20万円以下で購入できる補聴器の人気おすすめ!

20万円 補聴器 おすすめ

20万円以下で購入できる最新補聴器の売れ筋おすすめの商品をご紹介しています。

片耳20万円以下で購入できる補聴器は機能と価格のバランスが良く、聞こえをおぎなう機能にくわえBluetooth通信による外部機器との接続性も良いため便利で扱いやすく、補聴器がはじめての方にも多く選ばれる価格帯です。

補聴器は価格が高い物じゃないとダメというわけではなく、難聴の程度や使用する目的や用途にあっていることが大事になります。今回は片耳で20万円以下という価格の中でおすすめの補聴器を紹介しているので、補聴器購入の参考にしてください。

自分の聴力にあった補聴器が見つかれば、聞こえの悩みが解消して毎日の生活がより充実しますね。

 

補聴器は高額なので手が出しにくい

20 n
補聴器を検討される方の多くの方が悩むこと、それは補聴器の価格でしょう。保険や大幅な割引などもない補聴器は手が出しにくいイメージがあるかと思います。実際にご相談される方の多くの方は補聴器の価格を聞いてビックリされることが多いですね。

  • 補聴器は種類が多くてどうやって選べばいいのかわからない
  • 補聴器を買うお店をどうやって選べばいいかわからない
  • 価格が安い補聴器を買ってもいいのか迷っている


補聴器メーカーのカタログなどを見ても、耳あな型補聴器や耳かけ型補聴器など形状の違いがあり、価格帯もバリエーションが多くあります。価格によって聞こえ方が違うのか、耐久性が違うのか、一人で調べていても不明なことが多いでしょう。補聴器についてインターネットの情報だけを集めるとわからないことが多いので、実際に補聴器販売店で相談することが大事です。

補聴器の価格の違いについて

20 ka
補聴器の価格が変われば何が違うのか、完結に言えば補聴器の機能性が変わります。補聴器は国内、海外問わずメーカーがありメーカーごとでさまざまな種類、価格帯の補聴器が販売されていますね。価格が高い補聴器は使える機能が充実していて、特に騒がしい環境でも聞きとりをしやすくする雑音抑制やより細かな周波数を調整することができるんです。ですので見た目が同じ補聴器でも価格帯によって使える機能があったり、なかったりということがあります。

また、補聴器の形状でも違いがあり耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器、充電タイプか電池タイプなのかによっても違いがありますね。

 

補聴器選びで大切な3つのポイント!

20 p

たくさんのメーカーや種類がある補聴器ですが、補聴器を選ぶときは試聴をしてきこえの確認をするのが大事です。しかし、それ以外にも補聴器選びで確認しておくポイントがあります。

補聴器選び3つのポイント

  • 補聴器を使う用途やシチュエーション
  • 予算にあう補聴器の価格帯
  • 聴力に適した補聴器の種類、形状


この3つのポイントを確認して補聴器を選ぶのがおすすめです。補聴器を使う場面や頻度、自身の聴力レベルにあっている補聴器なのか、希望する補聴器の形状や補聴器を購入するにあたっての予算、これらを明確にしておくと補聴器を選びやすくなりますよ。

また、両耳に補聴器を着けるのか片耳だけにするのかでも選び方は変わりますね。基本的に両耳ともに難聴がある場合は聞こえのことを考えると両耳に補聴器を着けるのが好ましいですが、必ずでもありません。人によっては両耳に補聴器を着けるのは抵抗があることがあります。両耳か片耳だけにするのかは難聴の程度によって考えましょう。

20万円以下で選ぶ人気おすすめ補聴器

20 os
片耳20万円以下で購入できる最新の補聴器の中からオススメ機種をご紹介します。近年発売された補聴器からスペックが高いものを集めました。

スターキー エボルブAI1000 ITE-R(Starkey evolv AI 1000 ITE-R)

  • アメリカ
  • 耳あな型
  • 2年保証
  • 充電式
starkey evolv ai
スターキーの充電式耳あな型補聴器、エボルブAIシリーズはスターキーが独自開発したAI機能搭載の今までになかった新しい補聴器です。人口知能を駆使した調整技術で聞こえをおぎなってくれます。
evolv AI1000ITE-Rのポイント

  • クリアな高音質
  • 便利なダイレクトストリーミング機能
  • テレコイル選択可能
  • 雑音下でも活躍する会話強調機能
  • オーダーメイドの装着感

片耳価格相場 199,900円(充電器込)
電池寿命 最大約23時間
チャンネル数 10ch
指向性 固定型自動切り替え
適応聴力 軽度難聴~高度難聴
おすすめ

スタッフのレビュー

スターキーのエボルブAI1000をオススメする理由は、オーダーメイドの耳あな型補聴器ということにくわえ、充電式でありながら片耳20万円以下とコスパがイイ補聴器となっています!コチラはエコノミークラスという位置づけですが、搭載されている基本性能は標準よりも高い印象ですね。メガネやマスクの着用時にもストレスにならない耳あな型ですので今人気があるモデルです。

s

今すぐお問い合わせ


フォナック オーデオP30-312(Phonak Audeo P30-312)

