補聴器の買い替えにはローンやクレジットが利用デキル!

補聴器の買い替えはローンやクレジットでオトクに購入しよう!補聴器は機能が豊富で聞こえやすさを向上しやすいもので選べば、高価格になりやすいですね。このサイトでは補聴器の買い替えでローンやクレジットを利用した購入方法のご紹介しています。

補聴器 買い替え ローン A1

補聴器の買い替えで悩ましいことは値段のことですね。
補聴器の値段はピンからキリまであり、ネットとかで安く売っている集音器のようなカンタンなものから、しっかりとした医療機器としての補聴器は数十万円と価格はかなり幅広いです。
もしあなたに最適な補聴器を選ぶならば、本格的な補聴器が必要になり大きな出費は免れません。
購入するときの負担が少しでも少なくできる方法としてローンやクレジットを利用した購入方法があります。
購入費用がないために、両耳難聴だけど片方だけ補聴器をしようと思っていた方や、医療機器としての補聴器が気になっている方はしっかり理解して活用するといいでしょう。

ここからは補聴器の買い替えタイミングを教えします。

補聴器の買い換え時期について

補聴器 買い替え ローン 買い替え時期

補聴器を買い替えするタイミングは人それぞれありますが、聴力の変動や補聴器の不調による買い替えケースが多いですね。

補聴器を問題なく使える期間は5年間とされていて、これを耐用年数といいます。
耐用年数を超えるとメンテナンスをしても故障が頻発してしまうことがあるでしょう。
また耐用年数の間は、メーカーでは修理の費用がすくなくなるよう無償修理期間をもうけたり、定額費用での修理サポートを着けてくれています。
しかし耐用年数がすぎると修理用のパーツが無くて修理できなかったり、壊れた分だけ費用がかかるので高額の修理費を請求されることもあるんですよね。

補聴器を新調すれば性能も上がりますから、買い替えのタイミングが来たと思って行動してみましょう。

補聴器の限界について

難聴はずっとそのままということはなくて、年をかさねるごとに少しずつ悪くなってしまうこともあります。
補聴器をいくら調整しても、良く聞こえないということがあれば補聴器の限界かもしれません。
補聴器はあらかじめ決められた聴力に対応できるように設定されています。
いまの補聴器で、聞こえをカバーできないことが増えてしまったら、買い替えの必要があるでしょう。

補聴器の値段で性能が変わる

補聴器を買い替えするにも、値段が幅広いためどんなものがいいか悩むこともあるでしょう。
補聴器の値段の違いは性能や機能の差です。
高価なほど豊富な機能と性能で聴きやすさが向上するんですね。
性能が高いほど騒がしい中での聞き取りがしやすくなるので、あなたの生活環境に合う性能の補聴器を選ぶことがヒントになるでしょう。
それではココカラは補聴器にローンで使う購入方法をご紹介しますね。

 

補聴器の買い替えはローンを使う

補聴器は、利便性に富むものや自分に合うものを選ぼうと思えば、性能が高くなり必然的に高価な値段になってしまうこともあります。
そうなれば資金が足りなかったり、生活の基盤が崩れてしまうのを恐れてしまいますね。

そんな時に初期費用を抑えられるショッピングローンや、クレジットカードでの分割払いを使うことがオススメです。
補聴器は医療機器ですが、ショッピングローンやクレジットカードを利用して購入することができるんですよ。

それではショッピングローンでの購入までの流れをご紹介します。

ショッピングローン分割購入する方法

ショッピングローンは信販会社や保証会社が取り扱っているサービスです。
分割で支払えるので大きな買い物をしたときにも、日々の負担が少なくて済みますね。
まずはローンを利用するまでの流れをごらんください。

ショッピングローン申請の流れ

1.補聴器の販売店でローンを申請する

2.信販会社(ローン会社)の審査を受ける

3.限度額の範囲内で商品を購入する

このような手順で補聴器の購入をしていきます。
ショッピングローンでの分割は手数料が低いことや、一般的なクレジットカードでの分割払いより分割回数が多いのが魅力ですね。
お店によっては手数料が無料というところもあってお得な購入方法なんです。

しかしローンの審査ではだれでも通るというわけではなく、返済の条件をクリアできる状況でないといけません。
注意点について紹介していきましょう。

ローンの審査にして

ショッピングローンの審査とは、ローン申込者に「返済を続けられるだけの収入と意思」があることを調査する手続きですね。
具体的には収入状況や住居情報、過去に行ったお金関連の取引状況を確認されて判断がおります。
たいていの人であれば問題ないのですが、決まった収入がないひとや携帯電話やクレジットかカード、家賃の滞納があったりすると難しいかもしれません。
また他のクレジット会社など、複数のところからお金を借りているときは審査が通りにくいので注意しましょう。

