Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

シーメンス・シグニアから充電式補聴器セリオンの新モデルが発売されました。

シーメンス・シグニア(Signia)からワイヤレス充電式補聴器セリオンの新モデル「プライマックス3 セリオン」「プライマックス2 セリオン」発売されます。
今までの充電式補聴器から価格を大幅に下がり、購入しやすい価格で充電式補聴器がお使いいただけます。この記事で詳しく説明してまいりますのでご一読ください!

電池交換の煩わしさよさらば!

補聴器を購入して、常に【煩わしい!】と思わせる原因になってきた電池交換。
補聴器自体が小さく目立たないようにすると電池も小さくなって交換が難しくなるし、交換頻度も小さければ5日くらいで交換、一般的なサイズでも10~14日ほどと結構頻繁なんですよね。手先はうまく動かないとなおさら交換は面倒に感じてしまいます。さらに電池が切れたら補聴器専門店などで新しい電池を購入してなど手間がたくさんでした。

2017年になって、ついにこの煩わしさを解消するべく充電式補聴器が登場したのでした。
電池の交換がなくなり日々の最後に充電器にしまって置くだけで明日は装着するだけと生活がシンプルになりますね。

シーメンス・シグニアの充電式補聴器プライマックスセリオン(Primax cellion)について

シーメンス・シグニアの充電式補聴器セリオンについて説明してまいります。

今回は

  1. セリオンの特徴
  2. 新モデルの説明

以上について説明してまいりますね。

プライマックスセリオンの特徴

セリオンは充電式補聴器で、シグニア最新のシリーズ「プライマックス」の充電モデルですね。
高性能なプライマックスの性能そのままに充電式にアップグレードしただけじゃないんです。特徴を紹介してまいりますね。

多くの方に使ってもらいたいからRIC形を採用

セリオンは小さく目立たないサイズを目指してRIC形を採用しています。本体が小さく目立ちづらいのと、レシーバーを脱着でき、出力アップする必要があってもレシーバーを交換するだけでOK!レシーバーの故障があってもすぐ交換できます。使える難聴の範囲は軽度難聴~高度難聴まで対応しています。
耳の状況によっては装用が難しいこともありますが多くの人に使っていただけるようになっています。

ワイヤレス充電方式で置くだけカンタン!

シーメンス・シグニアの充電式補聴器は、非接触式充電というものを用いています。要はUSBを接続したり、充電器を差し込むことがありません。
充電器の充電面にポンと置くだけで充電が可能なのです。充電器の差し込みが甘くて充電されていなかった何てこともなく、所定の場所に置いておくだけで充電されるのです。

急速充電で長時間使用可能!

セリオンはリチウムイオン電池を採用しておりますので、急速充電をして長時間使用できる点が優れています。
30分の充電で7時間連続運転、フル充電の4時間充電すると27時間連続しよう可能とのこと(出力によっては連続使用時間が変わる可能性があります。)

防水防塵性能IP68を取得

プライマックスシリーズのほとんどのモデルは防水防塵性能はIP67です。
しかしセリオンは非接触接点式の充電補聴器にしたことで、本体を完全に密閉することが可能になって、最高基準のIP68を取得しました。
本体は砂の中に埋めても、継続的に水没しても故障するリスクがぐんと下がりました。概ね30分ほどの浸水であれば修理が必要な損害はないそうです。
さらに充電器が本体を乾燥させてくれるので、乾燥ケースなどに移し替えて保存する必要がありません。乾燥の手間も充電中に解消してくれます。

安心の紛失保証付き

セリオンは1年間の間であれば、メーカー保証で新しい補聴器をもらえますのでとっても安心ですね。
(保証を受けるには警察での遺失物届を出す必要があります。)

セリオンの特徴は以上ですね。

新モデル プライマックス3セリオンとプライマックス2セリオンについて

プライマックスに新しい選択肢としてプライマックス2とプライマックス1が登場しました。
これでシグニアのプライマックスシリーズは7・5・3・2・1と五つのグレ―ドから選択できます。最上位が7となります。
そして充電式のセリオンでは今までプライマックス7セリオンで48ch、プログラム数6のプレミアムクラスとプライマックス5セリオンで32ch、プログラム数6のアドバンスドクラスの2ランクしか発売がなく、価格帯も高価でした。しかし、今回新たに値段お抑えたプライマックス3と2にも充電式が登場しました。

プライマックス3セリオンについて

プライマックス3の性能と価格帯をまず紹介します。
プライマックス3セリオンのチャンネル数は24chです。両耳に着けているときに限り前方への自動ダブルピント機能がつきます。
この機能、プライマックス3は前のみに対応しています。その他機能では、雑音抑制機能と突発音抑制機能が付いています。
防水・防塵性能はIP68を取得しています。
片耳価格 31万3200円(充電器4万3200円を含む) 両耳価格は58万3200円

プライマックス2セリオンについて

プライマックス2はチャンネル数が16chです。両耳装用時の自動ピント調整(ビーム指向性)で前方のみ会話強調機能がつきます。
3に比べると機能数は少なくなるかわりに、セリオンの中では一番低価格に設定されています。
低価格ながら防水・防塵はIP68で安心ですね!
片耳価格 24万3200円(充電器4万3200円を含む) 両耳価格は45万3200円

新モデルは従来の補聴器から充電式補聴器に乗り換えやすくオススメ!

従来の補聴器を使っていてそろそろ補聴器を買い替えようと考えている方々にはプライマックス3セリオンやプライマックス2セリオンはお勧めできます。
値段も安い代わりに、機能も必要最低限というところはありますが5~6年ほど前のモデルを使用していて買い替えするのならば性能は大きく向上してますよ。
雑音抑制などの機能が弱いことが考えられるので、自宅や、病院など静かなところでの使用が多い方で充電式がほしい方にも、今回の新モデルは非常に魅力的ですね。

リスニングラボではプライマックスのデモ機のご用意させていただいていますので、実際の音を聞いて充電式補聴器セリオンをぜひご検討ください!

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

充電式補聴器はあるのか?メーカーの違いとメリットや、価格について知りたい

充電式補聴器はあります。昔は使用時間が短かったり、本体が大きかったりしたのですが、最近の充電式補聴器は、耳かけ型になってコンパクトになり長時間使用が可能です。
電池交換の手間が省けるだけじゃない充電式補聴器について価格やメリットも合わせて紹介しますね。

「どのメーカーの充電式補聴器がいいの?」
「充電式補聴器と従来の補聴器の違いはあるのかな?」
「充電式補聴器はいくら位するのだろう。」

このようなことをお考えの方はこのブログを読んでみてください。

電池交換は苦手という人、面倒という人が多い

補聴器は空気電池を利用した機器で、電池交換はつきものでした。しかし電池交換は苦手という人や面倒と感じている人が多いんです。
このような理由からですね

  • 電池自体が小さく交換が難しい
  • 交換頻度が思っているより早い
  • 表裏を間違えて電池ロッカーを壊したことがある

補聴器自体の小型化しているので、高齢の方にとって交換しづらいこともあったり、7~14日くらいでの電池交換が煩わしく感じる人は少なくありません。
若い年齢の方からすると充電できる製品に慣れていることもあって、交換が無くて手間の少ない充電式補聴器が登場しました。

充電式と空気電池式の性能の違いはない!

