Q.補聴器は種類ごとにどのくらいの値段になりますか?

補聴器 種類 相場

A.耳あな型、耳かけ型、ポケット型の3種類で値段の相場がことなります。
補聴器(片耳)の価格の相場は、耳あな型は約10~50万円、耳かけ型は約10~50万円、ポケット型は約3~5万円です。

  • 耳あな型:約10~50万円
  • 耳かけ型:約10~50万円
  • ポケット型:約3~5万円

 耳あな型1と耳かけ型2は、一人ひとりの聞こえにあわせた音の調整ができるので、値段が高く設定されています。
 反対に、ポケット型3は細かい音の調整ができず、ご自身でのボリューム操作が必要なため比較的安価で販売されています。

 補聴器の値段の中には、アフターケアの料金がふくまれているので、補聴器の値段が高くなっています。補聴器は買っておわりではなく、アフターケア4が必要です。基本的に、音の調整は補聴器を購入した店でおこなうので、「どこの補聴器店で購入するか」も大切です。

 また、補聴器の値段は、種類よりも「性能」によって変わります。性能があがると、値段もあがりますが、より騒がしい場所での会話を聞きとりやすくする機能が充実してきます。どういった場所で補聴器を使うのかも、補聴器選びのポイントです!

初心者にやさしい補聴器の選び方!【メーカーと価格を比較】

  1. 耳のあなにおさまるサイズの小さな補聴器です。耳の中に隠れてしまうものや、ワイヤレスイヤホンのようなみためのものなど、耳あな型補聴器の中でもいくつか種類があります。
  2. 耳にかけて装用するタイプの補聴器です。軽度~重度難聴まで聴力に幅広く対応しています。お子さまやそのご家族が安心安全に使えるように作られた子ども用補聴器や、身体障害者手帳をお持ちのかた向けの福祉用補聴器など、種類も豊富です。
  3. 補聴器にイヤホンをつなぎ、服のポケットにしまって使用します。本体が大きいことがデメリットにあげられますが、目で見ながら音量の操作ができ、あつかいやすい補聴器です。
  4. 補聴器購入後も、聴力にあわせた音にするために調整をかさねます。

コメントは受け付けていません。