耳あな型補聴器の人気おすすめ5選!【価格相場や特徴をご紹介】

補聴器 耳あな オススメ

最新の耳あな型(カナル・CIC・IIC)補聴器のおすすめ機種をランキング形式でご紹介します。耳あな型補聴器は耳の穴に本体を置くため、まわりから見えにくく目立ちにくい仕様になっています。耳あな型補聴器は軽度~重度まで幅広い聴力に対応し、耳の型を採取して作るオーダーメイドの補聴器ですので、一人ひとりの希望や要望に合わせて様々なご提案が可能です。耳あな型補聴器の購入前や補聴器の買い替えの際に参考にしていただければと思います。

補聴器には耳あな型と耳かけ型があり、どちらがより自分にあった補聴器なのか、購入前に知っておきたいですよね。
今回は耳あな型の補聴器にスポットをあてて、装用感や聞こえ方、取り扱いのしやすさなど、わかりやすくご紹介していきます。
後半では人気の耳あな型補聴器をランキング形式でご紹介していますので、補聴器選びにぜひお役立てください。

ココカラは、耳あな型補聴器の特徴について詳しく解説していきます。

耳あな型の補聴器とは

補聴器 耳あな型 カタチ

補聴器 耳かけ型 カタチ

補聴器の形状は大きく分けて耳あな型と耳かけ型の2種類があります。

今回ご紹介する耳あな型補聴器は、一人ひとりの耳の型を採取してつくるオーダーメイドの補聴器です。
耳かけ型との大きな違いは、耳のあなに本体が収まるため耳本来の集音機能を活用できる、つけ外しがしやすい、使用中の落下のリスクが軽減できることなどがあります。
小さなものから扱いやすいものまでサイズは様々です。聴力の程度やワイヤレス機能の有無、電池の大きさなどで選べるサイズが決まりますが、電池寿命の長いものがいい、小さく目立たない補聴器がいいなど、装用者本人の希望に柔軟に対応できるのが耳あな型補聴器の魅力ですね。

耳あな型の補聴器はこんな方にオススメ

耳あな型補聴器はこのような方にオススメです。

目立たない補聴器を使いたい

難聴者の中でも補聴器をつけていることをできるだけ周りに知られたくない、気づかれたくないという方は多いです。
小型のIICやCIC型であれば、補聴器をつけていることを気づかれにくいメリットがあります。

落として失くさないか心配

耳あな型補聴器は耳の形に合わせてつくるオーダーメイドのため、耳の穴にすっぽりと収まリます。激しい運動やスポーツ時でも耳から外れにくく、ポロッと耳から外れて落下する心配が少なく安心です。

メガネやマスクをよく使用する

耳かけ型の補聴器は耳にかけて装着するため、メガネやマスクと干渉してしまい、違和感が気になるという方も中にはいらっしゃいます。
耳あな型の補聴器であれば耳の上で干渉しないため、快適にお使いいただけます。

取り扱いが簡単な補聴器が良い

耳かけ型の補聴器にくらべてつけ外しがワンタッチで簡単なため、細かい作業が苦手な方でも取り扱いが簡単です。

 

耳あな型補聴器の種類

耳あな型補聴器にはメーカーや形状で様々な種類があり、基本的にはサイズが大きくなれば多機能で電池寿命も長くなり、扱いやすくなります。
サイズが小さい補聴器は、補聴器としての機能以外(ワイヤレス機器との接続など)を極力省くことと、電池サイズを小さくすることで小型化を実現しています。

IIC型(Invisited in the canal)

IIC型 補聴器 大きさ補聴器 IIC 見た目

IIC型補聴器は、耳あな型補聴器の中でも最も小さく目立ず、装用時の違和感が少ないことが大きな特徴です。
耳あな型補聴器もデメリットの一つでもある、耳につけたときの閉塞感やこもり感をできるだけ軽減することができます。
ただし、本体サイズを小さくつくることが目的のため、ワイヤレス機器との接続やダイヤル式ボリュームコントロールには対応していません。
対応聴力は軽度~高度難聴です。
使用電池は10A(電池寿命約65~90時間)

CIC型(Complete in the canal)