最近の充電式補聴器は、空気電池式補聴器とほぼ中身の性能は変わらず、聞こえさせる力も同等です。使用できる時間も、フル充電で約24~26時間連続使用できる製品がほとんどですので、安心してください。手間のなさや安心感など、好みで選んでいただいていいかなというのが率直なところです。

充電式補聴器のメリット・デメリット

充電式補聴器のメリット
  • 電池交換の必要がない(電池寿命の場合は除く)
  • 電池のごみが出ない
  • エコである
  • 電池を探したり買ったりする手間がない

まず電池交換のわずらわしさがありません。手先が不器用でも心配ないし、電池交換に時間を取られなくていいですね。電池交換で向きを間違えて壊してしまうこともありません。電池のごみもでないので、ゴミがたまるたびに電池を持ち込みしたりしなくていいですし、電池が無くて困ってしまうことはありません。当然電池のごみが出ないですし、充電池を交換してもほとんどがリサイクルされるのでエコです。残量のチェックや、使用期限を気にする必要、電池の予備をたくさん用意しておく必要もありません。

充電式補聴器のデメリット
  • 充電し忘れると使えない
  • 出先での電池の心配

充電し忘れてしまうと、当然のことながら使用できません。電池交換ができないので充電を忘れてしまうと使えない状態が出てしまいます。
充電しても時間が短かった時には出先で電池が切れないか心配になってしまいますね。

最新の充電式補聴器はデメリットが減らす工夫をしている

最新の充電式補聴器は、充電式ゆえのデメリットも減らせるように工夫がされています。

  • 急速充電で少しの充電でも長時間使用できるようにしている
  • 空気電池と充電池が併用できるような仕組みになっている
  • 出先で充電できるように充電バッテリ―付きのケースも販売されている

このように充電式補聴器で心配が減るようにできています。では現在販売されているメーカーを紹介していきますね。

充電式補聴器は現在4メーカーから出ている

充電式補聴器は現在4メーカーから出ています。スイス製の「フォナック(Phonak)」、ドイツ製の「シグニア(Signia)」、アメリカ製の「ベルトーン」スイス製の「ユニトロン」です。
それぞれの充電式補聴器としての特徴の違いを説明しますね。

フォナック オーデオB-R・ボレロB-PR
  • 本体組み込み型の接触方式充電(チタン接点)
  • リチウムイオン電池 30分充電で6時間使用 3時間充電で24時間使用可能
  • 形状はRIC型と耳かけ型の2種類
  • 電池寿命は3~4年または充電回数1500回
  • 電池の保護回路が付いている
  • 価格は片耳320,000円~580,000円
  • 電池の交換は片耳20,000円
シグニア セリオン
  • 本体組み込み型の非接触方式充電
  • リチウムイオン電池 30分充電で7時間使用 4時間充電で26時間使用可能
  • 形状はRIC型のみ
  • 電池寿命は2年
  • 価格は片耳403,200円~553,200円
  • 電池の交換は片耳40,000円
ベルトーン レジェンド 63DW-R
  • 空気電池、充電池併用可能のハイブリット型、接触方式充電(マグネットガイド)
  • 銀亜鉛二次充電池  5~6時間充電で24時間使用可能
  • 形状はRIC型のみ
  • 電池寿命が1年または充電回数400回
  • 価格は223,200円~533,200円
  • 以前にレジェンド17.9.6のRIC型(63DW)を購入した場合も、専用の電池ロッカーと充電池に交換するだけで充電式に変更できる。
  • レジェンド63DWから充電式にする場合は両耳セットで55,000円、片耳なら40,000円で変更可能
  • 電池交換は6000円 電池ロッカーは20,000円
ユニトロン Moxi Fit-R
  • 空気電池、充電池併用可能のハイブリット型、接触方式充電(マグネットガイド)
  • Zパワー(銀亜鉛二次充電池)  5~6時間充電で24時間使用可能
  • 形状はRIC型のみ
  • 電池ロッカーを交換するだけで充電式に変更できるので、対応した機種を以前に購入した場合も使用可能
  • 電池寿命が1年または充電回数400回
  • 価格は191,200円~523,200円

以上4つのメーカーから充電式補聴器が出ています。

電池と充電方式の違い

電池の違いと充電方式の違いで得意なことが変わってきます。

充電方式
  • 接触式
    充電器と本体の接点が接することで充電が可能、物理的に接触することで充電するので給電が確実に行える。接点が腐食しやすい素材の場合は取扱に注意が必要。
  • 非接触式
    充電池と本体内部に取り付けられた給電パッドが一定の距離に近づくと給電される、物理的に接触しないが、給電範囲であれば確実に充電できる。接点の腐食などの心配はないが、給電が不安定になりやすい

このような違いがあります。
接触方式は充電が確実に行える分しっかり接していないと充電されませんし、端子の腐食などが怖いですね。フォナックはチタン製接点なので腐食の心配はなし、ベルトーンは交換可能な電池ロッカーなので充電しづらくなったら交換できます。
非接触式は充電の不安定さはあるものの、接点の腐食などがなく、本体に組み込みやすいのも特徴です。シグニアでは充電器本体に充電されているか確認しやすい充電インジケータを付けて充電の状態を見れます。

電地の違い
  • リチウムイオン電池
    大容量、電力が高く(3~4Vほど)、放電時の電圧も変動が少ない、充放電の回数も1,000回程度、使い切らずに充電すると容量が減ってしまう「メモリー効果」がない、急速充電が可能
  • 銀亜鉛二次電池
    容量は比較的多い、電力が1.55Vで放電時の電圧変動が少ない、電池残炉量が少なくなると電圧が不安定になる。充電回数は400回程度 放電時にデンドライトが発生するので充電回数が限られる。

フォナックは、リチウムイオン電池の保護回路設計をしており、充電回数は1500回、変圧回路も組み込まれているので電圧の変動がほぼありません。
シグニアは、リチウム電池使用を使用しています。変圧しているので電源は安定していますが、保護回路はなし、充電回数は非公開。
ベルトーン・ユニトロンは銀亜鉛二次電池を使用したZパワーというシステムを使っていて、安価で、今まで使っていた補聴器にも付けられるのが特徴です。充電回数は400回まで専用の電池ロッカーを使用しますが、空気電池を併用できます。電池の特性上充電量が少ないと挙動が少し安定しない可能性があります。

メーカー別充電補聴器の比較

今回はリスニングラボで取り扱っている、フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンのRIC型充電補聴器で機能の比較していきましょう。
フォナックはオーデオB90-R シーメンス・シグニアはセリオン プライマックス7 ベルトーンはレジェンド17 63DW-Rで比較します。
いずれもメーカーの上位機種です。

価格
  • フォナック オーデオB90-R 580,000円(本体568,000円+充電器12,000円)
  • シグニア セリオン・プライマックス7 553,200円(本体510,000円+充電器43,200円)
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R 533,200円(本体490,000+充電器43,200円)

最高値はフォナック、最安値はベルトーンですね。

信号処理チャンネル数
  • フォナック オーデオB90-R 64ch (周波数の設定ができるのは20ch)
  • シグニア セリオン・プライマックス7 48ch(周波数の設定ができるのは20ch)
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R 48ch (周波数の設定ができるのは17ch)

