Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

充電式補聴器はフォナックがオススメ!その特徴と性能について

充電式補聴器は性能に優れたフォナックがオススメです。最新の充電式補聴器はリチウムイオン電池式で長時間使用でき長寿命になりました!電池交換の手間が省けるだけでなく性能も優れていて気軽に使いやすいと好評です。今回はフォナックの新製品ボレロB-RとオーデオB-Rについて特徴や、性能を説明していきますね!

電池交換不要。充電できる補聴器

最近充電式補聴器が数多く発表され販売されてきました。煩わしい電池交換から解放されて、スマホや携帯電話のように一日使ったら充電して次の日使うそんな使い方に補聴器も変わっていくのを予感させますね。
昔の充電式補聴器に比べて2倍以上の使用時間をもち、繰り返し使用できる回数も非常に増えました。そんな充電式補聴器が販売され半年が経過しましたが、実に好評でよく売れているようです。

現在充電式の補聴器はフォナック、シーメンスシグニア、ベルトーンが充電式補聴器を販売しています。
余談ですが、充電式補聴器でも電池の種類が異なります。フォナックとシーメンスはリチウムイオン電池を使用しています。ベルトーンは銀亜鉛二次電池を使っています。

充電式補聴器を選ぶ人が増えている

日本では電化製品のほとんどが充電バッテリー式になってきたこともあって違和感なく補聴器も充電式を受け入れられているようです。
他の国に比べてもその比率は多く、フォナックのデータでは日本での空気電池式、充電式を選べる補聴器の販売台数割合は、充電式が63%に達していてユーザーに受け入れられているということでした。
フォナックの充電式補聴器はその性能の高さがウケて充電式でも販売数が伸びているメーカーです。

充電式補聴器のお勧めはフォナック

フォナックのお勧めできる点はこちらです

  • 急速充電可能
  • 聞き取りに特化した機能を多く搭載している
  • 電池寿命が3~4年で他のメーカーより長い
  • 体質や使い勝手に合わせて2つの形状から選べる

ということですね。では詳しく説明してまいります。

フォナックの充電式補聴器について

フォナックの充電式補聴器は現在は、ビロングシリーズのRIC型のオーデオB-Rと耳かけ型のボレロB-PRがラインナップとなります。
これから性能~価格まで説明していきますね。

ビロングの性能について

フォナックの充電式補聴器は、ビロングという最新プラットホームを利用しています。
ビロングシリーズはチップ演算処理のチャンネル数64chで処理しています。(周波数用のチャンネルは最大20ch)多くのシステムを同時に稼働させることができるため非常に性能が良く多機能です。
その中でも特徴的な機能はこちらです。

自動環境認識機能 オートセンスOS

会話をする中で雑音があると聴こえ辛いですよね。その雑音や騒音も、時と場所によって種類が違うことに着目した機能です。
0.4秒に一度、マイクで周辺の音を取集し、今どのようなところにいてどのような雑音があるか分析をし、その中で適切な聞こえになるように雑音を抑えて、会話が聞きやすい音に自動で調整してくれます。
ボタン操作などは不要であなたは補聴器をかけて出歩くだけです

サウンドリカバー2

高音域の聞こえづらい音を圧縮して言葉を識別しやすくします。子供の高い声や、「サ行」「ハ行」などを聞き取りやすくできます。ビロングでは2段階の圧縮がかかり、一つは浅く常にかかっていて特に高い音を常時聞こえやすくするのと、音の角をとって柔らかくし聞きやすくしてくれます。もう一つは瞬間的に深くかかる圧縮です。常時深い圧縮を掛けると高い音の子音は聞き取りやすくなりますが、低い音の母音に影響が出て音が濁りやすいのですが、一瞬だけ深くかかるように工夫したことで、影響が出さずに聞こえやすさを上げることができます。

エキスパンション・広域ブースター

エキスパンションは、ささやき声などの非常に小さな音を聞こえやすくしたり、逆に静かなところでは小さな雑音をカットできる機能です。静かなところではより雑音がなく、騒がしいところではちいさな声も今まで以上にくっきりはっきりと聞かせられるようになりました。
広域ブースターは、広帯域で出力に裕を持たせることができます。大きな音が入力されたときに、びりびり音割れてしまうことを無くしてクリアな音質を獲得できと同時に、あと少しだけ音量がほしいというときの後押しができるようになります。

シンメトリーゲイン・両耳間通信

両耳で補聴器を使うときに使用できる機能です。シンメトリーゲインは左右の聴力差があっても、左右均等な聞こえを提供できます。音の不快感を減らし、聴き疲れの少ない快適な設定に自動でしてくれます。主に初めて補聴器を利用される方や、左右の補聴器の音質差に慣れることができなかった人向けの機能です。
両耳間通信は耳かけ型に搭載された4つのマイクで集めた音を相互にやり取りしてを雑音と音声を分析し、雑音を抑え音声を大きくでき、左右の音の情報がブレンド両耳に入ってくるのでより明瞭な聞こえになります。

防水・防塵性能 IP68

汗や水、砂やほこりなどの侵入を防ぐ防水防塵性能がついに国際保護規格の最高水準IP68を取得。
粉塵の中に8時間入れた後でも、深さ1mの水中に30分以上入れた後でも修理が必要なダメージが発生しません。
フォナックの充電式補聴器も完全密閉型なので、当然IP68を取得しています。

こんな高性能なんです。他のメーカーに比べても非常に性能が良く、チップ演算処理のチャンネル数だけでいえば64ch使っているはオーティコンくらいですね。
オートで環境認識したり、徹底的に言葉の聴こえ方に注力しているのがフォナックのいいところです。
次は充電式特有の特徴に関してです。

フォナックは電池の制御システムが最適化を図っている

フォナックの充電式補聴器はリチウムイオン充電池を利用していて、電池の制御システムが入っていて、電池の最適化を図っています。

  • 3.4Vから1.4Vに変圧している
  • 急速充電が可能
  • 使用回数は1500回ほどできる 交換は3~4年に一回
  • 過充電の防止とさらに過熱のリスクがない
  • プログラムスイッチが充電のインジケーターになっている

30分で6時間使用可能、3時間充電で24時間使えます。充電し忘れても、お出かけ前の少しの時間の充電や出先での充電で何とかなりますね。
電池の制御回路付きで1500回充放電できるようなって長寿命化しています。寿命が来ると充電池の交換が必要ですが、3~4年後の交換になりますね。
リチウムイオン電池の心配なところは時間経過で膨らんだり、使用時の過熱することですが、パワーマネジメントシステムで過充電や過熱のリスクをなくしています。
プログラムスイッチが充電のインジケータになっていて、充電中は緑に光ります。充電されているかの心配も見ることで確認できます。
3.4Vから1.4Vに変圧しているため、電池残量がが少なくなっても電圧の変動が非常に少なく安定している動作の不安もありません。

フォナックの充電方式は機器組み込み型の接触方式。

充電式補聴器でもメーカーによって充電の方式は異なり、非接触式と接触式に分かれます。

充電方式の違いによるメリット

接触方式は接点がくっついていると充電できます。供給が安定しやすいですが、当然接触しないと充電できません。
非接触式は接点を接さず、ポンと置いておくだけで充電できます。反面、うまく置かないと少し供給が不安定です。

フォナックの充電方式は接触式

フォナックはあえて充電の確認がしやすく安定した電力供給のできる接点式にしました。充電ケースがあって、カチッとなるまで差し込むと充電できます。
このケースは乾燥ケースとしても併用でき、充電と手入れを一緒にしています。
腐食が心配な充電の接点もチタンを使用して、腐食の心配はありません。
充電池は本体に組み込むので、強度も高く、完全密閉なので防水性能もばっちり。故障のリスクもすくないです。

充電式RIC型補聴器 オーデオB-Rについて

充電式RIC型補聴器のオーデオB-Rに関して説明しますね。

特徴
  • 耳の直接音の出るレシーバー(スピーカー)が入るので音が鮮明。中~高音域が比較的得意
  • 耳の後ろに隠れるコンパクト設計で目立たない
  • 脱着式のレシーバーなので不良が起こってもすぐ交換できる
  • 出力が軽度~高度まで3種類の出力が選べる。レシーバー変更すれば出力変更も可能
  • 拡張性が低く補聴器単体での使用が基本

コンパクトで鮮明な音が特徴ですね。脱着式レシーバーで故障の際の修理はすぐ交換でき、出力も3つの出力から選択レシーバーを交換するで変更できるので、聴力の変動があっても安心です。
ただTコイル搭載なし、電池ロッカーがないためオーディオシューなどの一体型アクセサリーが使えません。他社製のアクセサリーはほとんど使うことができないので注意が必要です。
フォナックのアクセサリーは対応できるものが多いですが、ロジャーとの親和性は低い

オーデオBのラインナップ

ラインナップと値段はこのようになります。

モデル名 チャンネル数 価格(非課税)
オーデオB-R90 20ch 片耳¥568,000-
オーデオB-P70 16ch 片耳¥418,000-
オーデオB-R50 12ch 片耳¥308,000-
対応出力
  • 軽中等度用 Mレシーバー
  • 軽中等度~高度 Pレシーバー
  • 中等度~高度(高度よりの重度) SPレシーバー

以上の3つから選択可能。SPレシーバーは耳型をとって製作する必要あり。

充電式耳かけ型補聴器 ボレロB-PR

次に充電式耳かけ型補聴器のボレロB-PRの説明をしていきます。

特徴
  • 本体からチューブを介して音を届ける。比較的柔らかめの音になりやすく低域~中域が得意
  • 目立ちにくいスリムチューブにも変更可能、この場合中域は強調される。
  • 出力選択は一つからだが軽度~中高度まで対応
  • 少し筐体は大きめだが装着する際安定しやすい
  • 左右識別が付いており見分けがつきやすい
  • ボリューム付き、Tコイル搭載、ロジャーとの連携もしやすい。

オーデオに比べて少し筐体は大きめですが、その分ボリュームがついていたり、Tコイルがあるなど拡張性が高く、耳にかけたときに安定しやすいのが特徴です。
出力が軽度~中高度までの一つしかラインナップがありません。中低域が得意で出力も大きめなので、幅広い聴力に対応します。

ボレロBのラインナップ

ラインナップと値段はこのようになっています。

モデル名 チャンネル数 価格(非課税)
ボレロB-PR90 20ch 片耳¥568,000-
ボレロB-PR70 16ch 片耳¥418,000-
ボレロB-PR50 12ch 片耳¥308,000-
対応出力
  • 軽度~中高度 パワータイプのみ

充電器とカラーオプションについて

充電器はオーデオB-RとボレロB-PRとでは種類が違うので買い間違えに注意してください。

ボレロB-PR用充電器
モデル名 価格(税込み)
チャージーケースBTE ¥12,000-
ミニチャージャーBTE ¥7,560-
オーデオB-R用充電器
モデル名 価格(税込み)
チャージーケースRIC ¥12,000-
ミニチャージャーRIC ¥7,560-

なおチャージャーケースは2回フル充電分の外部充電池パワーパック(¥10,800-税込)が後付できます。
これはどちらのチャージャーケースでも付けられます。

カラーについて

カラーは9種類から選択できます。

01 ベージュ P1 サンドベージュ P3 サンダルウッド
 P4 チェストナット P5 シャンパン  P6 シルバーグレー
 P7 グラファイトグレー P8 ベルベットブラック T7 アルパインホワイト

オーデオB-RとボレロB-PRどっちがいいの?

