Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

リスニングラボ(ListeningLab)の年末年始の営業について

本年あと二日となりましたね。
たくさんのお客様のご愛好いただき本年も無事に終えられそうです。
ありがとうございます。
来年もより一層きこえの研究、補聴器の研究を精進し、みなさまにより笑顔がみれるように頑張ってまいりますので、何卒変わらぬご愛好賜りますようお願い申し上げます。

リスニングラボの年末年始の営業に関して

年末年始は1月10日まで無休で営業しております。
12月31日と1月1日は時間短縮しての営業となりますので、あらかじめご了承ください。
補聴器の相談、聴こえの相談はもちろん、カスタムIEM(イヤモニ)の耳型採取も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
補聴器関連商品はゆく年くる年セールとしてお安くさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。
セール概要はこちらのブログから→ ゆく年くる年フォナック補聴器セール(補聴器セール情報)

なおメーカーの年末年始休暇の関係もあって、修理受付は可能ですが、修理が上がってくるのに時間がかかってしまう可能性がありますのであらかじめご理解ください。
当店でお買い上げのお客様が修理に出していただく際にはデモ機で代用いただくなどの手立てをとらせていただきますので、ご心配なさらずご来店ください。

ではみなさまのご来店お待ちしております。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

会議や、大切な人達との会話。聞き逃しをしたくない時に使いたいきこえの補助アイテム フォナック ロジャー(Phonak Roger)

普段補聴器をつけて聴こえづらいそんなシチュエーションありますよね。
少し離れたところからの声には補聴器を使ってもうまくカバーできないのが悩ましいところです。
そんな時にはロジャー(Roger)といって補聴器の聴こえない少し離れたところの聞こえをカバーしてくれるアイテムや、そのほかリモートマイクを利用しましょう。

  • 会議、商談など聞き逃しができないのに、こんな時に限って広い反響しやすい会議室だなんて…
  • セミナーに勉強しに来たのに講師との距離がある席になってしまった
  • 会食に来たけど周りも騒がしいし、話を聞きたい人は離れた席で声が聞こえづらい。

なんてことありますよね。

そんな時には、ロジャーや、リモートマイクなどで聞きたい人の声をいれて解決することが効果的です。
特にロジャーは効果的ですので、詳しく説明していきますね。

騒がしい外出先での気の置けない仲間との集まりしかしうまく聴こえないがために満足できない…


ひさびさに気の置けない友人との集まりに呼ばれていったものの、思っている以上に騒がしいレストランで会食。
テーブルの両隣りはうまく話せるが、席が離れると周りが騒がしくてうまく聴こえない。

そんなシーンはよくありますよね。
うまくコミュニケーションが取れないと、もやもやしてストレスに感じやすいですよね。
こういったシーンのために補聴器を買ったのに…あの向こうの席の人の声は聞こえないのか…。

そうお思いの方も多いでしょう。
実際耳よかろうが悪かろうが関係なく聞こえづらい状態ですが、難聴の方はより真剣にこの問題について悩んでいると思います。

指向性が強く効くような補聴器である程度は解消される

騒がしい場所や、2メートルくらいの距離であれば、指向性が強く効く機能がある補聴器であれば多少解決します。
フォナックであればステレオズームという機能があります。これはクエストシリーズ以降(クエスト、ベンチャー、ビロング)のモデルに搭載されている機能で、主に両耳装用時に使用できる機能ですね。

カメラズームのように特定のものだけに的を絞ってそのものだけの聞こえを得る機能です。
視界の前(視覚野で前方45度の間)にある声が優先的に聞こえるようになります。

しかし会議や、会食ではそれ以上距離が離れてしまう…ということがほとんどですね。
しかも本体の価格が高くなってしまいますから、なかなか手の出ない機能だったりします。
補聴器単体ではやはり難しいというのが正直なところです。

なぜ補聴器をつかっているのに遠くの声は聞こえづらいのか

そもそもなぜ聴こえの補助をするはずの補聴器を使っているのにすこし離れたところの声が聞こえないのか。
これには2つの要因があります。

  1. 補聴器の有効範囲は直線距離で2~3メートルまで。
    補聴器の有効範囲は最長でも2~3メートル程度で、特に有効な範囲は1メートル以内が理想的です。
    聞こえの補助をするといってもあくまで機械ですからマイクの性能の関係上それ以上はきれいに音をとることができません
  2. 遠いところからの声は音が小さくなってしまうため雑音にまぎれて聴こえづらい
    音が遠いことで音のエネルギー減少してしまい、音が小さくなってしまいます。
    人の耳も補聴器も大きな音を優先的に聴いてしまうため、音が小さくなってしまうと周りの雑音にまぎれて聴こえづらくなります。

補聴器の限界と、音の性質状遠くの音は小さくなる。そして小さな音は雑音に紛れやすいということが原因で補聴器をつけても少し離れたところの声が聞こえづらいのですね。

聴こえのカバー範囲を広げるには

補聴器を持ってしてもカバーしきれない範囲の音をどうしても拾いたい。
そんなシーンはいつでも起こりえますね。
食事にいったり、会食、会議、セミナーなんかもなかなか聞き取るに難しい環境ということがあります。

そういったときのために聞こえの補助をしてくれるワイヤレスの機器を用意するのがおススメです。
よく候補に出てくるのはリモートマイクでしょう。フォナックの補聴器なら、リモートマイクをコムパイロットⅡかコムパイロットエアをセットで用意します。

リモートマイクにはこんなメリット、デメリットがあります。

メリット
・マイクをもつ離れた場所の声が直接補聴器に届く
・小型軽量、マイク側で音量の調節もできるものもある
・比較的安価に聞き取り効果を上げることができる

 
デメリット
・補聴器の電池の消耗が早くなる
・メーカーによってはマイク単体で補聴器に接続できない(接続用のアクセサリーが必要)
・無指向性で雑音を拾いやすい、音質はさほど良くない

マイクを持っている人の声を直接拾っていくので、離れた特定の人の声が届くようになっています。

すこし雑音の騒がしさがあるのと音質があまりよくありませんが、十分効果が出ます。

フォナックの補聴器は首掛け型のアクセサリー「コムパイロットⅡ」か、クリップ式の「コムパイロットエア」を購入して、「リモートマイク」をセットで用意することで使用できます。
価格は下記のようにセットとして6万円です。コムパイロットはほかのワイヤレスアクセサリーとの接続の中心となるものですから、携帯や、テレビなどの接続もアクセサリを買い足せば可能ですよ。

音をもっとクリアにして聞き取りの効果を上げたい

リモートマイクだけではどうしても雑音が気になる、もう少しクリアな音であってほしい。
そんな方もいらっしゃるでしょう。

そういった方にはフォナックから発売されてるRogerをお勧めします。

言葉のきこえを妨げる要因としては3つあり「距離」「雑音」「反響音」が主な要因です。
話し手と聞き手の距離が離れている場合や、周囲の声の行き交う公共の場などはこの要因が重なっていて、非常に聞き取りが困難です。
Rogerは2.4GHz帯を使用したデジタル無線で音を聴かせるため、リモートマイクにくらべて非常に雑音や、反響音も抑えられクリアな声が耳元に届くサポート機器です。
騒音下での言葉の聞き取りに関する臨床結果も最大で54%UPした効果が出ました。

もし補聴器から離れた場所での音声を拾わせるなら、リモートマイクより言葉の明瞭度をあげるならRogerを使うのが効果的ということですね。

Rogerのメリット・デメリット

Rogerのメリット・デメリットを使用してみた感じと、お客様の感想と製品の特性を総合して紹介します。

メリット
・ノイズが少なくクリアな音質
・単一指向性、無指向性、360度指向性など音に対する指向性が効く
・モデルによっては雑音除去された音が送られてくる
・マイクから拾った音は、直接補聴器に送ることができ、複数人のグループ送信が可能
・場合によっては支援法の申請が可能
 
デメリット
・専用の受信機が必要でコストがかかる
・補聴器の電池の消耗が早い
・電波を使用する機器なので、ペースメーカーを利用している場合は専門医への確認が必要
・補聴器の電池が少ないと接続できないときがある

指向性が効き、聞きたい声をクリアでローノイズで聞くことができるのがRogerのいいところです。
代わりに電池の消費は大きく、導入にはコストがかかります。
ユーザー様も効果が出ていると実感されていて、補聴器ではなかなか難しかった大会議場での会議や、騒がしい場所での打ち合わせなどに効果があるとのご報告いただくことが多いです。
補聴器の電池の消耗が激しいのと、補聴器の電池容量が少ないと使えなかったりするのが少しストレスなようです。