チャンネルが多いと、信号と雑音の処理が緻密になり、より聞き分けしやすい音になります。

プログラムメモリー数
  • フォナック オーデオB90-R あり 自動プログラム1つ 手動プログラム5つ
  • シグニア セリオン・プライマックス7 あり 手動プログラム6つ
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R あり 手動プログラム 4つ
自動環境認識
  • フォナック オーデオB90-R あり オートセンスOS
    0.4秒ごとの環境音分析で7種類の騒音パターン設定から自動選択しブレンド。200以上のパターン設定から雑音を抑えて聞き取りやすい最適な音を選択してくれる
    (出力レベル、指向性・会話強調機能、雑音抑制、突発抑制、風切り音の抑制が連動し自動可変)
  • シグニア セリオン・プライマックス7 なし
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R あり パーソナルサウンドID・サウンドシーンバランサー
    周辺の音声を感知し、前後左右の音に対して指向性の自動調整・7つパターンに分けた出力の自動切換と雑音抑制の強弱を調整
指向性・会話強調機能
  • フォナック オーデオB90-R あり
    無指向性・リアルイヤー・ウルトラビーム指向性・ステレオズームが自動環境認識と連動している。360度指向性モードのみ手動プログラム追加が必要
  • シグニア セリオン・プライマックス7 あり
    無指向、アダプティブ、ビーム指向性、360度指向性を事前に設定しておく必要あり
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R あり
    クロスリンク指向性が自動環境認識と連動して360度指向を持つ。ビーム指向性
雑音抑制・突発音抑制・風切り音の抑制
  • フォナック オーデオB90-R すべてあり 自動で作動。抑制の程度は自動可変
  • シグニア セリオン・プライマックス7 すべてあり 自動で作動するが、事前に設定した任意の設定がかかる
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R 雑音抑制、風切り音の抑制あり 雑音抑制のみ自動可変
スマホとの連携
  • フォナック オーデオB90-R 中継器が必要
  • シグニア セリオン・プライマックス7 本体のみで可能
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R 本体のみで可能
Tコイル、ワイヤレス通信
  • フォナック オーデオB90-R Tコイルなし ワイヤレス通信は中継器が必要
  • シグニア セリオン・プライマックス7 Tコイルあり、ワイヤレス通信は中継器が必要
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R Tコイルあり ワイヤレス通信も本体のみで可能
防水防塵性能
  • フォナック オーデオB90-R IP68(粉塵は入らず、30分水に入っていても壊れない)
  • シグニア セリオン・プライマックス7 IP68(粉塵は入らず、30分水に入っていても壊れない)
  • ベルトーン レジェンド17 63DW-R 記載なし

フォナック製もシ-メンス・シグニア製も完全に密閉されたデザインになっていて防水性能は最高水準です。
ベルトーンは充電池と空気電池が併用できるように電池ロッカー開閉できてが密閉されていません。防水性能は非常に低いと思ってください。

それぞれにいいところ、使いやすさがある

性能だけでなく、それぞれに使いやすさがあります。

フォナックは「手間のいらなさ」「会話の取りやすさ」が特徴ですね。電源を入れて耳にかけるだけで後はうるさい環境にいても、静かな環境にいても補聴器がすべて判断してそれぞれの環境で楽な音や、聞き取りやすい音にしてくれます。3メーカー比較しても雑音がある中での会話は聞こえやすいですね。
補聴器の充電ケースの工夫もされていて、7回フル充電できる予備バッテリーを着けられて出先で充電できたり、乾燥材が入れられるので、ケースに入れ替えて乾燥させることもありません。充電も短時間で、手間がないシンプルな使い勝手の補聴器です。

シーメンス・シグニアは「手軽さ」「対応範囲の広さ」ですね。充電は時間当たりの充電量が多く、充電ケースに置くだけで楽に充電できますし、完全密閉筐体で防水はばっちりです。スマホとの連携が可能で、音量の調整や、プログラムの切り替えが可能でお手軽です。対応しているレシーバーが多いので、聴力に対して細かな出力調整ができて対応する幅が広いのが特徴です。静かなところでの聞こえが得意で、小さな音に対する感度が高いのも特徴ですね。

ベルトーンは「安心」「低価格」「ワイヤレス」ですね。空気電池と充電池が併用できるシステムなので、電池が切れてしまった際も電池のストックがあれば交換して充電できること、以前に購入した補聴器でも、充電池に対応した補聴器に電池ロッカーと充電池を購入して取り付ければ充電式補聴器としてつかえます。導入コストが少なく充電式補聴器を使うことができるのも特徴ですね。そしてなんといってもワイヤレス機能に優れるのがベルトーンのいいところですね。スマホとの連携をしてプログラム変更、音量変更ができますし、首掛けの中継器を使わないでワイヤレス機器と接続できる点は非常に便利です。

まとめ

それぞれのメーカーにそれぞれの利点があります。手軽さ、便利さが補聴器の業界の中でも確認されているので、今後多くのメーカーで充電できる補聴器が出てくることでしょうし、値段もだんだんと安くなっていくことでしょう。
あなたの生活スタイルに合った充電式補聴器を選択してみてください。充電式補聴器のほとんどは補聴器の煩わしさを解決するため作っているので、煩わしくて補聴器を着けていないという人にもぜひ試してもらいたいですね

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

補聴器は本人以外が購入してもいいの?

祖父の耳が遠くなって、うまく会話ができなくて困っている。ただ本人は補聴器を嫌がっている
妹が耳が悪くて補聴器を購入したいけどなかなか外に出たがらないので本人が行くのは難しそう。
そんな時に代わりに補聴器を購入してあげようと考えたりしますよね。

しかし補聴器は本人がいないままの購入は基本出来ません。
補聴器は個人の感覚に合わせて使うもののため、ポンと渡して使えないものなんですよね。

購入してもらいたい時には、販売店に同伴して本人の後押しをしてあげてください。
すこし補聴器を使うには根気がいりますし、購入した後も販売する人と家族のサポートが重要なんですよ!

補聴器を代わりに買うことはできませんが購入のサポートをしてあげましょう。

補聴器を使うかは本人が決めること。

補聴器をプレゼントしたいというときは家族が難聴の人を思って購入しようと考えていることが多いんです。
しかし補聴器を使うかどうかは本人の意思が大事です。ご本人の状況(年齢・使用の意志・不自由の程度)に左右されるところがあります。
たとえば家族が心配して補聴器を付けてほしいけど、本人は「ピーピーうるさい」とか「煩わしい」、「今のところ不自由していない」などすこし嫌がっている状態ですと、購入に至りませんし、もし補聴器を購入しても使わないことがしばしば。
もちろんあったほうがいいのは家族の皆さんがわかっているとは思いますが、購入の無理強いは禁物です。

 

家族が聞こえないことに困っていることが多い

難聴者の周りの人々が困っていること
  • 耳が遠いから家族の会話にうまく入れていない。
  • 呼んでも気がつかないことが多い。
  • 会話してても聞き返しが多くて話すのが疲れる。

こんなことありませんか?このようなことで家族のみなさんも悩み、補聴器の購入させようとか、プレゼントしようと考えていると思います。
これは家族にとって真剣な悩みですし、難聴である本人にももっと楽しく生活してほしいその気持ちが大きいですよね。

このような家族の気持ちや悩みも正直にやさしく話してあげて本人の意思も理解しあえると、補聴器に対する気持ちが変わることがおおきいですよ。
意外と気持ちがすれ違っていることが多いので大事なことです。

補聴器はその人の耳の代わりになる。

補聴器は文字通り聞こえさせる補助をする器具です。
基本的には聴力を測って、その人の聞こえに合わせてその人が一番聴こえやすい音に調節して使うものです
失ってしまった聴力を補って自分の耳のかわりに働いてくれるものですから、本人立ち合いでないと購入できないのです。

昔はピーピー音がしてうるさいものが多かったのですが、今の補聴器はそういった音がよほどのことがない限りこの音は出ません。
サイズもすごく小さくなったので、見た目を気にする必要もほぼないくらいつけているのがわからないものが増えました。
ですから煩わしいというイメージは使ってもらえるとほとんどなくなると思います。

しかしいきなり購入というのはハードルが高いので補聴器の試聴・レンタルをしてもらうといいかもしれません。
難色を示している人でも、補聴器で楽になることをすこしでも体験してもらうと補聴器をすんなり受け入れやすいですよ!