オーデオB-RとボレロB-PRの得意な範囲が違うので簡単に説明しておきますね。

オーデオB-R
  • 目立たない補聴器がいい人向け
  • 耳垢が多い、耳垢が湿っていたり、水っぽい人は使い勝手が悪い
  • 軽度難聴は抜群に得意
  • 高い音が聞こえづらく、低い音が聞こえやすい人
ボレロB-PR
  • 補聴器の装着が苦手な人
  • 耳垢の影響を受けづらい
  • 軽度~高度まで比較的どんな聴力の人でも使いやすい
  • 見た目の大きさは気にせず使いがっての良い補聴器がいい人

このようなところでしょうか。正直実際使ってみていいほうがいいので、気になった方はお店で試してみるのがいいですね。

まとめ

フォナックの充電式補聴器は「高性能」「手間いらず」「シンプルな操作」というのが特徴ですね。
他の充電式に比べて使い勝手のいい補聴器ですので、ぜひ一度お手に取ってみてください!

フォナックの補聴器のことならリスニングラボにお任せください。
専門的で的確な補聴器選びであなたに本当にあった補聴器お選びのお手伝いをいたします。

 


リスニングラボでは2017年8月10日まで両耳で購入すると25%Offになるキャンペーンを行っていますが、実はこの最新機種のオーデオB-R、ボレロB-Rもキャンペーン適応可能にしました!
最新機種でご利用の場合は使ってみての体験記や感想などの補聴器の評価、レビューをご提出いただきます!
これを機会にお気軽に手に取ってみてください!

詳細はこちら→【Web限定夏のセール】補聴器を両耳で買うと片耳半額に!!

なお大阪では姉妹店の関西きこえ補聴器で同様のセールを行っています。本記事を読んで気になった関西の方はぜひ関西きこえ補聴器へ!

お問い合わせは下記の店舗紹介最後に記載しております!
お気軽にお問い合わせください!

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

目立たない補聴器を購入するならフォナックのバートBチタンがおすすめ!

目立たない補聴器を購入したいなら、フォナックのバートBチタンがおすすめです。2017年7月12日より発売開始のチタン合金製の史上最少サイズの耳あな型補聴器です。
見た目を気にして補聴器を敬遠していた方にピッタリの新製品です。今回はバートBチタンに関しての詳しい記事になります。

価格や性能などについても記載していきますね。

補聴器を付けない理由のひとつが見た目の問題

聞こえの悩みがあっても補聴器を付けるに至らない理由の一つに、「補聴器は年より臭い」「耳が聞こえないとアピールしているようで嫌だ」「補聴器を付けることは恥ずかしいこと」とかネガティブなイメージが強いことがあります。実は補聴器を付けたことのない人の大半がそう考えています。

うまく聞こえないけど、補聴器はちょっとなぁ…。聞こえない悩みと葛藤

仕事では管理職になり会話の機会が非常に増えたが、最近聞こえが悪くなってきたのか聞き返しが増えた、補聴器のことを考えたが周りの部下の目が気になるし、自分にはまだ補聴器は早いはずだ。
というような見栄えが悪い、人の目が気になるというイメージだけで補聴器を避ける傾向がおおいにあります。
他にも生活していく上ではコミュニケーションをとることは想像以上に必要で、耳が聞こえない不便さを感じる機会は多いはずです。
このようなことで困ってはいませんか?

  • 会話の聞き返しが増えてきた
  • 離れたところから話しかけられると気がつかない。気がついても内容はわからない
  • 騒がしいところで話すと話がわからない

ほかにもいろいろあるんですが、代表的なことは上の3つですね。
聞こえないけど、他人の目が気になるから使いたくない。でも使ったら聞こえるかもしれない。
聞こえない悩み、着けたくない気持ちと、「使ったら楽になるかもしれない。」「本当はもっと楽に会話したい。」そんな要望が、葛藤になっているはずです。

もし補聴器をするなら秘密にしたい

補聴器の相談する際はできる限り補聴器を付けていることは秘密にしたいというかたは非常に多いです。家族に内緒だったり、友人、同僚などにも話していないことはよくあります。
よく聞こえて、なおかつ他の人に気がつかれない補聴器は、昔であれば矛盾した願いでしたが、最近の補聴器では性能や技術の向上で、叶う願いになってきました

実は目立たない補聴器を選ぶ人が62%

実は補聴器を始めて購入する人の62%が目立たない補聴器というのを希望していることがメーカーの調査で分かっています。(フォナック社よりアメリカ・ドイツ・フランス・中国の2016年データ統計から)半分以上が希望しているんですね。

 

そのこともあって耳あな型補聴器は超小型に進化していて、最近ではIIC・CICという耳あなにすっぽりと収まる補聴器がどんどん売れています。
この記事を読んでいるあなたが目立たない補聴器を希望しているのは世界共通の要望で当然のことと言っても過言ではありません。

一般的なイメージの補聴器と最新型補聴器の見た目の違い

左が一般的なイメージの補聴器で右は最新型の補聴器を付けている写真です。
イメージとは異なると思います。最新型の耳あな型補聴器は耳から見えるのは、取り出し用の透明なテグスだけです。
話す人合う人が、よっぽど耳に注目していない限りは気づかれません。気がつく人はその人も同じように補聴器をしていたり、聞こえの悩みがある人ですね。

究極に目立たない補聴器 フォナック バートBチタン

この目立たないでほしいという要望に対して生まれたのがフォナックの最新の耳あな型補聴器のバートBチタンです
この補聴器は世界初のチタンシェルを採用した補聴器で、高性能かつ丈夫で壊れづらいのに軽くて超小型の補聴器を実現しました。

従来CICのよりもさらに小さく。極限の小ささを実現できた理由

もともとあったCIC補聴器などは十分に小さく、目立ちづらかったのですが、バートBチタンではさらなる小型化を図りました。

小さくなった理由

  • シェル素材にチタン合金を採用。シェル厚は従来アクリルでは0.4㎜が限界だったが、チタンでは0.2㎜と半分の厚さで製作できた
  • マイクと電池ケースが一体化してICチップも60%小さくできるようになって内部構造全体が小型化できた。

 

徹底的に小型化する為、シェルの素材にチタン合金を採用、シェルの厚みをを従来の半分である0.2mmまで薄くなりました。加えてICチップの小型化、マイクと電池ケースの一体モジュール化をして、マイクの設置スペースの省略を可能にしました。そのおかげで、今まで一番小さかったフォナックのV-Nanoより60%小さく作れるそうです。ここまで小さいとよほどのことが無い限り目立ちませんね。

バートBチタンが小型補聴器として優れている理由

有利になったこと

  • チタン素材なので従来の15倍の強度
  • 内部のスペースの余裕があるので、出力が大きいものも作れて難聴の程度が重くても使える
  • 本体にベント(空気穴)が大きく作れるので装用感を軽くできる。
  • 耳の中に納まるので、耳介の収音効果をより活用できる

極めて小さいサイズですが、チタン合金のおかげで、アクリルのものに比べて強度は15倍と頑丈で、シェルの破損は滅多にありませんし、傷もつきにくいです。
軽度中度にしか対応出来なかった超小型耳あな型補聴器ですが、内部の構造が以前よりも省スペースになったおかげで、出力が大きなレシーバーが搭載でき、高度難聴まで対応できるようになりました。
軽中度の難聴であれば、いままでよりも空気穴を大きく開けれるので、装着した時の声がこもる感じが減って装着感が向上します。
そして超小型になって、耳あなにすっぽりはまるようになったので、耳全体(耳介)の収音する力を最大限利用できます。超小型なのでマイクは一つで、機械的な指向性は使えませんが、耳の力を使って指向性が獲得できます。

バートBは小型だが高性能!

バートBチタンは小さいだけじゃありません。バートBはフォナックの最新機種プラットホーム「ビロング(Belong)」を採用しています。ビロングはこんな特徴があります。

自動環境認識機能 オートセンスOS

会話をする中で雑音があると聴こえ辛いですよね。その雑音や騒音も、時と場所によって種類が違うことに着目した機能です。
0.4秒に一度、マイクで周辺の音を取集し、今どのようなところにいてどのような雑音があるか分析をします。
その中で雑音を抑えて、会話が聞きやすい音に自動で調整してくれます。

サウンドリカバー2

高音域の聞こえづらい音を圧縮して言葉を識別しやすくします。子供の高い声や、「サ行」「ハ行」などを聞き取りやすくできます。ビロングでは2段階の圧縮がかかり、一つは浅く常にかかっていて特に高い音を常時聞こえやすくするのと、音の角をとって柔らかくし聞きやすくしてくれます。もう一つは瞬間的に深くかかる圧縮です。常時深い圧縮を掛けると高い音の子音は聞き取りやすくなりますが、低い音の母音に影響が出て音が濁りやすかったのですが、一瞬だけ深くかかるように工夫したことで、影響が出さずに聞こえやすさを上げることができます。

防水・防塵性能 IP68

汗や水、砂やほこりなどの侵入を防ぐ防水防塵性能がついに国際保護規格の最高水準IP68を取得。
粉塵の中に8時間入れた後でも、深さ1mの水中に30分以上入れた後でも修理が必要なダメージが発生しません。
バートBチタンではチタン製の本体と撥水性のナノコーティングで汗や湿気に強くなり、故障のリスクが減って毎日気兼ねなく使えるようになりました。

エキスパンション・広域ブースター

エキスパンションは、ささやき声などの非常に小さな音を拡張したり、小さな雑音をカットしたりできる機能です。静かなところではより静かに、騒がしいところではちいさな声も今まで以上にくっきりはっきりと聞かせられるようになりました。
広域ブースターは、広帯域で出力に裕を持たせることができます。大きな音が入力されたときに、びりびり音割れてしまうことを無くしてクリアな音質を獲得できと同時に、あと少しだけ音量がほしいというときの後押しができるようになります。

