Q.左耳だけでなく右耳の聴力も悪いですが、クロス補聴器は効果あるでしょうか?

Q.左耳だけでなく右耳の聴力も悪いですが、クロス補聴器は効果あるでしょうか?
 
A.左右ともに聴力が悪い場合、程度によりますが補聴器よりクロス補聴器を装用したほうがいい場合があります。

左右で聴力に差がある場合(右がほとんど聞こえない状態で左は聞きづらい状態など)であれば補聴器を着けてもうまく聞こえを補えない可能性があります。クロス補聴器か通常の補聴器、どちらが適しているのかを知るには耳鼻咽喉科での医師による診察、聴力検査をうけていただくことが重要です。 1
 
そしてクロス補聴器の効果を実感するには生活環境の中で使用してみると大変わかりやすいですね。今まで聞きとりが困難な場面でどれくらい聞きやすさがあるかをレンタルサービスの利用で試すと実感いただけるでしょう。クロス補聴器のメーカー 2ごとに比較をして使用するのも有効ですね。


まとめになりますが、片耳がまったく聞こえず、片耳は少し聞きとりにくいという状況であればクロス補聴器が適合する可能性が高いですね。まずは耳鼻科を受診して自分の耳の状態を診察してもらうことからはじめ、耳鳴りがある場合や何か病気にかかっているなどがあれば診察時医師に伝えておきましょう。また、クロス補聴器の効果を知るのに有効なレンタルに関しては無料や有料など店舗によってシステムの違いがあるのでご確認ください。

  

  1. 補聴器は耳と聴力の状態をみて適応する補聴器の種類を決めるので、ことばの聞きとりや聴力レベルの結果がわからなければ一概に補聴器とクロス補聴器どちらが合っているとは決めることができません
  2. クロス補聴器のメーカーはフォナック、オーティコン、スターキー、シグニア、ワイデックスです

コメントは受け付けていません。