オーティコン補聴器は取扱店で試聴レンタルできます

オーティコン 補聴器

オーティコン補聴器の取扱店ではオーティコン補聴器お試し試聴やレンタルができます!オーティコン補聴器取扱店では、おすすめの最新補聴器がラインナップされています。その中からあなたのご要望に合った最適な補聴器を補聴器認定技術者のスタッフが親身になってご提案いたします。オーティコン補聴器取扱店では新規のお客様の無料相談や買い換えのご相談を承っております。補聴器の調整や修理メンテナンスなど、オーティコン補聴器に関することは何でもご相談いただけます。

オーティコン補聴器をご希望であればオーティコン補聴器を扱う補聴器専門店に行かれることをオススメします。補聴器を販売するお店はたくさんありますが、お店により扱う補聴器メーカーが違います。オーティコンを希望してもその補聴器販売店に取り扱いがなければ対応することができません。オーティコン補聴器を取り扱うお店とメーカーの製品情報を知っておけば補聴器購入までの計画が立てやすくなりますよ。

オーティコン補聴器をお得に購入する方法

ここからは、オーティコン補聴器について会社のことや取扱店についてご紹介していきますね。

オーティコン補聴器とは

オーティコン イメージ a1

オーティコン補聴器の歴史は古く、110年以上の長い歴史があります。創業者であるハンス・デマントが難聴である妻のため、聞こえに悩む人々のために英国からデンマークに補聴器を持ち込んだトコロからスタートしました。1965年にオーティコンは世界に拡大していき、米国をはじめ、スイス、ノルウェー、ドイツ、スコットランド、日本、イタリア、ニュージーランド、フランスなどに設立されていきます。英国やスウェーデン、中国にも広がっていきます。ちなみに日本でオーティコンの販売が開始されたのが1973年です。オーティコンで初めての耳あな型補聴器の誕生が1977年、はじめての完全デジタル補聴器の開発が1996年でした。その後も数々の新しい試みをしていき、近年である2016年にはインターネットにつながる補聴器を開発しました。インターネットに接続可能な補聴器は世界初です。

オーティコン公式サイトはコチラ

これからもオーティコン補聴器はあらゆる難聴者の聞こえ助けるために研究を続けていくでしょう。

オーティコン補聴器の取扱店について

オーティコン補聴器は現在100ヵ国以上で販売されています。オーティコン補聴器のデンマーク本社はデンマークのコペンハーゲンにあり、日本の本社は神奈川県です。オーティコン補聴器は今までの長い歴史の中でさまざまな補聴器を生み出し、世界中のあらゆる難聴者の聞こえを改善してきました。
現在オーティコン補聴器の最新機種はインターネット接続が可能となっています。

オーティコン補聴器の取扱店舗はコチラから検索できます

ここからは、オーティコン補聴器の機種を紹介していきますね。

オーティコン補聴器のラインナップ

オーティコン ラインナップ a2

オーティコン補聴器では耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器を中心にさまざまな機種があります。他メーカーにはないオーティコンならではのすぐれた技術を駆使した画期的なモデルをご紹介していきますのでぜひ補聴器選びの参考にご覧ください。

オーティコン Opnシリーズ 耳かけ型

オーティコン オープン a1

オーティコン補聴器のオープンシリーズはオーティコン補聴器の開発した補聴器の中でもインターネット接続ができる、世界初の補聴器です。オーティコンオープンの耳かけ型補聴器は小型のミニRITEから標準タイプまで選ぶことができます。補聴器の性能は最新のべロックスチップを使った広がりのある聞こえを実現しました。大勢の人が集まる場面でも、あなた自身が聞きたい音と会話を選びやすくなりました。オープンをつければ周囲の人の声が自然に耳に入るので、自分が参加したい会話にスムーズに入ることができます。オープンは、脳の聞きとり能力をサポートし、脳に優しいことが実証された初めての補聴器です。オープンの耳かけ型タイプは電池式から充電式にチェンジすることが可能です。