日々日常で使いやすく、壊れづらいかつ聞きやすいというバートBの優秀さが感じられます。

 バートBは音質もよい。

フォナックの新製品発表会に参加してきて、先行試聴してまいりました。
ビロングシリーズは、小さな音を拾いやすく、全体的に言葉がくっきりはっきり聞こえます。そして特徴的なのは、両耳で使うと声が頭の前あたりで聞こえくるということですね。
非常に聞き取りやすく、バートの場合は音の方向なども耳の力を借りて行うので、より自然に近い好印象でした。

驚いたのが、ビロング(最新モデル)とクエスト(2013年発売モデル)の聞き比べすることがあったのですが、クエストの補聴器は、雑音を抑える機能を最大にして、指向性をありにした非常に騒がしい場所で使うモードと、ビロングの補聴器は雑音抑える機能は軽度で、指向性無しの静かな場所で使うモードを連続で聴き比べして比較することができたのですが、なんとほぼ同等の聞こえでした。
ビロングの補聴器で騒がしい場所で使うモードにすると、雑音がほとんど聞こえず、言葉だけが浮き出てくるように聞こえて非常に驚きました。
正直何もしてないで言葉を聞くより聞こえやすかったですね。技術の進歩を感じました。

バートBチタンも超小型ですが、音質を損ねて小型にしているわけではなく、音質も向上させながら小さくできていることが確認できました。

バートBのラインナップ

バートBチタン
モデル名 チャンネル数 価格
バートB90 20ch 片耳¥550,000-
バートB70 16ch 片耳¥390,000-

プレミアムクラスのB90とアドバンスドクラスのB70のみの販売となります。

出力選択は3種類
  • 軽中等度用 Mレシーバー
  • 軽中等度~高度 Pレシーバー
  • 中等度~高度(高度よりの重度)SPレシーバー
製作可能サイズ
  • IIC(Nano)
  • CIC

※耳型と、聴力の程度によってサイズが多少異なります。
※耳型によってはサイズ選択できない可能性があります。

選択可能オプション
  • ミニコントロール(ボリューム機能のみ)
  • イージーフォン

段階的に音量が上がるボリューム用のミニコントロールか、電話をかけたとき補聴器に直接音が入るイージーフォン
いずれか一つを選択できます。

カラー

シェルがチタニウムグレー フェイスプレートはブラックのみとなります。
※画像のカラーと同一

バートBチタンの納期

バートBチタンはチタンシェルを使用する関係上、製作できるのはフォナック社のベトナムの工場のみとなっています。
普通の補聴器であれば5日ほどでお渡しできますが、バートBチタンは製作に8営業日ほどかかります。土日を挟むとお手元に届くまで概ね2週間前後かかります。

バートBの先行予約受付中、発売は2017年7月12日から

バートBチタンは2017年7月12日より発売開始です。
ただいま先行予約販売を行っており、予約いただくと、発売日にお手元に届くようにすることも可能です。(8営業日前まで)
試聴の際には同じ性能のビロングシリーズの補聴器でご試聴いただきます。(耳あな型補聴器はオーダーメイドの関係上、現物の試聴はできません)
オーデオBが特に近い音なので、こちらをご利用いただくといいでしょう。

フォナックBシリーズ発売記念キャンペーン!!

秋葉原補聴器リスニングラボでは2017年8月10日まで両耳で購入すると25%Offになるキャンペーンを行っています。なんとこの最新機種のバートB、ボレロBもキャンペーン適応できるようにしました!
最新機種でご利用の場合は使ってみての体験記や感想などの補聴器の評価とレビューをご提出頂きますよ!
このチャンスをお見逃しなく!

詳細はこちら→【Web限定夏のセール】補聴器を両耳で買うと片耳半額に!!

なお大阪には姉妹店の関西きこえ補聴器があり、こちらでも同じ内容のセールを行っています。
ビロングの試聴もできますよ!

フォナックの補聴器のことならリスニングラボにお任せください。
バートBチタンは

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

フォナックの耳あな型のバートBと標準耳かけ型ボレロBが7月12日より発売開始

フォナック(Phonak)の新シリーズビロング(Belong)に耳あな型のバートB-チタンと標準耳かけ型のボレロBが2017年7月12日より発売されます。今回は新製品2機種の特徴について紹介してまいります。

ビロング(Belong)とは

フォナックの最新シリーズビロング(Belong)は先に販売されたオーデオBに続き、今回のバートBチタン、ボレロBが追加されました。ビロングシリーズは前シリーズのベンチャーシリーズの拡張版というような位置づけのモデルです。

ビロングの特徴

ビロングシリーズは、補聴器を眼鏡や、携帯電話のように自然に気軽に身に着けられることをコンセプトにしているようで、補聴器のわずわらしさ・不安を軽減するような進化をしています。

ビロングの特徴的な機能はこちらです。

オートセンスOS 自動環境認識機能

雑音は言葉の聞き取りの邪魔になってしまうのですが、車の中、レストラン、会議中、街の中、家の中などの身の回りの環境で雑音が違うことフォナックは着目しました。
オートセンスOSでは補聴器自体が身の回りの環境音を取り込み、自分の周りにある雑音と会話を瞬時(0.4秒ごと)に判断して自動で最適な音質に調整してくれるシステムです。従来の切り替え式のような急激な変化ではなく、機種ごとに数種類の設定から環境音に合わせてブレンドするので、なめらかで違和感が少なく、自然と聞き取りをしやすい音にしてくれます。

サウンドリカバー2

サウンドリカバーは高域が聞き取りにくい高音域を圧縮して言葉を識別しやすくします。子供の高い声や、「サ行」「ハ行」などを聞き取りやすくします。便利な機能ですが、識別性をあげようと圧縮し過ぎると低い音に違和感がでるのが課題でした。
ビロングではサウンドリカバー2にバージョンアップして、常に浅くかかっている圧縮と、瞬間的に深くかかる圧縮を組み合わせて欠点を解決。浅くかかる圧縮で、音の機械っぽい違和感を減らし高い音の認識性をほどよく保ち、瞬間的に深く掛かる圧縮で、低い音に影響を出さずより広い範囲の高い音を聞かせられるようになりました。

防水・防塵性能 IP68

汗や水、砂やほこりなどの侵入を防ぐ防水防塵性能がついに国際保護規格の最高水準IP68になりました。
粉塵の中に8時間入れた後でも、深さ1mの水中に30分以上入れた後でも修理が必要なダメージが発生しません。
耳あな型は撥水性のナノコーティングで汗や湿気に強くなり、耳かけ型、耳あな型共に故障のリスクが減って毎日気兼ねなく使えるようになりました。

エキスパンション・広域ブースター

エキスパンションは、ささやき声などの非常に小さな音のきこえを拡張する機能です。今まで以上にくっきり、はっきりと小さな声も聴かせることができます。
広域ブースターは、広帯域の全体的な出力を一時的に開放して余裕を持たせることができます。大きな音でびりびり音割れてしまうことを無くしてクリアな音質を得ると同時に、もう少し音量が欲しいという状態を解決できるようです。あと少しだけ音量がほしいというときの後押しをしてくれます

目立たない補聴器を目指したバートB-チタン

目立たない補聴器がほしいというのは長年変わらず多い要望です。
バートB-チタンではその要望が満たされるよう小型、高性能化を進めてきました。

チタン筐体と新しい内部設計でV-nanoより小さいサイズを実現

チタン筐体

今回のバートBでは、チタンで補聴器の本体を作れるようになりました。強度は15倍、シェル自体が50%薄くなりました。
ほとんどの耳型で、IIC・CICという耳あなにすっぽり収まるサイズで製作できます。耳あなのサイズで少し難しいとされていた方でも小型化ができるようになったそうです。

内部構造のモジュール化

ICチップも60%ほど小型化してマイクと電池パックが一体化したモジュールになってさらに筐体内がコンパクトになり、本体の縮小化が可能になりました。
モジュール化されて密閉されたことで防水防塵性能も最高水準のIP68に向上し、汗や湿気に強くなりました。
本体に空間の余裕が持ちやすくなったので、耳を圧迫する感じを減らすベントを設けやすくなったのも特徴です。

バートBチタンのラインナップと価格

バートBチタンはプレミアムクラスのバートB90とアドバンスドクラスのバートB70のみの販売となります。

バートB
モデル名 チャンネル数 価格
バートB90 20ch 片耳¥550,000-
バートB70 16ch 片耳¥390,000-
出力選択は3種類
  • 軽中等度用 Mレシーバー
  • 軽中等度~高度 Pレシーバー
  • 中等度~高度(高度よりの重度)SPレシーバー
製作可能サイズ
  • IIC(Nano)
  • CIC

※耳型と、聴力の程度によってサイズが多少異なります。
※耳型によってはサイズ選択できない可能性があります。

カラー

シェルがチタニウムグレー フェイスプレートはブラックのみとなります。
※画像のカラーと同一

バートBチタンの納期

バートBチタンはチタンシェルを使用する関係上、アジアにあるチタン合金専門の工場で加工するそうです。
納期が通常の補聴器とは異なり、製作に8営業日かかるそうです。お客様には概ね2週間前後ほどのお時間頂戴することが想定されます。

充電式、空気電池式が選べて、使い勝手のいい標準型耳かけボレロB

手軽に扱えて、取扱しやすいというのも補聴器には重要なポイントです。
筐体が大きめで安定しやすく、電池交換が楽で、湿気に強い。そんな標準型ボレロにもビロングシリーズが登場しました。
今回は充電式と空気電池式で選択できるようになっています。

Tコイル標準装備、IP68で使い勝手が向上、さらに充電式も

Tコイル標準装備 防水防塵性能がアップ!

ボレロは筐体が安定しやすいサイズで、耳にかけ易く、耳垢が多い柔らかいなどの悪条件や、耳漏(耳垂)があっても使えることもあって使いやすいのが特徴でした。
さらに今回でIP68になり、さらに湿気に強くなっています。タフな設計は標準型だからこそですね。
Tコイルが標準装備となっていて、ワイヤレスマイクを使ったり、テレビやスマホと接続したり拡張性が高いのも特徴です。

充電式のボレロB-Rと空気電池式ボレロBが選べる

オーデオBでも好評だった、充電式がボレロBでも登場します。充電式のボレロB-Rと、従来の空気電池式ボレロBが選べます。
30分で6時間使用できる急速充電型です。3時間のフル充電で24時間使用できます。充電は専用のチャージケースに入れて行います。
プログラムスイッチが充電のインジケーターになっているので充電状況の判断も外から可能です。

電池交換や、電池購入の手間が省けますし、充電してすぐ使えるので、携帯電話などと同じような感覚で身に着けることができますね。
手先が不器用な場合も電池の交換がないボレロB-Rは扱い安いですね!