補聴器 CIC つけた感じ

CIC型はIIC型よりも一回り大きくなりますが、それでもかなり小型で目立ちにくく見えにくい耳あな型補聴器です。

小型で軽量のため自然な装用感が特徴で、使用電池は10A電池か312電池を選択できます。
10A電池よりも一回り大きい312電池(電池寿命約110~160時間)を選択することで、ワイヤレス機能やプッシュボタンスイッチを搭載することが可能になりますが、10A電池使用のCICにくらべてサイズは大きくなってしまうデメリットもあります。
対応聴力は軽度~高度難聴です。

カナル型

補聴器 耳あな カナル型

補聴器 カナル 見た目

耳あな型の補聴器でもっとも一般的なサイズの補聴器がカナル型です。
目立たないことよりも操作性や機能性を重視したい方や、取り扱いが簡単な補聴器がよいという方にオススメします。
CICやIICよりも幅広い聴力に対応でき、電池サイズも大きくなるためランニングコストも抑えられます。

ワイヤレス機器にも対応できるため、目立たなさより利便性やコストパフォーマンスがよい補聴器をご希望の方にオススメです。

対応聴力は軽度~高度難聴です。

レシーバー・マイク分離型

補聴器 マイク分離型 大きさ補聴器 マイク分離型 つけた感じ

耳あな型補聴器の中で、特徴的な形状・性能をもつのが外部マイク式の耳あな型補聴器です。
通常の耳あな型補聴器は本体内部に集音マイクが設計されているのに対して、外部マイク式は補聴器本体の外に集音マイクがあります。
マイクを本体の外に設置することで、本体のサイズを小さくつくることができるんです。
また、マイクが耳の溝に収まるため耳本来の集音機能を活かしつつ、不快な風の音を軽減してくれます。ゴルフが趣味など、アウトドアで活動される場合に風切り音軽減の効果を発揮します。

耳あな型の補聴器が選ばれる理由

リスニングラボ 梅田

耳あな型の補聴器が選ばれる理由には以下のものがあります。

 目立たない補聴器がよい
 つけ外しがしやすく、取り扱いが簡単
 紛失のリスクを少しでも無くしたい
 メガネやマスクの邪魔にならない

以上のことが耳あな型補聴器が選ばれているおもな理由ですね。

ではココカラは人気の耳あな型補聴器をランキング形式でご紹介していきますね。

耳あな型補聴器の人気おすすめ5選!

  シグニア インシオ 5NX ITC TWIN312(Signia Insio 5NX ITC TWIIN312

  • ドイツ
  • カナルタイプ
  • 3年保証
  • 312電池
  • ワイヤレス通信可
シグニア 補聴器 耳あな型
シグニアの最新チップを搭載したNXシリーズの耳あな型補聴器です。シグニアNXは独自のテクノロジーで聞き取りやすさだけでなく聞き心地の良さも実現しました。周囲の環境を自動で認識して常に最適な音量・音質に保ちます。ウルトラHD e2eが相手の声をレーダーのようにキャッチして聞き取りやすく、スピーチフォーカスで後ろからの声にも自動で指向性をむけ、会話の聞き取りをサポートします。防水性能やワイヤレス機器にも対応しているため、補聴器をより便利に快適にお使いいただけます。
シグニア 補聴器 ICチップ
シグニア 耳あな補聴器 装用
シグニア 補聴器 ワイヤレス
Insio 5NX ITCのポイント

  • 取り扱いやすいカナルサイズ
  • ツインマイク搭載
  • ワイヤレス機器に対応
  • 自動環境認識機能で最適な音に
  • ナノコート加工で清潔に保つ
  • 安心の故障&紛失補償

片耳市場価格相場 380,000円(当店WEB限定価格はお問い合わせください)
電池寿命 105~120時間
適応聴力 軽度~高度
指向性 スピーチフォーカス
チャンネル数 32Ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

