営業時間変更のお知らせ

イヤホンやヘッドホンで難聴にならないために

イヤホンやヘッドホンで難聴にならないためにしてほしいことがいくつかあります。移動中や、趣味として音楽を聴いている方にしっかり理解してほしいことです。
イヤホン難聴・ヘッドホン難聴は主に「時間」「音量」が関連しています。難聴をなるべく避けられるような手立てを紹介していきます。

イヤホン難聴やヘッドホン難聴について

イヤホン難聴やヘッドホン難聴は、騒音性難聴または、音響外傷と呼ばれる感音難聴のことですね。
イヤホンやヘッドホンを利用し音楽を聴いていることが原因で発生したと考えられる難聴です。

 主な症状

  • 両耳または片耳の聴力低下
  • 耳鳴り
  • 耳が詰まっている感じ・めまい

このような症状が考えられます。聴力が低下したことによる難聴をはじめ、難聴が起因しての耳鳴りが起こりやすいですね。めまいを伴うことがまれにあります。
イヤホン・ヘッドホンでの難聴は、低い音が聞こえづらくなる傾向が多く、音量感がとりづらくなったり、水の中にいるようなこもった声に聞こえたりしやすいですね。
耳鳴りはボーという低い音またはキーンという高い音が多いようです。
聴力の低下は初期の段階だと意識するのが難しいので症状が進行してから発覚することもしばしばあるようですね。

難聴になった時の程度

難聴の程度はこのようなになります。

軽度のうちはささやき声などが聞こえない、聞き逃しや聞き間違えが少し増える程度ですが、中度の難聴になると近くでゆっくり話したり、少し大きめの声でないと聞こえなくなってきます。難聴の程度が進むと大きな音でも聞こえなくなってしまいます。

原因について

感音難聴であるヘッドホン難聴は、耳の奥にある「蝸牛」の内部にある音を感じる細胞である「有毛細胞」が音響ダメージによって損傷または消耗していることで起こります。
音によるダメージを受けた有毛細胞は、一時的に回復することもありますが、大半はダメージとして残ります。有毛細胞が残存するうちは聞こえますが、ダメージによって数が減ると難聴の程度がどんどん上がっていきます。

強大な音を聞いた時には、一気にダメージが加わるので、大音量ほど短時間で難聴になってしまいます。これを音響外傷といいます。(徒競走のピストルを言いた後に耳鳴りがするのもそれの一種です。)
慢性的に大きい音量で長時間聴くことで起こるのは騒音性難聴ですね。

ヘッドホン難聴の治療について

ヘッドホン難聴は、発症してすぐであれば治療が可能な場合があります。聴こえにくさと感じたらすぐさま耳鼻科に向かいましょう。
聞こえにくくなってから時間が経過していると対処のしようがありませんが、発症直後であれば薬の服用などで回復する可能性があります。

治るケースと治らないケースに分かれますので一概には言えませんが、ささやき声がきこえない、少し離れたところで声かけられると聞こえづらいなどが軽度の難聴の症状があったら、耳鼻咽喉科での診療を受けてくださいね。

イヤホン難聴・ヘッドホン難聴を避けるため理解してほしいこと

これから先はイヤホン難聴、ヘッドホン難聴を避けるために理解してほしいことを紹介していきます。

難聴になる可能性ある音量・時間の基準

これはヘッドホン、イヤホン、マイクなどで有名な音響メーカーの「SHURE(シュア)」が提示している基準ですが紹介していきますね。

90dBsplで8時間、95dBsplでは4時間、100dBsplでは2時間と5dBspl上がるごとに半分の時間で聴力に異常をきたし、難聴になる可能性が高まります。
90dBsplってどのくらいなの?ってお思いの方も多いでしょうから、身近な音でたとえてみましょう。

90dBの音は、カラオケ店内や騒々しい工場での音、犬の吠える声と同じ音量です。この音量を8時間聞き続けると難聴になるリスクが高ます。
また、100dBの音は、鉄道ガード下にいる時と同じです。この音量で2時間聞くと難聴になるリスクが高まります。
大音量で音楽を流すクラブや音楽ライブで、一時的な耳鳴りを伴う難聴になる人がいるように大きな音ほど、短い時間で難聴になるリスクは高くなっていきます。

あなたのイヤホンの音量は大丈夫?

