補聴器の買い替え時期と値段が異なる理由【読むだけでワカル】

補聴器を買い替えする時期と値段が違う理由をお教えします!
補聴器は故障しやすくなったり聞こえの変化による買い替えはやむを得ませんが、高額な補聴器を簡単に買い替えするのはためらいますよね。
当サイトでは認定補聴器技能者が、あなたに値段の違いや適正な補聴器の選び方を解説しています。

補聴器 買い替え 値段

補聴器を利用して数年が経過すると調子が悪くなって声が聞き取りづらくなったことはありませんか?
補聴器の買い替えはいずれしなくていけませんが、経済的な負担も考えてなるべく安い値段でいいものを購入したいですよね。
補聴器の値段や必要な予算、新しい機種の違いについて知ることであなたにとってどのような補聴器が買い替えの要望に合うのか理解できるはずです。

さいごまでお付き合いいただければ、あなたは買い替えマスターになれます。
ぜひ最後までお読みください。

ここからは補聴器の買い替えのタイミングについて紹介していきますね。

補聴器の買い換えのタイミングについて

補聴器 買い替え 値段 買い替えの悩み

補聴器の買い替えをする理由は、人それぞれあるのです。
実際に補聴器には耐用年数という寿命が設定されていて、だいたい5年といわれています。
しかしそれより短い期間で買い替える人もいれば、過ぎてから買い替えするという人もいるんです。
どのような理由があって買い替えするか、代表的な理由や原因を紹介していきますね。

補聴器は聴力に合わなくなってしまう

補聴器は対応できる聴力レベルが決まっているため、聴力が変わって聞こえが悪くなってしまうと補聴器の買い替えが必要です。
いくらお店で調整してもイマイチ聞こえが改善できないというときには出力不足で、あなたに合わない補聴器になっていますね。

補聴器の故障が頻繁におこる

補聴器の故障し、短い期間でよく修理に出している場合も買い替えを検討される方が多いですね。
補聴器は経年つかうと劣化して故障率が高くなるんです。
修理する部品が増えたり、心臓部になるパーツの故障で修理費が極端にかかってしまうケースは買い替えしてしまうほうがいいこともあります。

古い補聴器だから修理が受けられない

カタログの掲載しなくなった補聴器は生産が終了になってしまいます。
生産終了にあわせて修理用のパーツも徐々に供給がなくなってしまうため、修理が受けられないと買い替えが必要ですね。

手持ちの補聴器は取り扱いがしにくい

なんらかの理由で補聴器を着けることが難しいとか操作するのが難しくなってしまった場合には、誤操作や正しい使い方ができないため買い替えを必要とすることがあります
ケガや事故で耳の形状が変わってしまったり、手がうまく動かないなどの理由があれば、形状をかえたり操作のしやすい補聴器に変更することになるでしょう。

新しい補聴器のほうが日常生活に合っている

職業が変わって今の形状では使いにくいとか、生活上で補聴器の新しい機能が便利で取り扱いしたやすいということで検討される方もいるんですよ。
とくに最近の補聴器では便利な機能が多いため、コストはかかりますが、積極的に買い替えをしたいと考えている人も少なくありません。

さまざま理由はありますが、買い替えはきこえを良くできるタイミングでもあります。
ここからは、買い替えを検討しているあなたが知るべき補聴器の値段の違いについて説明しますね。

 

補聴器の値段の違いと買い替えの相場

補聴器 買い替え 値段 わからない

補聴器の買い替えを悩ましくするのは値段の問題です。
補聴器は値段の幅が広く、数千円なんてものもあれば目玉が飛び出そうな値段のものありますよね。
実際に値段の違いに影響しているのは補聴器の性能で、高価なほど性能は飛躍的によくなり聞こえの快適さはひとしおです。

また5年以上前の古い補聴器と最新の補聴器は性能が雲泥の差になっているのはご存知ですか?
5年前当時の上位機種が最新の安い機種と聞こえが同等なんてことはザラにあるので、性能は据え置きでとお考えの方は安く上がるかもしれません。

補聴器の買い替えの相場について

補聴器の買い替えの予算として考えられるのは、今の補聴器と同じくらいの値段のものに買い替えを検討していることが多いようですね。
ただし今の補聴器から考えて、こういった機能があればとか聴力の変化の具合によっては少し高い補聴器を選ばなくてはいけないこともあります。

最近の補聴器の相場でいえば、片耳15万円~35万円くらいの機種が普及している値段帯の補聴器です。

 

買い替えするのにオススメの最新補聴器について

補聴器 買い替え 値段 オススメ

補聴器はさまざまな要望を満たす補聴器が出てきています。
最近のもので一番要望が高かったものは充電できる補聴器ですね。
今回は価格が安くお得な補聴器でオススメのものをご紹介していきますね。

オススメの補聴器3選!

値段をなるべく抑えて使いやすい補聴器を、最新の補聴器や便利な機能のあるものからを3つご紹介しますね。
買い替えの参考にしてください!

