耳あな型で選ぶおすすめのクロス補聴器をご紹介!

クロス補聴器 耳あな型

 

オススメの耳あな型クロス補聴器をご紹介!

耳あな型のクロス補聴器は耳のカタチにあわせたオーダーメイドのため、耳にピッタリとフィットして外れにくくメガネやマスクのジャマにならないため快適にお使いいただけます。

ただし、耳あな型のクロス補聴器は聴力や耳の状態によっては思ったように聞こえない・故障しやすいなどのデメリットがあります。そのため、耳鼻咽喉科を受診して聴力検査をうけ、補聴器専門店でよく相談して購入しなければ失敗するおそれがあるので注意が必要ですね。

耳あな型のクロス補聴器がピッタリあえば、片耳難聴の悩みを解消して毎日がもっと楽しく快適に過ごせるようになりますね。

 

耳かけ型は紛失しそうで心配

kmo001

 

クロス補聴器は片耳難聴の聞こえをサポートする補聴システムで、耳かけ型とオーダーメイドの耳あな型の2種類があります。

すでに耳かけ型クロス補聴器をお使いの方や、これからクロス補聴器の購入を考えている方で、以下のようなお悩みはないでしょうか?

  • 耳かけ型はメガネやマスクのジャマになる
  • 耳かけ型は耳から外れやすく無くしそう
  • 仕事上の理由で耳かけ型はつかいづらい

 

その他にも、趣味で運動やスポーツをする場合、激しい運動でクロス補聴器が耳から外れてしまうことでお悩みの方もいらっしゃいます。

落として故障したり紛失しないか気にしたり、煩わしさを感じながら使うのは毎日のストレスになってよけいに疲れてしまいますよね。

 

クロス補聴器が適してる難聴のタイプ

kmo002

 

クロス補聴器が適している難聴のタイプは2パターンに分けられます。

聞こえる耳が健康な場合と、聞こえる耳に難聴がある場合です。

①聞こえる耳が健康な場合(片耳難聴)

生まれつきの難聴や突発性難聴、おたふく風邪が原因のムンプス難聴などで片耳が聞こえなくなり、ふつうの補聴器があわない難聴にクロス補聴器が適しています。

聞こえる耳をふさがない耳かけ型クロス補聴器が適している難聴のタイプです。

②聞こえる耳に難聴がある場合(両耳難聴)

上記の片耳難聴にくわえて、聞こえる耳にも難聴がある両耳難聴の方にもクロス補聴器が適しています。

聞こえる側が中程度以上の難聴であれば耳をふさいでも違和感が出にくいため、耳あな型クロス補聴器があいやすい難聴のタイプですね。

 

クロス補聴器の仕組み

kmo003

 

クロス補聴器の仕組みをご説明します。

聞こえない側の耳にクロス補聴器(送信機)をつけ、聞こえる耳には補聴器(受信機)をそれぞれつけます。

クロス補聴器が聞こえない側の音を集音して、補聴器にワイヤレス送信して音声を再生することで、聞こえない側の会話や音を聞こえる耳で聞き取れるようになる仕組みです。

聞こえる耳にも難聴がある両耳難聴の場合は、低下した聴力にあわせて音を増幅することで聞き取りをサポートします。

 

耳あな型クロス補聴器の選び方

kmo021

 

耳あな型クロス補聴器は、聞こえる耳が健康~軽度難聴の場合はこもり感や閉そく感が出やすく、違和感が強くなり思ったように聞こえない場合があります。

そのため、聞こえる耳の聴力が中程度~高度難聴の方は耳あな型クロス補聴器を選ぶと良いでしょう。

ただし、聴力や耳の状態によっては使えないことがあるため、購入前に耳鼻科や補聴器店でよく相談することが大切です。

難聴のタイプ聞こえない耳
(クロス補聴器側)
聞こえる耳
(補聴器側)
適したクロス補聴器
片耳難聴重度難聴健康~軽度難聴耳かけ型
両耳難聴重度難聴中度~高度難聴耳あな型

また、クロス補聴器は聞こえる耳につける補聴器(受信機)側の価格で聞こえ方が変わるため、ご自身の用途・予算・聴力に適した機種を選びましょう。

耳あな型クロス補聴器は以下のような方に選ばれています。

  • 聞こえる耳にも聴力低下がある
  • 落下や紛失のリスクを最小限にしたい
  • メガネ・マスクをつねに着用する

 

おすすめの耳あな型クロス補聴器

kmo005

 

オススメの耳あな型クロス補聴器をご紹介!