ローン審査は、最速で30分くらいで審査が終わるので比較的早い審査ですね。
ただし収入によって購入できる上限金額が決まってくることもあるので注意しておきましょう。

クレジットカードの分割

皆さんにとって身近なものですね。
ショッピングローンと違って、カードを所有していれば購入するときに審査は必要ないです。
すこし手数料が高いこともありますが、そのぶん購入した金額がマイルやポイントに還元されるカードも多いので積極的に利用している人もいるでしょう。
購入するお店では分割対応できる回数や対応するカード会社が決まっていることもあるので注意しましょう。

それではここからは購入する際にもっとお得に購入する方法を紹介していきます。

 

補聴器購入で使える助成金・補助金について

補聴器 買い替え ローン お得な購入方法

補聴器の購入に補助器や助成金があるのはご存知ですか?
難聴の程度や申請をすれば補助金や助成金を受け取れるかもしれません。
ここでは簡単にですが紹介していきますのでご参考にしてくださいね。

補聴器の補助金について

補聴器の補助金は、障害者手帳を発行してその後に申請することができるものです。
障害者手帳の発行も補助金の申請の手続きも、お住まいの福祉事務所で相談して、その後に指定された耳鼻科の診察を受ける必要があります。
補助金の制度では、補助金の金額で購入できる特別な補聴器の販売をしてもらうこともできます。
また難聴の程度によって、受けられる補助金額が異なるので詳しい申請方法や条件に関してはこちらのリンクから詳しく調べてみてください。

補聴器の補助金について

補聴器の購入助成金について

お住まいの自治体によっては補聴器の購入助成金があるかもしれませんのでチェックしてみましょう。
障害者手帳に該当しない難聴で、年齢や所得によっては自治体独自でやっている助成金を申請することができます。
この場合も補聴器相談医という専門的な耳鼻科の先生の意見書が必要なケースがあるでしょう。
お住まいの自治体の役所に障害福祉課または障害支援課というのがあるのでお問合せしてみるといいでしょう。

ここからは補助金で購入できる補聴器についてをご紹介していきますね。

 

補助金で購入できる補聴器と高価な補聴器の違い

A1

補助金制度でのみ購入できる補聴器を福祉補聴器といいます。
通常の値段から考えるとかなり格安で購入することができるので、買い替えを5年に一度行うと考えても負担が少ないですね。
この補聴器はすこし普通の補聴器とは異なる点があるので紹介していきましょう。

型落ちだから安く購入できる

福祉補聴器は、一般的にカタログで掲載されなくなったいわゆる型落ちの補聴器を格安で購入できます。
やはり高価な補聴器とは異なり旧世代の性能であるため、利便性や聞こえを比較してしまうと差が出てしまうかもしれません。
しかし聞こえを補助するには十分な性能ですから、利便性を求めず必要最低限の機能でよい方はこの補聴器を利用するのがいいでしょう。
またメーカーのほとんどが対応機種を出していて特徴に違いがあるので、比べてみるのがオススメですね。

ここからは買い替えで注意すべき点に関してです。

 

補聴器の買い替えで注意すること

補聴器 買い替え ローン 注意事項

買い替えで注意すべきことは、補聴器自体が新しくなって、機能や性能が上がったことでの変化が大きいことです。
機能が増えたり本体が小さくなって利便性が上がりましたが、操作や取扱が難しいことがあります。
またいくら性能が良くてもあなたにとってその補聴器が最適かは実際に使用するまでわかりません。

使ってはじめてわかることを購入前に知るために、補聴器のレンタルを利用することがオススメです。

補聴器の買い替えにはレンタルを利用すべし!

補聴器はレンタルのサービスがあります。
静かな店内の試聴だけでは、実際の生活環境で本当に使えるのか判断できかねますから、レンタルのサービスによって試す期間を設けるのがいいでしょう。
買い替えはとくに使い慣れた補聴器とは違うものに変えますから、違和感や使い方に慣れるこちとができそうかや、実際にあなたに合う聞こえなのかを事前にチェックしましょう。

 

まとめ

補聴器の買い替えにローンやクレジットを利用する方法の紹介してきました。
補聴器の買い替えでは、ショッピングローンを利用すると低い手数料で分割できるので購入しやすくなりますが、審査が必要なので注意しましょう。
またクレジットカードは手軽でポイント付与などの特典もあるので利用しやすいですね。
購入の初期費用が抑えられるので予算不足で必要な補聴器が買えないとか、日々の生活が軽減される分買い替えがしやすくなると思います。
また補助金などで負担をもっと減らせる人もいるので調べておくに越したことはありません。

今回のことを参考にしてもらって、新調した補聴器で聞こえの不自由さがない毎日を送ってくださいね。

もし補聴器の買い替えでわからないことがあれば、下に設置してある問合せボタンからお問い合わせてしてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

補聴器 買い替え ローン まとめ

 

コメントは受け付けていません。

問い合わせ

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる東京の秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。 スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店 台東区、文京区、墨田区、荒川区などの東京都内のお客様はもちろん、近隣県からのお客様も大歓迎です! ■営業日 水〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日・火曜日
■TEL 03-5298-5573
 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分


大阪店はこちらの画像をクリック