フォナック ヴィータス
片耳:88,000円(非課税)
補聴器 買い替え 値段 ヴィータス

フォナックでも最新のチップ搭載の耳かけ型補聴器
内部で使用できるプログラムを最小限にしているので安い価格で提供できる補聴器です。
静かな場所をメインに使用される方はこのモデルでも十分に聞こえをカバーできます。
ただしチャンネル数が少ないので聴力によっては音質が合わせにくい。

シグニア プライマックス2 セリオン
片耳:200,000円(非課税)
充電器:43,200円
補聴器 買い替え 値段 セリオン2

リチウムイオン充電式の補聴器で電池交換不要のセリオンはイチオシです。
価格は少し高くなってしまいますが、その分の性能、手間のなさが魅力ですね。
充電器に置くだけで充電出来て、取り出せば自動で電源が入るので高齢の方でも取り扱いは簡単です。

フォナック ベンチャー V30
耳かけ型 片耳:138,000円(非課税)
耳あな型 片耳:158,000円(非課税)
補聴器 買い替え 値段 フォナック ベンチャー

2015年モデルの型落ちですが、最新モデルのベースになっているICチップを利用しているので性能は折り紙付き。じつは最新のヴィータスより性能は高いんですよね。
オートセンスOSという周りの音を解析して最適な音にしてくれる自動プログラムがあるので、プログラム変更やボリューム変更が必要ないとても便利な機能はオススメの理由ですね。
耳かけ型と耳あな型が選べるので好きな形状や出力別で選べるもポイントです。

 

以上がオススメできる補聴器でした。
買い替えの際には参考にしてくださいね。
さらにここからは買い替えでオトクに購入できる方法をご紹介していきますね。

補聴器をオトクに買い替えする方法

補聴器 買い替え オトクに買う方法

補聴器の買い替えには補助金や助成金、医療費控除が利用できることをご存知でしょうか。
条件に当てはまれば、あなたも買い替え時の負担を少なくすることができるかもしれません。
ここではオトクに買い替えするための方法をお教えしますのでぜひ活用してくださいね。

補聴器の買い替えに補助金や助成金が使える!

補聴器の買い替えに補助金や助成金があります。
ひとつは障害者総合支援法で、障害者手帳の発行をした後に役所に申請をすることで受けられる補助金の制度です。
補助の金額が多いのですが、障害者手帳を発行できる程度の難聴でないと使えません。
難聴の進行があって買い替えする人は手帳に該当するか病院で調べてもらうのがいいですね。

もう一つは地方自治体で行う購入助成金の制度です。
自治体で独自におこなうもので、申請の要件に年齢制限や所得制限があります。
代表的なのは、東京都千代田区の補聴器購入助成金や、横浜市の訓練・介助器具助成制度などですね。
お住まいの自治体の福祉課または障害支援課などにたずねてみるといいでしょう。

補聴器の補助金についてはこちらから→補聴器の補助金制度について【スグにワカル】

補聴器の買い替えで医療費控除を申請する

補聴器の購入費用を医療費控除に申請できることが平成30年より決まりました。
補聴器の購入前に、補聴器相談医という専門の先生のところにいって、意見書を書いてもらうことで申請が可能になったので、購入時の負担を控除額に加算して次の年の負担は大きく減らすことができますね。

補聴器を医療費控除に使う方法についてはこちらから→補聴器の購入費を医療費控除に申請する方法【わかりやすい解説】

補聴器の買い替えで分割払いが使える

補聴器の販売店によっては、補聴器の分割払いに対応しています。
クレジットカードでの分割はもちろん、無金利のショッピングローンや3~4年の長期ローンを取り入れているお店もあるのでカードが無くても分割払いで購入することができますよ。

それではここからは買い替えで失敗しないための相談先についてです

 

補聴器の買い換えは補聴器専門店へ相談しよう。

補聴器 買い替え 相談

補聴器の買い替えを失敗や後悔せず行うには、補聴器の知識が豊富なお店で購入することがカギですね。
オススメするのは補聴器のプロフェッショナルがやっている補聴器専門店です。
とくに認定補聴器技能者がいるお店は、購入前の機種選びのアドバイスや購入以後のアフターケアや調整などは知識と経験があるので安心できます。

補聴器専門店でレンタルして購入するのがもっとも失敗しにくい

補聴器は購入前に試聴・レンタルができます。
いくら最新の性能が高い補聴器でも取扱いができるか、聞こえがあなたに合うかは使ってみないことにはわかりません。
実際の生活に合う補聴器を選ぶことが買い替えのポイントですから、レンタルを活用するのがいいでしょう。

 

まとめ

ここまで補聴器の買い替え時期や値段での違いなどをお教えしましたがお役に立てそうですか?

補聴器の買い替えは、誰しもがいずれ必要なることです。
補聴器の性能は値段に比例しますので、あなたに合う補聴器は予算の範囲で選べるのか吟味する必要があるかもしれません。
すこし費用が足りないということがあれば補助金制度や、分割購入で負担を減らし見るのがいいでしょう。

補聴器を買い替えすることで、いままでよりも聞こえが充実してスムーズな会話ができる毎日が待っています。

a1

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
もし買い替えのことでご相談があればお問い合わせくださいね。

コメントは受け付けていません。