フォナック補聴器は取扱店で試聴できます【レンタルがおすすめ】

フォナック補聴器 a2

フォナック補聴器は取扱店でお試し試聴やレンタルができます!フォナック補聴器取扱店では、おすすめのフォナック最新補聴器がラインナップされています。その中からあなたのご要望に合った最適な補聴器を補聴器認定技術者のスタッフが親身になってご提案いたします。フォナック補聴器の取扱店では新規のお客様の無料相談や買い換えのご相談をうけております。その他に、補聴器の調整・修理・メンテナンス・専用アクセサリー販売などフォナック補聴器に関することは何でもご相談いただけます。

フォナック補聴器をお探しならフォナックを扱う専門店に行きましょう。補聴器店ではすべての補聴器メーカーを扱っているお店は少ないです。お店によって契約しているメーカーが違います。ですのでフォナック補聴器を探すなら取り扱いのお店に行かなくてはいけません。当サイトではフォナック補聴器の機種の紹介や、お店でどのようなサービスなどがあるのかをご紹介しています。フォナック補聴器に興味があればぜひご参考にしてください。

フォナック補聴器をお得に購入する方法についてはコチラ

ここからは、フォナック補聴器の歴史や会社についてご紹介していきますね。

フォナック補聴器とは

フォナック a1

フォナック補聴器はスイスで生まれた補聴器メーカーです。フォナックは1947年にフランス系ベルギー人の投資家グループによる、チューリッヒに本社を置く「AG für Elektroakustik」の創立から始まりました。フォナックは今年で創立71周年をむかえます。これまで最新の聞こえのソリューションの開発、生産、流通に尽力してきました。フォナックは、聞こえのソリューションを提供するグローバルカンパニーで、世界100か国以上で活動しています。フォナックは、最も難しい聞こえの状況の克服を支援し、顧客が高い精度で効率よくフィッティングするためのツールを聴覚専門家に提供するために、テクノロジーの限界に挑戦し続けています。フォナックのテクノロジーには、Binaural VoiceStream(両耳間音声通信技術)、ロジャーワイヤレス、オートセンスOSなどがあります。現在フォナック(ソノヴァ・ホールディング)は、スイス、チューリッヒ近郊のシュテファ(Stafa)に本社があります。(フォナック公式サイトより一部抜粋)

フォナック公式サイトはコチラ

フォナック補聴器の取扱店について

フォナック補聴器の取扱店舗は全国でも100店舗近くあります。補聴器専門店からメガネ店まで幅広く取り扱いがあります。フォナック補聴器の取扱店ではフォナックの最新機種までご覧いただくことができるでしょう。各補聴器店はたくさんありますが、その中でも取り扱うメーカーはお店により違います。ですのでフォナック補聴器を希望するならフォナック補聴器を置いている店舗でなければいけません。以下のリンクでフォナック補聴器の取扱店を探してみましょう。

フォナックの取り扱い店は公式サイトからご覧ください

ここからは、フォナック補聴器のラインナップをご紹介していきますね。

フォナック補聴器のラインナップ紹介

フォナック ラインナップ

フォナック補聴器では耳かけ型補聴器と耳あな型補聴器の取り扱いがあり、軽度難聴者から重度難聴者に幅広くご使用いただいています。近年では片耳難聴者の聞こえを補うクロス補聴器の開発も進んでおり、補聴器メーカーの中でも一番ではないでしょうか。ここからはフォナック補聴器の中で人気のある機種から最新の機種までをご紹介していきます。フォナックには補聴器以外にもデジタル補聴援助システム、ロジャーの取り扱いもあります。

フォナックのロジャーについてはこちらをご覧ください

補聴器の聞こえを補助するロジャーの特徴と使い方

オーデオBシリーズ 耳かけ型補聴器

フォナック オーデオb a1

フォナック補聴器の耳かけ型RICタイプのオーデオBシリーズです。オーデオBは2つの電池タイプからお選びいただけます。オーデオBはオーデオVシリーズの後継機種として登場しました。オーデオVシリーズについていた自動環境認識調整機能もついていて、さまざまな環境で会話の聞きとりの快適性をあげてくれます。サウンドリカバーの機能もサウンドリカバー2となりより聞きとりの補助をする音質調整が可能となりました。オーデオBシリーズはシンプルなデザインで気軽につけることができます。ワイヤレス通信機能もついているので会話の聞きとり以外にも使える幅が広いです。