補聴器のクラス Opn3 Opn2 Opn1
電池 PR41/48 PR41/48 PR41/48
適応聴力 軽度から高重度難聴 軽度から高重度難聴 軽度から高重度難聴
市場相場 オープン価格(お問合せください) オープン価格(お問合せください) オープン価格(お問合せください)

オーティコン Opnシリーズ 耳あな型

オーティコン オープン a2

耳かけ型のオープンシリーズが好評の中、登場したのが耳あな型のオーダーメイド補聴器のオープンです。耳かけ型のオープンシリーズと同様の性能をしている360度、周りの音環境を分析して聞きたい音や声を自然に聞きとることが可能になりました。耳あな型タイプもカナル型をはじめ超小型のIICタイプもリリースされています。IICタイプは目立たないことに関しては特化していますが使える機能に制限があるので選ぶさいに必要な機能があるかを確認する必要があります。オープンの耳あな型の中でオススメは機能が充実しているカナルタイプですね。使うシーンで選ぶことができるのであらゆるユーザーに対応できます。

補聴器のクラス Opn3 Opn2 Opn1
電池 PR536/41/48 PR536/41/48 PR536/41/48
対応聴力 軽度から高度難聴 軽度から高度難聴 軽度から高度難聴
市場相場 オープン価格(お問合せください) オープン価格(お問合せください) オープン価格(お問合せください)

オーティコン Siya 耳かけ型

オーティコン シヤ a2

オーティコン補聴器の今最新のモデルがオーティコンシヤです。シヤはオープンシリーズのブレインヒアリングテクノロジーを継承している脳の聞きとりをサポートしてくれます。2,4GHz対応でさまざまな機器から直接ワイヤレス接続することができ、シヤはオープンシリーズの一世代前の機種と比べて、50倍の処理速度のあるパワフルなICチップを搭載しています。その音質処理により高音質で快適な聞きとりを実現しました。環境適応型の指向性が働き正面の音を聞かせてくれて周りの音の抑制をし、この働きにより環境の変化でも快適性を維持しやすくなります。

補聴器のクラス Siya
電池 PR41/48
適応聴力 軽度から重度難聴
市場相場 オープン価格(お問合せください)

オーティコン Siya 耳あな型

オーティコン シヤ a1

オーティコンシヤの耳あな型は標準サイズのカナルタイプから、目立たない超小型のIICタイプまで選ぶことができます。補聴器の性能は耳かけ型同様、べロックスチップによる豊かな音質で脳をサポートしてくれます。耳かけ型のタイプと違い、耳の形をとってつくるオーダーメイド補聴器です。聴力や使いたい場所など、ニーズにあわせた補聴器のサイズをお選びいただけるのがいいですね。オープンシリーズの耳あな型同様、小型のIICタイプには使える機能に制限があるので選ぶ前に確認しなければいけません。

補聴器のクラス Siya
電池 PR536/41/48
適応聴力 軽度から高重度難聴
市場相場 オープン価格(お問合せください)

オーティコンの最新モデルを中心にご紹介しました。補聴器のデザインもシンプルで扱いやすいモノが多いですよ。さまざまなシーンでお使いできる補聴器が他にもありますので、ぜひお近くのオーティコン補聴器取扱店にてご確認ください。

ここからは、オーティコン補聴器の取扱店でできることをご紹介していきますね。

オーティコン補聴器の店舗でできること

 

補聴器店 a2

オーティコン補聴器の取扱店では無料相談から聴力の測定、オーティコン補聴器の販売とメンテナンス、調整、試聴レンタルなどすべておこなうことができます。取扱店によりサービス内容はそれぞれことなると思いますがあなたの希望するオーティコン補聴器に関して適切な補聴器の提案をしてもらえるでしょう。

試聴レンタル

補聴器店 a1

オーティコン補聴器の取扱店で補聴器を選ぶときには必ず補聴器の試聴とレンタルをしましょう。補聴器の試聴はもちろんですがレンタルを購入前にすることをオススメします。試聴すれば補聴器の聞こえ方はある程度わかりますが、失敗することを避けるのであれば一番いい方法はレンタルです。補聴器のレンタルは自宅の環境で使うことができるので、より補聴器の聞こえ方がわかります。