シグニアの最新機種、シグニア インシオ 5NX ITC TWIN312は、カナルサイズであつかいやすく、ワイヤレス機器も使える多機能な機種です。一つの補聴器に2つのマイク(ツインマイク)が搭載されていて、この2つのマイクで音を拾うことにより補聴器に届く声や音の微妙な時間差を計算し、音源の方向を特定してくれます。さらに耳あな型補聴器の特徴として耳介効果(耳本来の持つ集音力)を活用できるので、方向感を得やすくより自然な聞こえ方に近づきます。左右の補聴器が無線で通信・連動して音を捉えるため、横や後ろの音を抑えて前方からの会話をより聞こえやすくサポートしてくれます。シェル(本体)表面に特殊なコーティングを施しているので、汚れが付着してもカンタンにお手入れが可能です。オプションとしてIP57の防水・防塵加工(1台につき¥6480)を施すこともできるので、水やホコリの多い場所で使用する方や、汗水に気を使わず過ごしたい方にオススメです。保証期間は自然故障の場合の修理が3年間、2年以内に紛失してしまった場合に一度限り新品をご提供させていただく紛失時保証がついていますので、はじめての補聴器で故障や紛失が心配な方でも安心です。

 

【お問い合わせはコチラ♪】


 ベルトーン タッチトラスト9カナルW312 (Beltone touch trust9 Canal)

  • アメリカ
  • 外部マイクカナルタイプ
  • 2年保証
  • PR41電池
  • ワイヤレス通信 可
ベルトーン 補聴器 外部マイク
ベルトーン補聴器の外部マイク式耳あな型補聴器、タッチ トラスト9 カナルW312は、集音マイクを補聴器本体の外に設計することで、耳本来の集音機能を活かし自然な音の方向感を得やすくなります。さらに本体サイズを小さく作ることができるため、違和感の少ないつけ心地を実現しています。トラストシリーズはBluetooth通信を使用してスマートフォンでボリューム調整やプログラム切り替え、音質の調整が可能です。内部部品にはHPF80ナノブロック(プラズマガス化ポリマーコート)を施し、汗や湿気などによる故障のリスクを減らしています。
ベルトーン タッチマイク 装用
ベルトーン タッチマイク 特徴

ベルトーン アプリ 調整

 

タッチトラスト9のポイント

  • 耳本来の集音機能を活かせる
  • 環境認識機能で快適性を維持
  • 外部マイクで本体を30%小型化
  • 両耳間通信で指向性が向上
  • ナノブロックで故障リスクを減少
  • スマートフォンで調整可能

片耳市場価格相場 300,000円(当店WEB限定価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約150時間
適応聴力 軽~重
指向性 無指向性
チャンネル数 14Ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

ベルトーンのタッチトラスト9カナルの312電池使用タイプです。タッチマイクは本体外部に集音マイクを設置し、耳本来が持つ耳介の集音効果を最大限に活かすために開発された耳あな型補聴器です。耳にてを当てると音が大きく聞こえますよね?耳介にもこれと同じ効果があり、タッチマイク式はこの耳介にマイクを収めて音を拾うため、より自然な音の大きさや方向感、コトバの聞き取りに大切な周波数の聞き取りに効果があります。
マイクを本体外部に設置するので、耳の中に入る本体部分を通常の耳あな型にくらべて約30%小さくすることができます。本体が小さくなると装用時の違和感や自分の声のこもり感、閉そく感などが軽減されるため、はじめて耳あな型補聴器をお使いになる方でも慣れやすいんです。
カナルサイズはワイヤレス通信機能が搭載できるため、ワイヤレスマイクを使って遠くの音声を補聴器でダイレクトに聞いたり、スマートフォンと接続して音量やプログラムの切り替え、低域・中域・高域の3点の音質調整が可能です。
スマートフォンとBluetoothで接続できるため、電話を補聴器から直接聞くことや、ワイヤレスイヤホンのように音楽をきくこともできるんです。
補聴器としての性能はタッチマイク式のなかでは最新のトラストシリーズのチップを使用していますので、スマートゲインによる自動環境認識機能で周りの音環境に合わせて最適な音質に自動調整、サウンドシフターによる周波数変換で高音域の聴力低下をサポート、最大9dBの雑音抑制など最新の機能が搭載されています。
タッチマイク式耳あな型補聴器は特許を取得しているので、他のメーカーにはないベルトーンならではの特徴的な補聴器ですね。

リスノングラボ

 

【お問い合わせはコチラ♪】


 

 フォナック バートB50-10 NWO CIC(PHONAK virto B50-10 NWO

  • スイス
  • CICタイプ
  • 2年保証
  • 10A電池
  • ワイヤレス通信不可
フォナック 耳あな型 オススメ
フォナックの小型で目立たないCIC型補聴器です。「バイオメトリックキャリブレーション」を採用し、耳の形状を1600箇所以上解析してシェル(本体)を形成するため、聴力や耳のカタチによりフィットします。オートセンスOSによる自動環境認識機能で周りの騒音を検知し、最適な音質に自動調整します。サウンドリカバー2で高音域の聴力低下の聞き取りをサポート、IP68防水・防塵性能で汗や湿気、突然の雨などから補聴器を守ります。
フォナック 補聴器 特徴
フォナック CIC 見た目
フォナッククロスb a3
>バートB50-10 O CICのポイント!

