Q.片耳が感音性難聴ですが合う補聴器はありますか?

Q.片耳が感音性難聴ですが合う補聴器はありますか?

A.感音性難聴 1で片耳の聴力低下がある場合は補聴器で補うことができます。

補聴器を合わせるときに重要なのは聴力の程度で、どれくらいの聞きとりが可能かにより選ばれる補聴器の種類は変わりますよ。片耳だけが感音性難聴であれば通常の補聴器で片耳だけを補うパターンとクロス補聴器 2を使うパターンに分かれるかと思います。片耳難聴と一言で言っても人により適応する補聴器は異なりますのでまずは耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。耳鼻科で聴力検査を受けることと補聴器専門店での相談であなたにあう補聴器が見つかるでしょう。

補聴器は人により慣れやすかったり慣れにくいということがありますがリハビリをかねてまずは試してみることがおすすめですよ。

補聴器は言葉で説明を受けたり、カタログを見るだけではイマイチわからないことが多いです。ですのでもし補聴器を検討される場合は補聴器店で相談をして試聴をしてみましょう。補聴器をレンタルできる場合はぜひ利用してくださいね。

補聴器は種類と特徴の違いで選ぼう!【あなたに最善の選び方】

  1. 感音性難聴は内耳やさらに奥中枢にある聴覚神経に障害が起きて発症する難聴です。感音難聴の原因は老人性難聴や騒音性難聴、突発性難聴やメニエール病、聴神経腫瘍などによる聴力低下がおもになります。感音性難聴は高音域の音が聞こえにくくなり、音声が聞きとりにくいことや、特定の音を聞き分けたりすることが難しい、耳鳴りが起きたり耳が詰まった感じ、こもった感じがするなどが症状として多くあります。
  2. クロス補聴システムとも呼ばれる特殊な補聴器(送信機)です。クロス補聴器は通常の補聴器と合わせて両耳で装用します。聞こえがよい耳に補聴器を着けて聞こえが悪い耳にクロス補聴器を装用して聞こえない側の音声を聞こえがいい耳に着けた補聴器に送信して聞かせてくれるという仕組みです。

コメントは受け付けていません。