  • スイス
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • 電池式
phonak p
フォナック補聴器のオーデオパラダイスシリーズは生まれ変わったハードウェアを搭載、より自然に近づけた品質の高い音で会話をおぎないます。通信機能にもすぐれていて、オーデオパラダイスは最大8台のデバイスとペアリングをして使用することが可能です。
オーデオP30-312のポイント

  • 小型で着けやすいデザイン
  • 防水防塵加工
  • ワイヤレスストリーミング可能
  • ハンズフリー通話可能
  • スマホアプリと一緒に使える

片耳価格相場 191,000円
電池寿命 最大約90時間
チャンネル数 12ch
指向性 ウルトラズーム
適応聴力 軽度難聴~高度難聴
おすすめ

スタッフのレビュー

フォナックのオーデオパラダイスシリーズのP30は、ロジャーダイレクトに対応している点や、万人受けしやすい自然な音質がオススメできるポイントですね。20万円以下で買える電池式補聴器の中でも高いパフォーマンスをほこり、安定したブルートゥース通信が搭載されているのでお使いのスマートホンとあわせるととても使い勝手がイイ補聴器になります。適している使用環境に制限はありますが、日常会話をおぎなう分には問題ないでしょう。

s2

今すぐお問い合わせ


リサウンド リサウンドワン4(Resound One4)

  • デンマーク
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • 充電式
resound one
リサウンドのリサウンドワンシリーズはリサウンド独自のオーガニックヒアリング技術を駆使した補聴器です。これは補聴器のマイク位置にポイントがあり、世界初のレシーバー部分にマイクがついています。これにより耳かけ型補聴器でも耳本来の聞こえに近づけたきこえ方で会話を楽しむことができます。
リサウンドワン4のポイント

  • 電池交換不要の充電式
  • 遠隔サポート機能搭載
  • スマホアプリで音量調整可能
  • 予備バッテリー搭載の充電器
  • 紛失保証1年あり

片耳価格相場 193,000円(充電器込)
電池寿命 最大約30時間
ハンドル数 10
指向性 環境適応型
適応聴力 軽度難聴~中・高度難聴
おすすめ

スタッフのレビュー

リサウンドワン4のオススメポイントは、低い音から高い音までバランスよく再現してくれる音質処理機能です。また、20万円以下ですが充電式という利便性の高さがあり、外部機器不要でスマートホンとペアリングもできるためより便利に使える補聴器となってますね。補聴器の保証内容もリサウンドは手厚いのもいいですね。

s3

今すぐお問い合わせ


今回紹介している補聴器やメーカー以外でも、片耳20万円までで買える補聴器はいくつもありますので選ぶときは試聴するのが大事ですよ。

 

スタッフがおすすめするイチオシの補聴器はコチラ

starkey evolvai

スタッフ須貝が20万円以下という価格帯に焦点をしぼった中で特におすすめする補聴器がスターキーのエボルブAI 1000 ITE-Rです。おすすめできるのはやはりオーダーメイド補聴器でなおかつ充電式であることですね。1000クラスなのでAI機能をフル活用することはできませんが、それでも会話をおぎなうことに関しては十分と言えるでしょう。限られた予算の中で補聴器を選ぶならエボルブがおすすめできます。

スマートホンアプリと連動して、会話以外の健康サポート機能も使えるのでさまざまな用途、幅広い年代の方に人気がある補聴器です。

スターキーから新製品EVOLV(エボルブ) AIが発売!【充電式耳あな型がさらに進化】

補聴器を長くお使いいただくために

ho

購入した補聴器はできるかぎり長く使いたいですよね。補聴器を故障や不具合から防ぐためには日々のお手入れが大切になります。ご自身でできる耳アカの掃除や補聴器を乾燥ケースに入れるなどの他に、補聴器店での定期的な点検、清掃をおこなうことでより長く快適に補聴器をお使いいただけます。

購入後のアフターケアや調整は無料(消耗品の交換などは一部有料)ですので、とくに問題がなくても2~3ヶ月に一度は購入した補聴器店へ行きアフターケアを行ってもらいましょう。

まとめ:20万円以下の補聴器で会話も積極的になりますね

20 ma

補聴器はただ性能の良いものを購入すればいいというわけではなく、自分の耳の状態や使い方にあった補聴器を選ぶことが大切です。価格と性能のバランスがよい補聴器を購入して聞こえが改善できれば、毎日の生活の質が向上してより快適に過ごせるのではないでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。