  • >耳の奥におさまるサイズ
  • オートセンスOSで自動環境認識な音質
  • サウンドリカバー2で高音域が聞きやすい
  • 精密なシェル形成
  • IP68防水・防塵規格を取得

市場相場 280,000円(当店WEB限定価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約75時間
適応聴力 軽~高
指向性 無指向性
チャンネル数 12ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

フォナックのバートB50-10 O CICは耳の奥にすっぽりと収まる小さく目立たない補聴器で、ワイヤレス機能搭載、IP68防水・防塵など、多機能で便利な使い方が可能な機種です。
フォナック社の補聴器の特徴として、自動で周囲の環境を認識して音質を調整するオートセンスOSがあります。周囲の騒音を0.4秒毎に解析し 200以上の音の設定からその場にあった音の設定を「ブレンド」します。「切り替える」のではなく「ブレンド」することによって自然な音質にシームレスで移行するため、自然な聞こえを損ないません。
スタンダードクラスのバートB50-10 O CICは日常生活から騒がしい場所での会話に対応していますが、基本的に一対一の会話に適しています。
難聴者の多くは高音域の聞き取りが低下してきます。高音域が低下するとカ行やサ行といった音の成分に子音を多く含むコトバが聞き取りづらくなってしまいますが、フォナックのサウンドリカバー2は聞こえづらくなった高音域の音を中音域に圧縮・移行し、聞き取りやすくなるようにサポートしてくれます。
本体のカラーはベージュ・レッド・ブルー・クリアの4色から選べるので、左右を別カラーにすれば区別が付きやすく、高齢の方でも間違いにくく扱いやすいと評判です。
IP68の防水・防塵性能とは、粉塵試験装置に8時間入れたあとや、水深1メートルの水中に長時間入れたあとでも修理が必要なダメージが発生せず、水面下での使用が可能なことを示しています。ただし完全防水とはことなりますのでご了承ください。

リスニングラボ スタッフ

お問い合わせはコチラ


 フォナック バートB90 チタンIIC(Phonak Virto B90 Titan IIC)

  • スイス
  • IICタイプ
  • 3年修理保証・2年紛失補償
  • 10電池
  • ワイヤレス通信不可
フォナック 耳あな チタン
フォナックの耳あな型補聴器、バートB90 チタンIICは、補聴器本体の素材に医療用にも使われるチタンを採用することでシェルの強度を保ちつつ小型化し、より小さく目立たないことが特徴の補聴器です。シェルの厚みは従来のアクリル製よりも50%薄く、音声をデジタル処理するチップも60%小型化することによりこれまでにない小型化を実現しています。B90はフォナック補聴器の最上級の性能で、騒がしい場所や音が反響するホールなどでの会話の聞き取りまで対応しています。IP68の防水・防塵企画を取得しているので、万が一水に濡れてしまった場合の故障リスクも軽減しています。
補聴器 耳あな型 最小
フォナック IIC 大きさ
フォナック 耳あな 特徴
バートB90 チタンIICのポイント

  • 耳の奥におさまる極小サイズ
  • 医療用チタン使用で強度を確保
  • フォナック最高の性能
  • 自動環境認識機能で快適性を維持
  • サウンドリカバー2で言葉がより明瞭に
  • プログラム変更可能

片耳市場価格相場 550,000円(当店WEB限定価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約90時間
適応聴力 軽~重
指向性 無指向性
チャンネル数 20Ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

