Q.大阪市に補聴器の補助金制度はありますか?

補聴器の補助金は大阪市で受けられますか?

 

A.大阪市では18歳以下の難聴児童を対象にした補聴器の補助金1があります。

身体障害者手帳交付の対象となる聴力2ではない方を対象に、条件を満たせば大阪市がおこなう中等度難聴児発達支援事業により、補聴器を購入するための費用や修理費用に一部が補助金・助成金で支給されます。

(*1~3の数字をクリックすると詳細が表示されます)


以下の条件をすべて満たす方が補助金給付の対象です。
①大阪市内に在住の18歳未満の方
②両耳の平均聴力レベルが30dB以上70db未満の方
③市民税所得割額が46万円以上の方がいない世帯に属する方

以上の基準を満たす方は、必要書類3を提出して申請をおこなうことで補聴器の購入費用が支給されます。
詳しくは各自治体のサイト・ホームページをご覧になるか、担当の福祉課へ問い合わせてみましょう。

  1. 高度難聴用補聴器を基準に1台(片耳)あたり43,900円が支給されます。原則として1割の自己負担があります。※生活保護受給世帯及び市民税非課税世帯は自己負担なし。
  2. 両耳の平均聴力が70デシベル以上。片耳難聴の方は聞こえない耳が平均90デシベル以上で聞こえる耳が平均50デシベル
  3. ① 大阪市難聴児補聴器購入費支給申請書
    ② 大阪市難聴児補聴器購入費支給意見書
    ③ 補装具業者の見積書
    ④ 課税証明書

コメントは受け付けていません。