補聴器の試聴・レンタルについて

補聴器の試聴は、補聴器をその人に合った音にするので、聴力を測るなどの測定をいくつか行って、データを取ります。
そして実際に合った音で試聴してもらいます。ここでコツがあります。

補聴器の試聴のコツ
  • 静かなお店の中だけではなく、外に出て話す
  • 着けたり外したりしてもらって違いを知ってもらう。
  • 少し離れて声をかけてあげる

このコツを必ずやってみてください。
外に出てみると会話だけでなく、普段は聴こえない音が聞こえるので、うるさく感じたりしやすいです。
うるさいときには補聴器を売ってくれる人がうるさくないように調整してくれます。

ある程度周りの騒がしさを我慢出来て、話が聞こえるくらいに補聴器が仕上がったら、レンタルしてみましょう。

レンタルについて

レンタルは1週間~長くて1か月くらい借りるのがいいでしょう。
様々な環境で使ってもらいましょう。家の中はもちろん、すこし散歩に出かけるときなども使っておくといいですね。
借りてきて慣れないなぁと感じたら2~3日の間は、家の中だけで試しましょう。

もし長く借りるときには1週間ごとまたは。2週間おきにお店に行って、よかったところと悪かったところをお店の人に伝えましょう。
例えば、騒がしいところで聞こえづらかったとか、騒がしいのは何日くらいで慣れたとか、こうゆう場所でつかったらうるさくてとかですね。
何となく感じたことを話してもらうだけでもいいですよ。そうすると良し悪しに合わせて、また聴こえやすい音にしてくれます。

定期的に行くのは面倒だったりしますが、頑張って今後使っていくには必ずやらなきゃならないので、レンタルのうちに慣れていくのがいいでしょう。

来店ができないときには訪問サービスを使う

もしご来店ができない場合は訪問サービスを利用するのがいいでしょう。
訪問サービスでは自宅に直接専門のスタッフが来店して、補聴器をするための聴力の測定から、機種の説明、選定などをしてくれます。
当然そのままレンタルして試すこともできるので、思い切って頼んでみるのもいいですね。

補聴器の訪問サービスはやっているところなどが限られているのと人気のサービスなので事前に訪問サービスの有無の確認と予約が必要になりますよ。
リスニングラボは出張はやってませんが、大阪の姉妹店ではやっていますよ~→出張サービスに関して

レンタルしたあとの購入に関して

レンタルのあと、効果が実感できたら購入するのですが、モデル選びは慎重に行いましょう。
補聴器は安いものから高いものまでの値段の幅が広く、お店によっては値段を伏せて貸出することもありまして、口車に乗せられるとえらい高い買い物をするときがあります。

高いモデルと、安いモデルの違い

補聴器安ければ2~3万円ほどで、高価なもので片耳50万円します。値段に幅に驚きますが使う場所の騒がしさや、補聴器を付けたときの快適で値段が異なります。
基本的に2~3万円の安いモデルは中耳炎などで一時的につかうものです。高価なモデルほど騒がしい場所で話しやすい、補聴器を付けたときにうるさい音が少ないのが特徴です。

どんな補聴器がいい?

10万円以上の補聴器ならば、耳がさらに悪くなった時に対応できるよう調整式になっています
まずこれを目安にして購入するのがいいでしょう。あとは使用環境に合わせて選んでいくのがいいでしょうね。

例えば家の中で使うこと前提で、ちょっと外で使う程度ならば片耳10万円程度の補聴器でいいです。
外でアクティブに使いたい、仕事もまだ現役でいろんなところで話すなど積極的に使うのであればその場所や、状況に応じて高価なモデルを選択します。
詳しくは購入時に販売員に聞いてみるのがいいでしょう。

補聴器を購入するときは家族の方も一緒になって聞いて、使用する環境にあっていないものを選ばないようにお手伝いしてあげてくださいね。

まとめ

補聴器は本人以外が購入できませんので、少しでも不便が減ることや、いろいろな音が聞こえる喜びを感じてもらって、補聴器が使うのが人生に楽しくしてくれるというのを理解してもらうのが一番の近道ですね。
補聴器を使っていくには、必ず家族のサポートが必要です。これは販売員も然りです。
みんなが一緒になって、いい補聴器を探してあげられるといいですね。

補聴器のレンタル・購入はリスニングラボにおまかせください。

リスニングラボでは、1週間500円で補聴器レンタルが可能です。もちろんレンタル料金があるだけ本気のサービスを行います。
メーカーの比較をして試聴をしてもらったり、客観的な聞こえのデータを取ったりして納得のいくあなたに本当に合う補聴器を購入してもらうため精一杯お手伝いをします。
購入後もアフターケアをしっかり行います。リスニングラボでは購入金額にアフターケアの金額が含まれているので安心して購入してください。

聞こえのため、生活の充実感を取り戻すため、本気で補聴器を探しませんか?

関連リンク

補聴器のレンタル
補聴器を試したけど効果がわからなかった時にしてほしこと

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

出張サービスも行っている大阪店はこちらから

【Web限定夏のセール】補聴器を両耳で買うと片耳半額に!!

この夏Webのお客様を限定で補聴器をペアで両耳にご購入のお客様はドーンッと安くいたします。

補聴器の両耳装用の効果を普及させる為に両耳に補聴器を購入した人のみを対象としたセールを開催いたします。

なんと「両耳買うと片耳を半額!!」です。両耳で25% OFFで買えるということです。

最安値で最新型の補聴器が買えるWeb限定の夏の特価セールですよ!!

片耳が定価20万円以上の補聴器が対象となります。

片耳の補聴器の本体価格が20万円以上の商品を両耳で買うと片耳を『半額』にいたします。
秋葉原補聴器リスニングラボと大阪聞こえ補聴器では8月10日(木)まではWebのお客様限定で夏の特別セールとしておこないます。
片耳20万円以上の補聴器を両耳で買うと片耳を半額にするセールです。
夏の暑さをふっ飛ばす特別セールです。

大阪の方はコチラのサイトをご覧ください。

さらにドーンッと補聴器用電池10パックプレゼント!!

新製品の最上位の補聴器でもドーンっと安くしちゃいます。片耳が半額以外にも現金一括でお支払い頂ければ補聴器の電池を10パックプレセントいたします。(充電式補聴器の場合は電池は必要ないので付きません。)

さらに電池を12,960円分の10パックもプレセントいたします。※現金払いの場合のみ

対象商品はフォナック(PHONAK)、シーメンス・シグニア(SIEMENS・SIGNIA)
NJH関連のベルトーン(Beltone)とユニトロン(Unitron)となります。

条件
  • 片耳の補聴器の本体価格が20万円以上の商品が対象となります。
  • HPを見て頂き 『Web夏の特別セール』 とスタッフに言って頂けたら適応いたします。
  • クロス補聴器や片耳の本体価格が20万円以下の商品はセール対象外となります。
  • 現金払いの場合のみ電池のプレゼントをさせていただきます。カードの場合はプレゼント対象外です。
  • 8月10日(木)まで開催いたします。
  • 当店が初めての方は電話・メール・FAXにてご予約をお願いします。
  • 電池10パックプレゼントは現金一括でお支払いの方に限ります。
  • 新製品でのセール価格適応をご希望の場合は体験レビューにご参加いただきます。

大阪聞こえ補聴器も同時開催しております。

大阪店をご希望の方はコチラ

3月は特別セール期間!フォナック(Phonak)補聴器などがお安く購入できます。

3月1日~3月31日まで期間限定のセールを行います。
割引メーカーは

  • フォナック(Phonak)
  • ベルトーン(beltone)などなど

など店頭ではここでは記載できないメーカーの新製品も割引させていただきます。
ご来店の方のみお教えしますので、気になった方はお気軽に当店にお越しください!