最新機種のビロング(Belong)シリーズのオーデオBや、ベンチャー(Venture)シリーズのナイーダV、スカイV(小児用)などはロジャーのマイクと、本体のマイクを指向性ありのマイクでそれぞれ稼働させることができるので、さらに聴こえの明瞭度が上がりやすくなっています。

一般向けによく使用されるロジャー

補聴器と併せてきこえの補助をするロジャーはペン型の「ロジャーペン」スマートフォンのような「ロジャータッチスクリーン」の二種類から選べます。

ロジャーには受信機が必要です。接続するにはこのような組み合わせになります。

  • Tコイル搭載の補聴器を利用して「ロジャーマイリンク」
  • フォナックの補聴器と一体型の専用受信機を使う
  • オーディオシューをつけた補聴器にロジャーXを使う(Tコイルなしの他社の補聴器などで使用する場合)
  • 前著したコムパイロットⅡにロジャーXを差し込み受信機として使用する。

なお他社メーカーの場合は、Tコイル式の補聴器にロジャーマイリンクを使うか、オーディオシューをつけた補聴器にロジャーXを接続することでロジャーを使用できます。

専用の一体型受信機を使う場合はモデルによって型番がありますので合わせて使います。
ロジャー一体型受信機やロジャーXの利点は片耳ずつ送信機が必要ですが、音として劣化がない(周波数帯域が狭まらない)クリアな音は届きます。すこし値段は張りますが、値段に変えられない聞こえやすさがあります。
ロジャーマイリンクを使用する場合はTコイル接続による音質の劣化(周波数の帯域が狭くなる)はありますが、Tコイル搭載補聴器であればこれ一つで両耳に使用でき、なおかつ安価です

コムパイロットをすでに持っている場合はロジャーXを差し込むことでロジャーに接続できますので、無理に一体型や、マイリンクを買う必要はありませんよ!(これも音質は劣化する)

ロジャーペンと、ロジャータッチスクリーンどちらがいい?

お客様にロジャーではどちらがお勧めかをよく聞かれます。それぞれの特徴を紹介いたしますね。
特徴をみて自分に合いそうなものを選択してください。

ロジャータッチスクリーンの特徴
・タッチスクリーンで操作性が良い
・360度指向性/指向性の環境適応型指向性自動切り替え(卓上小グループ/首掛け)
・雑音抑制が掛かる
・2時間充電で約10時間使用可能。
・使用可能距離 屋内:30m 屋外:20m
・フォナックDSFシステムへ接続しマイクとしても使用可能

 
ロジャーペンの特徴
・文字通りペン型で非常にコンパクト
・無指向性/指向性の環境適応型指向性自動切り替え(卓上/首掛け・インタビュー)
・2時間充電で約7時間使用可能(Bluetooth利用時は約5時間)
・使用可能距離:[室内]最大約15m/[屋外]最大約10m
・bluetoothで携帯電話に接続可能(通話)
・充電スタンドをテレビや音楽プレーヤーにつなぎテレビリンクとして使える

以上がそれぞれの特徴になります。
ロジャーペンは、マイクとしては卓上に平置きにすると無指向性モード、首にかけたり、シャツのポケットに入れて立てて使うと単一指向性として使用できます。
ワイヤレスアクセサリ―の延長上にあるような機能(Bluetooth,テレビリンクなど)も搭載されており、外出先でも、自宅でも使用できるのがとてもいいところですね。

ロジャータッチスクリーンはマイクとしては卓上平置きにすると小グループモードとなり、首掛けすることで単一指向性として使用可能です。
小グループモードでは3つのマイクを利用して360度指向性かつ、少人数での会話では、一番大きな声を優先的に送信してくれ(主になっている話者が優先される)そして雑音抑制をかけてノイズ少ないの音声が届きます。環境音の抑制もかかります。(ロジャーペンでは雑音抑制は掛からない)
他の機能は特に搭載していないので、きこえに対してのアプローチに徹底したモデルですね。
なおタッチスクリーンはフォナックDSFシステムとの連携が可能で、線音源スピーカーのデジマスターのマイクとしても使用できます。
補聴器使用者にはロジャーで、健聴者にはスピーカーで同時にかつ効果的にスピーチすることができます。
フォナックのDSFシステムについてはまた違うブログで載せていきますね。

ロジャーペンは気軽に持っていけるモデルとして、タッチスクリーンはコミュニケーションをとるのにがっちり使いたいモデルですね。

価格に関して

ロジャーの価格に関してですが、今回紹介したロジャーペンとロジャータッチスクリーンを導入する場合の例で紹介していきます。

ロジャーペンの場合

  1. フォナックの補聴器で片耳のみ一体型受信機を使用する場合

    ロジャーペン(¥109,000-)+一体型ロジャー受信機(片耳¥92,000-)合計¥201,000-のところ特別割引で\178,000-(税抜)
  2. フォナックの補聴器で両耳で一体型受信機を使用する場合

    ロジャーペン(¥109,000-)+一体型ロジャー受信機(両耳¥184,000)
    合計¥293,000-(税抜)
  3. マイリンクを使用する場合(要Tコイル搭載補聴器)

    ロジャーペン(¥109,000-)+ロジャーマイリンク(¥65,000-)合計¥174,000-(税抜)
  4. Tコイル補聴器でコムパイロットを使用する場合

    ロジャーペン(¥109,000-)+ロジャーX(¥92,000-)+コムパイロットⅡ(¥30,000-)
    合計¥231,000-(税抜)がロジャーパック割引で¥208,000-(税抜)
  5. オーディオシューを使いTコイルのない補聴器で利用する場合

    ロジャーペン(¥109,000-)+ロジャーX(¥92,000-)
    合計¥201,000-のところロジャーパック割引で\178,000-(税抜) 両耳¥293,000-が¥258,000- (税抜)+オーディオシュー代

タッチスクリーンの場合

  1. フォナックの補聴器で一体型受信機をする場合

    ロジャータッチスクリーン(¥128,000-)+一体型ロジャー受信機(片耳¥92,000-)
    合計片耳利用¥220,000-(税抜)両耳利用¥312,000-(税抜)
  2. マイリンクを使用する場合(要Tコイル搭載補聴器)

    ロジャータッチスクリーン(¥128,000-)+ロジャーマイリンク(¥65,000-)
    合計¥193,000-(税抜)
  3. Tコイル補聴器でコムパイロットを使用する場合

    ロジャータッチスクリーン(¥128,000-)+ロジャーX(¥92,000-)+コムパイロットⅡ(¥30,000-)
    合計¥250,000-(税抜)
  4. オーディオシューを使いTコイルのない補聴器で利用する場合

    ロジャータッチスクリーン(¥128,000-)+ロジャーX(¥92,000-)
    合計片耳利用¥220,000-(税抜)両耳利用¥312,000-(税抜)+オーディオシュー代金

となっております。
ロジャーの一体型受信機は補聴器の型番によって使用できるものが異なりますので、必ず確認してください。
とロジャーの商品ページの一覧からご覧ください→ロジャー商品ページへ

効果を見るには実際使ってみるのが一番

ここまで説明してまいりましたが、どのような感覚で聴こえるかはまた人によって違いますし、使い勝手に関しても人によって違うので、どちらも借りてみるのが一番ですね。

リスニングラボではロジャー単体の貸し出しも行っておりますので、補聴器と同様に、一週間500円での貸し出しとなりますので、お気軽にお問い合わせください。

補聴器の有効範囲を拡げて、聞き取りをクリアにするなら、ロジャーが最適です。
すこしコストはかかりますが、その分大きな効果があなたにもたらされることでしょう。
まず試してみることから初めて導入を考えてみてください。

きこえがよくなればあなたの人生そのものが充実して楽しくなる!