イヤホンの音量はどのくらいでしょうか。先ほど紹介したような周りの音を遮るように音楽を聞いているかたも多いのが現状でしょう。
これからはわかりやすい目安をお話しましょう。
iPhoneで聞いている方もいれば、高音質なDAP(Digital Audio Player)など音楽を聴きは様々で出せる音量が異なります。
さらにイヤホンの種類によって聞くのに必要な音量は変わってきます。

雑音をかき消すのに必要な音量

音楽を聴くときに雑音が邪魔でじっくり聞こえないときありますよね。
みなさんも普段から、雑音を気にならなくなるまで再生音量を上げていると思います。
お察しの通り、雑音を気にならなくするには、雑音に対して同量かそれ以上の音量を出す必要があります。

イヤホンやヘッドホンには音を遮る性能に違いがある。

イヤホンにはヘッドホンは装着した際に、外部の音がどれだけ聞こえなくできるかが製品によって異なります。
これを遮音性と言って、遮音性が高いと、外部の音を遮りやすくなります。(内部からの音漏れも少なくなります。)
例えばiphoneについているearpodsやAirpodsは10~15dB外の音を遮って小さくしてくれます。遮音性が高くないので、外の音も聞こえやすく、中の音漏れも多いです。
先ほど出てきた音響メーカーのSHURE(シュア)などの遮音性が高い製品は25dBとかなり遮音性が高いです。外の音が聞こえづらく、中の音が漏れずらいのです。

電車の中の騒音は80dBとうるさいのですが、遮音性の高いシュアのイヤホンを付けるだけでも65dBと普通の声で会話する程度の音量になります。

イヤホンの音量はどれくらい?どれくらい上がっているか気になったら

これまでのところを考慮して話をすると、電車の中で、遮音性の高いイヤホン(25dB遮音)を使った場合に雑音がほとんど聞こえないで音楽を聴くには
80dB-25dB=65dBですから、中の音量は66dBあれば雑音より音楽が大きくなります。実際は5dBくらい差がないとしっかり聞こえないことがほとんどなので、70dBくらいが妥当な音量でしょう。
どれくらい上がっているか気になったら、イヤホンを付けて音楽を流して、うっすら外の音が聞こえる音量してください。そこからどれだけ音量を上げれば気持ちよく聞けるかを少しずつ音量を上げてみてください。
そこより大幅にボリュームを上げているようであれば内部の音量は大きすぎる可能性があります。

音楽鑑賞のために音量を大きくして雑音をかき消していると。必然的に耳に負担のかかる音量になりますので注意が必要ですよ!

イヤホン難聴やヘッドホン難聴にならないために

ボリュームを下げる努力をする

まず再生音量をできる限り下げましょう。小さい音量から上げていって、外の音が薄ら聞こえるまたは、その音量からすこし上げたくらいで使用することがいいでしょう。
ひとまずその機器でもできる第一歩です。すこしの間我慢は必要ですが、慣れてくると問題なくなってきますよ。

遮音性を高める

イヤホンの遮音性を高めることで雑音を抑えて、内部の音量をなるべく抑えられるようにします。
ボリュームをなるべく下げるようにしていれば必然的に小さな音量にできますよ。

イヤホンや、DAPの音質をあげる

音質の向上を行うことで、音のこもりや、ひりつきがなくなり、聞きやすさが向上します。
聞こえづらさが音量の増加に関係していることもあるので、聴きやすい音にしてあげることで音量が抑えられます。

長時間の音楽鑑賞避ける

長時間の試聴を行うことで騒音性難聴のリスクが高まります。大きくない音だからと油断せず連続で長時間の音楽鑑賞は避けましょう。

慢性的な使用を避けて、休耳日を作る

慢性的な使用も、音量が大きくなることの助長になってしまいます。耳を休める日をつくりリセットすることも大切です。
慢性的な使用は鼓室陰圧による聴力低下も心配があります。(鼓膜がペコペコする、耳の聞こえが少し悪くなる)

MCLを測ってもらう

MCLは、音を快適に感じる音量のことです。これを聴力測定で測ってもらうと自分が普段どれくらいの音量で音楽を聴いているのかの目安になります。
MCLが高い人ほど、音楽を聴く時間を減らすようにコントロールすることを心がけたほうがいいですね。
補聴器専門店などで測ってもらうこともできるので伺ってみるといいでしょう。

まとめ

イヤホン難聴・ヘッドホン難聴は少しの気遣いでなるリスクを下げられる難聴です。また耳の聞こえづらさや、耳鳴りなどを感じたら病院に行って初期症状の段階で治療できるといいですね。
音楽が好きだからこそ、。失ってからの後悔がないように理解をして未来の自分のために今から耳を守る行動をしていただければと思います

実際に高価なイヤホンは遮音性をしっかり確保して高音質にすることでリスクを減らすことができます。遮音性の高いイヤホンで有名なところは、SHURE(シュア)やWestone(ウェストン)などですね。調べてみてください。

また耳の聞こえが低下し、治療ができなかった場合は、補聴器を装用して聞こえを補っていきます。
補聴器は、基本治療できないケースや治療したけれども難聴が残ってしまったときに選ぶ、最終手段です。
その時にはご相談にお乗りいたしますので、リスニングラボにお立ち寄りください。

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック