10万円以下で購入できる補聴器!【売れ筋おすすめの商品】

10万円以下 補聴器

 

10万円以下で購入できる最新補聴器の売れ筋おすすめの商品をご紹介しています。
10万円以下で購入できる補聴器は使い方と性能がマッチすれば十分に聞こえを改善する機能を搭載しています。
補聴器の使い方というとイメージしづらいかもしれませんが、静かな場所のみで使用するのであれば高価な補聴器も安価な補聴器もさほど聞き取りに差が出るわけではないんです。10万円以下で購入できる補聴器の選び方とオススメ機種をご紹介していきます。

 

補聴器の値段のちがい

tme01

 

補聴器の値段のちがいについてご紹介します。
管理医療機器として認められている補聴器の値段は約7万円~50万円ほどと幅が広く、それぞれに搭載されている機能に差があるんです。

1台30万円以上の高額な補聴器は、騒がしい場所や音が反響するホールや会議室などでも快適に使用できるための機能など、複雑な音の環境下での言葉の聞き取りをサポートする機能がついています。

10万円以下の補聴器は、聴力に合わせた調整やハウリングキャンセルといった基本的な機能に限定することで価格をおさえているんですね。

屋内や室内での使用がおもな目的の場合は10万円以下の補聴器でも十分きこえを補うことができるんです。

 

補聴器選びで大切な3つのポイント!

tme02

 

補聴器を選ぶにあたって大切な3つのポイントをご紹介します。

購入前の知識として知っておきましょう。

 

補聴器の形状

補聴器の形状は大きく分けて耳かけ型・耳あな型があり、それそれサイズや形状ごとに細かくわかれています。

耳かけ型補聴器

tme10

 

耳かけ型補聴器は小型・軽量で目立たないRICと、扱いやすいサイズでつけ外しがしやすいBTEの2種類があります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

耳かけ型補聴器
の種類
耳掛かけ型RIC
ric
耳かけ型BTE
bte2
特徴・小型で目立ちにくい
・軽くて自然な装用感
・耳アカが多い・湿っていると故障しやすい
・耳垂れがあると故障しやすい
・メガネやマスクのジャマになりやすい
・あつかいやすい大決めのサイズ
・高度~重度難聴にも対応
・サイズが大きく目立ちやすい
・メガネやマスクのジャマになりやすい
向いている方・補聴器を目立たせたくない方
・軽度~中度難聴の方
・高度~重度難聴の方
・細かな作業が苦手な方
向いていない方・重度難聴の方
・耳垂れがある方
・メガネやマスクをよく使う方
・補聴器を目立たせたくない方
・メガネやマスクをよく使う方

 

耳あな型補聴器

tme11

 

耳あな型補聴器はサイズが小さい順にIICCICITCITEの4種類があり、それぞれに特徴があります。

耳あな型補聴器の
種類
IIC
IIC
CIC
cic
ITC
itc1
ITE
ite
特徴・超小型サイズ
・外からはほぼ見えない
・小型サイズ
・目立ちにくい
・扱いやすいサイズ
・つけ外しがカンタン
・扱いやすいサイズ
・つけ外しがカンタン
向いている方・補聴器を目立たせたくない方
・マスクやメガネをよく使う方
・細かい作業が苦手な方
・中度~高度難聴の方
向いていない方・細かい作業が苦手な方
・高度~重度難聴の方
・軽度難聴の方・軽度難聴の方
・耳垂れがある方
耳かけ型のRICと耳あな型補聴器はスピーカーが耳あなに入る形状のため、耳垂れがある方・耳アカがやわらかい方は故障の原因となる場合がありますので注意が必要です。

 

補聴器の用途

補聴器を使用する用途が、屋内での会話のみなのか、屋外での使用や仕事・会議などでも使用するのかで選ぶ補聴器は変わってきます。

用途が屋内での使用や騒がしくない場所に限定されている方であれば、10万円以下の補聴器を試してみることをオススメします。

試聴やレンタルで実際に使ってみて、ご自身の用途にあった性能の補聴器を選ぶことが大切です。

補聴器の用途日常生活での使用
・屋内
・静かな街中
騒がしい場所でも使用する
・仕事や会議
・騒音の多い屋外
特別な条件下でも使用する
・車の中
・ホールや会議室など音が反響する場所
補聴器の価格の目安~約10万円約10万円~約30万円約30万円~約50万円
騒がしい場所での聞き取り3kaku1maru2maru

 

補聴器の価格

形状・用途が合う補聴器が見つかれば、あとは予算内の価格であることも重要ですよね。

今回は10万円以下の補聴器をご紹介していますので、10万円が予算の上限という方はぜひご参考ください。

予算をオーバーしてしまわないように、試聴やレンタルで実際に試しながら補聴器を選んでいきましょう。

10万円以下で選ぶ人気おすすめ補聴器4選!

tme03

 

10万円以下で購入できる補聴器のオススメ機種をご紹介します。

スターキー Muse 1200 耳あな型 (Starkey Muse 1200)

  • アメリカ
  • 耳あな型
  • 1年保証
  • 10ch
tmeh12
スターキーの低価格帯補聴器がMuse 1200です。耳あな型すべての形状(IIC・CIC・ITE・ITC)が選べます。ハウリング抑制やボイス強調、高音域が聞き取りやすくなるスピーチシフト機能を搭載し、10万円以下の耳あな型補聴器の中ではトップクラスの性能を搭載しています。耳の上で補聴器とマスクやメガネが干渉しないため快適な装用感もおすすめポイントです。
Muse1200のポイント!