↓問い合わせ先、店舗所在地の紹介↓

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。千代田区の皆さん補聴器ならお任せください。
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの都内のお客様や、首都圏周辺(千葉、神奈川、埼玉など)からお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

間違いないカスタムインイヤーモニター(イヤモニ)を作るなら年間3000人採取のリスニングラボにおまかせ

2

昨今のイヤホン、ヘッドホンを主体としたポータブルオーディオの需要が増えたことで、より一目を浴びるようになったオーダーメイドイヤホンのカスタムIEM(インイヤーモニター・イヤモニ)。

特徴として個人個人の耳型に合わせた完全にフィットするように製作するので、耳からは外れず、外の音をシャットアウトできるのでよりいい音で聞くことができます。
通学通勤の電車移動などの時間をを趣味の音楽をじっくり鑑賞に使えるとカスタムIEMは音楽好きには重宝されています。

さて特徴となる耳型に合わせるというのが、オーダーメイドイヤホンのカスタムIEMにおいて重要になることがわかりますね。

ただ耳型を採るだけではない

補聴器も耳型にあつらえるものがありますから、耳型採取は補聴器専門店にとって重要な作業ではありますが、もちろん専門店によって採取の上手下手はあります。
耳型によってフィット感が悪く、うまく耳になじまないということがあったり、製作するまでも採取をやり直し続ける回数が増えてしまうというのがざらにあるのです。

特にイヤモニ用の耳型は、補聴器メーカーに出すよりも、採取時の難易度が高い耳型というの特徴です。
理由としては

  • メーカーの製作方法によって耳型に対する依存度が違うため正確さがより必要
  • 補聴器ではあまり必要ないとされている耳周辺の情報が必要なことがある
  • 補聴器と違い本体とケーブルをつなぐ必要があるのでケーブルを逃がす場所が必要
  • 第二カーブから2~3㎜程度長く採取できる技量が必要

確実な採取を行うのであれば経験が多くなおかつカスタムIEMの耳型採取を行ったことがある専門店で採取することが第一です。

詳しい耳型採取の方法はこちら→ イヤモニの耳型採取

アーティストに対する耳型採取も経験がある

リスニングラボでは、提携先代理店、メーカーからのエンドース契約をいただいたアーティスト様の耳型採取を行っております。

本来カスタムIEMはアーティストの聴覚保護を目的に製作されたという経緯もあり、いまの音楽シーンの第一線で活躍されている方々に使用されています。

そのため音楽の現場で使うアーティストの耳の代わりとなるカスタムIEMは非常にシビアなフィット感を要します。
我々リスニングラボは年間3000人以上の耳型採取の経験によって、使用するシチュエーションに合わせより理想のフィット感をご提案しております。

なお過去に採取させていただいた方々は色紙をいただいたり、採取のたびに挨拶をいただいたり、懇意にしていただいております。

採取料金は¥5,400- そして再採取保証付き

耳型採取の料金は¥5,400-としております。
全国の平均価格の基準となる価格にしてあります。
なおかつメーカーからの再採取依頼があった場合は再採取を無償とさせていただきます。

保証は採取をさせていただいた際の金額と日付の確認できる領収書(レシート)を確認させていただきます。

※メーカーからの要請がない場合、領収書がない場合は自費での採取となりますのであらかじめご了承ください。

間違いないフィット感でカスタムIEMを作るならリスニングラボで!

カスタムIEMの耳型採取は補聴器の耳型採取とは違い熟練度の高い採取人が行うことが必要です。

カウンセリングから、採取まで圧倒的な経験のあるリスニングラボで採取いただけましたら、他店で失敗された方でも心配いりません。

カスタムIEMであなたにぴったりのイヤホン作りませんか?

お問い合わせはメールもしくは、お電話にてお受付しております。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

【新製品情報】フォナック オーデオB(Belong)発売開始

logo_phonak

12月20日にフォナック(Phonak)の新製品オーデオB(audeo Belong)が発売開始となりました。
こちらの製品はフォナックV(Venture)の機能の拡張をし、より聴こえをよくした製品と考えていただくといいでしょう。

フォナック(Phonak) オーデオBの特徴

  1. ベンチャーにくらべて、音の定位(音の場所のわかりやすさ)が大きく向上し音質も向上した
  2. 音量の小さい音(遠い位置の音や小さい音)の聞こえやすさが上がった
  3. オートセンスOSの機能が向上した
  4. サウンドリカバー2搭載し、高音域の聞き取りの向上が見込まれる
  5. 左右差のある聴力での聞こえをより向上させた
  6. 充電式のモデルも製品ラインナップに登場した。

その特徴を解説してまいります。

特徴1.音の定位が非常に良くなった!

今回のフォナックB(Belong ビロング)はベンチャーシリーズの流れを組む補聴器であり、新しいプラットホームのビロングと共に機能面などの向上を図ったモデルです。
実質的にベンチャーシリーズ後期のNaida、Skyでは一部機能がすでに搭載されていますが、それに磨きをかけたのがビロングシリーズだと思って下さい。

まず第一に推したいのは音質の向上で非常に音源定位(音の方向)がわかりやすくそして音の太さが太い音になりました。
要は非常にはっきり聞き取りやすい音になったのです。
要因としては

  • マイクの位置がベンチャーシリーズより見直されて、校正されたから。
  • 内部ノイズに対する性能が良くなったから

に起因するものであると思います。
マイクの位置は人間工学を元に効果のある位置に設定されていますが、特に今回は周囲の音を拾うマイクの位置変更で機能が向上しているようで、上部マイクと、下部のマイクの位置関係が離されたことによって音源の場所の判別がより効果的になりました。

内部ノイズにつよくなったという点は次に小さな音に対することにも関係するので、そちらで記載します。

特徴2.音量の小さい音に強くなった

Belongの特徴としてエクスパンションという機能の向上を図っています。
それによってささやき声や、少し離れた場所での音などが非常に聞き取りやすくなりました。
フォナックの補聴器は小さな音をしっかり聞かせるために非常に小さな音だけの雑音抑制を、普通の音にかける雑音抑制(雑音を抑える機能)とは別で掛けることができるのですが、それによって補聴器の中で増幅されてしまう非常に小さな雑音を抑えたうえで小さな音をより聴こえやすい音量に増幅することができるようになっています。
今までも小さな音だけの雑音抑制や、TK35という小さな音の増幅はありましたが、ビロングシリーズでは、瞬間的にこの音を増幅するので、ローノイズでしっかりとした聴こえが特徴になりました。
全体的にシグナル/ノイズ比が強くなったので、より声の信号がつよくなって、聴こえる音にも芯があり聞き取りやすくなったように思います。

 

特徴3.オートセンスOSの機能が向上した

オートセンスOSはベンチャーシリーズからの環境認識して環境に合わせてくれるプログラムですが、こちらも向上しました。
0.4秒ごとで音の分析して200以上の設定からより良い音を選択してくれます。

ほかのメーカーにも環境音に対する切り替えは可能ですが、フォナックの環境音に対する考えは違いがあり最大7つのプログラムを切り替えせずブレンドすることで、音がナチュラルに変化します。そしてプログラムの切り替えスイッチで切り替えていたプログラムを自動で切り替えしてくれるのも特徴です。

フォナックはこの自動環境認識でより自然な聴力に近い環境での聞き取りを可能にしています。

 

特徴4.サウンドリカバー2が搭載された

サウンドリカバーは高周波の聞こえを改善する機能で、例えば6~8KHzの音がほとんど聴こえない場合に、3~4kHzの部分に音を圧縮することで聞こえる帯域で音を認識させる機能です。
要は聞こえづらいもしくは聞こえない音を聴こえる音に変換して聴かせる機能です。

サウンドリカバー2は常時かかる軽い圧縮と、瞬間的にかかる深い圧縮の2種類に分けて、より確実に音を聴かせることができます。利得(音の増幅量)に関しても圧縮後のほうが量が多くなりますので、より聴こえやすくなります。

特徴5.左右差のある聴力での聞こえをより向上させた

左右差のある聴力に対しての調整がより正確になったため、左右差のある聴力でも違和感の少ない聴こえというのを提供できるようになりました。どうしても左右差のある聴力だと、今までは聞こえがバラバラに聞こえやすかったのですが、それが両耳間通信技術の向上と、ノウハウの蓄積で改善できたようです。

 

特徴6.充電式のモデルが登場した。

充電式のオーデオB-Rが登場したことで、電池を取り換えるという手間を省くことにしたフォナック。
以前にも充電式補聴器というのが販売された補聴器業界ですが、その時は充電池の品質の問題で不発に終わりました。
今回の充電式はリチウムイオン電池を利用したモデルで、急速充電で長時間の使用が可能というのが特徴です。
30分の充電で6時間使用可能(3時間充電で24時間使用可能)ということで朝起きて出かけるまでの30分間充電するだけで、夕まで持つということですね。

充電池は1500回前後繰り返し使用すると容量が20%ほど減少するとのことですが、補聴器本体の保証期間中は無償交換が可能とのことですので安心して使えますね。

オーデオBのスペック

B-312
(M/P/UP)

より小さく、より軽く。
つけ心地にこだわるなら。
・指向性
・ワイヤレス通信
使用電池:PR41(312)
電池寿命:90~130時間 

B-312
(M/P/UP)

Tコイルを標準装備。
電話をよく利用する方に。
・指向性
・Tコイル標準
ワイヤレス通信
使用電池:PR41(312)
電池寿命:90~130時間 

B-312
(M/P/UP)