補聴器の調整

補聴器を使ううえで重要なのが補聴器の調整です。オーティコン補聴器は聴力データを元に音質調整します。補聴器の調整は一度だけでは完全におこなうのは難しいです。はじめて補聴器を使う方であればはじめから音量をあげた調整ができないことがあります。それは補聴器に多少慣れる必要があるためです。補聴器をつけると今まで聞こえなかった音がよく入ります。補聴器はその聞こえ方に慣らしてから再度細かく調整していきます。聞こえ方に問題がなければ無理に調整依頼する必要はありませんが少し音量感や音質にギモンを感じたら定期的に調整するのがいいでしょう。

補聴器の修理

オーティコン補聴器の修理や点検も取扱店で対応できます。取扱店以外の販売店で依頼すればできないですので注意してください。これは調整や試聴などにも言えますが、補聴器店では店舗によって契約している補聴器メーカーが違います。ですのでオーティコン補聴器と契約していないお店では対応することができません。補聴器の修理はカンタンなメンテナンスであれば店舗でもできますが、機械や本体の破損の場合はメーカーでの修理となります。基本的には約一週間の修理期間が必要となります。

修理費用は補聴器の保証期間により変わるので対応時に確認してください。修理期間中は代替えの補聴器を貸してもらえるお店もあるので事前に問い合わせましょう。

補聴器のご相談

あなたに最適なオーティコン補聴器を見つけるには補聴器の相談からはじめましょう。補聴器相談ではあなたのお困りになっている聞こえの悩みをお話ししていただき、予算や希望する補聴器のタイプなどをお伝えください。あなたの生活環境がわかれば補聴器の提案もスムーズになります。補聴器をお考えになればまずは補聴器店の無料相談をご利用ください。

オーティコン補聴器の試聴やレンタルができる!

補聴器 レンタル a1

オーティコン補聴器の取扱店ではオーティコン補聴器の試聴とレンタルができます!オーティコン補聴器を選ぶときに試聴とレンタルはとても大事です。オーティコン補聴器取扱店では耳かけ型補聴器であれば試聴とレンタルができます。耳あな型補聴器の試聴やレンタルはオーダーメイド補聴器のためできません。当店では耳あな型をご希望なら一度作製して、お使いいただきます。もし耳にあわないときや耳かけ型に変えたい場合に3ヶ月以内であれば返品交換の対応をしていますので安心してお試しいただけます。店舗でそれぞれサービスの違いがあるので確認しましょう。

ベルトーン補聴器のレンタルについてはコチラ!
フォナック補聴器のレンタルについてはコチラ!

オーティコン補聴器をお得に購入する方法

補聴器 a1

オーティコン補聴器をお得に購入する方法をご紹介します。補聴器は必ず定価で購入しなければいけないモノではありません。補聴器を定価以外で購入するには補助金を使う方法やお店のセール、キャンペーンを利用することで可能になります。補助金を使うには聴覚での障がい者手帳を取得していることが条件となりますが、一部の地域では手帳取得に至らない難聴者に対して年齢制限などもありますが補助を受けれることがあります。誰もが受けれる訳ではありませんがお住まいの地域の役所、自治体にお問合せください。そのほかには各店舗の独自のセールを利用することで定価より安く補聴器を購入できることがあります。最近ではインターネットで調べやすくなっているので確認してみてください。

補聴器の補助金に関してはコチラをご覧ください

補聴器の補助金制度について【スグにワカル】

まとめ

補聴器 a2

オーティコン補聴器の取扱店やオーティコン補聴器の機種をご紹介しました。各お店で取り扱う補聴器メーカーは違うので事前確認をすることが大事です。オーティコン補聴器の取扱店でできることやオーティコン補聴器の機種について知ることができたら補聴器選びもしやすくなりますよ。

オーティコン補聴器ならあなたの聞こえの悩みを解決してくれるかもしれません。オーティコン補聴器で生活をより豊かにしてみませんか。

お問合せ

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。