Q.補聴器の医療費控除の申請タイミングはいつからですか?

Q.補聴器の医療費控除の申請タイミングはいつからですか?
A.補聴器の医療費控除はその年の確定申告時に申請をします。

もし確定申告を過ぎたタイミングで補聴器を購入した場合はその次の年の確定申告時に提出すると大丈夫です。医療費控除の申請をするには、まず補聴器を購入する前に指定の耳鼻科医師 1の診察、聴力検査を受けて書類 2の作成をしてもらわなければいけません。


医療費控除のながれですが、はじめに耳鼻科で聴力検査と診察をうけたあと、書類を受け取り補聴器店に行きます。補聴器店で申請書類のうつしをもらい、補聴器を購入します。あとは書類と補聴器購入時の領収書を確定申告で提出で完了です。

もし医療費控除のことでわからないことがあれば補聴器専門店で確認いただくが、お近くの税務署にお問い合わせください。

補聴器は医療費控除の対象です【申請すればお金が戻る!】

  1. 指定の医師は補聴器相談医という資格を持つ医師です。耳鼻咽喉科の先生であれば誰でも書類を作れるというわけではないので、診療所は調べないければいけません。
  2. 補聴器に関する診療情報提供書という名称の書類です。これは指定の耳鼻科医師のみが記載できる書類です

コメントは受け付けていません。