操作性の高い、
ボリュームコントロールつき。
・指向性
・Tコイル標準
ワイヤレス通信
使用電池:PR48(13)
電池寿命:140~220時間 

搭載性能が異なる4つのクラスをご用意

クラス チャンネル数 補聴器(非課税)
B90(プレミアム) 20ch 片耳 500,000円
B70(アドバンス) 16ch 片耳 350,000円
B50(スタンダード) 12ch 片耳 250,000円
B30(エッセンシャル) 8ch 片耳 180,000円

 

B-R(M/P/UP)

短時間充電×長時間作動の充電式
より小さく、より軽く。
つけ心地にこだわるなら。
・指向性
・ワイヤレス通信

搭載性能が異なる3つのクラスをご用意

クラス チャンネル数 補聴器(非課税) チャージャーケース RIC(税込) 合計
B-R90(プレミアム) 20ch 片耳 568,000円 ※ 12,000円 580,000円
B-R70(アドバンス) 16ch 片耳 418,000円 ※ 12,000円 430,000円
B-R50(スタンダード) 12ch 片耳 308,000円 ※ 12,000円 320,000円

つけてみて感じたこと

つけた瞬間に思ったことは高域に重きを置いたフィットがなされているということでしょう。(50dBフラットの聴力で設定)
高域の量感が多いので、非常に言葉が明瞭である印象をうけました。

比較のためにオーデオV両耳装用とオーデオB両耳装用で比べると、明らかにオーデオBのほうが顔の前で声が聴こえ、より人と話している感覚があるということが違いと感じました。
オーデオVでも十分に小さな音、音の立体感はありますが、耳元でなっている印象でオーデオBと比べてしまうと大きな差を感じました。
両耳で使用すると、強烈な音の定位で頭の前でしっかりと言葉が聞き取れる印象を与えてくれるのでいままでの補聴器とは少し違った印象です。

もうひとつ目立って違った点は、補聴器から出てくるノイズが少なく声の信号は強いことです。補聴器をつけると大抵シーとかサーとかいうホワイトノイズが聞こえるのですが、オーデオBではその音が非常に小さく、気が付かないということ。
これを抑えるためにいろいろと雑音抑制をかけてきこえが犠牲になってしまったりしてましたが、その音が最初から小さいので声の聞こえがよりはっきりしているのが印象的です。小さなささやき声でもやけにはっきり聴こえてしまうので、非常に驚きました。

デメリットとしては紙のカサカサ音が強く感じたのと音が慣れるまで時間がかかることでしょうか
ここは紙のカサカサ音などは通常のフィッティングでしっかりと修正できそうなので、問題ないと思います。
音の定位と、芯の強い音が聞きやすさをもたらしてくれますが、慣れるまで少し疲れやすいかもしれません。
もちろんファースト補聴器を使ったときのような(音が一気に耳に入ってくるような)感覚なので、使いようによってはすぐ慣れるかとおもいますが、いままで以上に音を小さめに設定して慣れていく時間を持っていただくといいかもしれませんね。

 

オーデオBは音の定位が非常に良いので、片耳装用でもあまり違和感のない音で聞くことができ、予算がすくなくて片耳しか…なんて方にはBelongシリーズはおススメできる機種になります。(できる限り両耳で使用してほしいのですが…)

音声信号と、雑音のすみわけがより強力になっていますから、クロス補聴器としても効果はいままで以上に効果が発揮されると思います。(クロス補聴器はBelongシリーズ同士で利用しなければならないとのことで、買い替えを検討の方は両耳購入しなければなりません。)

充電式のオーデオB-Rに関しては付加価値と捉えていただくといいかと思います。電池交換がなくなるのはいいことですが、その分高価になります。充電式でも空気電池式でも音は変わりませんから、価格と煩わしさがみあっているのであれば充電式を購入してもいいのかなと思います。(実際充電式は便利だけどエントリ-クラスがないため両耳で60万円からと少しお高め。)
そして充電式はロジャーを使うのにひと手間必要ですね。防水防塵の機能と、電池の安定性、安全性を高めるために外部機器への接続端子がありません。ですからワイヤレス機器を利用してしか外部と接続できません。
ロジャーを使う場合もユニバーサルタイプのロジャー受信機を差し込んだコムパイロットなどの機器に接続しないとロジャーは使えません。要は充電式のB-Rには一体型受信機はつかえないということです。

まとめ

今回のフォナック ビロングシリーズはベンチャーの正統進化として受け取っていただいていいと思います。

充電式電池交換の煩わしさを無くしてより補聴器を身近なものにしようという試みも素晴らしいのですが、音をしっかりと聞きやすくして、環境音や音の大小関係なく聞こえやすくできるのが、このシリーズの一番のポイントだと思います。

両耳装用ではっきりと聞き取りたい方にも、片耳補聴器でより声の聞き取りの向上を希望する方にお勧めできます。
是非手に取ってみてください!

そしてフォナック オーデオB-Rの発売記念キャンペーンといたしまして、2017/1/31までにフォナック オーデオB-R両耳をご購入いただいた方には、充電式パックの「パワーパック(\10,800-税込)」1つプレゼントになります。
パワーパックは一度充電すればオーデオB-Rフル充電4回分の充電ができる外部バッテリーです。これで皆様の外出での心配が一気に減りますね!

当店では充電式のフォナックB-Rを展示貸し出し機としてご用意しておりますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原の補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

冬は補聴器の電池がなくなりやすい!その理由は意外と知らない電池のヒミツにあった!

冬は補聴器の電池がいつもより早くなくなっていると感じる機会が増えませんか?
その理由は2つです。

  1. 暖房で空気中の二酸化炭素が増える、乾燥しやすくなる
  2. 電池が冷えてしまうと発電がしにくくなる

この間変えたばかりなのに…もう補聴器が安定しないぞ。何てことがありましたら是非読み進めてください。

消耗品である電池ですが、早く使えなくなってしまって意外とコストがバカにならないと思っている方もいることでしょう。
正しく使用できていなかったり、こうすれば大丈夫だろうと思ってやっていることが裏目にでることもあります。
意外と知らないで損している補聴器の電池のことお教えします。

そもそもどんな電池を使っているの?

補聴器には空気電池(空気亜鉛電池)というものを使っています。
昔はポケベルなんかで使われていた電池です。この電池は小さいのですが、高出力が出て比較的容量も多いので補聴器のような小さなコンピューターが入っている電気をよく消費する機器には向いているんですね。

空気電池の特徴
%e9%9b%bb%e6%b1%a0

空気電池には空気穴が開いている

電池表面に穴がある

空気電池には平たい側が+極に空気穴が開いていてその名の通り空気(厳密には空気中の酸素)を使って電力が発生する仕組みになっています。酸素と化学反応することで電気を発しますから、最初はシールで穴がふさがっています。

空気電池は空気に触れていると常に発電してしまう

空気電池はシールをはがした後は、空気に触れていると常に発電します。これは使用しているかなどは関係なく消耗します。
使用していない場合でも3~4週間で電池は無くなります。

このように空気電池は常に使わなければいけない性質の電池なんですね。
小さいけど高電圧で比較的大容量でも常に放電してしまうでも補聴器は常用が基本ですからよくあった電池ということですね。

 

テープなどで穴を塞ぐのはよくない。

穴から空気が入ることで消耗するなら塞げばいいという考えになるかと思いますが、なんとこれはいけません。
一度テープをはがした後のテープは粘着面が剥がれ落ちやすく、空気電池の空気穴を塞いでしまう可能性があります。
空気穴がふさがってしまうと発電されませんので、穴が塞がってしまうようなことは御法度です。
もちろんそのほかのテープ(セロハンテープなど)でも粘着面が落ちやすいのでいけませんよ。

一度テープをはがしたら使い切る気でいましょう。
良かれと思ってやっても逆効果という場合がありますので気を付けましょう。

冬場は電池の消耗が激しい気がする

寒くなってくると電池がはやいな~
それは先に説明した空気電池の特徴のほかにこんなデメリットがあるものなのでその問題が起こります。

二酸化炭素に弱い

電池の中にはアルカリ性の電解液がはいっていて、それが酸素と結びつくことで電気が発生する仕組みなのですが、
電解液が二酸化炭素とくっついてしまうと、炭酸塩を生成することにより劣化します。
要は電気を出さずに固まってしまい電池の容量は減ってしまうんですね。
冬は暖房器具をよく使用するので、二酸化炭素が増えがちです。
それによって電池の容量が減り、電池が早くなくなってしまうということです。