なお充電式と空気電池式で音質や性能は変わりません。

ボレロBのラインナップと価格

ボレロBは充電式のボレロB-Rと空気電池式のボレロBがあります。

充電式 ボレロB-PR

モデル名 チャンネル数 価格(非課税)
ボレロB-PR90 20ch 片耳¥568,000-
ボレロB-PR70 16ch 片耳¥418,000-
ボレロB-PR50 12ch 片耳¥308,000-
ボレロB-R用充電器

モデル名 価格(税込み)
チャージーケースBTE ¥12,000-
ミニチャージャーBTE ¥7,560-

チャージャーケースは7回フル充電分の外部充電池パワーパック(¥10,800-税込)が後付できます。

空気電池式 ボレロB

モデル名 チャンネル数 価格(非課税)
ボレロB90 20ch 片耳¥500,000-
ボレロB70 16ch 片耳¥350,000-
ボレロB50 12ch 片耳¥250,000-
ボレロB30 8ch 片耳¥180,000-
出力選択と筐体のサイズはは3種類から
  • 軽中等度用 ボレロB-M(充電式無)
  • 軽中等度~高度 ボレロB-P(ボレロB-RP)
  • 中等度~高度(高度よりの重度)ボレロB-SP(充電式無)

※充電式はボレロB-RPはPレシーバータイプのみ

カラー
01 ベージュ P1 サンドベージュ P3 サンダルウッド
 P4 チェストナット P5 シャンパン  P6 シルバーグレー
 P7 グラファイトグレー P8 ベルベットブラック T7 アルパインホワイト

バートBとボレロB・ボレロB-Rの発売は7月12日より!

紹介した新製品のバートB、ボレロBの発売開始は7月12日となりました!
先行試聴キャンペーンも行われます!

リスニングラボでは2017年8月10日まで両耳で購入すると25%Offになるキャンペーンを行っていますが、実はこの最新機種のバートB、ボレロBもキャンペーン適応可能にしました!
最新機種でご利用の場合は使ってみての体験記や感想などの補聴器の評価、レビューをご提出いただきます!
これを機会にお気軽に手に取ってみてください!

詳細はこちら→【Web限定夏のセール】補聴器を両耳で買うと片耳半額に!!

お問い合わせは下記の店舗紹介最後に記載しております!
お気軽にお問い合わせください!

店舗紹介

秋葉原補聴器/リスニングラボ
ターミナル駅となる秋葉原駅から徒歩5分圏内にある補聴器専門店です。
スイス製の補聴器「フォナック(Phonak)」の専門店
台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

大阪店はこちらの画像をクリック

春の補聴器の下取りキャンペーン

の補聴器の下取りキャンペーン

リスニングラボでは春の下取りキャンペーンを開催いたします。

使わなくなった補聴器をこちらで下取りして新しい補聴器で春を迎えませんか?他店で買われた補聴器、要らなくなった補聴器、使わなくなった補聴器をお持ち頂いたら下取りして新しい補聴器の割引にいたします。対象の条件は下記のとおりです。

下取りキャンペーンの対象

下取りキャンペーンの対象はまず要らなくなった補聴器、集音器を持って来て下さい。要らなくなった補聴器、集音器はどんなメーカーや形は問いません。故障したものでもかまいません。補聴器、集音器を持って来ていただけたらどんなものでもOKです。但し補聴器の下取りは1台限りです。
メーカーのカタログの表示価格の片耳15万円以上の商品が対象となります。

 片耳での購入の場合は10,000円の値引をいたします。
 両耳での購入の場合は30,000円の値引をいたします。
秋葉原補聴器リスニングラボの春の下取りキャンペーンは5月31日までおこないます。

補聴器の電池が長く持たないのはなぜ?

補聴器を使おうと思ったら電池が切れていた。
家族が使っているけど、補聴器の電池があまり持たないと聞いた。
こんな悩みありませんか。それはこんなことが関係しています。

  • 電池のサイズの問題
  • 電池の特徴での問題
  • 補聴器の音の大きさや機能での問題

こんなことが絡んでいます。
補聴器の電池に関する話と、お得に購入するにはどうすればいいのか。
そもそも充電式などがないのか。など素朴な疑問にお答えします。

補聴器の電池ってどんなもの?

補聴器の電池はボタン電池のような見た目ですが、体温計などで使用されるものとは違いがあります。

空気電池(空気亜鉛電池)と呼ばれ、空気中の酸素と電池内のアルカリ性水溶液が化学反応を起こして電気を発生させる電池です。空気に触れてから一定時間は発電しませんから注意してください。
この電池の長所は

  • 小型だが比較的大容量である
  • 高電圧を発する上、容量が減っても安定している

ということもあって補聴器のような小さなコンピューターが内臓されている安定的に高い電圧を必要とするものにはうってつけの電池なんです。

しかしこの電池の短所は

  1. 湿気に弱い
    日本は湿気が多い国ですから、保存時にポンと部屋の中に置いておくと梅雨時期などは使っていないのに電池自体が悪くなってしまいます。
  2. 寒いと発電しにくい
    空気電池の特徴の冷えると発電しにくいです。冬の朝は部屋が冷え込んでいますから、補聴器自体も電池も冷えてしまっていますね。この状態ではすぐに動かないことが考えられますね。
  3. 二酸化炭素に弱い
    二酸化炭素によって電池内のアルカリ性水溶液が炭酸塩に変化してしまい発電できなくなってしまいます。高濃度の二酸化炭素を浴びると二酸化炭素が少ない場所に移動しても発電しなくなることがあります。
  4. 一度使い始めるとずっと発電し続ける
    空気電池はシールで封がされてますが、これをはがすと空気穴から空気が入って発電が始まります。はがした後は無くなるまでずっと発電されます。
    ※補聴器は常に使用する物として考えられているので、この電池のデメリットはあまり関係ないと考えられています。

このように補聴器の電池の特徴によって、電池がいつの間にかなくなってしまったり、無くなっていると勘違いしてしまったりします。

空気電池の寿命を少しでも長くしたい

電池寿命を少しでも長くしたい時には短所となる特徴を抑えて工夫することが最善の解決策です。

  • 湿気のあるところで保存しない
    桐のタンスなど年中で湿度が安定しているものに保管する
    密閉容器などに入れるなどして湿度の管理されたところで保管するのがいいでしょう。
    なお乾燥させるのもいけませんから注意してください。目安の湿度は60%です。
  • 使用する前に温める
    補聴器も、電池も使用し始める時には手で温めるなどして使い始めましょう。
    使用中は耳の後ろか耳の中ですから、体温が近くにある関係で適度に温度が保たれます。
    予備の電池は毛糸などでできた袋にいれてあげるのが効果的と言われています。
  • 補聴器を使用しているときは適度に喚起することを心掛ける
    換気することで空気中の二酸化炭素の量をコントロールします。冬などは特に暖房器具をつけて締め切っている状態になってしまい二酸化炭素の量が多くなってしまうので、注意しましょう。

保管や使用環境、使用状況などに注意しましょう。
なお電池が消費されるからといってシール封をはずした後の電池に再度シールを張り直したり、セロハンテープを張るなどして空気穴を埋めると、粘着面が空気穴を完全に塞いだまま残ってしまい発電できなくさせてしまうので、開封後は使い切ってください。

補聴器のサイズや、補聴器の使い方で電池の寿命が違う。

補聴器のサイズによって電池のサイズが異なります。

電池のサイズの違いでの寿命について


小さいサイズの補聴器を使いたい場合、必然的に電池のサイズが小さくなってしまうために電池の寿命が短くなります。

最小サイズのPR536(10)電池(黄色の電池)を使用した場合、使用時間は55時間~100時間程度となります。
一日のほとんどで使用すると最短で5日で電池がなくなります。

補聴器で最も用いられるサイズのPR48(13)電池(オレンジの電池)の場合、140時間~220時間程度が目安となります。

この電池のサイズの違いでも約2倍ほど時間が異なります。

値段は補聴器店によって異なりますが、1パック(6個入り)で¥1,000-~¥1,200-ほどが平均価格でしょう。
黄色のパッケージのPR536(10)電池は1パックで半月程度、年間では24パック必要です。約3万円程度です。
オレンジ色のパッケージのPR48(13)電池は1パックで1か月程度、年間では約12パック必要ですね。価格は1万5千円程度と多少お得ですね。
小さな耳穴型補聴器を使用している場合はどうしても使用時間が短くなりますから、作られる際にランニングコストがかかることを考慮しておく必要があります。

補聴器の音量が大きい場合や、機能を使用することで使用時間が短くなる

補聴器の中でも、音量が比較的大きい状態での使用をする場合は、使用する電力が異なりますので、使用時間が異なります。
それに付随して、騒がしい環境で使用する場合と、静かな環境で使用する場合も電力の消費が異なります。

あと大きく電池を消費しやすいのは、ワイヤレス機能を使用した場合です。
リモコンであったり、ワイヤレスマイクなどの外部機器と接続すると電池の消費が早まります。
特に消耗が早いのはbluetoothなどでスマホと連動したりすると非常に消費が早いです。

このように補聴器の使い方でも異なります。
積極的に使っていいただく人ほど消費が早い傾向にあります。

電池交換が煩わしい。充電式の補聴器ってあるの?

充電式の補聴器は数年前にも発売されていましたが、その頃は充電しても長く駆動しなかったりであまり振るわない結果に終わりどこのブランドも撤退してしまいました。

しかし2017年になりフォナック(Phonak)、シーメンス(Siemens)からほかのメーカーに先立って充電式の補聴器が発売されました。
リスニングラボではフォナックのものを扱っているのでそちらで説明しますね。

フォナックの充電式補聴器 オーデオB-R

フォナックのものは接点式で急速充電が可能なRIC型補聴器が先行して発売されました。
ビロング(Belong)シリーズのRIC型 オーデオB-Rです。
専用のケースに入れてあげると、30分の充電で6時間の使用、3時間の充電で24時間使えます。
もし充電を忘れていても、出かける準備をする時間充電しておくだけで、半日使えるのがありがたいですね。

充電式になってのコストは上がる下がる?

オーデオBは空気電池式と充電式の二種類があります。
充電式はB50(スタンダードクラス)からのみですので、空気電池式もB50でコスト面を比較してみます。
本体の大きさはオーデオB-RとオーデオB50-312Tと同じです。
ですので、使える電池サイズはPR41312のサイズで計算します。

オーデオB-R B50の場合
購入時の金額 両耳 ¥628,000-(充電ケース付の価格)

オーデオB50-312Tの場合
購入時の金額 両耳 ¥500,000-

差額は¥128,000-となります。
差額を電池で計算すると約128パック分ですね。
312の使用期間は一粒あたり約10日分程度ですので、1パックを一か月で消費します。年間で12パックなので、電池だけで見ると大体10年分くらいのコストがかかります。
電池の交換が楽になるというだけでみるとお得といわれると個人差が大きい気がします。

オーデオB-Rは補聴器を使用する上での面倒をできるだけ排除するために考案されたといっても過言ではないほど、補聴器は充電すれば使え、いままであった周りの環境が変わるたびに音量の上げ下げをしていたプログラム変更も、補聴器自体が自動で環境認識して、普通の耳の音の聞こえの変化のように調整してくれます。
充電式になったことで、さらに防水、防塵の耐性が上がったというところは評価できますね。
電池の交換が面倒であったり、日々の中での作業時間の短縮されていき、補聴器を使用することが圧倒的にシンプルになりますから、携帯電話や、眼鏡のように肌身を離すことのないものと考えると、差額分は大きな投資とはならない人もいるでしょう。
今後開発が進めばこの充電式補聴器が価格も下がり、一般的な価格に落ち着く可能性もありますね。

まとめ

補聴器の電池の消費がなぜ早いについて書いてまいりましたが、疑問は解決しましたか?

