スタッフの紹介

秋葉原補聴器リスニングラボは東京の電気街で4人のスタッフで営んでおります。
秋葉原補聴器は補聴器でただ「聞こえる」ではなく「聴こえる」をテーマにしております。「ココロできこう。」をスローガンに補聴器で難聴者が過ごしやすい社会を目指しております。

それでは秋葉原補聴器リスニングラボのスタッフをご紹介いたします。

野田圭男(のだよしお)|認定補聴器技能者 代表取締役

補聴器業界20年の秋葉原リスニングラボのアドバイザー

  • 担当 補聴器販売、耳型採取、補聴器アドバイザー / 大阪聞こえ補聴器 代表
  • 年齢 40歳
  • 趣味 イラストを描くこと
  • 特技 広告のデザインやライブなどのフライヤー作り
  • 補聴器の業界で20年ほど働いております。父親の代から補聴器業界で難聴について多くを学ぶ。病院での補聴器外来、自宅訪問、介護施設、片耳難聴(クロス補聴器)、福祉の申請など、この業界で20年ほど補聴器の業務に携わっております。難聴はいろんな悩みがあります。加齢による老人性難聴、片耳の難聴による突発性難聴、一側性難聴、ムンプスや中耳炎による伝音性難聴などなど、患者様の悩みに合わせた補聴器の調整から価格、デザイン、形など予算に応じた接客を心がけております。補聴器や難聴についてやイヤモニの耳型採取など耳のことならご相談をお聞きします。心と心を通させて一生懸命あなたにあった補聴器をお渡しするようにいたします。ココロできこう!!

清水真人(しみずまこと)|店長

クロス補聴器からイヤモニまで音についてはお任せ下さい!

  • 店長 補聴器販売、耳型採取、イヤモニアドバイザー
  • 年齢 29歳
  • 趣味 ギター
  • 特技 速弾き
  • イーイヤホンのカスタムショップで店長の経験もあります。カスタムIEMやイヤホンについての知識は豊富あります。バンドではギターを担当しております。音の世界を追及してイヤホン業界からさらに深い世界を探求していたら補聴器業界へいておりました。フォナック社の補聴器に関しては色々とアドバイスできます。片耳難聴用のクロス補聴器から一般的な感音性難聴までさまざまな補聴器のコンシェルジュとしてがんばっております。気になる補聴器やイヤモニのことでご相談あればお気軽にお尋ねください。

鶴見高徳(つるみたかのり)|営業

補聴器のことならお気軽にご相談ください!

  • 営業 補聴器販売、耳型採取
  • 年齢 51歳
  • 趣味 スポーツ・読書
  • 特技 サッカー・マラソン
  • 前職では補聴器とメガネ販売の業界に29年勤務しておりました。高齢化社会で補聴器専門店も多い中で、どこのメーカー、どの補聴器店で買ったらいいのかわからない方へ、わかり易くてあなたの耳に合った補聴器をお届け出来る様に心がけております。補聴器や難聴やイヤモニの耳型採取などお困りのことありましたらお気軽にご相談ください。補聴器で聞こえる快適な人生をすごしましょう!

小山尚志(こやまたかし)|営業

補聴器とイヤモニの耳型採取のアドバイスいたします

  • 営業 補聴器販売、耳型採取
  • 年齢 42歳
  • 趣味 漫画とアニメ
  • 特技 食べ歩き、競馬、麻雀、パチンコ、ガンダムにフィギア収集
  • 補聴器とイヤモニの耳型採取はお任せ下さい。耳にぴったりとフィットする耳型の形成をいたします。補聴器もイヤモニも耳に合わなければ着けていも快適には使用できません。秋葉原補聴器では音質は元より、補聴器もイヤモニも基となる耳型大切です。ですので当店は耳型採取のインプレッションの形成に力を入れております。補聴器もイヤモニもオーダーメイドで作ることが重要です。耳型採取はお任せ下さい。

コメントは受け付けていません。