クロス補聴器を販売しているのはフォナック・シグニア・オーティコン・スターキー・ワイデックスの5社ですが、耳あな型のクロス補聴器を販売しているメーカーはフォナックのみとなります。
電池サイズ別でカタチが2種類ありますので、それぞれの特徴をご紹介していきますね。

 

フォナック クロスB-312 カスタム(Phonak CROS B-312 Custom)
  • スイス
  • 312電池使用
  • 1年保証
kmo008

 

フォナックのクロスB-312はカナルサイズの耳あな型クロス補聴器です。
電池のサイズが小さいため、連続使用時間は最大で約76時間と短めですが、できるかぎり小さなサイズで本体を作成することが可能です。

ビロングシリーズの耳あな型補聴器と組みあわせて使うため、自動音質調整のオートセンスOSや、高音域の聴力低下をカバーする機能で聞き取りをサポートします。

本体サイズを小さくしてできるだけ違和感を少なく使いたい方にオススメです。

対応する補聴器
バートB-312シリーズ

 

フォナック クロスB-13 カスタム(Phonak CROS B-13 Custom)
  • スイス
  • 13電池使用
  • 1年保証
kmo006

 

フォナックのクロスB-13はビロングシリーズの耳あな型補聴器と一緒に使用する、大きめサイズでバッテリー寿命の長い耳あな型クロス補聴器です。
電池交換のしやすさや耳につけたときの安定感がいいことなどのメリットがあります。

機能や性能はクロスB-312とおなじですので、電池寿命をできるだけ長くしてランニングコストをおさえて使いたい方にオススメの耳あな型クロス補聴器です。

対応する補聴器
バートB-13シリーズ
 クロスB-312クロスB-13
価格132,000円(税込)132,000円(税込)
使用電池/
バッテリー寿命
312電池(PR41)/
約53~76時間
13電池(PR48)/
約88~126時間
サイズカナルハーフシェル/フルシェル
対応する補聴器/
価格
バートB312シリーズ/
158,000~450,000円
バートB13シリーズ/
158,000~450,000円

スタッフがオススメする耳あな型クロス補聴器はコレ!

kmo020

 

スタッフがオススメする耳あな型クロス補聴器の組み合わせは、クロスB-13カスタム&バートB70-13です。

電池ひとつあたりのバッテリー寿命が312タイプにくらべて約35~50時間ながいため、交換頻度とランニングコストをおさえられることがオススメの理由ですね。

バートB70-13は価格と機能のバランスがよい耳あな型補聴器のため、騒がしい場所でも片耳難聴の聞こえをサポートしてくれるのでオススメです。

 

商品の詳細はこちらです

耳あな型クロス補聴器のデメリット

kmo010

 

耳あな型クロス補聴器はメガネやマスクとかさならず快適に使えますが、デメリットもありますのでご確認ください。

  • 聞こえる耳が健康または軽度難聴だと適合しづらい
  • 耳アカが多い・柔らかいと故障がおきやすい
  • サイズが大きいため目立ってしまう

上記以外には、ラインナップが電池式のみのため充電式が選択できないデメリットがありますね。

 

耳あな型クロス補聴器のメリット

kmo012

 

耳あな型クロス補聴器はデメリットばかりでなくメリットもありますのでご確認ください。

  • 耳から外れにくく失くしにくい
  • マスクのジャマにならない
  • 耳の上でメガネとかさならない

その他にも、マイク位置が耳あな近くに設計されているため、耳が本来もっている集音機能(耳介効果)がはたらき、自然な方向感を得られるメリットがあります。

 

まとめ

kmo009

 

耳あな型のクロス補聴器についてご紹介しました。
耳あな型のクロス補聴器が耳の状態と聞こえにピッタリあえばストレスなく使えるうえに、片耳難聴で困っていた生活が一変して快適で楽しい毎日を過ごせるようになりますね。

 

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。