空気電池の寿命が短い理由は

  • 使わなくでも微量に放電し続ける
  • 補聴器の音量や、使い方によっては早く減る
  • 寒い、湿気が多いなどの環境に左右される

以上のことが関係しています。使う前や保存時のちょっとした気遣いで寿命は延びますから、少しでも実践してみてください。
交換が煩わしいし、身の回りのことで時間をかけたくないなどよりシンプルな補聴器をお求めの場合は充電式補聴器を一度借りてみるのがいいのかもしれません。

わからないこと、聞きたいことがございましたら、お気軽に店頭にお越しいただくか、お問い合わせください。

秋葉原補聴器/リスニングラボ
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

3月は特別セール期間!フォナック(Phonak)補聴器などがお安く購入できます。

3月1日~3月31日まで期間限定のセールを行います。
割引メーカーは

  • フォナック(Phonak)
  • ベルトーン(beltone)などなど

など店頭ではここでは記載できないメーカーの新製品も割引させていただきます。
ご来店の方のみお教えしますので、気になった方はお気軽に当店にお越しください!

この後はセール内容の告知となります。

セール内容

取り扱いメーカー全品片耳購入で10%割引
取り扱いメーカー全品両耳購入で20%割引
補聴器の購入で電池一年分プレゼント

以前に片耳補聴器を買ったが、反対の耳も聴力が落ちてきたので買い増ししたい
片耳補聴器を新しくしたい。
新規で両耳補聴器を検討している
最新機種を両耳でそろえたい。

このようなご要望を受けまして、出血大サービスのセール価格ご用意しました。
本体割引だけではなく、電池が付きますから、一年間電池の心配は無用です。
※クロス補聴器は対象外です申し訳ございません。

期間限定、台数限定特価品


耳かけ型補聴器ナイーダQ30 SPが\78,000-(非課税品)※カラー選択不可
耳穴型補聴器のバート タオQ15が片耳¥98,000-(非課税品)両耳なら147,000-でご用意いたしました。
どちらも10台限定の特別価格です。お見逃しの無いようご注意ください!

購入前にはレンタルも可能です。


いくら安くても、試さないと購入はできないという方にもいらっしゃるでしょうから、当然1週間の貸し出しサービスも行います。
500円で1週間のレンタルが可能ですが、3月のセール中は無料です。
基本的にどの機種でもレンタル可能ですが、貸し出し状況によってはお貸しできないことがございますので、事前にお問い合わせいただけますとスムースにレンタル可能です。

リスニングラボでの補聴器購入は3つの保証付き!

購入後の不安も3つの保証で解決です。

  • 紛失保証
    万が一の紛失されても2年間の間は、希望小売希望価格の半額で補聴器の販売をします。
  • 生涯サポート
    聴力の変化があっても、無償で聴力検査をし補聴器の調整を行います。
    補聴器も清掃、細かなメンテナンスもサポートいたします。
  • 返品保証
    本体希望小売価格が10万円以上の補聴器であれば、耳かけ型は一か月間であれば返品を受け付けます。なお耳穴型の場合は3か月間の間、耳穴に合わせた装着感のお直し、返品を受け付けます。

補聴器って小さいから無くしてしまわないか不安ですよね。紛失保証があれば、最低限の出費で済みますし、無くさないような工夫をこちらでもご提案させていただきます。
納得いただけない場合は、返品可能です。
もし購入していただければ、一生涯あなたに寄り添いサポートいたします。
自分に合った補聴器を選んでください。

以上セール情報でした。
皆様のご来店お待ちしております!

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

高い補聴器と安い補聴器の違いとは。3つの機能から考える補聴器選び

補聴器を選び時に値段の違いが大きいので高い補聴器がいいのか、安い補聴器がいいのか選ぶ際に迷いますよね。
一つ50万円ほどの高級品から安いものは一つ数万円と値段の幅が広い理由知りたくありませんか?
実は三つの機能が価格を左右しています。それがこれです。

  • 音を調整する機能の差
  • うるさい環境での音の聞こえを改善するための機能
  • 補聴器を着けていても快適に使える機能

これが価格の差につながります。
ともあれできれば自分に合った補聴器を安く手に入れたい。
そして安いものを手に入れたからといって失敗したり損はしたくありませんよね。
ここからは細かく説明してまいります。

まず10万円前後が補聴器のひとつの境目

福祉の補聴器を除くほとんどの補聴器でまず10万円程度が補聴器を選ぶ際のボーダーラインになります。

このボーダーラインで音質、聴こえに合わせて調整できるモデルか否かということがわかれます。
補聴器には2種類あり、一つは音の大きさや、音質が固定された既成品と、もう一つは音の大きさ、音質の調整ができるオーダーメイド品があるということです。
補聴器専門店で扱われているものでも、狭い範囲内で調整可能な安価なものから、個人個人の聴力に合わせて細かく調整できるものまであります。

ですから補聴器は数万円~数十万円まで価格が幅広いのですね。

10万円未満の補聴器のほとんどが、音をいじれない補聴器

数万円から10万円未満のモデルのほとんどが、既成品タイプの補聴器になると思ってください。
これらは基本的にメーカーが決めた音になっており、個人個人の聴力の違いに合わせられないものになります。
もちろん音質の調整ができるものもありますが、高い音中心の音にするか、低い音中心の音にするかの設定ができる程度です。
これだけでは千差万別といっていい聞こえ方の違いに対応できない可能性が高いです。
しかし通販で買ったりすることのできる補聴器なので、手に入れやすいのがいいところですね。

10万円のモデルのほとんどは音の調整ができ、個人個人に合わせられる補聴器

10万円以上の補聴器はいろいろな機能が搭載されており、それによって価格が左右します。
音の調整ができることがまず違って、個人個人の聞こえに合わせやすくなり使いやすくなることがまず大きな違いですね。
デメリットは購入する際に補聴器販売店に行かなければいけないことと個人で音の調整ができないところでしょうか。

さて簡単な説明はこれまでとして、これからは音の調整ができる補聴器の値段の違いをクローズアップしてまいります。
特に値段で違いがあるのは3つの機能が違うことが関連しています。

1.音を細かく調整する機能

補聴器には聴こえに合わせて音を調整していく機能があります。
10万円以上のモデルは音の大きさや、音質の調整ができると前著しました。
今の補聴器はデジタル補聴器と呼ばれており、補聴器の中に小さなコンピュータが入っています。
それによって聴力を見て必要な音の高さの部分に聞こえさせるのに必要なだけ制御して音を聞かせることができます。
チャンネル数が多くなると、補聴器の中のコンピュータの処理できる能力が上がっていきますから、入力されてきた音を細かく分析できるようなったり。耳に聞かせる音の調整が細かくできます。

音の高さは周波数と呼ばれる数値で表され、補聴器の調整時には周波数を部分的に調整することで個人個人が感じる聞こえづらさを解消できるようになっています。

上の画像はチャンネル数の違いの例です。
フォナックの入門機種V30(左)と最上位機種V90(右)を比較した際の違いです。


視覚でくくられた周波数の表示されている数(バンド数)が違うことがおわかりいただけるでしょうか?

例えば車の雑音や、エアコンの駆動音がうるさい。男性の声が聞こえづらい。ここらへんの問題は周波数の調整で解決できます。
しかし注意が必要なのは、チャンネル数が少ない機種でこれを行おうとするとうまくいかないことがあるのです。
実は車などの騒音は低い周波数をカットすることで抑えられますが、男の人の声は低い音が多いので音の高さとして近い音だからです。
ですからいじれる周波数が少ない機種ですと一緒に損ねてしまいやすいのです。

左のチャンネルが少ない場合 右はチャンネルが多い場合

このような差があります。低い音を抑えようと思うと、V30ではかなりの範囲で音が抑えられてしまい声を損なってしまいますが、V90の場合ピンポイントで抑えられます。

そのほかの周波数のバンドが多いことも、特に感音難聴の場合効果に差が出ます。
感音難聴は音に対する変化の聞こえ方が人よりも鋭くなっていますので、雑音や、不快に感じる音の細かな調整が必要な場合があります。
大抵の人は感じないことが多いのですが、感音難聴で補聴器を使っている年数が長い方ほど、細かな調整での変化を感じやすい傾向にありますから、ある一定のチャンネル数のモデルを購入することがお勧めになってきます。

2.うるさい環境での音の聞こえを改善よくする機能

うるさい環境ですと、声が聞こえづらいというシーンがどんどん増えていきます。
その際に聞こえを改善する機能が高価な機種になってくると違いが出てきます。

指向性

高価な機種になってくると指向性を強くかけることができるようになっていきます。
指向性を簡単に説明すると、マイクによって音のきこえを優先的にとらえる方向を決めることです。
言葉が聞こえてきた方向の判断や、複数人が話しているときに、後ろの声が前方90度にいる人の声を邪魔しないように音を受け取る方向を指定するような機能です。
さらに強力な指向性モードはフォナックではステレオズーム、ベルトーンではスピーチスポッターなどと呼ばれる機能です。
前方45度の方向の音に的を絞って、そのほかの音はしっかり音をカットすることで明瞭な音で聞くことができます。
※耳穴型の場合はツインマイクのモデルにする必要がある場合がございます。

指向性でも併せて追加されていることが多いのは360度の音を自動で認識して声の聞こえた方向にフォーカスするモードです。
前後左右4方向でそれぞれ大きな音声のする方向に指向性を向けてその方向の音だけを聞き取り、他の方向からの音は拾いづらくなります。

雑音抑制

補聴器自体で、周りの音を読み込んだ際に雑音と声を分けてしまう機能です。
かけることで声を残しながら、雑音をしっかり押さえることもできます。
しかしあまりにも強くかけすぎると声がぼんやりした音になりやすいので注意が必要です。
なお高価なモデルになると補聴器自体のプロセッサのチャンネル数が増えて、より細かい抑制がかけられ雑音だけを切り取ってしまうことができるようになるモデルもあります。
メーカーによっては雑音が多い時に自動的で雑音を抑える量を調節してくれたりするようになっているものもあります。