補聴器のクラス(性能) B30 B50 B70 B90
電池 PR41/PR48 PR41/PR48 PR41/PR48 PR41/PR48
チャンネル数 8チャンネル 12チャンネル 16チャンネル 20チャンネル
片耳市場相場 158,000円 230,000円 350,000円 500,000円

バートBシリーズ 耳あな型補聴器

フォナック バートb a1

フォナックのバートBシリーズはバートVシリーズの次に出たフォナックの今現在の最新耳あな型機種です。こちらのバートBシリーズはオーデオBシリーズと同じ性能があるほか、バイオメトリックキャリブレーション機能を搭載しています。オーダーメイド補聴器の特徴を最大限生かして耳の集音ポイントを計算してより自然な聞こえを実現しました。バートBシリーズは耳あな型補聴器の中でも超小型サイズからフルサイズまで選ぶことができます。聴力の状態や好みによりサイズを選べるのがうれしいですね。最新のモデルでチタンでできた超小型機種、バートBチタンも登場していますのでさまざまなユーザーに満足いただけるラインナップになっています。

補聴器のクラス(性能) B30 B50 B70 B90
電池 PR536/41/48 PR536/41/48 PR536/41/48 PR536/41/48
チャンネル数 8チャンネル 12チャンネル 16チャンネル 20チャンネル
片耳市場相場 188,000円 280,000円 370,000円 540,000円

バートBチタン

補聴器のクラス(性能) B70 B90
電池 PR536 PR536
チャンネル数 16チャンネル 20チャンネル
片耳市場相場 390,000円 550,000円

フォナック クロスシリーズ クロス補聴器

フォナック クロスb a1

フォナック補聴器の片耳難聴専用機種がクロスシリーズです。クロス補聴器は片耳が難聴、あるいは片耳が難聴でもう片方にも少し難聴があるという方の聞こえを改善することができます。クロス補聴器のしくみをカンタンに説明すると、クロス補聴器は送信機の役割をします。クロス補聴器は送信機ですので受信機となる補聴器が必要となります。ですので片耳だけが難聴でもクロス補聴器と通常の補聴器を両耳につけて使用することで機能するしくみです。難聴のある耳にクロス補聴器をつけ、健康な耳に補聴器をつけます。両耳につけることでクロス補聴器が作動して集音します。クロス補聴器(難聴のある耳)側から発生する音声を補聴器(健康な耳)側に送信することで難聴側の声や音を健康な耳で聞くことができます。片耳難聴の方には大変聞こえの改善がみられる機種となります。クロス補聴器自体には性能の区分がなく、補聴器側の性能で指向性の機能などが変わります。クロス補聴器のタイプは耳かけ型のRICタイプと耳あな型のカスタムタイプを選ぶことができます。

クロスタイプ クロスB RIC クロスB カスタム
電池 PR41/PR48 PR41/PR48
市場相場 95,000円(税抜) 120,000円(税抜)
クロスタイプ 充電式クロスBR RICタイプ BTEタイプ
電池 リチウムイオン電池(充電池)
市場相場 110,000円(税抜)充電器別12,000円(税込)

フォナックのクロス補聴器について詳しくはコチラ

フォナックのクロス補聴器を徹底解説【知ってナットク!】

オーデオBRシリーズ 充電式耳かけ型補聴器

フォナックbr a1

フォナックの充電式補聴器フォナックBRシリーズです。充電式補聴器は今までの電池式補聴器と違い、電池の交換が不要です。今まで電池交換がわずらわしく思っていた方には大変便利にお使いいただける機種となります。補聴器の性能はオーデオBシリーズと同じで、自動環境認識のよる自動音質調整が可能、さまざまなシーンで快適に会話を楽しめます。若い方を中心に電池交換が苦手な年配の方まで幅広く人気のある機種です。こちらのオーデオBRシリーズの他に、標準タイプのボレロBRとよりパワーのある重度難聴の方向けのナイーダBRの2シリーズありますので難聴度にあわせてあらゆるユーザーにお選びいただけます。