フォナックのバートB90 チタンIICは補聴器の中でも最も小さく、耐久性・強度も高い最上位機種の補聴器です。屋外での風の強い日の会話や音が反響するホールでの会話など、低価格帯の補聴器では聞き取りが難しい環境下に対応しているため、仕事や趣味など様々なシーンで強い味方になってくれます。
小型化を目的としているIIC型のためワイヤレス機器や本体スイッチには対応していませんが、付属のミニコントロールを使用してあらかじめ設定した3~4段階の音を切り替えて使用することができます。
補聴器本体はIP68防水・防塵の国際保護等級を取得しています。粉塵試験装置に8時間、水深1メートルの水中に30分入れたあとでも修理が必要なダメージが発生しないため、万が一水に濡れてしまっても安心です。(※完全防水とはことなります。防水・防塵性能を維持するためには1年毎のメーカーによるメンテナンスをおすすめします。)
最上級のプレミアムクラスのため故障時の修理保証は3年間、紛失時の保証は1年目に紛失の場合で50%引き、2年目の紛失は30%引きで同機種を購入いただけます。
バートB90チタンIICは補聴器としての性能は申し分ないのですが、1台55万円という価格がネックかもしれません。

リスニングラボ

 

【お問い合わせはコチラ♪】


 オーティコン オープン2 IIC(Oticon OPN2 IIC

  • デンマーク
  • IICタイプ
  • 2年保証
  • 10電池
  • ワイヤレス通信不可
オーティコン 耳あな 見えない
オーティコンのオープン2 IIC型は「脳で聞く」という聞こえの根本をテーマに開発されたオープンシリーズの最も小さい耳あな型補聴器です。言葉や音は耳から入り最終的には脳で理解しています。処理能力を従来比50倍に高めたオーティコン・オープンは、きわめて高速かつ精緻な音の情報を届けることで音の意味を理解する脳の働きをサポートします。毎秒100回以上周囲の音を分析し、毎秒12億回以上情報を処理するベロックスチップが、脳で聴く「ブレインヒアリングテクノロジー」を可能にしています。
オーティコン IIC つけた写真
オーティコン 補聴器 性能
オーティコン オープン 聞こえ方
オープン2 IICのポイント

  • 耳の奥におさまる見えないサイズ
  • 脳で聴くブレインヒアリングテクノロジー
  • 周囲の音環境を最適なバランスに
  • 素早い騒音抑制
  • 不快な風切り音をカット
  • IP68防水・防塵性能

片耳市場価格相場 オープン価格(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約90時間
適応聴力 軽度~高度
指向性 360°指向性
チャンネル数 48Ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

オーティコンのオープン2 IICは高性能なベロックスチップの搭載で、言葉を脳で聞き理解するという人が本来持つ聞こえ方に近づけることを可能にしました。
話し相手の方向の音以外をカットする従来の指向性の考え方ではなく、健康な耳と同じように360°全方向の音を補聴器に入れた上で音の大きさやバランスを整え、装用者が聞きたい音や会話を自身の選択で聞き取る、という「脳で聞き理解する」オーティコン独自の考え方で作られた補聴器です。
オープン2 IICは高い性能を維持したまま、目立ちにくい・見えにくいサイズに補聴器を小型化し、耳あな型補聴器特有のこもり感や違和感をおさえています。
補聴器をつけていることを周りに気づかれたくない方、他メーカーでは音質に満足がいかなかったという方にオススメする最新型の補聴器です。

リスニングラボ

 

【お問い合わせはコチラ♪】


 

耳あな型補聴器のメリット

補聴器 k1

耳あな型補聴器には以下のようなメリットがあります。

目立ちにくい

IICやCICで作成すれば、かなり小さく目立たない補聴器になります。

ブラックのフェースプレートに対応している機種であれば、周囲からは耳の穴の影のように見えるため、さらに目立ちにくくなります。

落下による紛失のリスクが少ない

耳穴のまがりに沿ってしっかりフィットするため、しっかり耳の穴に納めれば落下による紛失や故障、破損のリスクを軽減できます。

 

音の集音向上や方向感をえやすい

耳の形は音を集音するために適した形になっていて、耳あな型補聴器はこの耳本来がもつ集音機能を活かすことができます。
音の集音力向上、方向感がつかみやすくなるなどのメリットがあります。

耳あな型補聴器のデメリット

耳あな型補聴器には以下のようなデメリットがあります。

つけ始めは慣れが必要

耳あな型の補聴器は耳の穴を広い面積でふさぐ構造のため、つけ始めは自分の声に違和感を感じたり、こもったように感じてしまうことがあります。
そのため、使用しながら徐々になれていくことが必要な場合があります。