  • 10万円以下のオーダーメイド補聴器
  • 選べるカラーシェル
  • 高周波数変換:スピーチシフト
  • ハウリング抑制
  • ボイス強調機能

片耳市場価格相場 92,000円

当店価格はお問い合わせください。

電池寿命 IIC(10A電池) 70~75時間

CIC(312電池) 125~145時間

ITC(13電池)  225~240時間

ITE(13電池) 225~240時間

適応聴力 高度難聴
チャンネル数 12ch
オススメ度

メーカーサイトはコチラ


 

フォナック ヴィータス BTE (PHONAK Vitus BTE)

  • スイス
  • 耳かけ型BTE
  • 2年保証
  • 8ch
tmeh13
フォナックのヴィータスBTEは搭載機能を厳選することで価格をおさえたモデルです。指向性をつかって対面での会話を聞こえやすくするウルトラズーム機能、ホイッスルブロック機能でハウリング抑制、ワイヤレスマイクシステム「ロジャー」対応など、基本的な機能をしっかり搭載しています。
フォナック ヴィータスのポイント!

  • 最大プログラム数4
  • 正面の声が聞こえやすいウルトラズーム
  • IP68の防水・防じん性能
  • ハウリング抑制機能
  • ロジャーマイクに対応

片耳市場価格相場 88,000円
当店価格はお問い合わせください。
電池寿命 312電池タイプ 90~130時間

13電池タイプ 190~220時間

適応聴力 軽度~高度難聴
指向性 環境適応型指向性
チャンネル数 4ch
オススメ度

メーカーサイトはコチラ


 

ベルトーン オリジン2-75D (Beltone Origin2-75D)

  • アメリカ
  • 耳かけ型BTE
  • 1年保証
  • 4ch
tmeh02
ベルトーンのオリジン2-75Dはシンプルな機能であつかいやすい補聴器です。つけ外しがしやすいサイズ感と、ダイヤル式のボリューム調整でどなたでもカンタンに操作ができるBTEサイズの耳かけ型補聴器です。環境に対応できる指向性と雑音抑制機能の組み合わせで会話に必要な機能がしっかりついています。あまりにも騒がしい環境で使わなければ快適にお使いいただける補聴器です。
オリジン2-75Dのポイント!

  • 最小限の機能で安価
  • ナノコートで汗や湿気に強い
  • 操作しやすいダイヤル式ボリューム
  • 逆位相ハウリング抑制
  • 周囲の環境に合わせた指向性

片耳市場価格相場 79,000円
当店価格はお問い合わせください。
電池寿命 最大約230時間
適応聴力 軽度~高度難聴
指向性 環境適応型指向性
チャンネル数 4ch
オススメ度

メーカーサイトはコチラ


 

スターキー リビオ1000a 耳かけ型RIC/BTE (Starkey LIVIO1000a RIC/BTE)

  • アメリカ
  • 耳かけ型RIC/BTE
  • 1年保証
  • 10ch
tmeh01
スターキーのリビオ1000aは10万円以下で購入できる目立たない耳かけ型RICの補聴器です。補聴器をとにかく目立たせずに使いたい方にオススメの機種です。機能はハウリング抑制・スピーチシフト・ボイス強調など、スターキー補聴器の基本的な機能が搭載されています。扱いやすさを重視したい方にはRIC型と同じ価格で購入できるBTEタイプがオススメです。
リビオ1000aのポイント!

  • 目立たない小型のRICが選択可能
  • ハウリング抑制機能
  • ボイス強調機能で小声をキャッチ
  • IP58(RIC)・IP68(BTE)防水防じん
  • 全5色から選べるカラー

片耳市場価格相場 92,000円
当店価格はお問い合わせください。
電池寿命 RIC(312電池) 100~110時間

BTE(13電池) 180時間

適応聴力 軽度~高度難聴
指向性 ダイナミック指向性
チャンネル数 10ch
オススメ度

メーカーサイトはコチラ


 

片耳補聴器を両耳補聴器へ

tme04

人間の耳は左右2つが連携しあって正確な音の方向や距離感を把握しています。
そのため補聴器は両耳での装用が基本ですが、聴力の状態や予算によってはまずは片耳で使用をはじめる方も多いんです。

両耳装用にくらべて補聴器の効果が落ちてしまうデメリットもありますが、必ずしもはじめから両耳で使用する必要はないんですね。
まずは片耳で使いはじめて、なれた頃にもう片耳にも補聴器をつけることも可能です。

 

補聴器を長くお使いいただくために

tme05

補聴器は毎日長時間使用するため、故障や不具合を防ぐために日々のお手入れが大切になります。

耳アカ詰まりや汚れの侵入などが原因で補聴器から音が出なくなってしまうこともありますので、音の出口のクリーニングや汚れの拭き取り、夏場や湿気の多い時期には専用の補聴器乾燥ケースにいれてケアをすることで故障のリスクを減らし、補聴器を長くお使いいただけます。

 

まとめ

tme06

10万円以下で購入できる補聴器のおすすめ機種をご紹介しました。
補聴器は高額なイメージがありますが、使用する用途によっては価格をおさえた補聴器でも聞き取りの改善が期待できます。
手頃な価格で補聴器を購入して聞こえが改善できれば、毎日の生活の質が向上してより快適に過ごせるのではないでしょうか。
補聴器購入の際の参考にしていただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。