マスクやメガネのジャマにならない!【最新の耳あな型補聴器をご紹介】

耳あな型補聴器 マスク メガネ

マスクやメガネをしていてもジャマにならない最新の耳あな型補聴器のご紹介です。インフルエンザや新型コロナウィルスの影響でマスクを着けて外出するのが一般的になりましたが、耳かけ型補聴器を使っているとマスクの紐に引っかかり耳から外れて落下したり、メガネをかけたときに補聴器と耳の上で重なりわずらわしく感じることや、耳の上が痛くなってしまうことがあります。

マスクやメガネと同時に使いづらい耳かけ型補聴器のデメリットをカバーしているのが耳あな型補聴器です。今回はメガネやマスクのジャマにならない耳あな型補聴器の売れ筋商品と、耳あな型補聴器のメリットとデメリットについて解説していきます。

耳あな型補聴器は耳の穴にスッポリと入れて使用するため、メガネやマスクのジャマにならず快適にお使いいただけます。耳あな型補聴器ならではのメリットやデメリットがありますので詳しくご紹介してきますね。

耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器の違い

mah04

耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器は形状の違いがあり、耳につけたときの感覚や聞こえ方などの特徴にそれぞれ違いがあるんです。

耳あな型補聴器は耳の穴におさまる形状で、耳の型を採取して作成するオーダーメイドの補聴器です。

耳かけ型補聴器は本体を耳の上にかけ、本体から伸びているコードまたはチューブの先についた耳せんを耳の中に入れて使用します。

本体を耳の上に乗せる耳かけ型補聴器は、メガネやマスクと重なり装用時のわずらわしさを感じてしまったり、マスクを外すときに紐が引っかかり、落下や紛失のリスクが高くなるデメリットがあるんです。

耳あな型補聴器のメリット

mah21

耳あな型補聴器のメリットをまとめました。

  • マスクやメガネのジャマにならない
  • さまざまなサイズが選べる
  • 耳にピッタリフィットする
  • 耳本来の集音効果が活かせる
  • 雨や汗がかかりにくい
  • 着け外しがカンタン
  • 耳から外れにくく落下や紛失のリスクが少ない

耳あな型補聴器はオーダーメイドのため、サイズや機能を使う方に合わせて作成できることが大きなメリットです。

耳あな型補聴器のデメリット

mah06

耳あな型補聴器のデメリットには以下があげられます。

  • 聴力によって違和感や閉塞感を感じやすい
  • 耳アカが多い方・耳垂れがある方は故障のリスクが高い
  • 小型の機種はワイヤレス機能やBluetoothが使えない
  • 聴力や耳穴の大きさによって作成できるサイズが限定される

耳あな型補聴器は機械部品の入った本体を耳の中に入れるため、耳の状態によっては違和感や閉塞感を感じやすくなったり故障のリスクが高くなってしまうデメリットがあるんです。

耳あな型補聴器の選び方

mah05

耳あな型補聴器の選び方は、オーダーメイドのため本体の大きさや搭載できる性能の幅が広いため、目立ちにくさや使い勝手などご自身の希望にあった形状の耳あな型補聴器を選びましょう。

耳あな型補聴器の
種類
IIC
IIC
CIC
cic
ITC
itc1
ITE
ite
特徴・超小型で目立たない
・ワイヤレス機能が使えない
・小型で目立たない
・機種によってワイヤレス機能が使える
・扱いやすいサイズ
・ワイヤレス機能、Bluetoothが使える
・高度~重度難聴に対応
・ワイヤレス機能、Bluetoothが使える
対応できる聴力・軽度~高度・軽度~高度・中度~高度・高度~重度

 

目立たなさを最優先にするなら小型のIIC型CIC型を選び、扱いやすいサイズで多機能な耳あな型補聴器を希望するのであればITC型ITE型を選択すると良いでしょう。

耳あな型補聴器のデメリットである閉塞感やこもり感は、本体にベント穴(通気孔)を開けることである程度軽減できます。

形状が決まれば補聴器の性能を選びます。補聴器は性能によって対応できる場面(静かな場所や騒がしい場所など)が変わるんです。

静かな屋内での使用に適した性能の耳あな型補聴器や、屋外や人の多い場所など騒がしい場面に対応した耳あな型補聴器など、補聴器を使う用途やシーンに合わせて性能を選ぶ必要があります。