この後はセール内容の告知となります。

セール内容

取り扱いメーカー全品片耳購入で10%割引
取り扱いメーカー全品両耳購入で20%割引
補聴器の購入で電池一年分プレゼント

以前に片耳補聴器を買ったが、反対の耳も聴力が落ちてきたので買い増ししたい
片耳補聴器を新しくしたい。
新規で両耳補聴器を検討している
最新機種を両耳でそろえたい。

このようなご要望を受けまして、出血大サービスのセール価格ご用意しました。
本体割引だけではなく、電池が付きますから、一年間電池の心配は無用です。
※クロス補聴器は対象外です申し訳ございません。

期間限定、台数限定特価品


耳かけ型補聴器ナイーダQ30 SPが\78,000-(非課税品)※カラー選択不可
耳穴型補聴器のバート タオQ15が片耳¥98,000-(非課税品)両耳なら147,000-でご用意いたしました。
どちらも10台限定の特別価格です。お見逃しの無いようご注意ください!

購入前にはレンタルも可能です。


いくら安くても、試さないと購入はできないという方にもいらっしゃるでしょうから、当然1週間の貸し出しサービスも行います。
500円で1週間のレンタルが可能ですが、3月のセール中は無料です。
基本的にどの機種でもレンタル可能ですが、貸し出し状況によってはお貸しできないことがございますので、事前にお問い合わせいただけますとスムースにレンタル可能です。

リスニングラボでの補聴器購入は3つの保証付き!

購入後の不安も3つの保証で解決です。

  • 紛失保証
    万が一の紛失されても2年間の間は、希望小売希望価格の半額で補聴器の販売をします。
  • 生涯サポート
    聴力の変化があっても、無償で聴力検査をし補聴器の調整を行います。
    補聴器も清掃、細かなメンテナンスもサポートいたします。
  • 返品保証
    本体希望小売価格が10万円以上の補聴器であれば、耳かけ型は一か月間であれば返品を受け付けます。なお耳穴型の場合は3か月間の間、耳穴に合わせた装着感のお直し、返品を受け付けます。

補聴器って小さいから無くしてしまわないか不安ですよね。紛失保証があれば、最低限の出費で済みますし、無くさないような工夫をこちらでもご提案させていただきます。
納得いただけない場合は、返品可能です。
もし購入していただければ、一生涯あなたに寄り添いサポートいたします。
自分に合った補聴器を選んでください。

以上セール情報でした。
皆様のご来店お待ちしております!

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

補聴器を使ってきこえを取り戻すために理解するべき2つのこと

年を取ってきこえが悪くなったと感じて補聴器を購入したが、うるさくてうまく聴こえない。細々と調整してもらってもうまく聞こえないこういった悩みはあるものです。
あなたが聞こえない理由はもしかするとこの2つのことを理解するだけで解決するかもしれません。

  • 補聴器は着けてから聴こえのリハビリが必要である
  • 補聴器を着けていてうるさいと思う音にも会話に必要な音の成分が含まれている

端的に書きましたが、個々の部分を理解して、アフターケアの調整をしていく必要があります。
さてどういう理由でこの二つを理解する必要があるのか。説明してまいります。

補聴器を着けてすぐ効果の出る人と出ない人には何の差があるのか。

「孫の声があまり聞こえなかったんだけど、補聴器を買ったら効果があったわ。あそこの補聴器やさんで買ったんだけどね~」

そんな話を聞いて補聴器を購入したあなた、しかし思っている以上にうるさいだけで声はうまく聴こえないことが多い。
果たしてなぜこのような差が出るのでしょうか。

関係しているのは2つのことです。

  • そもそも補聴器をしても効果が出ずらい聴力だった
  • 補聴器を使って効果の出る体にまだなっていない

この二つのことが考えられます。
さて一体どうゆうことなんでしょうか。

そもそも補聴器をしても効果が出ずらい聴力とは

補聴器を使用しても効果が出ずらいという方もいます。
語音聴力測定という測定の中でも語音明瞭度測定(言葉の聞き取りの力の測定)というものがあります。
その数値は補聴器を使用した際に、最も効果の出る状態の目安となります。
跡えば結果が、普通の声の音量(65dB)で65% 小さな声(50dB)では50% 少し大きめの声(80dB)で80%の回答率だったとします。
明瞭度80%が最大の数値の場合はこれ以上は上がることは基本的にありませんが、常に80%近い音で聞かせるようにできるよう補聴器を調整していきます。
そうすると大きな声で80%の理解率の状態から、普通の声や、少しちいさめの声でも80%程度のことばを聞き取ることができるようになります。
これの結果が最大の状態でも40%を下回ると、一般的に補聴器をしても効果が非常に低くなります。(本人の改善感覚なのでこれの限りではありません。)
純音聴力測定(ピーピープープーという音をきく測定)は40dBくらいの中度の結果でも、語音明瞭度が40%以下の場合、言葉が耳に入ってきて音としては聞こえても、言葉としては理解できないという結果になります。
これに合ってはまっている場合補聴器の効果はあまり出ない可能性がありので、測定の結果はしっかりと見ておきましょう。
効果が出ずらいといっても無駄ということはありません。前よりも聞こえやすいということがあれば補聴器を装用するのが良いでしょう。

補聴器を使って効果の出る体になっていない

耳の聞こえが悪くなってからわかることの多い加齢性難聴の場合、長い時間をかけて耳が悪くなって本来の音が脳に届けられなくなって行きますから、音がうまく聴こえないまま年を重ねると音に反応できない脳に変わっていっています。
音が聞こえない状態は、脳が休んでしまいやすい状態なので、補聴器で小さくて聴こえなかった音を大きな音を出しても脳がうまく機能できずに声と雑音の区別ができません。この状態ですと補聴器を着けてもいてもうまく聴こえないということが起こります。
他にも音量感に敏感になっていくので、突然の大きな音が苦手になったり、言葉の聞き間違いが増えてしまったりします。

以上のことがあってすぐに補聴器を使って効果の出る人、出ない人に分かれます。
語音最高明瞭度が40%以下の場合は 着けていて楽に聴こえる実感があれば使い続けていただき聴こえのリハビリを進めていくのがいいでしょうし、語音明瞭度の結果が40%以上の人は補聴器がより効果的に使えるように音を受け入れられる脳に戻さなくてはなりません。

耳にもリハビリが必要

先に挙げたように補聴器をつけてもうるさいだけと感じている人の中には、脳のリハビリを行ってく必要がある方が多いのです。
例えば指を骨折した後に自由に動かせるようになるまで、リハビリが必要なように、耳もうまく使えていなかった期間がある分リハビリを行う必要があります。
年齢を重ねても脳は変化させることが可能です。
年齢を重ねてから編み物を初めていつの間にか名人のようになったり、将棋や、囲碁などもいくつになってもやる気を持って始めると脳は覚えていきますし、鍛錬するといろいろな手法を編み出します。
脳はいくつになっても変われますから、諦めずに努力してくことで、聴こえもある一定まで取り戻せます。

大事なステップはこちらです

  1. 補聴器の音量は、本当に必要な音の70%~80%で設定してもらう
  2. 最初の一週間は段階的に装着時間を長くする(30分、1時間、2時間)もし苦痛でなければ一日使用する
  3. 一日つけ続けられるようになったら、そのままいろいろなところに装着したまま出掛けたりしながら一週間生活する。
  4. うるさくない程度に音量を調整してもらい、また日常で試す(最大10%程度が目安)
  5. 一週間試し、うるさく感じなくなったら、音量を上げる
  6. 装用してうるさくなかったら、音を上げるを繰り返して本来必要とされる音量をめざす

