Q.オムロンの補聴器にはどんな種類がありますか?

Q.オムロンの補聴器にはどんな種類がありますか?

A.オムロンの補聴器には、耳あな型2種類・ポケット型1種類の補聴器があります。

オムロンの補聴器は小型で軽量の耳あな型補聴器12種類と、携帯ラジオのような形のポケット型補聴器21種類に分けられます。

オムロンの耳あな型補聴器は「イヤメイトデジタル」という商品名で、性能の違いで2種類が販売されていますね。基本的な性能の「AK-10」と、雑音を抑制する機能などがついた上位クラスの「AK-15」の2種類があります。

オムロンのポケット型補聴器は「AK-22」の1種類で、使いやすさを重視した補聴器で、ハウリング抑制・雑音抑制機能などの機能が搭載されている補聴器です。

なお、オムロンの補聴器は耳あな型とポケット型のみで、耳かけ型補聴器3は販売していません。詳細はオムロン公式サイトをご確認ください。

オムロン公式サイトはコチラ

オムロンといえば体温計や血圧計、低周波治療機やネブライザー(吸入器)など、ヘルスケア製品や医療機器のメーカーとして有名ですね。オムロンの補聴器は公式サイトや楽天・Amazonなど、ネット通販を利用して低価格で購入できる補聴器です。
購入の注意点として、耳あな型イヤメイトデジタル「AK-10」「AK-15」の2種類は軽度難聴者4向けの補聴器ですので、まずは耳鼻科で聴力検査を受けて、ご自身の聴力レベルを確認してから購入を検討しましょう。

簡易補聴器の人気おすすめ5選【低価格で購入できる】

 

  1. 耳の中に入れて使用するため、メガネやマスクと干渉せずに使える補聴器です。
  2. 箱型の本体とイヤホンをコードでつないだ設計になっていて、つけ外しがしやすくカンタンにあつかえる補聴器です。
  3. 耳にかけて使う補聴器で、小型で目立たないタイプや大きいサイズで扱いやすく幅広い聴力に対応できる補聴器です。
  4. 平均聴力レベルが30~40デシベルほどで、小さな声やさわがしい場所での会話が聞き取りづらい程度の難聴です。

コメントは受け付けていません。