種類の補聴器を届けています。 オーデオシリーズ は軽度~高度難聴向けの機種で、小型で目立ちにくくワイヤレス機能なども使えるフォナックの代表的な機種です。 ナイーダシリーズ は高度~重度の難聴向けで、重い難聴

続きを読む

Q.ポケット型補聴器ってどんな種類の補聴器ですか?

ポケット型 補聴器 種類

A.箱型の本体にイヤホンをつないで装用します。小型の携帯ラジオのような見た目の補聴器です。 ポケットに本体を携帯して使う ハウリングが起きにくい 乾電池1本で1,400時間使用可能 補聴器は、大きく分けて耳あな型・耳かけ型・ポケット型の3種類がありますが、ポケット型補聴器は、名前のようにポケットに本体を携帯して使う補聴器です。 ポケット型補聴器は、ほかの補聴器とく

続きを読む

Q.聴覚障害者用の補聴器は普通にお店で売られている補聴器と違う種類ですか?

Q.聴覚障害者用の補聴器は普通にお店で売られている補聴器と違う種類ですか?

A.お店で売られている補聴器と同じ種類です。ただし、購入できる機種が決まっています。 聴覚の障害者手帳 を持っている方が補聴器の支給を受ける場合、各メーカー指定の聴覚障害者用の補聴器が支給されます。 通常の販売価格が1台約10~15万円ほどの補聴器が聴覚障害者用の補聴器として用意されていて、聴覚障害者の方は福祉用の特別な価格で購入できます。ワイヤレス機能やBluetoothを搭載し

続きを読む

Q.クロス補聴器の購入に補助金は使えますか?

補助金 補聴器 購入

A.クロス補聴器の購入に補助金が使えますが、補助金制度の条件を満たすことが条件です。 片耳が健康な場合は補助金が支給されない 片耳が90デシベル、反対耳が50デシベル以上の難聴で障害者手帳に該当する 該当する場合は障害者手帳を取得でき、申請することで補助金が支給される その他、各自治体の定める条件を満たせば補聴器が支給される 補助金制度の申請場所はお住

続きを読む

Q.補聴器の種類と特徴にはどんなものがありますか?

Q.補聴器の種類と特徴にはどんなものがありますか?

A.耳かけ型・耳あな型・ポケット型などの種類があり、目立ちにくい・あつかいやすいなどそれぞれに特徴があります。 軽度~中度の難聴に適応するRICタイプの補聴器や、高度~重度の難聴に対応する耳かけ型BTEタイプの補聴器など、難聴のタイプや聴力の聞こえにあわせた種類があり、それぞれに特徴があるんです。 その他にはメガネやマスクのジャマにならないオーダーメイド耳あな型補聴器や、カンタンにあつ

続きを読む