寒いところで使用すると寿命が短くなる

この電池は使用する上で気温が20℃の時が一番いいんだそうです。
気温5℃の場所で使うと極端に電池寿命が短くなります。
寒いところでいきなり使うと必然的に寿命が短くなるんです。

乾燥に弱い

湿度が60%くらいの状態がこの電池の寿命が一番伸びます
乾燥にはめっぽう弱いので、ろくすっぽつかわないうちに無くなってしまったります。
ですから乾燥しやすい冬場は消耗が激しいんです。

以上が電池の消費が早くなる原因です。使用や、保存の環境に左右されていたんですね。

冬の間、電池をできるだけ長く使用するために

電池を正しく使用することで、少しでも長い時間使うことができるようになります。
3つのコツを掴みましょう。

1.暖房いれた部屋で使用する時には換気を定期的に行う

暖房器具は二酸化炭素を多く排出するものが多いので、定期的に換気を行い空気の入れ替えをしましょう。
特に石油ストーブや、ガスストーブを使用している場合はより気にかけてあげてください。

2.部屋は乾燥しすぎないように加湿してみる

暖房器具を使うことで乾燥も併せて起こりますね。
適度に換気することもそうですが、加湿器や、部屋にコップ一杯の水を置いておくなど乾燥しすぎないようにしてみましょう。

3.使用する前に、補聴器と電池を温める

冷たい状態で補聴器を使用すると、電池の消費が早くなってしまいます。
握って人肌で温めるなどしてから使用してもらうといいですね。
なお一旦使い始めてからは基本的に体温で暖かい状態になりますから心配ありません(耳の中や耳の裏など肌に接しているため)
外で使用する場合は体温が逃げづらいようにマフラーや帽子などを使っていただくと長持ちしやすいです。

以上が三つのコツです。コストが少しでも抑えられたらいいですよね。

あとは気になるようであれば、使用前の電池の保管先を変えてみましょう。
空気電池は湿気が多くても少なくてもいけないので、多少気を使ってみるのもいいかもしれません。(実際はシール張ってありますし、箱や、包装パッケージに入っているので気持ちの問題ですが…)
おすすめはシーズン通して安定した湿度の桐のタンスに保管することです。
タンスやさん曰く桐は年中通して湿度が50~60%で保たれるようですので、桐のタンスは保管場所にうってつけだと思います。

最後に

どうですか?少しでも電池が長持すればうれしいですよね。
電池のコストがバカにならん!なんて方もちょっとした気遣いで長持ちすることもありますので、やってみてくださいね。

そして消費の早い電池のセールを開催しています。
併せて冬の補聴器買い替えセールなんかも用意してますのでこちらのページをご覧ください。→最新の2016-2017セール情報

ほかにも困ったことがあったらお気軽にお問い合わせください!

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

e☆イヤホン主催のイベント「ポタフェス」での耳型採取に関して

potafes2016w_tophead

12月17日、18日に迫るオーディオイベント「ポタフェス」に参加いたします。
カスタムIEM用の耳型採取をさせていただきますので、事前のご案内をさせていただきます。

採取場所

採取場所は二か所になります

  1. 秋葉原カスタムIEM専門店地下リスニングラボ
  2. 秋葉原イベント会場のベルサール地下1階採取スペース

2つの場所で採取が可能です。
ポタフェスの会場はベルサール秋葉原、秋葉原UDX合計2か所ですが、UDXでは耳型採取は行いませんのであらかじめご了承ください。

採取料金

 

採取料金

その会場も一律¥5,400-での採取となります。
なおバイトブロックは別料金¥200-です。(差し上げますので再利用される方は取っておいてください)

会場での採取の注意点

会場での耳型採取は必ず先にe☆イヤホンさんのカスタムIEMブースで採取金を支払ってください。
支払い済みレシートを確認させて採取致します。
レシートを失くされた場合は再度お支払いいただきますのでご了承ください。

再採取の保障に関して

リスニングラボで再採取の保障いたします。
メーカーからの再採取連絡があった場合のみ再採取は無償になります。(リフィット時も同様)
再採取時は採取時のレシートをご提示いただかない場合は再採取いたしませんのであらかじめご理解ください。
ご自身での判断で再採取をされる場合は有料ですのであらかじめご了承ください。

 

当日は混み合いますので、事前での採取をお勧めしております。

当日は混雑が予想されますので、前日まででの採取を行っていただくとスムーズかと思います。
混雑時は整理券を配っての対応となりますので、あらかじめご了承ください。

それではみなさまポタフェス楽しみに。
開催情報は公式HPから→ポタフェス2016

<strong>秋葉原補聴器/ListeningLab</strong>
■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜・火曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分
<iframe style=”border: 0;” src=”https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3239.982649326907!2d139.7700686152594!3d35.70204458018942!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188c1dfcce78e3%3A0x5d21ea8b8c484028!2z56eL6JGJ5Y6f6KOc6IG05ZmoIExpc3RlbmluZ0xhYg!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1472286118705″ width=”600″ height=”450″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe>

軽中度難聴で補聴器を片耳使うときにじっくり考えて欲しいこと

%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%89%87%e8%80%b3%e8%a3%9c%e8%81%b4%e5%99%a8

片耳だけ補聴器をつけている。日本ではそのような状況が長く続いています。
しかし片耳だけ補聴器をつけていると補聴器の効果がうまく上がらなかったり、思わぬ弊害が生まれてしまいます。

特に片耳のみ補聴器をつけた時に効果が出ない例がこちらです。

  • 片側からの言葉が聞き取りづらい
  • 騒音が多いと聞き取りづらい

そして思わぬ弊害というのが

  • 補聴器をつけていない耳の言葉の聞き取り能力が下がってしまう。

過去に、ほかの補聴器専門店で補聴器を片耳で購入して、それ以来5~6年経過して新しい補聴器を購入しようと考えて当店にいらっしゃいました。両耳で補聴器を装用するようにしようと思いましたが、補聴器をつけていなかった右耳の言葉の聞き取り能力は40%まで下がっており、なかなかうまく効果のでない状態に陥ってしまった方がいらっしゃいました。
その方はあきらめず補聴器を両耳で使い毎日リハビリを続けてくれています。

もし片耳だけ使い続けて、気持ちを改めた時に思うような結果が得られない状態になってしまうと知っていたら、
それでもあなたは片耳に補聴器をつけますか?真実を知って間違いない選択をしてください。

片耳だけ補聴器をつけてもいいケース

タイトルをみて不安に思った方もいらっしゃると思います。
片耳だけ補聴器を利用している人でも、片耳装用ではいけないケースと片耳装用でいいケースがあります。
今回は片耳装用ではあまりお勧めしない聴力の人に向けたものですので、次にあげる例に該当する方はさほど関係ありません

  1. 片耳の聴力は正常で、片耳のみ聴こえづらい方
    片耳の聴力が全体的に0~30dB以内で、反対側は30dBより大きく下がって聴こえづらい場合は、悪いほうの耳だけで補聴器を利用していただいたほうがいいです。聴力が30dB以下に下がっていない場合は補聴器の効果がありません。
  2. 片耳の言葉の聞き分ける力が40%以下の方
    言葉の理解力を検査して片耳の言葉の理解力が40%を下回る場合は補聴器を利用しても思ったような効果が得られない場合があります。両方とも40%を下回る場合は両耳の装用が好ましい。

こちらに該当する方は片耳で補聴器を利用していただいて構いません。
もし聴力が下がってきて補聴器が必要となった場合や、言葉の理解力が低くても、もっと聴こえを改善したいと思ったときは両耳に補聴器をつけてください。両耳装用のメリットは、この後書かせてもらうので気になれば読み進めてください。
なお片耳が正常で、片耳がほぼ聞こえない状態の方はクロス補聴器を試していただいてもいいかもしれません。
クロス補聴器関連記事→片耳難聴に効果あり!フォナッククロス補聴器

最も注意が必要な聴力の方

今回の記事で最も注意してほしいのが、両耳が軽度もしくは中度難聴で、言葉の理解力がほぼ同じであったり、片耳は軽度、反対耳は中度難聴で、片耳のみ補聴器をしているという方です。

補聴器は高価な医療機器であるため、資金面できびしくて片耳のみ購入しているという方は、補聴器専門店で片耳の補聴器を勧められることもありますが、注意が必要です。

もちろん資金面は購入をする上で重要なことですので、片耳で購入していただいて構いません。
しかし時間があまり経過しない内に両耳で補聴器を使っていただくようにお勧めします。