大体一か月程度で補聴器の音に慣れ始め、個人差はありますが三か月後には補聴器の聞こえにほぼ慣れています。
この期間中に音の大きさに慣れていくだけでなく、騒音と言葉の聞き分けの訓練も兼ねています。
今まで聴こえなかった音が聞こえるということは必要でない音も聞こえるということです。
しかしこれは人間本来持つ言葉と雑音を聞き分ける力が発揮されれば問題ありません。

リハビリをしていくうちで一番大事なことはあきらめないでできる限り使い続けるということです。
途中であきらめてしまうと一生変わりません。少し長い期間になりますが、補聴器を着けてどのようになりたいかを考えながら頑張りましょう。
この装用訓練の期間に、ニュースなどの聞き取りを意識的に行うなどするとより効果が出やすくなります。

生活音がうるさいからといって特定の音を抑えすぎない

補聴器を着けているときにやりがちなこととして、新聞紙をめくった音がうるさい、流しの音がうるさいから刺激的に聞こえないように音を下げてくれということをお願いすることがあります。
もちろんうるさい音というのはありますし、不快に感じてしまうことが多いのですが、この音を抑えてしまうと声は聞こえづらくなってしまいます。

例えば紙のくしゃくしゃとしたを刺激的と感じて調整して抑えたとしましょう。
こうするとこのようなことが起こります。

  1. 紙のくしゃくしゃした音がうるさい
  2. 高音域が影響しているので大きく下げる
  3. 高音域が下がると声の明瞭さが失われてしまい、結果言葉が聞こえづらくなる

紙のクシャクシャとした音、キンキンすると感じる音は声の明瞭度に影響がでます。
逆に低いブーブーとした音、エアコンの室外機などで感じる音になりますが、そういった音を抑えると音のパワーが低くなりか細い音になってしまいます。
生活音がうるさいと感じてそれぞれの音量を下げすぎてしまうとか細くなったり、もこもこはっきりしなかったり、両方下がっている状態だと声は鼻つまんだときのようなか細くてはっきりしない声として聞こえます。
こうなってしまうと音量を大きくしてもはっきり聞こえないし、うるさいだけの補聴器になってしまいます。

環境音を多く含む特定の刺激音、雑音を抑えようと音を下げすぎてしまうと言葉の聞こえの面で効果がでないということを理解しておくことが必要です。

普段行っていることで不快感を覚えたり、ストレスを感じてしまっても仕方がありませんからその時は全体の音量を下げてもらって、慣らしをまた行います。

生活音や雑音を抑えながら、聴こえを保持する方法

騒がしさときこえを両立するのは難しいと考えられる方も多いと思います。
調整次第で緩和することも可能ですし、そもそもの体の仕組みを使うことで雑音を抑えたりしながらきこえを保持します。

  1. 聞こえのリハビリをしっかり行う
  2. 両耳で補聴器を使用する(両耳難聴の場合は特に)
  3. キンキンした高い音、ボーボーした低い音は理想より5dBくらいまで下げる
  4. できれば突発音を抑える機能、雑音抑制のある補聴器を使う
リハビリをしっかり行う

まず大前提になるのは補聴器を着けてのリハビリがある程度できていることです。
ある程度の期間が経ち慣れていると、大きな音が入ってきたときに耐性ができています。
少し前のことを思い出してください。例えば電車などの騒がしいと思うところにいても一定時間たつと音が気にならなくなりませんでしたか?
これは脳が音の選別をしてくれて、脳が周りの環境に適応してくれているということです。これは補聴器を使っていても脳は調節してくれます。
これができないうちはいつまでたってもうるさいだけです。まずリハビリをしっかり行うことから始めましょう。

両耳で補聴器を使用する

もし両耳ともある程度の難聴だった場合には両耳とも補聴器をそろえておくのがいいです。
それには理由があって、

  • 両耳の雑音抑制能力を使う
    人は両耳で聞くことで無意識的に聴きたい音声の情報を優先し、雑音を抑えることができます。これを両耳スケルチと呼びます。
    この体の機能を使うために両耳で補聴器を使います。両耳難聴で片耳だけ補聴器を使うと左右の音の差が出てしまってこの能力はうまく発揮されづらいです。
  • 左右の耳で情報を補完してる
    右側から声を掛けられた時には、実は右側の耳では約85%の音の情報を、左側では15%の音の情報を受けとり、頭の中で100%の情報として受け取っています。これは逆になっても一緒です。
    左右で着けることで音の明瞭度が上がりますから両耳でつけるのがいいとされています。

以上のことがあって両耳で補聴器を使用します。身体の機能をしっかり使うのが目的となります。

キンキンした高い音、ボーボーした低い音を理想の状態より5dBくらい下げる

ファーストフィットから何度か調整し、装用検査をして難聴の程度から半分くらいの音(60dBの難聴なら30dBが聞こえ始める状態)で、どの周波数でも同じ音量で聴こえる状態が理想の音とされますが、どうしても声のきこえを優先すると、雑音が強く感じられやすいです。
8バンドの周波数特性がいじれる一番安いモデルでも170Hzあたりの低い音も、4Khzあたりの高い音もいじれるようになっています。
この低い音、高い音を理想的な音から5dBほど抑えて上げるだけでも雑音の感覚は緩和されやすいです。
個人差はありますから、また別途で調整することもありますが、補聴器のリハビリが終わっているとこの方法は効果が出やすいようです。

できれば突発的な音を抑える機能、雑音抑制のある補聴器を買う

最近の補聴器のほとんどの機種で雑音抑制という機能がついています。継続的、断続的に流れる雑音を抑制して快適にしたり、騒音の中での言葉の聞こえを安定させたりします。補聴器でやってくれるので、リハビリがまだ途中の場合でも快適に使うことができます。しかし抑制を深くかけすぎると声の部分にも影響がでます。

実は補聴器のグレードによっては突発的な雑音を抑えてくれるモデルもあります。
紙のくしゃくしゃという音や、食器を洗うカチャカチャした音は突発的な雑音なので、継続的、断続的な雑音を抑える雑音抑制では抑えきれないことがしばしばあります。
こういった日々のちょっとしたストレスが、少し上位のモデルを選択することで、解決することがあります。

以上のことが雑音を抑えて、きこえを保持する方法です。
正直一番はリハビリをして自分の耳と脳で、雑音を切り分けれるようになるのがベストです。
そして補助として補聴器の装用の仕方や調整、機能などを利用することがより良くしてく方法です。

雑音、突発に強い補聴器でおすすめするもの

フォナック おすすめはV70、B70などのアドバンスドクラス。ベンチャー、ビロングシリーズが聞こえやすい
フォナックは自動環境認識の機能がついており、7秒に一度環境認識して周りの環境音に適した音を自動で設定してくれます。
例えば静かなところと、騒がしいところでは、周りの雑音の量や必要と感じる音量が違いますよね?
フォナックの補聴器はそれを自動で認識して設定してくれるのです。耳に入れるだけで勝手にやってくれるので、非常に便利です。
併せて高い音が聞こえにくい場合、高い音を圧縮して聴こえる音にしてくれます。カ行タ行サ行ハ行のような非常に高い音は瞬間的に音を変換して聞こえる聴力のところに移動します。他の補聴器メーカーと違うところは、ア行の母音の音を損ねづらいところです。
ハウリングなどもしづらいので、大きめの音量にしてもハウリングが起こりづらいのも特徴です。
アドバンスドクラス以上(V70,B70以上)のモデルからは

  • 紙、トイレの水を流した時の音などの突発音を抑えられる機能
  • 両耳で使う場合はステレオズームという前方からの声を優先してより声を聞こえやすくする機能
  • 360度どこにいても音をキャッチでき、車の中やカルチャー教室などでつかいやすいモード

