難聴タイプで選ぶオススメのクロス補聴器をご紹介!

クロス補聴器-難聴タイプ

クロス補聴器 難聴タイプ

 

突発性難聴やムンプス難聴などによる片耳難聴の悩みを解消してくれるクロス(CROS)補聴器は、難聴タイプにあわせて適切な機種を選ぶことが大切です。

なぜなら、耳の状態にあっている機種でなければ聞こえの悩みが解消しないどころか、かえって聞こえにくくなるおそれがあるんです。そのため、自分の耳の聞こえ方に適したクロス補聴器を使うことが大切になります。

難聴タイプにあったクロス補聴器で聞こえの悩みがなくなれば、会話がよりスムーズになり仕事も趣味もこれまで以上にもっと楽しくなりますね。

 

呼ばれても気づかないことが多い

cht001

 

片耳難聴は静かな場所ではききとれても、まわりがさわがしかったり複数人での会話となると聞き取りにくくなってしまいますよね。

以下のようなことでお悩みではないでしょうか?

  • バイト中に片耳が聞こえず困ることが多い
  • どっちから来ている音なのか分からない
  • 聞き返しや聞き間違いをしがち

 

上記のような片耳難聴の悩みをサポートしてくれるのがクロス補聴器です。

ただし、自分の難聴タイプにあわないクロス補聴器を購入してしまうと、聞こえの悩みが解決しないうえに購入費用もムダになってしまうかもしれません。

ですので、購入前に自分の難聴タイプにあうクロス補聴器について知っておくことで、購入で失敗するリスクを軽減することができるんです。

 

クロス補聴器が適してる難聴タイプ

cht002

 

クロス補聴器が適している難聴タイプは、原因や耳の状態によって大きく2つに分けられます。

①片耳だけ聞こえない【片耳難聴】

片耳はよく聞こえていて、先天性難聴や突発性難聴、おたふく風邪によるムンプス難聴などでもう片耳がまったく聞こえない難聴タイプにクロス補聴器が適しています。

②反対の耳も聞こえづらい【両耳難聴】

①の理由で片耳が聞こえないことにくわえて、聞こえていた耳も加齢などで聞こえづらくなった難聴タイプにもクロス補聴器が適しています。
また、聞こえる耳の難聴の程度によって合いやすいクロス補聴器の種類が変わるため注意が必要です。

 

クロス補聴器の仕組み

cht003

 

クロス補聴器はふつうの補聴器と組み合わせて片耳難聴の聞き取りをサポートする仕組みになっています。

聞こえない耳につけたクロス補聴器(マイク&送信機)が難聴側の会話を集音して、聞こえる耳につけた補聴器(スピーカー&受信機)にワイヤレス送信することで、聞こえる耳で左右両方の会話や音を聞くことができる仕組みです。

聞こえる耳にも聴力低下がある両耳難聴の場合は、受信機側の補聴器で音を大きくすることで聞こえをおぎないます。

 

クロス補聴器の選び方

cht004

 

クロス補聴器は難聴タイプ・用途・予算を考えて選ぶことが大切です。

耳かけ型・耳あな型など形状の選び方については難聴タイプや耳の状態(耳アカの多さなど)によって適切なカタチがことなります。まずは耳鼻科や補聴器店で聴力や語音明瞭度をはかってもらい、耳の状態をよく確認してもらって形状を選びましょう。

また、クロス補聴器は聞こえる耳につける補聴器側の性能で聞こえやすさが変わります。

そのため、騒がしい場所で使う方は雑音抑制機能の高い補聴器を選ぶ、静かな場所で使う方は価格と性能をおさえた補聴器を選ぶなど、用途や予算に応じて選びましょう。

クロス補聴器は以下のような方に選ばれています。

  • 仕事で聞き返しや聞き逃しをへらしたい
  • 趣味の集まりでもっとよく会話を聞きたい
  • 片耳で聞き取るストレスを解消したい

クロス補聴器のメーカーと値段について詳しくはコチラ

最新!おすすめのクロス補聴器メーカーと値段【選び方もわかる!】

 

難聴タイプで選ぶおすすめのクロス補聴器

cht005

 

難聴タイプから選ぶオススメのクロス補聴器をご紹介していますので、購入前の参考にしてみてください。

シグニア クロスピュア チャージ&ゴーX(Signia CrosPure Charge&Go X)
  • ドイツ
  • 充電式
  • 1年保証
  • 片耳難聴・両耳難聴
cht006

 

シグニアのクロスピュアX充電式は最新のXシリーズ補聴器とあわせて使用します。歩く・止まる・すわるなど装用者の動きをモーションセンサーが感知して、シーンに応じてベストな集音と音質に自動調整。日常のさまざまな場面で片耳難聴・両耳難聴の聞こえをサポートしてくれます。

クロスピュアXのポイント!

