補聴器のセカンドオピニオン【他店購入品の再調整】

補聴器 セカンドオピニオン

補聴器のセカンドオピニオンは、他店で購入した補聴器も調整や修理をおこなうサービスです。
他の補聴器専門店で購入したけど思うような聞こえにならないとか、引っ越して通いにくくなってしまったというご相談はとても多いです。
秋葉原補聴器では他店で購入した補聴器でお困りの方にも補聴器の再調整や修理を受けておりますので、お気軽にご相談ください。

補聴器を購入したあとに、きこえの改善がいまいち感じられないことや、こもっている感じや響く感じがして複数回調整をしていても改善しないことがありますね。
補聴器を使っているユーザーさんのなかには、たてつづけに調整しているとクレームを言っているようで申し訳ない気持ちになってあきらめてしまったり、自分が思っている聞こえの要望をうまく汲んでもらえずに調整がうまくいかないことがあるみたいですね。自分で調整ができればもどかしくないのですが、専門的な機器で調整するためご自身で調整してもらうわけにもいかないのです。

ただ自分が思うような聞こえを追求してよりよい生活をするためにあきらめてはいけません。

 


他店で買った補聴器でお困りではないですか?

  • 購入したお店で補聴器の調整をしてもうまく行かない
  • 購入したお店に行きにくい
  • 遠くに引っ越してしまったので購入した補聴器店が遠くなった
  • 何度調整しても調子が悪くなっていく
  • 補聴器のクリーニングやメンテナンスをしてもらいたい
  • 購入した補聴器店に補聴器技能者が在籍や常駐していない
  • 担当していた人が異動して詳しい人がお店になくなった

このような事があれば秋葉原補聴器にお任せください。知識と経験をもった認定補聴器技能者が調整をして、あなたによりよい補聴器を使っていただくお手伝いいたします。

 

補聴器セカンドオピニオンの流れ

補聴器のセカンドオピニオンでは、他店購入の補聴器でも初回1万円・二回目以降5千円で再調整を行うサービスです。
他店購入の補聴器を修理する場合は、メーカー保証内は手数料無料、保証期間以降は5千円の手数料で修理出しを代行いたします。
ただし当店取扱いメーカー以外の調整はお受けできませんのでご了承ください。

※セカンドオピニオンで調整して1週間は再調整無料です。
※補聴器の保証書をご用意ください。

お問い合わせ・ご相談

tlp321
補聴器のセカンドオピニオンは予約制としておりますのでメールまたはお電話でお問い合わせください。
その際に補聴器を使用していてお困りのことをなんでもお話ください。
セカンドオピニオンの予約は候補日時を3ついただき日程調整いたしきます。

このとき取り扱いメーカーであることや使用されている機種についても確認いたします。
機種名などの説明ができるよう説明書や保証書の用意し、本体の機種名を控えておいてください。

秋葉原補聴器の取扱いメーカー

  • フォナック
  • オーティコン
  • GNリサウンド
  • シグニア
  • ベルトーン
  • ユニトロン

来店・補聴器の持ち込み

tmktms21as1ga

ご予約の日程でご来店いただき、問診票のご記入してもらいカルテを作成します。
あわせてカウンセリングをしてまいりますので、詳しく補聴器で困っていることをお話ください。

個人情報の記入をするため、秋葉原補聴器での個人情報取り扱い規約の確認をしていただきます。個人情報は適切な保管・管理をいたしますのでご安心ください。

補聴器の点検・確認

chckh12

まず補聴器の点検や調整状況を確認です。
この時点で故障が発覚した場合は、メーカーでの修理してから補聴器の調整をおこないます。補聴器の点検して異常がなければ調整する準備をすすめていきます。

聴力測定

hrmth12
聴力にあわせて調整をするために聴力測定をしていきます。なお最近他店で聴力測定をしている場合でも必要です。

3畳ほどの防音室でヘッドホンをしてピーピーやキーキーなどの発信音を聞き取る純音聴力測定と、ことばひとつを聞き取る言葉の聞き取りテスト(語音明瞭度測定)の2種類をおこないます。所要時間は20分程度です。

感染症の流行などの理由がある場合は考慮して測定場所の変更いたします。もし狭い場所が苦手な場合もおもうしつけくださいね。

補聴器のフィッティング確認

 

fitd21

補聴器のフィッティングを確認していきます。
装着していて耳から外れやすかったり、耳栓のサイズが適正でないと補聴器がうまく使えないこともあります。

フィット感が聞こえにくさやこもり感、音の響く感じの原因になっていることもあるのでチェックが必要です。
必要があればケーブルやチューブの長さ、耳栓のサイズは変更していきます。

補聴器の調整

聴力データに合わせて補聴器の調整を行っています。耳栓などの細かな設定の変更も反映させ、最適な音質に調整していきます。
カウンセリングでえた聞こえの問題点を再調整によって改善するため、いくつかの解決の方法を試しながら調整をしていきましょう。

聞こえの改善・確認・再調整

tesyr1s

店内や店外で聞こえの確認をしていきます。
会話をしているときの問題点やこもる感じ・響く感じに変化があるかを確認していきます。
静かな場所だけでなく騒がしい場所でも試して、改善がみられるまで再調整していきましょう。
またスピーカーとテスト音源を使用した効果測定をしてデータ化することも可能です。

納得のできる調整状況であればご自宅や仕事場での聞こえを確認してもらいます。
なお調整後1週間以内にご連絡をもらった場合、再調整は無料でおこないますのでお気軽にお申し付けください。

 

セカンドオピニオンにお越しの際に必要なもの


ご来店の際に必要なものは以下の通りです。

  • 補聴器の保証書【必須】
  • ご住所の確認できるもの【必須】
  • 耳鼻科での検査データ

保証書やご住所の確認できるもの(免許証など)はカルテ作成時や修理対応時に必要です。修理代替機をお貸し出しするために住所確認をしておりますので、あらかじめご準備をお願いします。
またお持ちでしたら直近3ヶ月程度の病院の検査結果もお持ちください。

 

まとめ

endf22

補聴器のセカンドオピニオンでは、調整がうまくいっていないけど、聞こえの改善に積極的にしたいと感じているかたのために根気強く調整するよう心がけています。

再調整をして聞こえに合わせた補聴器を使えば、より円滑で楽しい話ができるでしょう。

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。