フォナック バートB70-10 チタン(Phonak VirtoB70-10 titanium)


フォナック バートB70チタン IIC (Phonak VirtoB70 titanium IIC)の紹介ページです。
フォナックのバートB70チタンは、チタン製のボディを利用した耳あな型補聴器で、耳あなに収まるサイズでも装着感を軽くしたり、出力を大きく取ることができるなど、小型でありながら対応力が広い補聴器です。
見えない補聴器をお探しの方におすすめできるだけでなく、本体の強度が高いという点で、今まで耳あな補聴器を利用していて本体が割れてしまうことがあった人にも買い替えで人気があります。

それではここから補聴器の詳細を紹介していきますね。

 フォナック バートB70チタン (耳あな型)

  • スイス
  • 耳あな型 IIC/CIC
  • 2年保証
  • 10電池
  • ワイヤレス通信不可
バートBチタン
バートBチタン特長は、チタン合金製シェルによる目立ちにくい極限の小ささと衝撃をものともしない強度です。さらにはオートセンスOSという独自のオペレーティングシステムがあり、周囲の環境を感知し、あらゆる場所・場面で補聴器を調整します。操作は補聴器を身に付け電源をオンにするだけであとは自動で、生活を快適にし、楽に聞き取りができるように設計されています。
装着画像
バートBチタンのポイント!

  • 環境に合わせる音質調整機能
  • チタン製シェル
  • 極限まで見えない大きさ
  • 小型補聴器の中でも広い適応聴力
  • 騒音の抑制機能が高い
  • 小さな声まではっきり聞こえる

市場価格(片耳) 550,000円
電池寿命 65~90時間
適応聴力 軽~高
指向性 無指向性
チャンネル数 20ch
おすすめ度

スタッフレビュー

バートB70-チタンはバートBの上位機種であり、チタン合金製のボディを採用した小型耳あな型補聴器です。
小型にするためには、シェル(ボディ)を薄くして内部のスペースを広く取らなくては行けないため、旧来の素材では割れやすく強度面は心配がありました。
しかしバートBチタンでは、チタン素材を用いることで多少のことでは傷がつかない強度と薄さを実現しています。
またスペースの広さを取りやすくなったことで、装着した際のこもった感じをへらす空気穴を大きく開けやすくなったり、大型のレシーバー(スピーカー)を入れられるようになったので思い難聴に対応できるなど、幅広いユーザーに小型の耳あな型を適応できる機種になりました。

内部のアンプはアドバンスドクラス(B70)のものを利用しているため、自動環境認識機能のオートセンスOSでは4つの環境プログラムをブレンドして常に最適な音質にしてくれます。静かな場所~騒がしい場所の会話を聞き取りやすくし、騒音下で会話がなければ静かにして快適にしてくれます。また音楽鑑賞に対応し、歪の少ない音質で聞くことが可能です。
雑音抑制機能は9dBまで、ハウリング抑制と突発音抑制、風切り音抑制機能が搭載されており、快適な使い心地を実現しています。

フォナック得意の機能として高音域の圧縮機能のサウンドリカバー2があり、聞き取りにくい高い音を聞こえやすくするために音を圧縮して届けることができます。
深くかける圧縮と浅くかける圧縮を駆使することでクリアな音質をなるべく保ちつつしっかり聞こえやすさを拡張できるようになりました。

また耳あなに収まるCIC・IICサイズで製作することで、耳全体(耳介)の集音効果を利用して本来の聞こえに近い集音や音の方向感を得ることができ、無指向性の高音質状態で耳あな型のダイレクトな聞き心地でき、聞こえの評価も高いですね。

小型の耳あな型を求めている方はもちろん、強度が高いことや外れにくいことからスポーツで利用する方にもおすすめできる補聴器です。

スタッフコメント

メーカー公式ページ

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。