こういった機能も高価な物になればなるほど便利になっていきます。

補聴器を着けていても快適に使える機能

補聴器を着けることで、周りの音も大きくなってしまいます。
この周りの音を抑えて快適にする機能があり、これも価格に関係しています。

突発的な音を抑える機能

生活の中には突然発生する音というのがあり、それが補聴器で聞くと刺激的で煩わしくなってしまう原因だったりします。
グラスを置いたカチャンという音、ドアをバタンと閉めた音、洗い物で食器がぶつかる音、トイレで水を流した音、新聞紙をめくる音などが突発音的な刺激音です。
こういった音を抑える機能が付くモデルは値段が少々高くなりますが、日々の行動がストレスにならないように突発音を抑えてくれる機能が付いているものを選ぶのはお勧めです。

風が吹いている状態での会話

風が吹いている環境で今までの補聴器はゴーゴーと風切り音がなってしまって屋外で風が強い日はなかなか使いづらかったのですが、最近の補聴器ではこういった風の音を抑えて、快適な状態で使用できるようになりました。
この風切り音を抑える機能は外で行うスポーツやアクティビティ、アウトドアなどが好きな方には

反響する環境での快適性

ビルのホールや会議室などの声が反響してしまう環境では反響した声が邪魔して声の聞こえがうまくいかなかったり、調整の状態によっては、反響した音がハウリングの原因になってしまったりします。
会議などで使用する場合は反響した音を抑える機能が補聴器に搭載されている機種か、ロジャーなどの補助器具を使うなどするといいでしょう。

車の中での快適性と会話

車の中は継続的な、走行音が聞こえに影響を与えます。雑音抑制を強くかけすぎてしまうと、声が失われてしまったりしていましたが、最近の補聴器ではより細かな帯域で雑音抑制を掛けられるようになりましたので、車のノイズだけを抑えてあげることができます。
よく車で出かける方、車を乗っているときも良く会話される方におすすめです。

音楽鑑賞モード

実は補聴器にとって音楽というのは、声の成分以外の音なので、補聴器を着けたまま音楽を聞こうとしてもうまくいかないことが多いのです。
そういったときには声にスポットを当てた音から、音楽を聞かせるためより多くの音をバランスよく聞かせられて、雑音抑制が掛からない音楽モードをつかいます。
音楽鑑賞の時に補聴器を外さないですむので、隣の人との会話や、説明などを聞き逃すこともありません。
音楽を愛する方にお勧めの機能です。

以上のような機能が搭載されている補聴器が増えてきました。
少し高価になりますが、便利で、煩わしさの少なくなります。
すこし予算に余裕がある場合は、突発音を抑える機能だけでもついているモデルを購入することがお勧めです。

まとめ

補聴器の値段の違いによる性能の違いはお分かりいただけましたでしょうか。
高価になると聴こえの向上や、補聴器の煩わしさを感じなくなるよう工夫された機能が増えていきます。
一つだけ注意してほしいこととしては高額な補聴器を購入すると聞こえの補助してくれる機能が向上していきますが、補聴器任せにしては聞こえの改善はありません。
高価な補聴器であっても自分の努力でリハビリをしたり、聞こうとする努力が必要です。
見合った価格と性能のものを選択してくのが一番です。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 つくばエクスプレス 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分

充電式の補聴器シーメンス・セリオンの評判

 

充電式補聴器がシーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)CELLION(セリオン)が販売されました。その性能と評判について紹介いたします。まず非接点の世界初の充電式補聴器でPRIMAX(プライマックス)の性能を引き継いでいるということですが、充電の詳細や機能についても書きたいと思います。

充電式補聴器セリオン(Cellion)

 

主に充電で使われている家電製品には
  • パソコン、ポータブルオーディオ、シェーバー、携帯電話
主に電池で使われているもの
  • 時計、ラジオ、おもちゃ、リモコン

この2つの差はで何が違うかといいますと、1年以上電池が持つのか、持たないのかなんです。

今までの補聴器は電池は約一週間で交換

補聴器は電池を交換しないといけない。それは当たり前のことだからしょうがない。と思っていた方、それは大間違いです!

次世代の補聴器は

煩わしい細かい電池の交換なんていらない。スマホや携帯電話みたいに充電するだけで使えるんです。電池がなくて困ったなんてこともうありません。

 実は補聴器を使用されている方の5人に2人が電池を気にされているのです。

スペックは日本語が聞き取りやすいプライマックスです。

プライマックス(Primax)の性能について

シーメンス補聴器のセリオンは3つの安心

安心1、電池不要

世界初の非接点充電の補聴器!電池の交換は不要です。そして充電の仕方はほんとうに簡単です。充電器に補聴器の本体を置くだけです。充電に必要な接点はありませんので、補聴器を置くだけで充電されます。非接点の充電式補聴器っていうのが凄いですよね。

充電のスピード

また充電のスピードはとても速く、7時間使用で30分充電

4時間フルチャージで26時間使用

ランニングコストの比較
  • 通常の空気電池をだと、電池代が約8,000円

(1週/粒 = 1,000円/1.5月として)

  • 充電式補聴器

電気代 約120円/年   1年間たったの約120円

安心2、濡れても安心

シーメンス・シグニアのセリオンは防水・防塵の国際保護等級IP68を取得しております。

防水・防塵に強いアクアリスという補聴器がありましたが、その技術を用いてセリオンはIP68を取得しています。洗顔、シャワーでも安心ですし、内部も外部もナノコートを使用しております。

さらにはシーメンス・シグニア補聴器セリオンは充電器に置いている間に乾燥もしてくれます。大事な補聴器を汗や湿気から守るために皆さん毎日、乾燥機の中に補聴器を収納していると思いますが、セリオンは乾燥機に入れなくてもいいんです。セリオンの乾燥は充電している間に充電器から10℃の暖かい熱で乾燥してくれます。もうシリカゲル(乾燥剤)を2ヶ月に一度交換する手間なんていりません。

安心3、失くしても安心

1年間の紛失保証付き。補聴器を無くしてもメーカーの対応で1年間であれば新しい補聴器に取り換えてくれます。

1年間の紛失保証は安心です!

おしゃれなセリオンのカラーバリエーション

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)のカラーバリエーションは全部で12種類です。これはプライマックス(PRIMAX)シリーズと同じですね。

セリオンの価格について

セリオンは3タイプのランクがあります。性能はプライマックス(Primax)です。

プライマックス(Primax)の性能について

primax7 Cellion(プライマックス7セリオン)553,200円 48ch  プログラム数6

primax5 Cellion(プライマックス7セリオン)403,200円 32ch  プログラム数6

残念ながらprimax3シリーズのCellion(プライマックス3セリオン)は一先ずまだ発売予定はありません。上位2機種のみとなります。primax3シリーズのセリオンも発売は今のところは未定です。発売されたら値段も安くなって買いやすくなると思うのですが、もうしばらく待ちましょう。

その他にも充実の機能満載です

セリオンの中のスペックは日本語を聞き取りやすくするプライマックス(Primax)の機能が受け継がれております。ですので対応リモコンも今までと同じようにeasyTEK boost(イージーテックブースト)やeasyPocket(イージーポケット)、miniPocket(ミニポケット)が使用できます。 

タッチコントロールアプリをスマートホンでダウンロードすれば簡単に音量調節が可能です。

セリオンのまとめ

シーメンス補聴器のセリオンは充電式です。非接点の充電で世界初の簡単使用です。中のスペックはプライマックス(Primax)です。

しかも3つの安心がついており、
  • 電池交換が不要で安心
  • IP68で濡れても安心
  • 紛失保証で失くしても安心
おすすめしたい方
  • 簡単な補聴器をお求めの方
  • 手先が不器用で、電池の交換が億劫な方
  • 遠方に住んでいる方
  • 旅行や外出が多くて電池けれが心配な方
  • 汗かき、水仕事の多い方

最後に社長から

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)の音質はPRIMAX(プライマックス)です。日本語が聞き取りやすいシーメンス補聴器のプライマックスということがとても安心です。音の方は会場で聞きましたが申し分ないです。電池の交換が必要ないというのは高齢者の方にはとても良いことだと思います。手先が不器用になってくるので、ちょっとした電池の交換が難しくなってくるんですが、充電式になるとそんな煩わしいことはもう必要ないんですね。これは補聴器の業界のある意味革命だと思います。

操作が簡単でますます便利になってます。補聴器の技術革新を目の当たりにした感じです。非接点で置くだけで4時間フルチャージで26時間使用。しかも防水・防塵。中身はPRIMAX(プライマックス)とは驚きです。

シーメンス・シグニアのセリオン(Cellion)が気になる方はお問い合わせください。資料パンフレットもお送りいたします。秋葉原補聴器リスニングラボでも取り扱っておりますので皆さま心よりお待ちしております。

必ずご来店の時にはご予約のほどお願い申し上げます。

シーメンス・シグニア補聴器のプライマックス(PRIMAX)の性能について

シーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA) 補聴器から出たプライマックス(PRIMAX)の機能や性能についてご紹介いたします。

日本語をしっかり。楽に。」

大好評を頂いておりますプライマックスを秋葉原補聴器リスニングラボでもを取扱いすることなりました。その製品の特長や性能をご紹介いたします。

primax(プライマックスシリーズ)は3タイプのランクにわかれております。7px、5px、3pxその機能と効果を徹底解剖!!