補聴器の性能=価格と考えるとわかりやすいですね。静かな場所で使う性能の補聴器は低価格、騒がしい場所で使うための高度な雑音抑制や、聞き取りをサポートする機能が多い補聴器は高額になっていきます。
補聴器は価格帯と性能が細かくクラス分けされていますので、まずは耳かけ型補聴器を試聴やレンタルで試してみて、価格の差による聞こえ方の違いを確かめてみることも重要です。

耳かけ型補聴器の無料レンタルはコチラ

補聴器の2週間無料レンタル【最新機種の比較もできる!】

耳あな型補聴器の人気売れ筋機種をご紹介

mah07

耳あな型補聴器の人気売れ筋機種をご紹介します。
マスクやメガネのジャマにならず快適に使える、最新の機能や性能が搭載されている耳あな型補聴器をピックアップしましたのでご覧ください。

フォナック バートMシリーズ (Phonak Virto M Series)
  • スイス
  • 耳あな型
  • カラーシェル
  • 電池交換式
  • ワイヤレス機能あり(ITC・ITEのみ)
mah10

フォナックのバートMシリーズは、周囲の音環境を認識して自動で最適な音質にしてくれるオートセンス3.0を搭載しています。サウンドリカバー2は年齢とともに聞こえづらくなる高音域(高い音)を聞こえやすい音程に変換して聞き取りをサポートします。

ITC・ITEタイプであればBluetoothを搭載しているので、スマホでの音質調整やハンズフリー通話が可能です。

チタン素材を使ったIICタイプは目立ちにくさとボディの高強度を両立しています。

カラーシェルにも対応していますので、お好みのカラーで補聴器を作成することが可能です。

バートMの種類IICチタン
IIC
CIC
ITE
特徴・超小型で見えないサイズ
・安全性の高いチタンボディ
・高強度・高耐久性
・小型で見えないサイズ
・スイッチで音量調整
・小型で目立たないサイズ
・電池寿命が長い
・あつかいやすいサイズ
・Bluetooth搭載
ワイヤレス機能
使用電池/電池寿命10(PR536)
65~90時間
10(PR536)
65~90時間
312(PR41)
110~160時間
312(PR41)
50~75時間
本体カラーチタニウムグレークリア・ホワイト
・レッド・ブルー・ベージュ
ブラック・クリア・ホワイト
・レッド・ブルー・ベージュ
片耳価格相場405,000円~575,000円198,000円~555,000円218,000円~570,000円
スターキー リビオAI 耳あな型
  • アメリカ
  • 耳あな型ITC・HS・ITE
  • カラーシェル
  • リチウムイオン充電式
  • ワイヤレス通信あり
mah11

スターキーのリビオAI耳あな型は、AIとセンサーを搭載した世界初の充電式オーダーメイド補聴器です。AIによる音質の自動調整や、センサー付きの本体側面をタッチするだけの簡単操作、Bluetoothでスマートフォンと接続して、ハンズフリー通話や補聴器の音質の微調整ができたり、運動量を記録して日々の健康管理もできる多機能な補聴器です。

マスクやメガネとも干渉せず、充電式で電池交換も不要ですのでストレスなく補聴器を使いたい方にぜひオススメする耳あな型補聴器ですね。
写真はブラックですが従来のベージュカラーやその他のカラーでも作成できます。
(サイズはITC・HS・ITEのみになります。)

リビオの種類スターキー リビオ ITC-R
スターキー リビオ HS-R
スターキー リビオ ITE-R
サイズ・標準サイズ・大きめで扱いやすいサイズ・大きめであつかいやすく、
操作性も高いサイズ
特徴・世界初の充電式耳あな型補聴器・ワイヤレス機器に対応
・AI&センサーの先進機能・選べるカラーシェル
ワイヤレス機能
テレコイル
充電時間/駆動時間15分/2.0時間
30分/4.5時間
1時間/9.4時間
3.5時間/23時間(満充電)
本体カラー・ブラック・ベージュ
・レッド・ブルー・クリア
片耳価格相場
(充電器込)
196,500円~オープン価格
耳あな型補聴器はオーダーメイドのため購入前の試聴やレンタルができません。
試聴やレンタルができない代わりに、秋葉原補聴器リスニングラボでは購入日から90日以内であれば返品・機種交換を受け付けています。

まとめ

mah30

マスクやメガネのジャマにならない耳あな型補聴器をご紹介しました。

新型コロナウィルスがまだ収束の気配がないため、しばらくはマスクを手放せない日常が続きそうですね。

マスクやメガネのジャマにならず補聴器を使うことができれば、毎日の生活がより快適に過ごせるのではないでしょうか。

補聴器を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。