以上がついて汎用性が増えて使いやすい補聴器になります。

シーメンス お勧めはスタンダード3以上のモデル プライマックスシリーズが聞きやすい
シーメンスの補聴器はプロセッサのチャンネル数が多く、調整でいじれる部分が非常に多く。事細かに音の調整が行えるのが特徴です。
音にこだわりのある方、細かく指定したい方はシーメンスの補聴器を選ぶのがいいでしょう。
プライマックスシリーズは会話強調機能というのが搭載されており、両耳で補聴器を使用すると、前方ので話している人の声を明瞭に聞き取れる機能がついており、さらに紙の音や、トイレを流した時の音など突発音を抑える機能がついております。

なお聴力に対する補聴器の形状選択の目安は
難聴の度合いが中等度くらいまでで水平型の人には耳穴型、
難聴の度合いは中等度くらいまで低い声が聴きやすく、高い音が聞こえづらい方はRIC型
難聴の度合いに関係なく使用しやすいのは標準型(重度を除く)
難聴の度合いが高度、重度の場合はハイパワー型を選択してみてください。 形状の違いに関しての詳しい記事について→補聴器の形状について
なお難聴の程度が目安を超える場合でも選べる場合がありますので、販売員に相談してみてください。

まとめ

補聴器を使ってきこえを取り戻していくためには補聴器に任せているだけではうまくいきません。
自らきこえを取り戻すために訓練しながら、時間をかけて補聴器を使いきこえを取り戻しましょう。

大事なことは諦めないこと、途中でやめてしまわないことです。

補聴器、きこえについての悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
ご来店でのご相談も大歓迎です。

 

店舗紹介

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

充電式の補聴器シーメンス・セリオンの評判

 

充電式補聴器がシーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)CELLION(セリオン)が販売されました。その性能と評判について紹介いたします。まず非接点の世界初の充電式補聴器でPRIMAX(プライマックス)の性能を引き継いでいるということですが、充電の詳細や機能についても書きたいと思います。

充電式補聴器セリオン(Cellion)

 

主に充電で使われている家電製品には
  • パソコン、ポータブルオーディオ、シェーバー、携帯電話
主に電池で使われているもの
  • 時計、ラジオ、おもちゃ、リモコン

この2つの差はで何が違うかといいますと、1年以上電池が持つのか、持たないのかなんです。

今までの補聴器は電池は約一週間で交換

補聴器は電池を交換しないといけない。それは当たり前のことだからしょうがない。と思っていた方、それは大間違いです!

次世代の補聴器は

煩わしい細かい電池の交換なんていらない。スマホや携帯電話みたいに充電するだけで使えるんです。電池がなくて困ったなんてこともうありません。

 実は補聴器を使用されている方の5人に2人が電池を気にされているのです。

スペックは日本語が聞き取りやすいプライマックスです。

プライマックス(Primax)の性能について

シーメンス補聴器のセリオンは3つの安心

安心1、電池不要

世界初の非接点充電の補聴器!電池の交換は不要です。そして充電の仕方はほんとうに簡単です。充電器に補聴器の本体を置くだけです。充電に必要な接点はありませんので、補聴器を置くだけで充電されます。非接点の充電式補聴器っていうのが凄いですよね。

充電のスピード

また充電のスピードはとても速く、7時間使用で30分充電

4時間フルチャージで26時間使用

ランニングコストの比較
  • 通常の空気電池をだと、電池代が約8,000円

(1週/粒 = 1,000円/1.5月として)

  • 充電式補聴器

電気代 約120円/年   1年間たったの約120円

安心2、濡れても安心

シーメンス・シグニアのセリオンは防水・防塵の国際保護等級IP68を取得しております。

防水・防塵に強いアクアリスという補聴器がありましたが、その技術を用いてセリオンはIP68を取得しています。洗顔、シャワーでも安心ですし、内部も外部もナノコートを使用しております。

さらにはシーメンス・シグニア補聴器セリオンは充電器に置いている間に乾燥もしてくれます。大事な補聴器を汗や湿気から守るために皆さん毎日、乾燥機の中に補聴器を収納していると思いますが、セリオンは乾燥機に入れなくてもいいんです。セリオンの乾燥は充電している間に充電器から10℃の暖かい熱で乾燥してくれます。もうシリカゲル(乾燥剤)を2ヶ月に一度交換する手間なんていりません。

安心3、失くしても安心

1年間の紛失保証付き。補聴器を無くしてもメーカーの対応で1年間であれば新しい補聴器に取り換えてくれます。

1年間の紛失保証は安心です!

おしゃれなセリオンのカラーバリエーション

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)のカラーバリエーションは全部で12種類です。これはプライマックス(PRIMAX)シリーズと同じですね。

セリオンの価格について

セリオンは3タイプのランクがあります。性能はプライマックス(Primax)です。

プライマックス(Primax)の性能について

primax7 Cellion(プライマックス7セリオン)553,200円 48ch  プログラム数6

primax5 Cellion(プライマックス7セリオン)403,200円 32ch  プログラム数6

残念ながらprimax3シリーズのCellion(プライマックス3セリオン)は一先ずまだ発売予定はありません。上位2機種のみとなります。primax3シリーズのセリオンも発売は今のところは未定です。発売されたら値段も安くなって買いやすくなると思うのですが、もうしばらく待ちましょう。

その他にも充実の機能満載です

セリオンの中のスペックは日本語を聞き取りやすくするプライマックス(Primax)の機能が受け継がれております。ですので対応リモコンも今までと同じようにeasyTEK boost(イージーテックブースト)やeasyPocket(イージーポケット)、miniPocket(ミニポケット)が使用できます。 

タッチコントロールアプリをスマートホンでダウンロードすれば簡単に音量調節が可能です。

セリオンのまとめ

シーメンス補聴器のセリオンは充電式です。非接点の充電で世界初の簡単使用です。中のスペックはプライマックス(Primax)です。

しかも3つの安心がついており、
  • 電池交換が不要で安心
  • IP68で濡れても安心
  • 紛失保証で失くしても安心
おすすめしたい方
  • 簡単な補聴器をお求めの方
  • 手先が不器用で、電池の交換が億劫な方
  • 遠方に住んでいる方
  • 旅行や外出が多くて電池けれが心配な方
  • 汗かき、水仕事の多い方

最後に社長から

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)の音質はPRIMAX(プライマックス)です。日本語が聞き取りやすいシーメンス補聴器のプライマックスということがとても安心です。音の方は会場で聞きましたが申し分ないです。電池の交換が必要ないというのは高齢者の方にはとても良いことだと思います。手先が不器用になってくるので、ちょっとした電池の交換が難しくなってくるんですが、充電式になるとそんな煩わしいことはもう必要ないんですね。これは補聴器の業界のある意味革命だと思います。

操作が簡単でますます便利になってます。補聴器の技術革新を目の当たりにした感じです。非接点で置くだけで4時間フルチャージで26時間使用。しかも防水・防塵。中身はPRIMAX(プライマックス)とは驚きです。

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)が気になる方はお問い合わせください。資料パンフレットもお送りいたします。秋葉原補聴器リスニングラボでも取り扱っておりますので皆さま心よりお待ちしております。

必ずご来店の時にはご予約のほどお願い申し上げます。

シーメンス・シグニア補聴器のプライマックス(PRIMAX)の性能について

シーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA) 補聴器から出たプライマックス(PRIMAX)の機能や性能についてご紹介いたします。

日本語をしっかり。楽に。」

大好評を頂いておりますプライマックスを秋葉原補聴器リスニングラボでもを取扱いすることなりました。その製品の特長や性能をご紹介いたします。

primax(プライマックスシリーズ)は3タイプのランクにわかれております。7px、5px、3pxその機能と効果を徹底解剖!!

