Q.補聴器を片耳だけにするメリットはありますか?

Q.補聴器を片耳だけにするメリットはありますか?

A.補聴器を片耳だけで選ぶメリットは大きく分けて2つあります。

メリットの一つは片耳分なので購入する価格が補聴器1台分になるということで、備品のコストなどもあわせて抑えることができます。もう一つは補聴器の管理が1台なのでメンテナンスの手間や修理費用などの負担が減るというところです。重要な聞こえについては聴力との関係が大きく、両耳ともに聴力が低下しているなら片耳だけ補聴器を着けることにメリットはありません。むしろ補聴器を着けていない方向の聞きとりが補えないデメリットがあります。

しかし、聴力が左右の耳で異なっているなど 1の場合は片耳補聴器の方がメリットがある可能性がありますね。事前にきこえの状態を確認しておくことが大事です。

補聴器は難聴の状態で片耳か両耳どちらがよいかある程度判断することができます。両耳に難聴があれば両耳補聴器の方が聞こえやすさのメリットがデメリットよりも断然大きいですが、最終的に両耳、片耳どちらで補聴器を着けるのかは強制ではないので補聴器を装用する方の判断で選ぶようにしましょう。

初心者にやさしい補聴器の選び方!【メーカーと価格を比較】

  1. 右耳と左耳で聴力が大きく異る場合は通常の補聴器では補えないという可能性もあります。そのような場合にはクロス補聴器で聞こえを補います。送信機と補聴器を使って聴力低下が大きい耳の聞こえをまだ聞こえが良い耳で補うという仕組みです。片耳が高度から重度の難聴であれば補聴器よりクロス補聴器の方が有効となります。

コメントは受け付けていません。