片耳での装用でも十分に効果が出ているという方も、検討してみてください。

言葉を聞き取るには2つの能力が使われている

普段私たちが何気なく行っている言葉の聞き取りには2つの能力が必要です。

一つは音自体を聞き取る聴力
もう一つは言葉を理解する弁別能です

聴力は皆さんのなじみのある健康診断などでやるピーピー、プープーという音が聞こえたらボタンを押すという検査をやっているものです。
聴力は音の高さをどのくらいの大きさで聴こえるかというものを測るのです。
特に耳の構造に問題がないか、蝸牛という部分の音として感知できるかを測定していますので、耳に関する検査です。
補聴器には特に重要な能力です。

言葉を聞き取る力(弁別能)はみなさんはあまりなじみはないと思います。
こちらはその名の通り言葉を理解する能力ですが、これは耳の力ではなく、脳の力です。
小さい音量から大きな音量の様々な音で、あ、か、みなど言葉をひとつひとつ聞き取り答えてもらう測定します。
言葉を聞き取る力がさがってしまうと、音としては耳に入ってきているけど、言葉として理解できないという風になってしまいます。
いろいろな音量で試すのは、ちいさな音では聴こえないし、大きすぎてもうるさいだけですよね。どのくらいで言葉が一番聞き取れるかを確認するためということです。
普段の生活の会話にも測定結果と結びつきますし、補聴器にもしっかり反映されます。
耳が遠くなった時、大きな声で話してもらうとわかりやすくなるのは、あなたにとって言葉の聞き取りの力が大きい音の時のほうが発揮しやすいということです。

どちらかが足らなくなってしまうと言葉を聞き間違えたり、聞き逃したりしてしまうのです。
聴力という耳の力で音を感知して、弁別能という脳の力を使って聞き取る。私たちはそうして言葉を理解しています

補聴器の役割

あなたが補聴器をつけている主な理由は聴力が下がってしまって難聴であるからということでしょう。
なんとなく使っていらっしゃるかたもいるかと思いますから補聴器の目的を簡単な説明をしますね。

  1. 弱ってしまった聴力を補い、聞き取りづらい音を聴かせやすくする(弁別がしやすい音量になる)
  2. 脳を刺激して音を聞き取るリハビリをする

この2つが大きな目的になります。
1のほうは皆さんが一般的に思って補聴器をかう理由です。聞こえづらいからということですね。
2のほうは、皆さんが知らない目的です。聞こえていない時間が続くと脳の聞こうという力が落ちてしまいやすいのです。

音が聞こえない状態のまま時間が経過すると、言葉の聞き分ける力が下がる

聴力、言葉の聞き分ける力(語音弁別能)がほぼ左右差がないのに片耳だけ利用し続けていると、装用していた耳に比べて、装用していなかった耳の言葉の聞き取り能力は6年後には30%程度、10年程度で50%程度言葉の聞き取り能力が下がってしまうというデータがあります。

 

人間の能力は使わない期間が長いとうまくつかえなくなることが多いのが実のところで、
例えば計算もそうですし、文を書くのも、ずっとしていないと、うまくできないことがありますよね?
これは計算する必要がない=計算力はいらない。文を書く必要がない=文字を書く能力が必要なと判断しています。

一度衰えた能力は衰えてからの期間が短ければ回復をすることもありますが、長期間放っておくと使いづらくなってしまいます。
これは耳も一緒で、聞こえない=言葉を聞き取る必要がない。と脳では判断していますので、聴力が衰えて聞こえない機会が増えてしますと必然的に聞き取る力が下がってしまうのです。

両耳で補聴器をつけるメリット

両耳の聞こえの力を下げないためにも両耳装用をお勧めしていますが、両耳で補聴器をつけることでメリットも生まれます。

  1. 音の方向がわかりやすくなる。(音の定位がよくなる)
    片耳だけで音を聞くと、距離感や位置がつかめなくなってしまいます。
    さらに聞こえない側で会話をされると非常に聞き取りづらくもなります。両耳に装用することで聴こえづらいという範囲を狭めることができます。
  2. 騒音に強くなる
    片耳だけで補聴器を利用していると、両耳スケルチ(雑音や反響抑える)効果が少なくなってしまいます。
    両耳に装用することで片耳の状況よりも雑音や反響音を抑えることができますので、騒音下での会話がしやすくなります
  3. 前方方向の会話が聞きやすくなります。
    右耳では右側半分だけの音を聞いているわけではありません。多少ですが左側から来た音も聞こえています。
    頭を回って(回折して)きた音が聞こえますから両耳でフォローしあって音を聞いています。
    前方の音は両耳でより正確にカバーしているということです。
  4. 両耳で同じ音を聞くため音の明瞭さが上がる
    左右の耳で同じ音を聞くことで重複して脳に届くため音の正確さが上がり、音が明瞭に聞き取れる確率が上がります。
    両耳でかけた情報を補い合うことで正確さがあがるということも含まれます。

以上が両耳で補聴器をすることで生まれる効果です。
耳は左右で一対の器官ですから両方の条件を揃えていいただくと、より効果を発揮できるということですね。

やはり両耳で買うと高い…

両耳装用を勧めてきましたが、やはり補聴器は高価でなかなか難しいという方も多いと思います。
基本的に補聴器は両耳で買うことで割引を受けられることが多いので価格については、販売店でしっかりと確認してしてください。(当店では両耳の同時購入は割引があります。)
もし片耳だけでも購入したいという場合は、先に片耳を買って、資金が用意できたら反対耳の補聴器を購入してください。

なお片耳ずつ買う場合はしっかりと装用耳についてしっかりと確認してください。
聴力がいいほうなのか、悪いほうなのか、言葉の聞き取りやすい耳を優先するのかなどをしっかり確認してください。
先に買うのがどちらの耳でなぜなのかを知ってください。

なお片耳を買ってから、3か月程度経過してからもう片耳を購入するのが理想的です。
3か月も経つと、補聴器の扱いにも慣れているはずですので、もう片耳は苦労せず使用できます。

両耳そろえる際は両耳用の調整をしますので、それまでの不安や、不満なところがあればしっかりと相談しましょう。

もし片耳で高価な補聴器を勧められた場合は、50万円の片耳補聴器より、50万円で両耳補聴器を装用したほうがいい結果が得られる場合もありますので、なぜなのかを聞きましょう。

まとめ

補聴器を片耳で使うと安く済みますが、その分うまく使えなくて困ってしまうということもありますから、資金面と相談しながら両耳で補聴器を購入してみてください。

片耳補聴器が間違いとは言えません。
しかし間違った選択してしまうと、補聴器自体の効果が下がってしまったり、リハビリがうまくいかないというデメリットがあるのです。

自分の聴力をしっかり知って、販売する方にはどのようにするべきかを相談して補聴器を選びましょう。
ある意味では自分の耳の代わりになるものを選んでいるわけですから、納得して補聴器を選びたいですよね。

正しく補聴器を使って自分の人生を楽しみましょう。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

耳鳴りがあると答えた92%の方が治療して改善したと感じた方法

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

耳鳴りの仕組みがわかり、耳鳴りに対しての効果的な治療が可能になってきました。
耳鳴りの大半は専門のカウンセラーのカウンセリングで解消されます。
そして最近分かった最新の治療法では補聴器を利用することで耳鳴りの改善がみられることがわかっています。

そんな耳鳴りについて書いていきますね。

つらい耳鳴りの原因を知ろう

%e8%80%b3%e9%b3%b4%e3%82%8a%e7%99%bd%e5%9c%b0%e3%81%ab%e8%b5%a4

「キーン」、「ジーッ」、「ボーッ」など様々な耳鳴りがありますね。日夜続くことで精神的なストレスになってしまって、いろんなことが嫌になってしまう。そんなつらい耳鳴りそんな耳鳴りの原因というのはご存知ですが?