聴力や耳の形・状態によって制限がある

高度難聴や重度難聴の場合、補聴器から大きな音を出す必要があるため、内蔵されるマイクやスピーカーなどの部品も大きくなります。そのため聴力によっては小さなサイズで補聴器を作れない場合があります。

耳あなが極端に小さい・細い場合は、部品をおさめるスペースに限りがあるため小さなサイズで補聴器を作ることが難しいケースがあります。
その他の注意点として、耳アカが柔らかかったり中耳炎などで耳垂れがある場合は補聴器内部に入り込んでしまい、故障するリスクが高くなるため、耳あな型補聴器の購入を考えている方はお店のスタッフと事前によく相談しましょう。

IIC・CICはワイヤレス機器が使えない(一部機種は可能)

小型のIICやCICは、補聴器本体を小さくすることが目的のため、基本的にワイヤレス機能は搭載できません。IICはワイヤレス無し、CICは一部機種のみワイヤレス機能を搭載できますが、ワイヤレス無しにくらべて補聴器本体のサイズは大きくなってしまいます。

 

補聴器相談の流れ

補聴器 相談 どこに

耳の聞こえづらさや違和感を感じたら、まずは耳鼻科で診療をうけましょう。

聞こえづらさの原因によっては病院で治療をうけることで改善する場合があります。治療での聞こえの改善が困難な場合に補聴器を検討しましょう。

補聴器相談の資格を持った耳鼻科医師のいる病院であれば、提携している補聴器店を紹介してくれます。

補聴器相談医とは、日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医の中で、福祉医療・成人老年委員会が作成した講習カリキュラムのすべてを履修し、認定された者です。補聴器相談医制度は、難聴者がそのコミュニケーション障害に有効な補聴器を適正に選択して使用できるように対応することを目的としています。現在4,000名以上の耳鼻咽喉科専門医が認定されています。

全国の補聴器相談医の検索はコチラ

補聴器 試聴 相談

病院での治療で改善できない場合は、補聴器で聞こえの改善ができるか試してみましょう。

耳あな型補聴器はオーダーメイドのため試聴・レンタルすることができませんが、耳かけ型補聴器であれば試聴・レンタルが可能です。

来店からレンタルまでの流れを簡単にご紹介いたしますね。

予約・来店

日時の予定が決まっていれば電話で予約をした上でお店に行きましょう。
待ち時間なく対応してくれます。

補聴器 k1

カウンセリング

普段の生活でどのようなことで困っているのか、希望する補聴器の形や予算など、補聴器を選ぶにあたっての希望を伝えましょう。
このときに、補聴器についてわからないことがあれば質問して疑問点を解決することが大切です。

補聴器 k1

聴力測定

聴力を測定し、コトバの聞き取りの測定を行こないます。結果をもとに補聴器を選び、調整します。

補聴器 k1

試聴

調整した補聴器を実際に付けてみて、どのように聞こえるかを試します。
ここで聞こえ方や音の大きさなどの微調整を行います。

補聴器 k1

レンタル

当店では1週間を目安に補聴器の無料貸出を行っていますので、普段の生活の中で補聴器が役に立つのかどうかをお試し頂けます。

補聴器 k1

返品・交換について

耳あな型補聴器は一人ひとりの耳のカタチに合わせて作るオーダーメイド補聴器のため、試聴・レンタルができません。

そのかわり当店ではご購入いただいたあと、納品日から90日以内であれば返品・機種交換に対応いたします。

耳あな型補聴器を作ってみて、思っていた聞こえ方と違ったり、耳かけ型の補聴器が良かったということであれば自由に返品・機種の交換が可能です。

まとめ

補聴器 K1

耳あな型補聴器についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
オーダーメイドの耳あな型補聴器は、一人ひとりの聞こえや耳の状態、要望にあわせて細かく希望を叶えられるところが最大のメリットです。
補聴器は体の一部として毎日使うものですので、できるだけ耳に馴染んで心地よく快適に使えるものを選びたいですよね。
補聴器選びはときに根気が必要な場合がありますが、自分にピッタリの補聴器が見つかればより快適な聞こえでコミュニケーションが楽しくなります。

耳あな型補聴器を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。