  • 電池交換不要の充電式
  • Xセンサーで100のシーンに対応
  • IP68防水・防じん
  • 小型サイズで目立ちにくい

市場価格相場 110,000円(税込・充電器別)
電池寿命 最大約23時間
対応する補聴器 エクスペリエンスシリーズ
3X・5X・7X
オススメ度
スターキー クロス-R(Starkey CROS-R)
  • アメリカ
  • 充電式
  • 1年保証
  • 片耳難聴・両耳難聴
cht007

 

スターキーのクロス-R充電式は、AI補聴器リビオシリーズ充電式と組み合わせて会話の聞き取りをサポートします。スマホのGPSを使って補聴器を失くした場所を地図で確認できたり、本体に故障がないかをしらべるセルフチェック機能など、あると便利な機能を搭載しています。
片耳難聴・両耳難聴の難聴タイプに対応できるクロス補聴器です。

スターキークロス-Rのポイント!

  • 片耳難聴・両耳難聴に対応
  • クリアで安定した聞こえ
  • 予備バッテリー内蔵充電器
  • IP68防水・防じん

市場価格相場 110,000円(税込・充電器別)
電池寿命 最大約14時間
対応する補聴器 リビオシリーズRIC充電式
1200~2400/
AI1200~Edge AI
オススメ度

 

フォナック クロスB-13 カスタム(Phonak CROS B-13 Custom)
  • スイス
  • 電池交換式
  • 1年保証
  • 両耳難聴

 

フォナックのクロスB-13カスタムはビロングシリーズ耳あな型補聴器とあわせて使用するクロス補聴器です。
オーダーメイドのためフィット感と装用感が良いことや、耳から外れにくいので落下や紛失のリスクがすくないところがオススメのポイントですね。

片耳難聴だと聞こえる耳をふさぐ違和感を強く感じてしまうため、両耳難聴の方にオススメのクロス補聴器です。

クロスB-13カスタムのポイント!

  • 両耳難聴に対応
  • 快適なフィット感
  • オートセンスOSで自動調整
  • 選べる4カラー

市場価格相場 132,000円(税込)
電池寿命 最大約88~126時間
対応する補聴器 バートB-13シリーズ
オススメ度
メーカー/機種シグニア/
クロス Charge&Go 
スターキー/
クロス-R
フォナック/
クロスB-13カスタム
オススメの聴力タイプ片耳難聴/両耳難聴片耳難聴/両耳難聴両耳難聴
補聴器と合わせた合計価格相場404,000円~664,000円336,500円~オープン価格290,000円~582,000円
スマホと接続
※別売りの中継機が必要です
バッテリー方式/
連続使用時間
充電式/
最大約23時間
充電式/
最大約14時間
電池交換式/
312電池 約53~76時間
13電池 約88~126時間

 

 

スタッフがオススメする最新のクロス補聴器はコレ!

cht009

 

スタッフがオススメするクロス補聴器の組み合わせは、シグニアのクロスピュアCharge&Go XとピュアCharge&Go 3Xの組み合わせです。

自分の動きに合わせた補聴器の自動調整によって、さまざまなシーンに合わせて片耳難聴・両耳難聴をとわず聞こえをサポートしてくれることが人気のポイントですね。

マスク越しの声が聞きやすくなる「マスクモード」が使えることも選ばれている理由の一つです。

商品の詳細はこちらです

シグニアクロス
110,000円(税込)
エクスペリエンス3X
294,000円
(充電器込・非課税)
合計価格
404,000円

 

クロス補聴器のデメリット

cht010

 

クロス補聴器にはデメリットもありますので、試聴やレンタルする前に確認しておきましょう
おもに以下のようなデメリットがあります。

  • 両耳2台分の購入費用がかかる
  • 方向感がわかりづらいことがある
  • 聞こえ方になれるまで時間がかかることがある

クロス補聴器を試聴・レンタルしたお客様のうち約2割の方は、思ったほど聞こえるようにならなかったなどの理由により購入を見送る方もいらっしゃいます。

 

クロス補聴器のメリット

cht011

 

クロス補聴器には片耳難聴や両耳難聴をサポートしてくれるメリットもあります。
以下がおもなメリットです。

  • 会話の聞き返しや聞き逃しが減る
  • 立ち位置を気にするストレスが軽減される
  • 聞こえる耳の聴力低下にも対応できる

ふだんの生活で感じていた聞こえの悩みやストレスを解消してくれるのがクロス補聴器の大きなメリットですね。

 

まとめ

cht012

 

難聴タイプで選ぶオススメのクロス補聴器をご紹介しました。
自分の難聴タイプにあった適切なクロス補聴器をつかって聞こえの悩みが解消されれば、いままで以上に明るくストレスフリーな毎日を送ることができますね。

コメントは受け付けていません。