謎が大きかった耳鳴りですが、大きな原因はこのようなものです。

  • 自律神経失調症などのうつ病などの疾患
  • 頭蓋骨のゆがみや、首こり、肩こりによるもの
  • 難聴からくるもの

まだ原因があるとは思いますが、今のところこの原因がもとで耳鳴りが起こることが多いようです。
どれが原因なのかがわかると的確な治療法を行えますので、まず診察してもらいましょう。

最近のデータでは、年齢が上がったことによっておこる耳鳴りは9割ほど難聴を伴っているそうです。
今回は特に難聴を伴っている場合の耳鳴りに関しては効果的な方法です。

耳鳴りが起こっているのに、耳に問題はないと言われた。

%e8%a8%ba%e5%af%9f

耳鳴りが耳の中で起こっていると考えている人が大半ですから、皆さん耳鼻咽喉科に診療を受けると思いますが、
診療を受けると「問題ないね」と答えられることがほとんどでしょう。

問題ないといわれると「鳴っているのに問題ないわけない。何か違う病気なんだ」と腑に落ちなかったり落ち込んでしまう人がほとんどでしょう。
耳鼻咽喉科で問題ないといわれた方は、耳自体には大きな病気などは問題ないと考えてください。
もし難聴などがあれば、難聴ですねとか、すこし耳が遠くなってきたねなんていわれます。

耳鳴りにはほかの体の部位が関係していることが最近の研究でわかってきました。

そもそも音が聞こえているのは耳ではなく脳である。

%e9%9f%b3%e3%81%ae%e4%bc%9d%e3%82%8f%e3%82%8a%e6%96%b9
まず前提として理解してほしいのは音を理解しているのは耳ではなく脳の聴覚野というところで理解しているということです。
音の伝わり方は

  1. 音は耳から入り耳の中の蝸牛というところで、音階ごとで電気信号に代わる。
  2. 電気信号になった音は神経を伝って脳の視床という部分に伝わり、音の高さごとに分別される。
  3. 最終的に分別された音が聴覚野というところに送られ音として認識する

聴覚野でこの音は男の人の声だとか女の人の声、これは物音だな。などと認識しています。

音を感じる仕組みを電子ピアノとたとえると、耳が鍵盤、脳がスピーカーだと思ってください。
鍵盤を押すと対応した音が鳴ります。ドとかレと。しかし鍵盤から音がなっているわけではなく、結局聞こえるのはスピーカーから音が鳴りますね。
音をここの音ですよと音階を伝えてのが耳(鍵盤)で、音がこの音ですよと教えてくれるのが脳(スピーカー)ということです。

音が脳で聞いていると理解してもらうと、耳鳴りがどこで起こっているかわかってきませんか?

耳鳴りは脳で起こっている。

%e8%80%b3%e9%b3%b4%e3%82%8a音を聞いているのが脳だとすると、耳鳴りが起こっているのは耳ではなく、脳で起こっているそう考えることができますね。
脳で起こった反応がもとで耳鳴りが起きていますから、耳には問題がないのです。

耳鳴りのメカニズムはこうです。

  1. 何らかの理由で音の伝達がうまくできなくなる(加齢による難聴や、ストレス、神経の障害など)
  2. うまく伝達のできていないよわい音の信号を補うために、脳が弱い信号を補おうと興奮する。
  3. 脳が過度に興奮するため、今まで小さくて聞こえなかったような耳鳴りが大きくなり耳鳴りがする。

このように仕組みで耳鳴りが発生するそうです。
「キーン」や「ザー」や「ジー」など耳鳴りに種類があるのは、聞こえなくなった音の高さ(金属音のような音は高い音、車、電車の走行音などは低い音)によって、敏感になる音が変わるためです。

高い音が聞こえなくなると、「キーン」や「ザー」低い音が聞こえなくなると「ブー」「ボーッ」などの耳鳴りがなります。

ちなみにものすごく静かな部屋にいると「シーン。」という音がきこえますよね。
実はあれも耳鳴りなんです。
あれは静かな部屋で、音を感じ取ろうと脳が頑張ってしまうため、本来小さくて聴こえていない「シーン」という音が聞こえてくるんです。

なぜこうなってしまうんでしょう。

それは人のきこえに関係しています。

人は大きな音を認識しやすい

%e9%a8%92%e3%81%8c%e3%81%97%e3%81%84%e9%9d%99%e3%81%8bなぜ「シーン」という耳鳴りは聞こえてくるのでしょうか。それは人間の耳は大きな音を聞き取りやすいということが関係しています。

よくある例で話すと、がやがやと騒がしい場所で話しいていると近くにいる人の声が聞きづらいことが多いですよね。
しかし話している人が大きな声で話してくれると、しっかり聴こえますよね。
あれは周りのガヤガヤという環境音より声が大きいので認識しやすいということでなんです。
周りうるさくて聴こえないと自然と声が大きくなるのは身体の特徴をわかっていてやっているんですね。

これがわかると静かな部屋の「シーン」も説明できますね。
「シーン」という音を7くらいのボリュームの音だとしましょう。
普段の環境の音が10、静かな場所の環境音が3くらいのボリュームの音だとします。
シーンという音はボリュームが7ですから、普段の10くらいある環境音だとまぎれて気になりません。
しかし静かな場所では環境音が3しかありません。
すると相対的に大きな音になってしまった「シーン」という音は目立ってしまいます。
目立ってしまうと認識しやすくなりますから聞こえてくるわけですね。

ただそんな「シーン」という音も気にしないようにするとふとした拍子に消えていきます。
気がそれたことで聴こえなくなったということです。

意識すると延々と鳴っているということもあります。

耳鳴りは意識するほど症状が悪化していく

%e8%8b%a6%e7%97%9b
人間は不思議なもので意識してしまうと延々とその現象に執着してしまいます。
失恋してすぐだと相手のこと思い返してしまってずっと泣いてしまったりしますね
特に苦痛なことは頭の中に残りやすく、長引くと失恋相手の写真を見るだけで泣いてしまったりしてしまうのは、苦痛なことが脳に定着してしまっているということになります。
苦痛に感じることで二度と同じ失敗を繰り返さないようにする習性が継続的に苦しめているのです。
しかし不思議なもので新しい恋愛の相手が見つかると失恋相手に対しての悲しみや苦痛は無くなりますね。これは新しい人に意識が移って苦痛の繰り返しから離れられたということです。

同じように耳鳴りが鳴り始めて意識していると、外的ストレスを与えられるたびに耳鳴りがしたり、耳鳴りが鳴っていること自体が苦痛ですから繰り返し耳鳴りが起こってしまいます。
そうすると苦痛を考えて意識し続けてしまう習性が、耳鳴り=ストレスになり、過度に耳鳴りを意識し続けてしまい、延々と頭の中で鳴ってしまうのです。
こうなってしまうといくら騒がしいところでも耳鳴りに集中してしまうのでいつまでも耳鳴りは頭の中にいます。

意識すればするほど耳鳴りはひどくなります。
この苦痛から解放されることができれば耳鳴りの解消につながります。

耳鳴りに対して音響療法を行うことで気にならなくなる。

%e8%a8%ba%e7%99%82

耳鳴りに詳しい病院では、治療法として音響療法というのを行っている病院が多いとのことです。
根本の治療には1~2年ほどかけて治療していくのが基本とのことですが、3か月間ほど治療を行うことである一定の回復があり、気にならない程度に小さくなるなどの効果がみられたそうです。

先ほどの説明で「シーン」という耳鳴りが静かな場所で起こり、普段は聞こえていないと書きました。

これも耳鳴りに応用していきます。
「キーン」「ザー」「ジー」などの耳鳴りがある場合にサウンドジェネレーターという専用の機器を利用して、それぞれの耳鳴りに対して効果的な治療音を聞かせます。

そうすることで相対的に耳鳴りの音を小さくして、耳鳴りから気をそらしてやることで少しずつ耳鳴りがならなくなってくるという治療です。
治療音は音響ノイズといって音ではなくテレビの砂嵐のような音です。
音には集中せずリラックスしてBGMのように聞き流すことで、耳鳴りが聞こえづらい状態で耳鳴りのことから気をそらすようにしていきます。

耳鳴りがしているという意識から耳鳴りはしていないという意識に変えていくことで耳鳴りが発生してしまう現象を抑えるのです。
訓練を繰り返すことで苦痛の連鎖から抜けて、耳鳴りが改善していきます。

専門のカウンセリング、そして音響治療と、一貫流れの治療をTRT(耳鳴り再訓練治療法)といいます。
専門的な治療を探している場合はTRTを行っている病院を探すといいかもしれません。

耳鳴りの治療に補聴器を使う

phonak
耳鳴りに関する治療で補聴器を使うことで効果的に治療が行えるというのが最近の研究で分かっています。
特に一定以上のきこえの低下(難聴)を患っている場合に効果的であると結果が出ています。
済生会宇都宮病院の耳鼻咽喉科の研究では耳鳴りに悩む76人の方に補聴器をつけて3か月生活してもらった結果

耳鳴りに悩む76人の方に補聴器をつけて3か月生活してもらった結果
ほぼ消失 30%
あきらかな改善 37%
やや改善 25%
変わらなかった 8%
済生会宇都宮病院 耳鼻咽喉科診療科
新田清一 先生 著書「耳鳴りの9割は治る」より