Primax

ランクは3つで機種の種類は全部で10種類あります

プライマックスは3つのラインナップがあります。7px(48ch)、5px(36ch)、3px(24ch)です。それ以外に耳あな型と耳かけ型などで10種類あります。

耳あな型は目立たないCIC、小さいのに機能が豊富なMC、スタンダードなカナル(CT)、フルカナル(LS)、クール(COOL)があります。

耳かけ型は小さいACE(エース)、定番のPure(ピュア)、充電式のCellion(セリオン)、耳かけ型の定番Motion SA(モーションエスエー)、パワータイプのMOTION P(モーションピー)があります。

耳あな型か耳かけ型などのタイプで迷われる方はスタッフとよく相談してください。

なぜ「日本語をしっかり。楽に。」なのかプライマックスの秘密

  騒がしい時も聞き取り楽ちん  

プライマックス補聴器

今まで出ていたバイナックス(binax)やマイコン(maicom)などの補聴器をよりパワーアップした指向性マイク、「ビーム指向性」は聞こえる幅(範囲)をシャープに会話を絞ります。ざわざわした騒がしい人ごみの中でも会話をはっきりと優先するようになりました。ビーム指向性は7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  レストランや、家族団らんの時に  

スピーチマスター

シーメンス・シグニアのプライマックスは新機能として「スピーチマスター」があります。今までのシーメンス補聴器よりも相手の声が楽に聞きとりやすいです。開発時には、日本の補聴器使用者のご要望を集め、反映しました。スピーチマスターは、テレビの音、新聞をめくる音や、食器の音など煩わしい音を軽減するように設計されております。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  騒がしい街中や駅などの厳しい場所で  

全自動ダブルピント調整

スピーチマスターは厳しい騒音下でとても便利な機能となっております。全自動ダブルピント調整でガヤガヤした騒がしい場所も会話が楽になる設計になっております。先ほどご説明したビーム指向性が搭載されており、雑音を抑えて会話が明瞭に聞こえる設計になっています。7px、5px、3pxの全プライマックスシリーズに搭載されております。

  天井の高い場所や反響する広い場所で強い  

エコーシールド

天井が高い、部屋が広いところなどの反響することはありませんか?そんな場所で反響を軽減して会話が聞きとりやすい、エコーシールド。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  電話もツインフォンで聞き取りやすい  

ツインフォン

長い間苦しめて来た固定電話の聞き取りが解決します!聞きとりの難しかった固定電話の音が受話器にマグネットを着けると、受話器を耳にかざした時に、お知らせ音が鳴り、電話モードに切り替わります。電話の音声が両耳から聞こえます。今まで聞き取りにくかった電話の音が明瞭に聞き取りやすくなります。難聴者で電話をよく使用する方にはとても聞き取りに苦労されていた方も多かったでしょうが、これは強い味方ですね!

※ただし両耳装用の場合のみです。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。耳かけ型は全機種に対応いたします。耳あな型はLS(フルカナル)もしくはCOOL(クール)シリーズのみです。ご注意ください。

  風切音の軽減  

プライマックスの雑音

今までの補聴器は風の音がはいると「ゴーゴー」とうるさい音がしました。これはマイクに風の音が辺り雑音と鳴るのです。そんな耳障りな風切音を軽減するeウィンドスクリーンがprimax(プライマックス)に搭載されております。※7pxクラスのみの搭載です。

  スピーチフォーカス360°で会話をキャッチ  

スピーチフォーカス360°

スピーチフォーカス360°で電車や車、パーティー会場など賑やかな場所で真横から話しかけられたり、背後から話しかけられた会話をマイクが反応して会話をキャッチします。7pxシリーズには360°機能して、5pxシリーズには前後の会話が入るように機能します。

  充電式セリオン(Cellion)もあります  

世界初!非接点の充電式タイプ セリオン(Cellion)もあります。置くだけで充電が出来ます。30分の充電で7時間使用できます。4時間の充電で26時間使用できます。今まで電池交換が難しかった方、高齢者でありましたら細かな電池の交換作業はとても大変さ作業です。そんな煩わしさはなくなります。しかも安心の紛失保証1年と、防水・防塵のIP68の機能が搭載されております。間違えて水に浸けてしまっても故障が少なくなっております。

シーメンス・シバントスの最新技術で世界初!非接点の充電式補聴器になっています。とっても簡単で置くだけでランプが光り充電します。

  リモコンが便利!イージーテックブーストリモコン  

easyTEKリモコン

easyTEKリモコンを使用すると手元で簡単に音量や環境に合わせたプログラムを変えることができます。またテレビや携帯電話、スマートフォン、パソコンの音を補聴器へ送信することも可能です。テレビや携帯電話の音が聞き取りよくなると今までよりもさらに楽しい生活になります。

またiphoneやアンドロイド携帯のスマートフォンで補聴器のボリュームや音質を変えることも可能です。

リモコンとiphoneの連動は7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

easyTEKリモコンは41,040円、easyPocketリモコンは21,600円、スマホでのアプリは無料です。

  プライマックスの性能表  

プライマックス性能表プレミアム7  チャンネル数48ch 耳かけ型490,000円 両耳931,000円

アドバンス5  チャンネル数32ch 耳かけ型340,000円 両耳646,000円

スタンダード3 チャンネル数24ch 耳かけ型250,000円 両耳475,000円

ベーシック(オリオン2)チャンネル数16ch 耳かけ型160,000円 両耳304,000円(こちらはプライマックスシリーズではありません。)

セリオン(CELLION)充電式シリーズは充電器が43,200円いたします。片耳510,000円の7px、403,200円の5pxの2機種のみです。今後はセリオン3pxも発売されるとは思いますが今のところは未定です。

  プライマックスのまとめ  

シーメンス・シグニア(SIEMENS・SIGNIA)の新製品primax(プライマックス)の性能についてざっとまとめてみました。試聴体験してもらって、自分の耳で確かめてください。

  1. プライマックスは日本語が聞き取りやすく3つのラインナップがあります。7px(48ch)、5px(36ch)、3px(24ch)です。
  2. 機種は耳あな型と耳かけ型があります。耳あな型はCIC、カナル(CT)、フルカナル(LS)、クール(COOL)があります。耳かけ型は小さいACE(エース)、定番のPure(ピュア)、充電式のCellion(セリオン)、耳かけ型の定番Motion SA(モーションエスエー)、パワータイプのMOTION P(モーションピー)があります。
  3. 騒がしい場所もビーム指向性で会話をハッキリとさせます。
  4. スピーチマスターは、テレビの音、新聞をめくる音や、食器の音など煩わしい音を軽減するように設計されております。
  5. エコーシールドが搭載されており天井が高い、部屋が広いところなどの反響する場所での反響を軽減して会話が聞きとりやくなります。
  6. ツインフォンで両耳から電話の声が聞き取りやすくなります。
  7. 耳障りな風切音を軽減するeウィンドスクリーンがprimax(プライマックス)に搭載されております。※7pxクラスのみの搭載です。
  8. スピーチフォーカス360°で電車や車、パーティー会場など賑やかな場所、背後から話しかけられた会話をマイクが反応して会話をキャッチします。7pxシリーズには360°機能、5pxシリーズには前後の会話が入るように機能します。
  9. 充電式補聴器セリオン(Cellion)があります。電池を使わない充電式で、防水・防塵IP68を搭載しております。

以上がシーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)のPrimax(プライマックス)の紹介でした。

秋葉原補聴器リスニングラボでは試聴器もご用意できますので体験したい方、ご購入をお考えでレンタルしたい方のご予約を受け付けております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。カタログの資料請求もおこなっております。