Q.難聴と診断されました。補聴器の選び方で気を付けることありますか?

補聴器 難聴 選び方

A.補聴器を選ぶときは、①用途に合わせる ②無料のレンタル・試聴で試しながら補聴器専門店で相談しましょう。

  • 補聴器は無料のレンタルや試聴を利用する
  • 実際に使いたい場所でつかってみる
  • 他のメーカーの補聴器と比較してみる

補聴器は比較的高価ですし、毎日つかうものなので、ちゃんと難聴をカバーできるような補聴器を選びたいですよね。
まずはじめに、補聴器専門店で聴力を測定1します。そのあとに、補聴器の種類2、メーカー3、ランク4を、用途に合わせて選びます。補聴器は機器が多くあるので、購入前に試聴やレンタルをしていただくことがポイントです。

難聴の程度や補聴器をつかう環境はひとりひとり違います。2週間の補聴器無料レンタルをおこなっていますので、実際に補聴器をつけて生活してみてください。
また、1回の補聴器の試聴で購入を決める必要はありません。ほかのメーカーの補聴器を試したりランクを変えたりして、違いを確かめていただくことも可能です。ご自身が使いやすく、聴こえやすい補聴器をご検討ください。

レンタル期間中も、補聴器の調整をおこないます。こんな場所だと聞き取りにくい、こんな音が大きすぎる、など、補聴器を使っていて気になった音をご相談ください。聴こえ方に合わせて補聴器を調整いたします!

初めての補聴器選び3つのポイント!【見た目・性能・使う場所で選ぶ】

  1. ご来店前に医療機関を受診し、聴力検査の結果をお持ちの方は、ご持参ください。
  2. 補聴器は、耳にかけて使う「耳かけ型」、耳の中に入れて使う「耳あな型」、本体をポケットに入れてイヤホンをつないで使う「ポケット型」の3つのタイプがあります。
  3. 当店では、フォナック、シグニア、スターキー、リサウンド、オーティコン、ベルトーン、ユニトロンの7つのメーカーの取り扱いがあります。
  4. ほとんどの補聴器が機種ごとにランク分けされています。ランクが上がると、補聴器の機能が増え、性能も高くなります。

コメントは受け付けていません。