と92%の方が効果を実感したというデータが出ております。
驚くことにそのうちの半数程度が補聴器をつけた時から耳鳴りが収まったというのです。

補聴器を使うことで今まで難聴で聴こえなかった音がしっかり大きく聴こえますので、脳の過剰な興奮がなくともよくなります。
脳の興奮がないので本来小さい音の耳鳴りは聞こえづらくなり、補聴器で聴こえるようになった音にまぎれてさらに気になりづらくなるのです。
そうして意識を耳鳴りから聴こえている音に移していくことで耳鳴りは聞こえなくなっていくのです。

補聴器は音が聞こえない→小さい音を聞くために脳が興奮→耳鳴りというサイクルに対して聴こえづらくなった音を聞こえやすくするため効果的ですし、耳が聴こえないことがストレスになっているということも改善できるのでより効果を感じそうです。

もちろん前向きな気持ちをもって根気強く続けて耳鳴りから気をそらすことをつづけます。訓練が大切なんです。

耳鳴りに効果があるか補聴器を試してみるのも◎

そんな耳鳴り治療に効果があることがわかっている補聴器ですが、メリットデメリットがもちろんあります。

デメリット

  • 効果的な補聴器での治療には高価な補聴器を買わなくてはいけない(片耳でも10~15万ほど)
  • 健聴者には向かない(効果のある音にできない可能性がある)
  • 補聴器に慣れる必要がある

メリット

  • 音が聞こえるようになるので難聴によるストレスの緩和ができる(聞こえないことに対するストレスが減る)
  • 補聴器をつけているだけで耳鳴りが収まる(もしくは習慣にすると装着すると収まるようになる)
  • ほとんどの場合外しても効果が持続する

実際補聴器が合うか合わないかはわかりませんので、レンタルを行っている補聴器専門店で借りてみるというのがいいと思います。
秋葉原補聴器/リスニングラボでは事情を加味して長期のレンタルも行えます。
長い時間使うわけですから自分に合ったものを選んでください。
もちろんメリットとデメリットは考えられますのでしっかりレンタル期間で判断しましょう。

 

長い時間使う補聴器は、ナチュラルに聴こえるものがいい。

どれがいいかわからないということにお答えして

おすすめの機種を書いておきます。
日々使う補聴器として使いやすいものだと、Phonakというブランドをお勧めします。
Phonakはスイス製の補聴器で音は自然で綺麗に聴こえるブランドです。
環境に合わせて音の聞こえ方を調整してくれるオート環境認識機能がついているので、煩わしいボタン操作などがありません(他のメーカーはボタンで聴こえを切り替えるものが多い)
補聴器で意外と煩わしいのは、静かな場所から、騒がしい場所に行ったときに音を切り替えないと聞こえづらかったり、使いづらかったりするのです。
掛けたらそのまま出かけれるPhonakは煩わしさが大幅に軽減できるのでお勧めです。
Phonakの補聴器はこちらから→取扱補聴器一覧

あと年齢が若くして耳鳴りを持った方はPhonakもそうですが、Siemens等もおすすめです。
Siemensのほうが少し音が甲高いことや、非常に細かい調整ができますので、若い人は合いやすい印象です。
しかしSiemensは若干値段がお高めです。
好きなほうでいいと思いますし、聞き比べてください。
全体的な使いやすさはPhonekが使いやすいなと扱っていても思います。

勇気を出してご相談ください。前向きな気持ちを持つことが大事ですから
なお補聴器にはサウンドジェネレーターが搭載されているものがあります。
弊社取り扱いのPhonakの補聴器にはサウンドジェネレーターは搭載されていますので、もしリハビリで探している場合はご検討されてもいいと思います。
サウンドジェネレーター機能をつかう場合は医師の立会の下調整してくことが不可欠ですので、かかりつけ医としっかり相談してください。

最後に

耳鳴りは「治すんだ」「治る」と前向きな気持ちをもって治療していけば、消失させたり、症状を軽減できる時代になったのです。

補聴器を掛けるだけで収まるという例もありますから、あとは耳鳴りのない明るい未来のために行動するのみです。
補聴器のレンタル、購入のご用命があれば当店までぜひご相談ください。

ご来店でのご相談も、メールでのお問い合わせも可能ですのでその悩みお聞かせください!

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

補聴器は介護保険に適応されるの?他の助成金などがあれば知りたい!

gatag-00009147

補聴器の購入代金は、現時点で介護保険適応外となります。
理由として、補聴器は眼鏡などと同様の医療機器の部類であるからです。
介護保険は介護用具に適応されます。

介護するにも耳のきこえが悪いとうまくいかないことが多い

介護にはかなりエネルギーが必要ですよね。
会話ができないとうまくコミュニケーションができないのでさらに労力を使ってしまうで大変…。
なんてこともしばしばでしょう。

補聴器を購入しようにも高いし、購入補助でもあれば…そうお考えの方も多いことでしょう。
しか前著したように補聴器は医療機器のため介護保険は適応外。
要介護認定されていても使用は現段階では適応されません

そんな時に利用できそうなほかの購入補助は3つあります。

  1. 総合支援法による購入補助
  2. 自治体の補聴器購入助成金
  3. 補聴器購入費を医療費控除に申請する

以上の3つの方法です。どちらも申請するには一定の条件を満たさねばなりません。

その方法に関してこれから説明していきます。

補聴器購入の公的な補助で代表的なのは障害者総合支援法

補聴器購入の公的な補助を受けられる制度といえば障害者総合支援法です。

総合支援法は障害者認定を受けて手帳発行してもらい、国から補聴器の交付又は差額販売での購入が可能です。
障害者手帳の発行には判定医の診断と意見書、そして福祉課への申請が必要になります。

障害者手帳の申請についてはこちら→身体障害者手帳をもらうための手続きについて知りたい!
補聴器の交付、差額購入に関してはこちら→補聴器の助成金、交付について知りたい

申請には難聴レベルによっての手続きできるか決まっています。それがこちらです。

%e7%ad%89%e7%b4%9a

これに該当していない場合は総合支援法での補助は受けられません。

軽度中度難聴の場合は対象外となりますので他の方法を紹介します。

各自治体の補聴器購入助成金があります。

中度難聴で普段の生活に不便を感じているけど、総合支援法を使えないという方には各自治体での補聴器購入補助を頼ってみてもいいかもしれません。

東京都で調べてみると高齢者難聴への補助を行える自治体がいくつかありました。
特に高齢者に対しては、千代田区葛飾区墨田区中央区江東区大田区は助成を行っております。(江東区は現物支給)

要件としては

  • それぞれの区民限定
  • 地域差はあるが65歳以上または70歳以上の方を対象に行っているようです。(千代田区は年齢制限なし)
  • 必須の条件としては医者の診断により補聴器が必要である場合。
  • 障害者手帳を交付されていない
  • 世帯所得によって助成の制限がある
    (地域によって住民税非課税の方のみの場合と規定所得の上限内ならOKの場合とある)
  • 過去にこの助成を利用していない(もしくは一定期間たってからの申請である)

このような要件を満たしている方が助成を受けられるようです。
提出に必要な書類や詳しい要件に関しましては各自治体のホームページからご覧ください。
各自治体の補聴器購入助成のページリンク→ 千代田区葛飾区墨田区中央区江東区大田区

補聴器購入費を医療費控除に申請する

補聴器は補装具に当たりますので、医療費控除に申請することが可能です。

申請条件は日常生活で最低限の用を足すために提供される義手、義足、松葉づえ、義歯を購入するための扱いと同様、医師または歯科医師等の治療または診療等を受けるために直接必要なものであることが要件となります

要は治療を受ける際に、医者とのコミュニケーションがうまくいかなくて治療が難しくなるため、どうしても必要で購入した場合は医療費として控除できるということです。

疾病や、ケガの治療がある場合のみなのでかなり限定的ですが、医療費控除を確定申告で行うのも手ですね。

わからないときは思い切って近くの補聴器専門店で相談してみるのがお勧め

総合支援法の手続きや、助成金も自治体ごとで手続きや条件が異なる場合があります。
補聴器の制限などもありますので、調べれば調べるほどわからなくなってしまいますね。
こういった専門的なことは専門店で聞いてしまったほうが理解しやすいと思います。
もし補聴器にはどんなものがあるのか、価格に関して気になった方はこちらからご覧ください。
取り扱い補聴器一覧

購入助成や、総合支援法を利用し、補聴器を購入してすこしでも介護や、この後の生活がしやすくなるといいですね。
当店では補聴器の見積もりから総合支援法や、助成金の手続きのお手伝いもさせていただいておりますので、お気軽にご相談にいらしてください。

メールでの問い合わせも可能ですから下のバナーをクリックしてお問い合わせください。

 

↓↓店舗紹介↓↓

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分