Primax

ランクは3つで機種の種類は全部で10種類あります

プライマックスは3つのラインナップがあります。7px(48ch)、5px(36ch)、3px(24ch)です。それ以外に耳あな型と耳かけ型などで10種類あります。

耳あな型は目立たないCIC、小さいのに機能が豊富なMC、スタンダードなカナル(CT)、フルカナル(LS)、クール(COOL)があります。

耳かけ型は小さいACE(エース)、定番のPure(ピュア)、充電式のCellion(セリオン)、耳かけ型の定番Motion SA(モーションエスエー)、パワータイプのMOTION P(モーションピー)があります。

耳あな型か耳かけ型などのタイプで迷われる方はスタッフとよく相談してください。

なぜ「日本語をしっかり。楽に。」なのかプライマックスの秘密

  騒がしい時も聞き取り楽ちん  

プライマックス補聴器

今まで出ていたバイナックス(binax)やマイコン(maicom)などの補聴器をよりパワーアップした指向性マイク、「ビーム指向性」は聞こえる幅(範囲)をシャープに会話を絞ります。ざわざわした騒がしい人ごみの中でも会話をはっきりと優先するようになりました。ビーム指向性は7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  レストランや、家族団らんの時に  

スピーチマスター

シーメンス・シグニアのプライマックスは新機能として「スピーチマスター」があります。今までのシーメンス補聴器よりも相手の声が楽に聞きとりやすいです。開発時には、日本の補聴器使用者のご要望を集め、反映しました。スピーチマスターは、テレビの音、新聞をめくる音や、食器の音など煩わしい音を軽減するように設計されております。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  騒がしい街中や駅などの厳しい場所で  

全自動ダブルピント調整

スピーチマスターは厳しい騒音下でとても便利な機能となっております。全自動ダブルピント調整でガヤガヤした騒がしい場所も会話が楽になる設計になっております。先ほどご説明したビーム指向性が搭載されており、雑音を抑えて会話が明瞭に聞こえる設計になっています。7px、5px、3pxの全プライマックスシリーズに搭載されております。

  天井の高い場所や反響する広い場所で強い  

エコーシールド

天井が高い、部屋が広いところなどの反響することはありませんか?そんな場所で反響を軽減して会話が聞きとりやすい、エコーシールド。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

  電話もツインフォンで聞き取りやすい  

ツインフォン

長い間苦しめて来た固定電話の聞き取りが解決します!聞きとりの難しかった固定電話の音が受話器にマグネットを着けると、受話器を耳にかざした時に、お知らせ音が鳴り、電話モードに切り替わります。電話の音声が両耳から聞こえます。今まで聞き取りにくかった電話の音が明瞭に聞き取りやすくなります。難聴者で電話をよく使用する方にはとても聞き取りに苦労されていた方も多かったでしょうが、これは強い味方ですね!

※ただし両耳装用の場合のみです。7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。耳かけ型は全機種に対応いたします。耳あな型はLS(フルカナル)もしくはCOOL(クール)シリーズのみです。ご注意ください。

  風切音の軽減  

プライマックスの雑音

今までの補聴器は風の音がはいると「ゴーゴー」とうるさい音がしました。これはマイクに風の音が辺り雑音と鳴るのです。そんな耳障りな風切音を軽減するeウィンドスクリーンがprimax(プライマックス)に搭載されております。※7pxクラスのみの搭載です。

  スピーチフォーカス360°で会話をキャッチ  

スピーチフォーカス360°

スピーチフォーカス360°で電車や車、パーティー会場など賑やかな場所で真横から話しかけられたり、背後から話しかけられた会話をマイクが反応して会話をキャッチします。7pxシリーズには360°機能して、5pxシリーズには前後の会話が入るように機能します。

  充電式セリオン(Cellion)もあります  

世界初!非接点の充電式タイプ セリオン(Cellion)もあります。置くだけで充電が出来ます。30分の充電で7時間使用できます。4時間の充電で26時間使用できます。今まで電池交換が難しかった方、高齢者でありましたら細かな電池の交換作業はとても大変さ作業です。そんな煩わしさはなくなります。しかも安心の紛失保証1年と、防水・防塵のIP68の機能が搭載されております。間違えて水に浸けてしまっても故障が少なくなっております。

シーメンス・シバントスの最新技術で世界初!非接点の充電式補聴器になっています。とっても簡単で置くだけでランプが光り充電します。

  リモコンが便利!イージーテックブーストリモコン  

easyTEKリモコン

easyTEKリモコンを使用すると手元で簡単に音量や環境に合わせたプログラムを変えることができます。またテレビや携帯電話、スマートフォン、パソコンの音を補聴器へ送信することも可能です。テレビや携帯電話の音が聞き取りよくなると今までよりもさらに楽しい生活になります。

またiphoneやアンドロイド携帯のスマートフォンで補聴器のボリュームや音質を変えることも可能です。

リモコンとiphoneの連動は7px、5px、3px全てのプライマックスシリーズに搭載されております。

easyTEKリモコンは41,040円、easyPocketリモコンは21,600円、スマホでのアプリは無料です。

  プライマックスの性能表  

プライマックス性能表プレミアム7  チャンネル数48ch 耳かけ型490,000円 両耳931,000円

アドバンス5  チャンネル数32ch 耳かけ型340,000円 両耳646,000円

スタンダード3 チャンネル数24ch 耳かけ型250,000円 両耳475,000円

ベーシック(オリオン2)チャンネル数16ch 耳かけ型160,000円 両耳304,000円(こちらはプライマックスシリーズではありません。)

セリオン(CELLION)充電式シリーズは充電器が43,200円いたします。片耳510,000円の7px、403,200円の5pxの2機種のみです。今後はセリオン3pxも発売されるとは思いますが今のところは未定です。

  プライマックスのまとめ  

シーメンス・シグニア(SIEMENS・SIGNIA)の新製品primax(プライマックス)の性能についてざっとまとめてみました。試聴体験してもらって、自分の耳で確かめてください。

  1. プライマックスは日本語が聞き取りやすく3つのラインナップがあります。7px(48ch)、5px(36ch)、3px(24ch)です。
  2. 機種は耳あな型と耳かけ型があります。耳あな型はCIC、カナル(CT)、フルカナル(LS)、クール(COOL)があります。耳かけ型は小さいACE(エース)、定番のPure(ピュア)、充電式のCellion(セリオン)、耳かけ型の定番Motion SA(モーションエスエー)、パワータイプのMOTION P(モーションピー)があります。
  3. 騒がしい場所もビーム指向性で会話をハッキリとさせます。
  4. スピーチマスターは、テレビの音、新聞をめくる音や、食器の音など煩わしい音を軽減するように設計されております。
  5. エコーシールドが搭載されており天井が高い、部屋が広いところなどの反響する場所での反響を軽減して会話が聞きとりやくなります。
  6. ツインフォンで両耳から電話の声が聞き取りやすくなります。
  7. 耳障りな風切音を軽減するeウィンドスクリーンがprimax(プライマックス)に搭載されております。※7pxクラスのみの搭載です。
  8. スピーチフォーカス360°で電車や車、パーティー会場など賑やかな場所、背後から話しかけられた会話をマイクが反応して会話をキャッチします。7pxシリーズには360°機能、5pxシリーズには前後の会話が入るように機能します。
  9. 充電式補聴器セリオン(Cellion)があります。電池を使わない充電式で、防水・防塵IP68を搭載しております。

以上がシーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)のPrimax(プライマックス)の紹介でした。

秋葉原補聴器リスニングラボでは試聴器もご用意できますので体験したい方、ご購入をお考えでレンタルしたい方のご予約を受け付けております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。カタログの資料請求もおこなっております。

目立ちにくい補聴器を選ぶならどんなものがあるの?


補聴器はできれば目立たない物がいい。そうお思いの方も多いでしょう。
目立たない補聴器を選ぶ際にどんなものがいいかできれば知っておきたいですよね。
まず選ぶならこのような補聴器がいいと思います。

  • 耳穴型補聴器
  • RIC型補聴器(耳かけ型)

この二つから選択していただくと目立ちにくい補聴器が選択できます。
なお聴力にもよっても選ぶのが変わりますから、この後の説明をお読みください。

聞こえには困っているしかし補聴器はつけたくない

補聴器を着けるということが耳が遠いという自分の欠点を認めるようでなかなか気が進まないですよね。
かつての補聴器はサイズも大きくにわかりやすいイメージが定着しているので、なおさら恥ずかしくてつけられないという人が多いのが事実です。

しかしきこえが改善しないことで、仕事がうまくいかなかったり、家族や、友人との会話に入れなかったり、意思の疎通がうまきいかなくてストレスになってしまってはいませんか?
時代は小型化が進み、いつの間にか携帯電話はみごとにポケットサイズになりました。それは補聴器も一緒です。
最近の補聴器は小型で高性能なものが増え、ずいぶんと選びやすくなりました。
装着してもほぼ気が付かれないようなものもありますので、聞こえに困っているが、できる限り目立たないものがいいという方はぜひこの記事を読み進めてください。

目で見る目立たない補聴器

左は耳穴型でも比較的小さいCIC型補聴器です。
右は耳かけ型のRIC型補聴器です。

どちらも非常に目立ちづらいと思いませんか?正面から見るとほぼ気が付きません。
耳穴型は個人個人の耳型に合わせるそれこそオーダーメイドのものを紹介していきますので、小さいものであれば完全に耳あなに収まりますから、ほとんど気が付かれません。
RIC型は小さな筐体(ボディ)から極細の配線が伸び、先端にはレシーバー(音がでるスピーカー)がついており、耳かけ型ながら従来品に比べてコンパクトなモデルです。
当店ではRIC型の補聴器の販売数が比較的多いのですが、実際に使われたお客様も友人から補聴器を着けていることを言うまで気が付かれなかったことも多く、非常に喜ばれています。
しかも小さいからといって補聴器としての音を聞かせる機能が劣っていることはありません。
このあとは耳穴型、RIC型について掘り下げて記載していきます。

耳穴型補聴器とは?

耳穴型補聴器は文字通り耳自体に収まる補聴器です。今回はオーダーメイドタイプの耳穴型補聴器について書いていきます。

ひとまず耳穴型は小さい、目立たないというのがイメージがほとんどでそのようなものかというのは詳しくは知らないと思います。そもそも補聴器としてそんなものかというのを簡単に表すと、こんなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 耳本来の機能を利用できる
  • 音の劣化が少ない
  • 外部の音を遮断しやすい

私たちの耳には周りの音を集めてくれる機能があります。耳介(普段耳と呼んでる部位)は音の集音と、音がどの方向から来ているかの判断のもとになり、前方からの音を大きくしてくれます。

耳穴型補聴器は耳介によって集められた音を効果的にマイクで拾うことができるので、音の方向感が最もわかりやすいです。
そして耳穴の中にレシーバー(音の出る小型スピーカー)が来ますので、音が発せられるところから鼓膜までの距離が近いため、音の劣化が少なく、効果的な音質になりやすいです。
そして耳穴を塞ぐことで外の騒音がカットされやすいので音質の劣化をさらに防ぐことができるのと、大きな筐体のものはハウリングを抑えやすいのもメリットです。

デメリット
  • 耳によっては使用できない
  • こもり、自分の声に違和感を感じやすい
  • 耳型にあつらえる分耳かけ型に比べてすこし高くなる
  • 試聴できない

まず耳穴型は、耳の中にいれる関係で、耳によっては使えないケースがあります。

  • 耳垢が飴耳
  • 耳垢が多い
  • 耳が小さい
  • 耳の中が変形している
  • 聴力が重い
  • 耳垂れが出る

このような耳に対しては耳穴型は使用できない可能性があります。
ドクターからの指示がある場合は製作することもありますし、症状によっては加工することで使用できる場合もありますが、このケースに当てはまる場合は、耳穴型の製作は要検討です。
故障しやすかったり、製造したいが難しいこともあり、耳かけ型を使用したほうが効果が見込まれることもありますので、しかり相談してく必要があります。