補聴器のクラス(性能) B50 B70 B90
電池 リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電(充電池)
チャンネル数 12チャンネル 16チャンネル 20チャンネル
片耳市場相場 260,000円 380,000円 530,000円

ボレロBR、ナイーダBR

補聴器のクラス(性能) B50 B70 B90
電池 リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池)
12チャンネル 16チャンネル 20チャンネル
片耳市場相場 308,000円 418,000円 568,000円

チャージャーケース(充電器)は別売り12,000円となります。

ここからは、フォナック補聴器の取扱店舗ではどのようなサービスがあるのかをご紹介してきますね。

フォナック補聴器の店舗でできること

補聴器店 a1

フォナック補聴器を取り扱う店舗ではフォナック補聴器のメンテナンス点検や調整、修理や試聴とレンタルから補聴器の購入などが可能です。はじめに聴力の測定をしてそのデータにあわせて、あなたの希望するフォナックの機種をお選びいたします。試聴やレンタルも可能ですのでフォナック補聴器を希望するなら取り扱いのあるお店に相談してみましょう。

試聴とレンタル

フォナック補聴器の試聴とレンタルをすることができます。フォナック補聴器の性能を実感するには補聴器の試聴体験をするのはもちろん、自宅で使用するのが一番よいでしょう。フォナック補聴器の聞こえやすさや扱いの方法などを知らずに購入することはオススメできません。どのメーカーもですがまずは気になる機種があれば試聴をしましょう。お店によりレンタルの制度に違いがありますので確認してみましょう。

補聴器の調整

補聴器を使うにあたりとても重要な調整もできます。補聴器は調整で聞こえが大きく変化します。補聴器の調整は一度するだけでカンペキというわけにはなかなかいかないものです。はじめに調整した状態で使い続けるといつかは音量感など改善したいことがでてきます。聴力の変化なども当然考えられるので気づいたことがあれば定期的に調整をするのがいいでしょう。

補聴器のご相談

補聴器の相談は基本無料でできます。あなたの難聴での悩み、困っていることや補聴器に希望する性能などをよく相談ください。補聴器の相談時になるべく情報を伝えるのがいいですね。予算と補聴器の性能は大きく関わるのであらかじめ考えておくのがいいでしょう。補聴器の相談をすればあなたにあう補聴器の提案をしてもらえます。試聴をしたりレンタルをして補聴器の性能を理解しましょう。

ここからは、フォナック補聴器の試聴とレンタルについてご紹介していきますね。

フォナック補聴器の試聴やレンタルができる!

補聴器 試聴 a1

フォナック補聴器の取り扱い店では補聴器の試聴とレンタルができます。補聴器の試聴とレンタルは補聴器を選ぶときに必須と言ってもいいでしょう。補聴器は性能を見ただけではわからないモノです。実際に耳につけてみて聞こえの感じを確認する必要があります。一番いいのは他メーカーの補聴器も比較してみることですね。比較する理由としてはメーカーによって補聴器の音質や特徴に違いがあるためです。

ベルトーン補聴器のレンタルについてはコチラ

オーティコン補聴器のレンタルについてはコチラ

ここからは、フォナック補聴器の購入をお得にする方法を紹介しますね。

フォナック補聴器をお得に購入する方法

補聴器 お得 a1

フォナック補聴器をお得に購入するには補助金を使った方法、お店のセール期間を利用するといった方法があります。補助金を使う方法は障がい者手帳の有無によっても変わりますが地域によっては補助が出るところもあります。この補助制度を利用できれば負担を少なく補聴器を購入できます。そのほかには各お店のセールやキャンペーンを利用する方法があります。補聴器店によってはセールをおこなう店舗もあるのでその期間で購入するとお得ですよ。

補聴器の補助金制度について詳しくはコチラ

補聴器の補助金制度について【スグにワカル】

まとめ

補聴器 解決 a1

フォナック補聴器の取扱店についてご紹介しました。フォナック補聴器をご希望であれば取り扱いのある店舗に行く必要がありますね。補聴器店でどのようなサービスがあるのか、フォナックの機種の種類など事前に知っておけば予算のことや、計画を立てて補聴器店に行くことができると思います。

自分にあうフォナック補聴器をみつけることができれば人とのコミュニケーションも今より積極的になるでしょう。

お問合せ

コメントは受け付けていません。