Q.生まれつき片耳が聞こえない先天性難聴にクロス補聴器は使えますか?

Q.生まれつき片耳が聞こえない先天性難聴にクロス補聴器は使えますか?
 
A.先天性の片耳難聴にはクロス補聴器が使える可能性が高いです。

片耳難聴の方は聴力の差も大きいことが多いので通常の補聴器よりもクロス補聴器の方が適している人が多いですね。しかし、先天性難聴でも聴力のレベルは人それぞれことなるので、必ずしもクロス補聴器 1が適正とは言い切れないのも事実ですね。片耳難聴の程度が軽度から中等度の難聴であれば通常の補聴器を片耳のみに使用するほうがいいということも考えられます。
 
片耳の聴力が高度から重度難聴ならクロス補聴器の使用がのぞましいですね。


補足ですが、耳鼻科を受診して検査 2をするのが補聴器をお店であわせる前に大事となります。もちろん補聴器店でも聴力の測定などはおこないますが、スタッフは医師ではないため病状などの判断まではわかりません。そのため病院で検査をうけて補聴器のことを聞くのは重要なのです。

もし、クロス補聴器にあう聞こえであればお店で試聴をしてレンタルを利用しましょう。クロス補聴器にはメーカー 3や種類もあるのでそれぞれで比較をおこなって試すとあなたにあうクロス補聴器がみつかるでしょう。

難聴タイプで選ぶオススメのクロス補聴器をご紹介!

  

  1. 片耳難聴(一側性難聴)用の補聴システムです。クロス補聴器は送信機の役割をするため、受信機となる補聴器とあわせて使います。難聴のある耳にクロス補聴器を装用し、きこえのよい耳に補聴器を着け、クロス補聴器で拾う会話や音を補聴器に送信して難聴耳側の音声を聞き取れるようにする仕組みです。クロス補聴器は電池式と充電式で選ぶことができます。
  2. 聴力検査と診断、耳の状態の確認と難聴以外の症状(耳鳴りやめまいなど)の確認など。
  3. クロス補聴器はフォナック、スターキー、シグニア、オーティコン、ワイデックスの各メーカーで取り扱いがあります。

コメントは受け付けていません。