突発性難聴で両耳の補聴器を探しているなら【オススメがわかる】

突発性難聴で両耳につかう補聴器を探してる方に読んで欲しい!突発性難聴により片耳または両耳が難聴や耳鳴りなどで聞こえが困難になってしまった場合、状況によっては病院での治療のほかに補聴器の装用が必要になるでしょう。 補聴器は片耳か、それとも両耳のどちらに装用したらいいのか? 種類も多くてどのような補聴器を選べばよいのかわからない方はとても多いです。当サイトで

続きを読む

突発性難聴で選ばれる補聴器を値段で比較【失敗しない購入方法】

突発性難聴でユーザーに選ばれている補聴器を機種ごと・メーカー別で値段や価格相場を調査し、比較してみました。さらにはあなたに合う補聴器を失敗しないで購入する方法を紹介しています。 突発性難聴で補聴器を購入する前に是非お読みください。 突発性難聴に対応した補聴器の機種は各メーカーごとに様々あり選ぶのが難しいですよね。 あなたに合った最適な補聴器の値段はいくらが適正価格なのかも疑問に思うことで

続きを読む

突発性難聴でユーザーが使った補聴器のおすすめ!【2018年最新版】

突発性難聴の方が使った補聴器でおすすめの機種を最新情報を交えてご紹介しています! 突発性難聴でお悩みの方は是非ご一読ください。このサイトでは突発性難聴に合う補聴器の比較などをわかりやすく解説しています。 老若男女問わず多くの方が発症する突発性難聴は、原因がストレスや加齢、ウィルスの感染や大きな音が負担になっているなど様々考えられ、詳しくは原因が解明されていない厄介な難聴です。 病院で

続きを読む

突発性難聴の片耳補聴器で失敗しない選び方!

突発性難聴で片耳用の補聴器をお探しですか?突発性難聴で選ばれる補聴器の仕組みや効果、さらに価格の相場をまとめてみました。突発性難聴で後遺症が残ってしまい生活に支障があれば補聴器の選択を余儀なくされます。片耳補聴器(クロス補聴器)を数多く取り扱ってきたスタッフが補聴器の失敗しない選び方を解説しています。 突発性難聴はその名の通り、朝目覚めたときなどに突然耳が聞こえなくなる急性の感音性難聴です。

続きを読む

突発性難聴について【一発でワカル】

突発性難聴は、起床後や、作業中で急に音が聞こえなくなる本人でも自覚できるほど突然起こる原因不明の急性の感音難聴です。 発症から2週間以内に治療ができれば改善の見込みがあるため、似た症状があればすぐに検査と治療をする必要があります。 今回は突発性難聴に関する知識と予防法、治療についてを説明いたしますね。 有名人やミュージシャンがなることが多いため、テレビや雑誌などのメディアで、みなさんも一

続きを読む

クロス補聴器の効果をレンタルしたい方へ【モニター募集中!】

クロス補聴器で効果やレンタルで気になる方。体験試聴をしたい方へモニターを募集しております。フォナックのクロス補聴器は片耳が聞こえない方、片耳難聴(一側性難聴)に効果的な補聴器の調整方法です。片耳難聴には先天性難聴、突発性難聴、ムンプス難聴、外傷性などあります。片耳が聞こえないと集団での会話や騒がしい場所、聞こえない側からの会話が聞き取れないことがあります。そんな片耳難聴に効果的なクロス補聴

続きを読む

子どものころから片耳が聞こえない人向けの補聴器について

子どものころから片耳が聞こえないという人は、周りの環境や立ち位置などで言葉の聞こえたり、聞こえにくかったりして長い間苦労していると思います。子どものころ熱を出してからとか、いつの間にか聞こえなくなっていたなど理由は様々ありますが、共通して片耳難聴での聞こえを改善できる補聴器があります。今回は子どものころから片耳が聞こえない人のための補聴器について紹介していきます。 子どものころから片耳だ

続きを読む

突発性難聴に補聴器は必要か。機種選びは難聴の特徴に合わせて選びましょう。

突発性難聴に補聴器は必要かどうかは実際に試してみて判断するのが一番ですね。機種選びは難聴の度合いや特徴に合わせて選びます。一般的には軽い難聴であれば通常の補聴器を選び、全く聞こえない難聴の場合はクロス補聴器を用いることが多いです。突発性難聴では補聴器を使用する上での注意点もありますので補聴器選びのコツもご紹介していきます。 ※突発性難聴の疑いがあれば、早急に耳鼻咽喉科の医師の診断を受

続きを読む

耳が遠くなって難聴になったと感じたらどうすればいいのか。

最近耳が遠くなって難聴になったように感じる。こんな時はまず耳鼻科などの耳専門の医師の指示を仰ぐようにしましょう。耳が遠くなった原因によっては、治療や手術で改善します。 もし治療ができないものであれば、聞こえを補助できる補聴器などを用意する必要があります。耳が遠くなる原因と対処について書いていきますね。 ※難聴になる症例を上げていますが、詳しい判断は医師が行うものです。疑わしい場合は

続きを読む