Q.補聴器の電池に種類はありますか?

補聴器 電池 種類

A.補聴器の電池は4種類あります。

  • 黄色・茶色・オレンジ・青の4種類
  • 補聴器の機種ごとに使う種類が決まっている
  • どこで買ってもOK

補聴器に使用される電池は、ボタン型電池の一種で「空気亜鉛電池」とよばれるものです。

パッケージが黄色の10A(PR536)1、茶色の312(PR41)2、オレンジ色の13(PR48)3、青色の675(PR44)4の4種類があり、それぞれ大きさや電池の持ちが違います。

また、電池を販売しているメーカーはいくつかありますが、電池の品番とパッケージの色は統一5されています。使っている補聴器が、どの電池に対応しているのかを確認してご購入下さい。

電池の購入場所ですが、補聴器専門店だけでなく、補聴器の取り扱いがあるメガネ店や家電量販店、ネットショッピングなどでも購入することができます。

電池には「製造してから2年間」の使用期限があり、パッケージに日付の記載があります。また使用期限内でも、一度シールをはがすと、使っていなくても放電してしまいます。電池の交換前にシールをはがすようにお願いします。
保存方法ですが、常温の日陰で保存してください。電池は乾燥に弱いので、補聴器を乾燥ケースに入れるときは電池を取り外すようにしましょう!

補聴器の電池に違いはあるのか?メーカーや大きさの違いについてお教えします。

  1. 使用時間のめやす:5~6日。IIC・CIC、ミニカナルなど超小型耳穴型用
  2. 使用時間のめやす:7~8日。耳穴型(カナル)、RIC型補聴器用
  3. 使用時間のめやす:約2週間。耳穴型(ハーフシェル/フルシェル)、耳かけ型補聴器用
  4. 使用時間のめやす:約3週間。ハイパワー耳かけ型補聴器用
  5. 日本国内はもちろん、全世界で共通です

コメントは受け付けていません。