そして耳穴型補聴器の場合多い相談がこもってしまうことや、自分の声が大きく聴こえてしまうということです。
これは耳穴を塞ぐことで、低い音の帯域が強調されてしまうからです。自分の声が響いて聴こえるのは耳閉塞効果といい、骨に響く自分の声が増えて響いてしまうので自分の声が大きく聞こえてしまいます。
これに関しては慣れることで解決されるということと、聴力によってはベントという空気穴を補聴器に開けることで回避できます。
そして耳型にあつらえますので、耳かけ型より少し高くなります。そのぶん自分専用のものであるという感覚を持っていいただけるようです。

耳穴型は耳型に合わせて作る関係上、試聴できませんので、気を付けましょう。
試聴の際には同じグレードの耳かけ型で聞くことになりますのであらかじめ注意しましょう。

耳穴型の形状の違い

耳穴型といっても形状に種類があります。
大まかにシェルの形状から3つに分けれます。
では特徴を説明します。

CIC IIC(nano)

IIC、CICの特徴は

  • 聴力は軽度~中度に対して対応する
  • 電池はPR536(10A)と最小
  • 耳穴にすっぽり収まる

というのが形状の特徴です。
本格的に小さいので、小ささ、目立ちにくさを主に優先する方にはおすすめです。
筐体が小さいので必然的に電池が小さくなってしまいますから、電池寿命が短くなってしまう(約55~75時間)ということが欠点です。音量調整もIICではできません。CICであればプログラムスイッチで段階的な音量設定をすることでボリューム調整できます。
モデルによってはワイヤレス機能があり、ボリュームコントロールをアクセサリーで行うことができます。

カナル(ミニカナル)

カナル型の特徴は

  • 軽度~高度まで対応する汎用性の高さ
  • 電池はPR41(312)
  • 耳穴から出る程度

というのが特徴です。
耳穴型補聴器としてもっとも普及しているといっても過言ではないのが、このカナル型です。
中度の難聴で選択することが多いのですが、最近は高度どころか重度まで対応できるようなモデルもありますので、対応できる幅が広いのが特徴です。
このサイズから、ボリュームつけることができ、個人である程度音量調節ができるようになるのもメリットです。
サイズは少し大きいですが、操作性が高くなりますので、扱いやすくなるのもいいところですね。
遠目ではあまり装着していることに気が付かないことが多いです。

フルシェル(ハーフシェル)

フルシェルの特徴は

  • 軽度から重度まで対応
  • 電池はPR48(13)
  • 耳の半分もしくはくぼみ全体を覆う

というの言うのが特徴です。
最も大きなサイズはこのフルシェルです。耳全体を覆うことで音が逃げないようにできますので、大きな出力の設定でもハウリングが起こりづらいので、高度、重度難聴の方によく使用していただいていますね。
電池も大きいものが使えるので使用できる時間が最も長く、140時間~220時間の稼働時間が見込めます。(出力によって左右されます。)
ここまで行くとサイズがかなり大きいので目立ってしまうかもしれませんね。

形状は見た目だけではなく、聴力で選択したり、操作性で選択したりしてより効果的なものを選択していく必要があります。
聴力が重くない状態で、目立たない補聴器を選ぶならCIC(IIC)・カナルあたりで選択するのがベストです。

RIC型補聴器とは

RIC型補聴器というのは聞きなれないことと思います。
この補聴器は耳かけ型ですが、耳穴型補聴器のように耳穴の中にレシーバーを配置してます。
その分耳の後ろにかかっている補聴器本体が小さくなっている補聴器のことを指します。

ではRIC型の特徴です。

  • 聴力は軽度~高度(一部重度)向け
  • 電池はPR41のもの、PR48のものとある。
  • カラーが多い
  • 筐体が小さくレシーバーが鼓膜に近い位置にある

この補聴器は耳穴型と従来の耳かけ補聴器の間の特徴を持っています。ですから、両方の利点と、欠点を持ちます。
耳かけ型ですが、コンパクトでカラーも豊富なので、おしゃれに扱う方が多いように思います。

ではメリット・デメリットで説明しますね。

メリット
  • 小型で目立ちづらい
  • レシーバーが近いため音質の劣化がすくない
  • こもり感の少ない装用感である(ベントなしのSPシェルを除く)
  • 小型だが耳かけ型譲りの機能面の充実さ
  • レシーバーは脱着でき、故障した際はすぐ交換できる

まずかなり小型で目立ちづらいのが特徴でしょう。耳かけ型ですが、ほとんどの方の耳に隠れますし、髪の毛の色や、眼鏡をかけていれば眼鏡の色に合わせていくことで、ほぼ目立たないです。
耳穴型を同じようにレシーバーが鼓膜に近い関係で、耳かけ型にしては音がいいのが特徴です。
チューブや、音道の太さによる音の影響が少なく、音源も近いので効果的な音の届き方です。

音のこもり感がすくないのも特徴で、SPシェル(耳穴にあつらえたイヤーチップ)でない限り、耳穴を塞ぐ面積が狭いので、耳がふさがることによる音のこもり感や、自分の声の違和感が少ないのも特徴です。

耳かけ型の利点がとしてある機能面の充実というのもRIC型に引き継がれていて、外部アクセサリーとの連携がとりやすいのも特徴です。ワイヤレス系の補助器具も使いやすいのがいいところです。
Phonakの製品を例にあげると、Rogerなどの連携がとりやすく、音質を下げずに外部マイクと接続したりできます。
そして耳かけ型は一般的に耳穴型よりスペースが多いためマイクの位置の調整が考えられていて、指向性が強く効いたり、雑音と音声の切り分けがうまいことが多いので、そういったところもRIC型補聴器は引き継いでいます。

RIC型はレシーバーの部分が取り外しできるので、レシーバー故障の際は、レシーバーの部分のみを交換すればすぐに使うことができますので、故障時に補聴器を預けなくてはいけないというシーンが他の補聴器と違い少ないです。
そして補聴器の出力を大きくしたいときはレシーバーのみの交換で済むので聴力の変動があった場合も使用しやすいです。

RIC型の強みは指向性、雑音と音声を切り分ける能力が高いのと、レシーバーが耳穴の中にあるため音が直接的に耳に届区ことです。
高域側の損失が少ないので、くっきりはっきり聴こえる傾向のモデルが多いと思います。

デメリット
  • 体質により使用が難しい
  • レシーバーの故障を引き起こしやすい
  • 装着が慣れるまで難しい

まずこのような体質の方は向きません。

  • 耳垢が多い
  • 耳垢が湿っぽい
  • 耳だれが出る
  • 汗をかきやすい

まずレシーバーが耳の中に入る関係上、耳垢が多かったり、湿っぽい、耳垂れがでるなどの耳の環境ではレシーバーの故障が多くなります。
汗かきやすい場合も、耳の裏に筐体を乗せる関係で壊れる可能性があります。もちろんほとんどのものが防水加工がなされていますが、注意は必要です。

レシーバー故障をおこしやすいのも欠点であり、前著したような耳垢の関係でのレシーバー不良や、本体とレシーバーをつなぐ配線部分が断線しやすいので取り扱いは少しだけ注意が必要です。しかしレシーバーは交換しやすいので、さほど困りません。

装着がしにくいのも難点です。
本体を耳の上に乗せ、レシーバーを耳穴にいれて、最後に配線部分を少し押し付けて耳に沿わせます。こうして装着をしていくのですが、不器用な方、ある程度年齢が上がって手先がおぼつかなくなってくると、装着がなかなか難儀なことがあります。
慣れれば大したことありませんが、最初は少し苦労します。

コンパクトで機能的、聴こえの効果も十分にありますが、故障しやすいのでそこだけ多めに見る必要があります。
メンテナンスや、取り扱いに気を付けていただければ大きな問題にはなりません。

目立たない補聴器のオススメ機種

目立たない補聴器でオススメなのはこちらです。

オーデオB
フォナックのRIC型補聴器 軽度~高度(一部重度)まで対応
フォナックは補聴器業界では、販売シェア世界一の補聴器メーカーです。ハウリングに強く、自然な音質ながら高い音や小さい音を聞かせるのが得意な補聴器を製造しています。アクセサリーが豊富なのも特徴です。
オーデオBはささやく声、少し離れた場所の声などの小さい音をきれいに聴かせることができる機能(エクスパンション)のと、耳かけ型ながら両耳で使用すると定位(音の方向感覚)が抜群によいのが音の特徴
さらに雑音、騒音の制御力に長け、フォナック独自のオートセンスOSで環境の変化(騒がしい場所や、静かな場所など)を7つのプログラムをブレンドして自動で環境認識して聞こえやすい音にしてくれます。コンパクトな補聴器でもプログラムスイッチをいじる仕草をしていては目立ってしまいますね。それを無くしてくれるのがオートセンスOSです。自動なので高齢の方、手先が不器用な方にもおすすめです。

Insio MC
シーメンスの耳穴型補聴器 軽度~高度まで対応(聴力によってハウリングしやすいのでオススメは軽度~中度での使用)
シーメンスは日本では認知度が高いメーカーで、ハイスペックな補聴器が多いことで知られています。
このInsioも最上位機種は48chという業界最多のチャンネル数を誇り、他メーカーに比べて高価だがきめ細かい調整と聴こえの再現が可能。
チャンネル数が少ない下位モデルでも24chと多いのも特徴(下位モデルは調整できるのは8chで雑音抑制などにほかのチャンネルを使用している)下位モデルでも音の質感の調節が細かくできるので、割と細かい要望がある方のほうが真価が発揮される。
MCは外部コントロールとの接続が可能ながら非常に小型で目立ちづらい
そしてスマートフォンでのボリューム調整ができるので、若い人にも人気があるモデルです。

目立たない補聴器についてのまとめ

目立たない補聴器のこと、小さくて目立たない以外にも理解していただけましたか?
聞こえについてはどれも問題なくしっかり聴こえさせますが、機能面が制限されたり、耐久性の違いがありますし、装着のしやすさ、操作のしやすさ、日々使う上での面倒の少なさなど、耳や、体質に合うか、値段がどうかなどの判断基準もありますので、補聴器を選ぶ際にしっかり販売員に質問したり、試してみながら、選んで行くことが大切です。

目立たない補聴器を使って日々の聞こえのストレスから解放されましょう。

秋葉原補聴器/ListeningLab
千代田区秋葉原周辺で数少ない補聴器専門店です。台東区、文京区、墨田区、荒川区などからの近くの区のお客様も大歓迎!
■営業日 火〜日曜日 AM11:00 – PM19:00(土・日・祝も営業)
■定休日 月曜日 (予約制)
■TEL 03-5298-5573 ■FAX 03-5298-5572
■所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビルB1F
Kandaeito building B1F 4-6-7, Sotokanda,Chiyoda-ku,TOKYO,101-0021 JAPAN
■アクセス JR各線 秋葉原駅より徒歩5分 / 地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分