Q.補聴器の医療費控除は年金受給者でも受けられますか?

A.確定申告をすれば年金受給者でも医療費控除を受けられます。 補聴器は健康保険や介護保険の利用はできませんが、確定申告で申請すれば年金で生活をしている方でも補聴器の購入費用を医療費控除として申請できる制度があります。 年金受給者は確定申告をする人は少ない(不要な場合が多い)ですが、そのような人でも医療費控除を受ける場合には確定申告をする必要があるんです。 ただし、

続きを読む

Q.補聴器の医療費控除は認定補聴器専門店で買わないと受けられませんか?

A.「補聴器購入に関する診療情報提供書」に記載の認定補聴器専門店で購入しなければ医療費控除が受けられない可能性があります。 補聴器の購入費用を医療費控除として申請する場合、まずは補聴器購入前に補聴器相談医 のいる耳鼻科を受診して「補聴器購入に関する診療情報提供書」 を作成してもらいます。 診療情報提供書のあて名欄には認定補聴器専門店〇〇様・認定補聴器技能者△△様というよ

続きを読む

Q.補聴器の医療費控除を受けるには領収書が必要ですか?

A.医療費控除を受けるには領収書と「補聴器購入に関する診療情報提供書」が必要です。 2018年から補聴器購入の費用が医療費控除申請の対象になりました。 医療費控除を受けるには、補聴器購入前に補聴器相談医 のいる耳鼻科を受診し「補聴器購入に関する診療情報提供書」に必要事項 を記入してもらいましょう。 診療情報提供書に記載された補聴器店で補聴器を購入し、領収書と「補聴器購

続きを読む

補聴器は医療費控除の対象です【申請すればお金が戻る!】

補聴器 医療費控除

補聴器の購入費用は医療費控除の対象になるんです。 補聴器の購入時に医療費控除の申請をおこない、おさめた税金の内いくらが還付金として戻ってくるのか、知って得する補聴器の医療費控除申請についてわかりやすく解説しています。 ただし補聴器を購入したすべての方にお金が戻ってくるわけではありません。医療費控除の対象となる条件を満たした場合に医療費控除として認められるんです。 補聴器の医療費控除と

続きを読む